トップページ » Operaのシェアが増えない理由

Operaのシェアが増えない理由

Opera がシェア奪還するには - パソコン向け Opera 関連 - 日本語
毎回新バージョンがリリースされるたびに各所でニュースとして
取り上げられるので、決して話題性が無いわけではないのですよ。

2chスレとかを見ていると、Operaの新バージョンが出る度に
一定の人数は興味を惹かれて使っているようですしね。
まあその後直ぐに離れていくんですけどね。

じゃあ何が問題なんだって言うと以前愚痴ったように、
やっぱり運営のサポート体制に問題があるんじゃないか、と言う事なんですよ。

まず第一にドキュメントが不足している事。
わからない事があっても載ってないんじゃ調べようがない。
まあそれでもたいていの事はググれば見つかるんだけど、
問題なのは公式に載っていないと言う事。
何で基本的な事を知りたいだけなのに、態々個人で
運営しているサイトやブログに行かなきゃいけないのか。
意味がわからん。ノルウェーでは違うのかもしれないけど、
日本においては、製品にはその使い方を詳しく描いた
取扱説明書ってものが付属している事が当たり前なわけよ。
個人がお遊びで作ったソフトならともかく、
一企業が、飯の種として配布しているソフトなんだから
ちゃんと用意しておきましょう。

次に問題なのが公式の意思が見えない事。
ほとんどの日本人は日本語しか話せないし日本語以外読もうとはしない。
これ重要よ。バグ報告や機能追加の要望を出してもOperaの中の人からの返答が
あんまりないのよね。あっても「報告しておきます。」みたいな形で終わって
その結果どうなったかって言う話もまったく聞こえて来ないわけ。
先日αで修正されたExecute programの引数の問題や、
以前あった全角スペースのバグなど、長い期間放置されていたバグも多いし。
何らかの理由が合って遅れているならその旨を何処かに書いておくべきだよ。
それとバグ報告もさ、「同じ報告を何度もするな。」って言うなら
どんなバグが報告されているのかをリスト化して日本語で
まとめておくべきだと思うよ。英語だらけなフォーラムを一々端から端まで
確認しろとか言われても正直無理だろ。

2つ目と被るが公式の影が薄すぎる事も問題だな。
Opera界隈って公式が動いてくれないからユーザが色々やってるんだけど、
Operaを使い始めた人が疑問点をブログや公式フォーラムに書くと、
公式ではなくOperaユーザが主にそれに答える形になっていて、
そのせいか公式とユーザの区別がつかない事が多々あるんだよね。
ちょっと前には本人は個人でやっていた事なんだが、
周りが公式がやっている事だと思って、それによるいざこざがあったりしたし。
正直フォーラムで返答する人がユーザなのか社員なのかさっぱりわからない。
正直社員として発言する時は紛らわしいから名前の後ろに(社員)って付けて欲しい。

最後にもう一つ問題点を。
仕様変更する時はダウンロードページやチェンジログだけじゃなくて、
インストール画面でもアナウンスしておこうね。
特に上書きアップデートすると致命的なバグが出るなんて時はさ。
正式版での問題を減らすためにWeeklyBuildなんてシステムがあるのに、
正式版が登場するまで待ってアップデートした人が
一番被害を被るなんて洒落にならないよ。

まあとりあえず今話した4点をなんとかできれば、
ある程度シェアも伸びるんじゃないかってそんな気はします。
なんだかんだ言いつつも私はOpera信者ですからね。
シェアが増えるのは嬉しい事なんですよ。


追記:
2008-12-07 - by edvakf in hatena
こんな上から目線なエントリに感想をくれるとは。

そういやチュートリアルなんかもできてたんだっけ。
でもヘルプページとのリンクが弱かったりして、
かえって情報が散らばっているような形になっちゃってるし。
相変わらずヘルプページの検索窓は日本語に未対応だし。
情報が集約されていないから探すのも面倒なのよね。
でも少しづつでも改善されているという事に気がつかなかったのは
私の落ち度だな。

それと社員の印なんてあったんだ。
知らなかった。ごめんなさい。

あとブクマで指摘されたけど、あくまで日本での視点で書いているので、
世界のシェアがFirefoxのような伸び方をしないのはまた違った理由があるのかも。
いや、逆にFirefoxの方の伸び方が(良い意味で)異常だったって可能性もあるのか。


他の人の反応
アクセス解析などで気がつき次第ここに載せる事にする。
M.C.P.C.: OperaがAdobeっぽい
ゲーム脳人 : Operaの可能性 - livedoor Blog(ブログ)
Operaのシェアが増えない理由 - Kai-Lapis

------------------------------------------------------------
以下は以前FC2に書いた事をサルベージ。

2008-10-26 - 黒いほうで公式に関して
言及されているのでちょっと便乗。

Opera日本支部はさ、正直本気でシェア増やす意志が
あるとは思えないんですよね。

例えば初めてOperaを使い始めた人間が、
設定の「現在のタブを再使用する」の項目の意味が
わからない、なんて時にヘルプページに飛んでも
該当のページを見つけるのに時間がかかっちゃうわけですよ。

まず面倒だからって検索欄を使用するだろうけど
この検索って日本語はヒットしないんだよね。
英単語使って英語のページを見ることしかできない。
この時点で初心者の半分はもう諦めるような気がするし、
まずこんなのを野放しにしてる時点でおかしいわけなんですが。

次に右の方にある目次から探そうとするわけじゃない。
でも中途半端に日本語と英語が混在しているし、
なんか並び方もおかしい。
"Advanced Preferences"ってなんなの?
なんで詳細設定の欄が2個所もあるの?
ブラウジングって今の日本語言語ファイルだと
閲覧になってるだろ。それくらい合わせろよ、と。

で、やっと説明の書いてあるページにたどりつくわけだが、
そこもやたらずらずらと文章が並んでいるわけよ。
確かにこの書き方でも該当の内容部分を見つける事はできる。
できるけどもう少し工夫できないのかなあと。
なんかこう、見辛いんだよね。
Wikiみたいに見出しを上に載せておいて、
リンクをクリックするとそこに移動する、
みたいな形式の方がまだわかりやすい。

CardWirthEditorのヘルプみたいに、
実際使っている時と同じ画像をヘルプページに貼っておいて、
その画像のタブをクリックすると
そのタブの説明ページへジャンプし、
項目をクリックすると項目の説明をポップアップで
表示してくれるようなシステムが個人的には一番だが。

でさあ、今回の例だとたまたま
見つかったから良かったけどさあ、
「外観の設定」の説明とかってどこに載ってんの?
今探してるけど素で見つからないんですが。
ツールバーの配置位置に関する質問とかって
たまに2chとかで見かけるから
それなりに需要はあると思うんだがなあ。

それとさ、ヘルプは基本的に日本語化されてるみたいだけどさ、
jp.opera.comのページってさ、jpって入ってるのに
なんで英語のページがいっぱいあるの?
こことかこことか。

UserJavascriptも使えるって書いてあるだけ
実際に役に立つUserJavascriptを提供する、
なんてことはやってないよね。
現状ではユーザーが自分たちで作ったのを
頑張って探すしかない。
正直OperaWikiがなかったら何もできないと思う。

バグもバグで多重報告すんなって言ってくるけど
実際にどのバグが対応されたかを日本のユーザーが
判断するのは非常に面倒だし、
公式側がどう判断してるのかさっぱりわからない。
全角スペースのバグとか治るのにどれだけかかったっけ。
Execute programの問題も私のようなヘビーユーザーには
必要なんだけど公式はどう考えてるのさ。
それがわかればそこまでしつこく言わないぜ。

と、まあこんな感じで鬱憤が溜まっていたので
ちょっと吐き出してみましたとさ。

トラックバックURL
コメント
1. Posted by edvakf   2008年12月07日 20:08
僕のほうも追記しました。

Opera の公式ページ内での検索は遅い上にほとんどあてになりませんよね。
2. Posted by Fatal Error(管理人)   2008年12月08日 00:17
検索範囲がwww.opera.comのみでjp.opera.comみたいな各国家のページが対象外になっているような気がする。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星