Cats'House6

個人的には、もうそろそろ新しい作品に目を向けていただきたいのですが、
ここ数日イギリスから「The Cats' House第1号」の取材依頼が3件も続けて来る。
もう発表して3年以上経つのに、結構続くもんなんだなぁとおもっていたら、
某A新聞社さんから、“8年前”に設計した犬の家の取材依頼が来た。

大きい犬と一緒に写真に納まっているお嬢さんが、小さくてすごくかわいいので、発表当時は建築雑誌だけじゃなくて、婦人誌や老人誌?などいろんな媒体で取り上げられたので、今回もきっと同じような絵が欲しかったのでしょうが、そのお嬢さんも成長して、もう高校生か大学生のはず。
時間が経つのがあまりにも早すぎて僕は焦っているのに、周りは止まっているかのようで変な感じ。建築という意味では、そのような扱いは良いことのようにも思えるけど。

というわけで、最新作の写真。どーぞ。