空を見上げて
トップページ » 2013年10月
2013年10月

楽天イーグルスの優勝に沸き立って・・・

世間では楽天イーグルスの優勝に沸き立っているようです。 

立役者のマー君も里田まいさんの栄養たっぷりの野菜料理で大活躍されましたね。

野球に詳しくない方でも、楽天の優勝セールには興奮気味なようです。

やっぱり人の元気の源は、バランスの良い食事なのだな・・・と

 奥様の陰の力も感じずにいられませんね。

私たちも新鮮な野菜料理で益々元気になりましょう。


 さて、今の時期に植える中国野菜に、チンゲン菜・ターサイなどがあります。

 今日はターサイについて一言・・・ 

ターサイは中国読みではターッアイと言いますが、中国の華中が原産と言われています。
白菜やチンゲン菜の仲間でアブラナ科です。
地面を這うように広がるところから(押しつぶされた)という意味の名前がついたとか・・・

日本では、静岡・茨木などが産地。冬が旬で、霜が降りると甘みが増して美味しくなります。
炒め物はもちろん、お浸し、クリーム煮、スープなどいろいろ使えます。

ターツアイ料理 


ターツアイのスープ  

ターツアイ    1株(洗って4僂らいに切る)  
椎茸        3〜4枚(薄切りにする) 
水         600
鶏がらスープ   小さじ1
塩         小さじ1/2〜お好み
醤油        小さじ1
ごま油       少々
白ごま       少々
ラー油       少々(お好み)

⑴  鍋に水を入れ、沸騰したら鶏がらスープ・野菜・しいたけを入れ柔らかくなるまで煮る。
⑵  醤油・ごま油・ごま・など好みで入れる。卵を加えても美味しい。



ターツアイの甘酢炒め 

ターツアイ          1株
鶏肉(豚肉でもよい)    150g(酒・醤油・片栗粉各大匙1/2で下味をつける)
卵               1個

甘酢たれ 

砂糖・酢・ケチャップ(各大匙2)
酒・醤油(各小さじ2)

⑴ フライパンに多めの油で卵を炒め、取り出しておく。
⑵下味をつけた肉を炒め、焼き色が付いたらターツアイも入れて炒める。
⑶火が通ったら、甘酢たれを絡め、卵を入れ軽く炒める。好みでコショウを振ってもよい。



エビとターツアイのクリーム煮 

エビ              40g〜 
塩・コショウ・片栗粉     少々
酒               小さじ1/4
卵白              小さじ1/2
片栗粉           小さじ1/2
サラダ油          小さじ1/4
ターツアイ           100g
白菜              150g  
サラダ油◆         ‖膾1
ニンニク・生姜        各1/2片
紹興酒             小さじ1
砂糖              小さじ1/2
牛乳              350
鶏がらスープ         大匙1
牛乳             大匙1
片栗粉◆          ‐さじ1/2


⑴ エビは殻と背ワタを取り、塩少々でもみ、片栗粉・水で汚れを落とし洗う。
⑵ エビの背に切れ目を入れ、塩コショウ、酒、卵白、片栗粉.汽薀戚,僚腓任發澆海燹
⑶ ターツアイ・白菜を5僂らいに切る。(軸は食べやすく小さく切る)
⑷ みじん切りのニンニク・生姜を油で炒め、白菜の固い軸を炒め、紹興酒・砂糖を入れ炒める。
⑸ 牛乳・スープの素を入れ煮たら、白菜・えび・ターツアイを入れる。
⑹ 牛乳,琶匏△鰺呂⑸に入れて、とろみをつけ、好みで塩コショウをする。





ふぁっとりあfattoria  at 11:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

サツマイモの季節・・・

サツマイモについて・・・・ 

サツマイモの種類 

サツマイモと言っても近頃はブランドいもが一杯増えました。
金時(紅赤)を初め、安納いも・紅あずま・こがねいも・べにこまち・紫芋etc
それぞれの芋には特徴があり、用途も調理用・焼酎用・飼料用と向き不向きがあります。
サツマイモはアサガオ科で花もアサガオに似ています。

サツマイモの歴史  

原産は南アメリカ大陸・ペルー熱帯地方と言われ、スペイン人・ポルトガル人により東南アジアに導入されました。
ルソン島(フィリピン)〜中国を経て  宮古島・琉球・九州へと伝わったとされます。

サツマイモの栽培 

サツマイモは繁殖力が高く、やせた土地でも育ちます。
数枚の葉のついたツル(茎)を土に挿すという形で定植します。
前年に収穫した種イモを加温して、その種イモから伸びたツルを切り取って苗とします。
春に苗を植え付け,晩夏〜秋にかけて収穫します。
でんぷんが豊富でエネルギー源に適し、ビタミンC・食物繊維が豊富です。

 サツマイモの料理 

サツマイモはご存知のように、スイートポテト・焼き芋・ケーキと
甘さを活かした料理が多いですが、ここではお惣菜としての1品をご紹介いたします。
それも簡単な調理方法のものを・・・

サツマイモの昆布煮 

サツマイモ   250g
切り昆布    20g
サラダ油    小さじ2
だし汁      カップ1と1/3
砂糖      小さじ2と1/2
醤油      小さじ2と1/2

⑴サツマイモは洗い、皮付きのまま8ミリ位の厚さで半月切りにする。水にさらしておく。
⑵切り昆布は水につけてさらす。
⑶鍋にサラダ油を入れ、水気を切ったサツマイモと切り昆布を炒める。
⑷ダシを加え7〜8分、砂糖を入れ5〜6分、醤油を加えて柔らかくなるまで煮る。

サツマイモと豚肉の煮もの

サツマイモ    1本
豚肉        150g
だし汁       300
砂糖        適量
醤油        適量

⑴サツマイモは軽く茹で、ゆで汁を捨てる。
⑵鍋にだし汁を入れ火にかける
⑶砂糖・醤油で好みの味をつける。


ふぁっとりあfattoria  at 11:38コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

講習の後で・・・(B区画会員様)

講習会の後で会員さん同士で情報交換します。   

サツマイモの食べ方 ブロッコリーでも2月に収穫できるものもあるんです。  
本当に野菜の種類は豊富ですね。     

IMG_0614



IMG_0612



IMG_0615

ふぁっとりあfattoria  at 10:48コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

1畝体験にお越し下さい

10月20日(日)に体験農園ふぁっとりあきらら では1畝体験コースの説明会があります。

同日、お隣の畑では黒豆の収穫祭が開催されていますので、ぜひご家族でお越し下さいませ。
畑の見学を済ませて、黒豆枝豆を引っこ抜き、お家で新鮮野菜を味わってください。


黒豆のお話  

黒豆は、大豆の品種で黒大豆ともぶどう豆ともいわれています。
皮にアントシアニンの色素が含まれるために、黒色をしていますが、栄養分は通常の大豆と同じです。
7月〜8月に植えつけます。
10月初旬〜25日位と限られた時期のものを本黒の黒大豆枝豆と呼んでいます。
本来正月の黒豆用を枝豆の状態で商品にしています。
7月〜9月に出荷されているものを早生の黒豆枝豆と呼んでいますが、
元々枝豆用に品種改良された小ぶりで、薄い黒色のものです。


ゆがき方 

1、枝豆をざるに入れて、塩を降りもみ洗いをする。(枝豆200g・塩50〜60)
  ボールでお米をとぐように、もみ洗いして産毛をとる。
2、水から茹でるが、塩のついたままの枝豆を入れ熱湯になったら12分くらい茹でる。
  あとは好みで、ゆで時間・塩加減をする。

黒大豆枝豆ごはん 

1、お米3カップお研いでざるにあげ30分おく。
2、枝豆(1カップ)のみを水でさっと洗っておく。
3、お釜にお米・塩(小さじ2)・米の1〜2割増しの水で炊く。
4、炊き上がったら10分蒸らし、混ぜておく。

その他、天ぷら、ビシソワーズなど色々お試しください。


ふぁっとりあfattoria  at 11:13コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

カリフラワーのお話

カリフラワーのお話 

サラダなどでよく見かけるカリフラワーですが、キャベツの仲間で
未熟な蕾を食べる種類がカリフラワーとブロッコリーです。
故郷は地中海沿岸です。
カリフラワーは花蕾が、白・オレンジ・紫・黄緑などがありビタミンCが豊富。
ピクルス・マリネ・グラタンなどに適します。

 植え付けは8月〜9月で収穫が11月〜12月

カリフラワーの食べ方 

主に茹でて、ドレッシングやマヨネーズで和える。
ピクルスとして生のまま食べやすい大きさに切って、保存の瓶に入れる。
水500奸砂糖50g・塩大匙1・ローリエ・にんにく1片・粒コショウ・サラダ油2〜3滴・
お酢200佞
すべて5分煮立てて、熱いうちにカリフラワーにかける。冷めたら蓋をして冷蔵庫に

ふぁっとりあfattoria  at 12:01コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!