最近スパ4をはじめる人を何人か観察したり、直接説明したりして色々と勉強になったことがあった。
他のゲームは色々やってたとしてもカクゲーが初めてという方は最初なれるまで結構な障害がある
それをちょっとつらつら書いていこうかと思う



1.コマンド技の伝承

格ゲーはひとつの文化として出来上がっていて、今までの蓄積があることが前提として技を提供している場合が多い。
ある程度できる人がプレイすることが前提で対戦ツールを作っているのだ
例を挙げると↓→と出すコマンドは同シリーズのみならず、さまざまな格闘ゲームでも使われている
技としてはそこまで出しにくいわけではないんだけれども、それを前提としてるから
最初の人はまず技が出なくてつらいw昇竜とか理解不能らしい、やってないかたからすると
そしてウルコンなどの存在、同じコマンドを短い時間でだす・・・これ難しいんだよなー
スパ4ずっとやっている人でさえ失敗するのにね

※最近では初心者救済で昔よりはコマンドは出しやすくなってる、それでも難しいがw


2.技の数

格ゲーが爆発的に人気になったのはスト2が大いに影響を及ぼしていると思うが初代でもでも以上に技が多い
まずボタンが6つ×下上通常技、飛び、垂直飛びで4つ さらに距離でも変わる
とすると平均で5×6で30、さらにレバー入れがあったり、ボタン同時押しがあったり。
また各キャラ装備している必殺技が2、3、それもボタンで変わることが多い。
そして超必殺技があったりして技の数は40、50に及ぶこともある
別ジャンルのゲームアクションゲームなんかだと全然技が少ない
たとえば三国無双だと大体6つのボタン構成からなってそれに強攻撃が5つぐらい
それにタイプアクションだったり、ゲージ使用技、無双技、真無双技などを考えても20ぐらいかな
そう考えると相当差があることがわかるだろう・・・・


3、キャラの数
基本的に対戦ゲームなんでアクションみたく自分ノキャラだけを勉強すればいいわけではない
キャラの数だけ勉強するわけがあるわけで・・・
ちなみにスト4の最新作は39キャラそれに上の技の数が足される
さらに相手の体格だったりそのほかも考慮しないといけないので・・・・
ひいいいいいいいい
まあ50の技全部覚える必要はないんだけどね


4、連続技
さて技は出すだけではもったいない、初心者から上級者まで頭を悩ませる連続技
ジャンプ攻撃、地上攻撃ぐらいなら大丈夫だが、それに通常技にキャンセル必殺技
通常技の目押し、必殺技キャンセル超必殺技など多岐にわたり、さらに時間限定とか
あーーーーーーーー


5、システム
まあ、いまさらスト2だけのシンプルシステムにしてもしょうがないとは思うけど
新しいシステムがかなり難し勝ったりする場合がある
スト4だとスト2と比べて
ゲージ技、スパコン技、ウルコンゲージ技、さらにセビ1、2、3、セビキャンセル、セビキャン、スパキャン、ダッシュ、バックダッシュ、さまざまな技がある
これ・・・・他のカクゲーに比べて少ないほうなんです・・・・



という風に新しい人がやるにはこれだけ厳しい項目があるが
さらにあります、気が向けば後編につづくかも