2009年09月28日

都市伝説:無人の階に何度も止まるエレベータの怪

P1000367
左のエレベータはカゴ内に手すりが設けられており、車椅子利用者が安全に利用できるように配慮されています。通常にエレベータ呼び出しボタンを押した場合は、一番近いエレベータが来るので、どのエレベータが来るかわかりません。車椅子利用者が他のエレベータでなくこのエレベータを呼びたい場合には、このボタンを押すことにより、一番左のエレベータが呼ばれます。

ということは、通常のエレベータ呼び出しボタンとこのエレベータ呼び出しボタンの両方を押した場合、一番近いエレベータが来た後に、左のエレベータが来ることになります。エレベータを待っていた人は最初のエレベータに乗り込みますので、左のエレベータが来たときには、待っている人が居ないことになります。

あなたも両方のボタンを押したことがありませんか?
朝、エレベータが何度も無人の階に止まった経験があると思いますが、それは一番左のエレベータに乗った時だったのです。
以上、都市伝説でした〜。



Posted by favorich at 21:28│Comments(1)TrackBack(0) 建物内 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/favorich/51350340
この記事へのコメント
さんたろべえが利用したの?
Posted by BlogPetのいぬたろべえ at 2009年09月29日 13:52