動物の建築士さん

設計事務所ファウナプラス・デザイン 「ペットと暮らす住まい」を考える日々

動物の建築士さん イメージ画像

2007年03月

昨年の6月から設計を始め、 悪天候にずいぶん悩まされながら、 花粉症と闘いつつ創ってきたお家がやっと完成。 本日、めでたくお引き渡しとなりました。 前回のエントリーの下足収納を含め、 最近の僕のデザインのルールになっている 「ラスティック」な感じが満載
『本日はお引き渡し』の画像

間もなくお引き渡しの、加古川の家Ⅲ。 こだわって作った下足収納が付きました。 玄関を開けた瞬間にイイ感じ。
『下足収納が付いて完成』の画像

ブログネタ
犬と暮らす家 猫と暮らす家 に参加中!
今現在、大急ぎで実施設計中のお宅は、 犬5匹と猫1匹が家族に含まれる家。 ちょっと世間にはそんなに無いだろう形式の ドッグハウスを設定した。 大きい子から小さい子まで居るので その辺を考慮した空間になっています。 私の理論ではきっと家族全員が混乱なく 気
『犬5匹猫1匹と暮らす家』の画像

ブログネタ
犬と暮らす家 猫と暮らす家 に参加中!
3/6発売のおしゃれな女性向き月刊誌「saita」の特集で 弊社の設計した家が紹介されました。 特集「犬と暮らす部屋・猫と暮らす部屋」p194〜です。 カメラマンさんが上手で、コンディションも良かったのか 今までで一番幸せそうな、ご家族の写真が載っています。 「犬
『「saita」4月号に作品が載りました。』の画像

間もなく竣工予定の、加古川の家。 足場が取れました。 周りの新築の家の外壁がサイディング貼りばかりなので ちょっと異彩を放っていますが、 こっちのほうが「普通」じゃないかと思う今日この頃。 普通っていうのは、モルタル壁にリシン吹き付けとか。 アクセントで
『足場が取れた』の画像

昔から意外な場所を照明で光らすのが好きなのですが、 今回は階段を光らせてみました。 さすがプロのカメラマンさんに撮ってもらったので イイ感じ。 いかがでしょう? 撮影:玉森潤一
『光る階段』の画像

↑このページのトップヘ