2008年06月15日

気象庁、余震に注意呼びかけ 岩手・宮城内陸地震

気象庁、余震に注意呼びかけ 岩手・宮城内陸地震













避難所前で準備が進む仮設の風呂=15日、宮城県栗原市





 岩手・宮城内陸地震で気象庁は15日、今後3日以内に震度5弱に相当するマグニチュード(M)5以上の余震が90%の確率で起きる可能性があると発表した。揺れが強かった地域を中心に地盤が緩んでいるとみられ、同庁は引き続き土砂災害や家屋の倒壊に注意を呼びかけている。18日午前11時までの余震確率はM6(震度5強程度)以上が30%、5以上が90%。それ以降の3日間は6以上が10%、5以上が60%。昨年の新潟県中越沖地震や能登半島地震と比べ高めの確率という。(15:06)




fastcolor at 17:19│Comments(0)TrackBack(0)

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔