さてさて、今年も早いものでもう終わっちゃいますね。

2014年ももうすぐ終わりってことで、ちょっとだけ今年を振り返ります。

こんな時じゃないとブログも書かないしねー。

あ、先日アップした「2014年リリースの素晴らしいCDたち」は観ていただけましたか?
オススメなCD&バンドばかりなので機会があればライブ観てみてくださいね!



というわけで、2014年。

まずはリリースに関して。

かなりマイペースな感じでリリースしているFASTLIFEですが、今年は2枚のCDをリリースしましたね。

CDを買っていただいたり、オンラインサイトでダウンロードしていただいた方々への感謝はもちろん、素晴らしいCDを作り上げたバンド、関わってくれた方々にも感謝しています。

SAND PARK DRIFT 1stミニアルバム 「Reason to sing on」

jacketkiridashi
















なんやかんやで国内バンドはPOP PUNK色強めなバンドのリリースが続いていましたが、ウチの原点はこんな感じの音です。

国内バンドをリリースするまでに出してきた海外バンドは「速い」「泣き」「ライブ感」にこだわって出してきたわけですが、まさにそれに当てはまるバンドだと思い、1曲聴いただけでライブに行き、1回観ただけで口説き始めて、人間的にも最高だったので契約に至りました。









9月 the American Movie 1stフルアルバム 「Wear is」

FAST-018 the American Movieジャケ
















こちらは2011年にACCIDENT I LOVEDからの紹介で知り合って、2012年1月に正式に契約。

そこから約2年半という月日をかけて、ようやくリリースできたバンドだったので、喜びというよりは一安心という気持ちのほうが大きかったかもしれませんね。

それとウチと出会う以前にフリーダウンロードで発表した今でも大人気な曲「This is story so far」の歌詞の中に「FAST LIFE」って単語が入ってたのも運命を感じましたね笑










リリースという素晴らしいニュースだけでなく、活動休止という悲しいニュースもお届けしなければいけない年でもありましたね。。。

3月末にACCIDENT I LOVEDがメンバーの諸事情で、SAND PARK DRIFTが8月に行われたリリースツアーファイナル明けにドラムの脱退のタイミングでそれぞれ活動休止を発表。

レーベルとして、もっと何かやってあげれたんじゃないか、もっと話を聞いてあげれたんじゃないか、と色々と悩みましたが、2バンドのメンバーそれぞれが「解散という選択肢はない」という気持ちで居てくれたおかげで、そして何よりファンの皆さんの「待っている」という気持ち、周りのバンドさんや関係者さんのご協力もあり、年末の発表の通り、2バンドとも少しづつ動き出せることとなりました。

ACCIDENT I LOVEDはGtハムが脱退という残念な形ではありながら、来年から活動を再開します。
バンド内での話し合いはもちろん、自分もメンバーと何度も話した結果、このような形で決定しました。
1/31(土)@西小倉WOWでのライブが現メンバーでのラストライブになるとともに、新しい出発となります。

SAND PARK DRIFTは正規ドラムを探しつつ、当面はサポートをお願いしつつの活動となります。
昨日の深夜に突如決定したのですが、2/1(日)@心斎橋火影でバンド体制としては久しぶりのライブが決定しました。

両バンドとも常々「早くライブがやりたい!」とめちゃくちゃ鬱憤が溜まっていたので、ビシッと決めてくれるはずです!皆さま是非!



毎年言ってますが、今年も今まで以上に新しい出会いや懐かしい再会もあって、改めて周りの方々に恵まれてるなと再確認した1年でしたね。

KICK ROCK INVASIONやICE GRILLS、ALTERNATIVE PRESS JAPANへの感謝はもちろんのこと、新しく立ち上がったMaxtreme Recordsのオーナー(かれこれ7〜8年の付き合いですかね?)にも3年ぶりくらいに会えたし、Cars & Calories Recordsという素晴らしいレーベルにも出会えたし。

新しいバンドにもたくさん出会えましたね。
リリースツアーに着いていくっていう名目(呑んでばっかりでほとんど何もやってませんがw)で、色んな所に行く度に素晴らしいバンドに出会えたような気がします。
各地のイベンターさんや企画を組んでくれるバンドが自信を持って呼ぶ地元のバンドのライブは絶対に観るようにしていましたが、素晴らしいバンドばかりで驚きまくってました。

出会ったバンドは西日本のバンドが多いですが、本当にまだまだたくさんカッコいいバンドが居ますね。
これからの西日本の盛り上がりが楽しみでしょうがないので、ウチももうちょっと頑張っていこうかと思います。

来年もよろしくおねがいしますね!
FASTLIFE RECORDS

2014年リリースの素晴らしいCDたち


「ライブ物販で販売しているCD」「2014年に販売開始したCD」(注:オンラインショップなどでは販売している可能性もあるけどね。基本的にって感じで。)の中でも、特によく聴いたものを紹介しようと思います。

大前提としてライブがかっこいいバンド(「上手い」じゃなくて「かっこいい」ね)を選んでいるので、是非ライブを観に行っていただきたいと思うバンドたちです。



ガナリア、サイレントニクス(大阪) 「我学」

gagaku
















歌心+日本語詩+エモーショナル+シンセみたいに聴こえるギター
2014年ぶっちぎりの作品です。もちろんライブもかっこいい。必見必聴。



WEAKEND HEROES(長崎) 「継ぎ接ぎの夜の帰趨」

WH
















叙情+ハードコア+涙腺崩壊+引き裂かれるパンツ
音源、ライブ、人柄、打ち上げ、全て最高。



The Tude(愛知) 「Punkrock Yourself」

TT
















上手くて楽しいおっさん達+ポップパンク+いい曲+MC長い
ふざけ倒して、楽しんで、楽しませて、曲がかっこいい。大好きです。



Handsome Geek(福岡) 「Welcome to our life」

HG
















2ステメロコア+いい奴ら+お客さんの笑顔+あ、そういえばメール返してない
お客さんを笑顔にする曲とパフォーマンス。素晴らしいの一言ですね。



Re view(奈良) 「Pabulum e.p.」

RV
















歌もの+3ピース+蒼さ+何かの主題歌感
ドラマチックな曲の展開、声、日本語詩、最高です。



jammed loony bin(大阪) 「You and me」

youandme
















メロディック・パンク+泣き+ミドルテンポ+裸足
いわゆる「泣き」が満載のメロディックですね。ライブでもビシビシ伝わってきます。



AX LITTLE CITY(大阪) 「MY BEST ENDING」

no_image
















グッドメロディー+ポップパンク+作曲センス+一皮むけた感
個人的にポップパンク/メロディックのシーンで注目しているバンドの1つです。



Hello Hometown(京都) 「2nd Demo 'Save Your Breath To Save Yourself/The Way Out'」

no_image
















エモ(90年代)+エモ(00年代)+踊れるロック+期待しちゃう何か
期待度未知数なバンドです。間違いなく素晴らしいバンドになるでしょうね。



Memories art Hill(福岡) 「R city」「真夏のB.B.」

6cf224















9ee9c1

















日本語詩+色んなタイプの曲+ほとんど名曲+ロックスター
去年の年末に出した3曲入りシングル「詩苑」も素晴らしかったけど、今年の作品も最高です。



というわけで、今年は「自主制作」「ライブ物販」というところに注目して選んでみました。

試聴できるURLとかライブスケジュールとか貼ろうかなーなんて思ったけど、やめときました。

気になったら自分で調べて観に行ってみてください。

そして気に入ったらCD買ってあげてください。

かっこ良かったって伝えてあげるだけでも喜ぶと思うけど、出来れば買ってあげてください。



もちろん今年全国流通という形でCDショップに並んだCDの中にもたくさんの素晴らしい作品がありました。

そういったバンドも今回選んだバンドのように物販だけでCDを売っていた時代があり、そんな経験があったからこその現在だと思います。

今回は自分の行動範囲の都合で西日本のバンドが中心のラインナップとなりましたが、まだまだたくさんの素晴らしいバンドたちが作った素晴らしいCDが手元にあります。

それはまたおいおい紹介できればと思います。

ライブハウスにはまだまだ未知なるカッコいいバンドいっぱい居るので、皆さんまたどこかで会いましょう!

SAND PARK DRIFT - Reason to sing on

久しぶりのブログなのに「お願い」という形で申し訳ないです!



2014年1月15日発売のSAND PARK DRIFT「Reason to sing on」についてです。

まいどの事ながら、レーベルの力不足で店舗さんへの大量入荷!という状況には行き着きませんでした。

もちろん発売初日から(フラゲ日から)店頭においていただいたり、試聴機に入れていただける店舗さんもありますが、店舗さんによっては入荷の予定がないところもあるかと思います。

店頭に並ぶ姿を待って頂いていた皆さまに対して本当に申し訳なく思っています。

フラゲ日や発売初日にどうしてもお店で買いたい!と思って頂いている方は是非予約をしてください!

品番:FAST-017
アーティスト名:SAND PARK DRIFT
タイトル:Reason to sing on
発売日:2014年1月15日
流通:株式会社KADOKAWA(カドカワ)
JANコード(バーコード):4935228135929

コチラの情報があれば、基本的にはCDが置いてあるお店さんならどこでも予約できるかと思います!

タワーレコード、HMV、新星堂、ヴィレッジヴァンガードなどはまず間違いなく受けてくれるかと。

もちろんオンラインストア(アマゾン、タワーレコード、HMV、ディスクユニオン、STM、IMCなど)でも可能です!



もし入荷出来ないと店舗に言われた!&でもどうしても発売日には欲しい!

という方はメール便にはなってしまいますが、送料無料で通販させていただきますので

「fastlife.records@gmail.com」まで「SPDのCD注文」みたいな感じのタイトルで

・お名前
・ご住所

を2014年1月3日までに送ってください。

折り返しCD代金の振込先をご連絡しますので、上記アドレスからの返信を受けれるようにしておいてください。

同じ通販ならアマゾンなどの方が確実&便利かと思われますが。



CDをリリースするバンドやレーベルならどこでも思っていることだと思いますが、とにかくひとりでも多くの方に聴いてもらいたい!という気持ちでリリースしています。

CDを買いたい!と思っている方に対して、待たせてしまったり、お手間を掛けさせてしまうことになったりしてしまわないように、レーベルとしても最善を尽くすつもりですので、何卒ご協力とご理解をお願い致します!

以上、よろしくお願いします!
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ