ブログネタ
美術館・博物館 に参加中!
さっきニュースで見たんだけど、
イギリスのテート美術館にあるターナーの絵が
ロシア人に競り落とされ、このままでは国外に行ってしまうんだって!
テート美術館に展示されている懸案の絵、「青のリギ Blue Rigi」は
個人のものだそうで、
その所有者がオークションに出したら、テイトが買い取ろうとした金額の
なんと3倍でロシア人が競り落としたそう。
しかし、国宝級のお宝ゆえ、一時的に国外に出せない措置をとっており、
その期限までになんとか寄付を募って買い戻そう、という運動が起こっています。

Blue RigiJMW Turner, The Blue Rigi 1842,
watercolour on paper, unique.
Support: 297 x 450 mm. Private collection.
(写真はテート美術館サイトから拝借しました)



大口の寄付だけでなく、広く一般の人たちが小額で参加できるように、
「絵の一筆」分の寄付 Buy brushstrokes というキャンペーンを展開中です。
絵の全体を細かな正方形に割ってあり、好きな部分を好きなだけ、
寄付して自分の名前を残せる、というもの。(もちろん匿名でもOK。)
1つ5ポンド=約1000円から寄付できます。

サイトを見ていただければ、もっとわかりやすいと思いますので
まずはこちらをご覧下さい。
https://www.artfund.org/savebluerigi/Buy_Brushstrokes.html
このページで出てくるBlue Rigi の、ピンクに色がかかっている部分のマス目が
まだ寄付対象の部分です。
「ここらへんを買いたい」と場所を選ぶと別ページに飛んで、
そこからマス目を選ぶと、クレジットカードで簡単に寄付できるようになっています。

 * 2/21追記:「ビジネス英語雑記帳」の日向さんが記事の中で
   このキャンペーンのしくみを詳しく書いていらっしゃいます。
   こちらも是非どうぞ。
   http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2007/02/post_342.html 

私はもちろん英国人ではないので、関係ないっちゃ関係ないんですが、
お世話になった国のお宝が、オイルマネーを持ったガイコクジンに持っていかれるのも
忍びないので、ごくわずかですが参加します。
期限は来月3月20日。
ターナーファンの方、イギリス好きな方、美術お好きな方などなど
ご関心おありの方は是非ご参加を!


blog ranking