ブログネタ
台湾 に参加中!
台北1日目は大晦日。
どこもNew Year's Eve のディナーでセットメニューしかないし、混んでいるし、
夕食どうしようかなあ、とあれこれ悩んでいたところ、
ガイドブックのこんな記述にひかれました。 
「鶏と帆立貝でとったスープで、さらに鶏を丸ごと一羽煮込んだ絶品。」

おお!なんとおいしそうな!
混んでいるのを覚悟で早めの時間に行ったら、入れました。よかった〜。
早速お目当ての鶏スープを注文。
10人分はとれそうな、大きな土鍋で登場。

鶏スープ!うううまい!!!
中華料理はかなりあちこちで数こなしている私たち家族ですが、
また新たな美味に遭遇。感動です。





鶏スープ厨房このスープを作っている厨房がお店の入口にあって見えるのですが、
大きな土鍋が50個近くズラリと並ぶ様は壮観。





厨房の端にあったこれまた大きな「ズンドウ」で、元のスープを作っていると思われ、
それから土鍋1つ1つにスープが入れられて、鶏が煮込まれます。
厨房の様子、動画↓でご覧下さい。











このあとビックリなことに、料理人の一人がこのスープのテイクアウトの準備を始めたのですが、
できあがった鶏を土鍋からビニール袋に引き上げ、どうするのかと思ったら、
なんとそのビニール袋に、ぐつぐつ煮立っているスープをジャーっと・・・。
だ、大丈夫なんでしょか。
慣れた手つきでグルグルっと袋の口を閉じ、「お待ちどうさま〜」。

持って帰りたかったな。とてもとても食べきれる量じゃないし。
おいしくって、残すのが忍びなかったわ。


驥園川菜餐庁 Gi Yuan Restaurant
台北市敦化南路一段324号 (Formosa Regent から5時の方向、MRT木柵線 大安駅の近く)
Tel: 2708-3110


blog ranking早くもまた食べたい♪