FAXギモトのゲームを研究分析するブログ

ゲームを独自におもしろく分析する日記 最近は人狼にはまってますー♪

実際の動きみてみるなら
ニコ生へ遊びにおいでhttp://com.nicovideo.jp/community/co500738

過去スト4理論

スト4時代のオフ会とくさいあれの最終成績

過去を思い出す日記をつけております
今回は、地味に話題に出てくるくさいアレ時代の成績とオフカイについて
このころって、したらばスレでどこそこにいくので対戦会しましょうとはなしてたんだよなあ
なつかしすなつかしす

スト4 オフ回結果 あとバイバイさよならくさいあれ編集する全体に公開
2008年11月27日15:52
オフ会はかなり成功に入るだろう。
11人ぐらい参加者がいてかなあーり盛り上がった。ギャラリーもふくめれば20人ぐらいか?

強いホンダの方やルーファスの人と対戦し大いに本厚木は盛り上がった。いいですねーこのガチで対戦する感じ。
くまさん、パソピたん、クピボさん、くさいあれさん、平賀さん、モルダーさん、ハメ夫さん

あらをさん、モヤシモンさん そすこいさん
その他にも強いプレーヤーが集結してましたね

次は町田か藤沢でやるかな?盛り上がるといいのですが。

てか飲み会やりてーよ。たぶん対戦してるだけじゃ伝わらない戦略とか
惜しみなく話してくれるはず。実践と理論が伴わないとかてんぜ。
特にサガット戦を教えてくれ

後くさいあれの名前と戦歴破棄・ちょっと思い出深いので
いささか心残りではあるところはあるんだけど、
名前がいやだという点はもうしょうがないw
BPとか勝率なんて飾りなんでいかに指と頭とハートがきたえられたかですよ。
懐かしいものです。


一応戦歴だけ書いておこう

51604P
戦歴1672戦1437勝85.94勝率


総合成績
最大連勝171勝
パーフェクト62
通常KO2855
スパコンKO43
ウルトラKO527
削りKO303
ダブルKO19
タイム勝利21

追伸
退会する時めっちゃ早いんだけど!
退会しますか、はいと押したらもう退会w
5秒で退会。

いやもっとさ、
退会します>はい 本当に退会するんですか?>はい
ほんとにいいの?>はい やだだめなんだから>はい
あたしをおいてどこへいくの!?>はい
忘れたら承知しないんだからね>はい


ぐらいあってもよかったんじゃないか?
淡泊すぐるW
これいやな奴の携帯とかとって退会とか普通にできるぞ
多分1000試合とかやってる人のを退会させたら発狂するんだろうなw

スト4の人読み対策について 昔の考え方

最近は昔のスト4日記を見てほうほうと思うことが多いんですけれど
今回は2年も前の日記、ちょうどブランカではじめてグラマスになれたときだったような気がする


スト4 人読み対策について(序章)編集する全体に公開
2009年02月20日03:43
ぬおー!!一度書いた長文が消えた・・・
ので簡潔に
本当に序章なのですっとばしも可


「己を知り敵を知る したらば100戦危うからず」

孔子の言葉なんですが
1ラウンドもとらせたくない僕にとって非常に心地よい言葉
1ラウンドとられたってことは2ラウンド目もとられたら負けじゃん
それは勝ったことにはならないと思ってます
完璧に勝つこと、絶対に負けないこと、目指せ蹂躙
1らうんどを取られるにしても布石とかいろいろ張って
無駄にとらせることはないようにしたいものです




「すべての人の行動には理由がある」


当たり前の言葉なんですが僕がよく考える言葉であります
最近自分のことがわからない、人の事がわからないという人がいますが
相手の発言や行動、そして自分自身の行動や発言を照らし合わせていけば、完璧にわからないことは少ないんですね
自分のとった行動や相手の行動を見ていけば
本当に理解できないことは少ないんです




格ゲーにもそれはあたり
なぜジャンプをしたのか
なぜ波動拳を打てるのか
なぜブッパ昇竜を打てるのか
を考えていくとおのずと次の行動が見えてくると思うのですね





わからない=わかろうとしない<わかりたくない




わからないままでいることは実は簡単なことで楽な道ともいえます
わかろうと努力し考えることは困難な道ですが
それは知的好奇心を刺激しとてもおもしろいといえます
ただ知ってしまうことでつまらなくなるということもありますし
それはそれで・・・


ブッパで勝つのもおもしろいけれど
やっぱ本気でいろいろ考えて相手の行動を読み勝つのもおもしろい
仕事も遊びも本気でやりたい僕は
スト4も本気で考えてみますぜ!

ちなみにこういう文章を書く理由は伝える情報量が多い割に
まったくまとまらないので、これを書くことにより
自分の中で整理できるということがあげられます
整理し、自分のものにすると


きっと「さらに強く」なれるはず



なおもう一つ理由がありまして
僕の格ゲーにおける考え方はかなり異端らしく
マスター、グラマスクラスにも理解されにくい戦略をとってるみたいで
そのクラスがわからないとなるとその下の大多数がわからないということになる

せっかく同じ趣味を持っているというのに話が通じにくいんじゃ
なんとなく寂しいし、下手すりゃきち●いと思われるw
ただ間違ったことを言ってないとは思う
戦い方もそうだし実績があるし、自信を持ってお勧めできるんだけど・・・


データや連続技を話すのは誰にもわかりやすい・・・
なぜなら絶対的なものだから
人読み攻略は相対的なものだから、いろいろわかりにくかったり
批判があったりする

人読み攻略はかなり分かりにくい、
なおかつ見ててかっこ悪い可能性もある
相手が弱いところを見つけそこをつく戦法だから、人によっては嫌悪するかも知れない
飛び込みが落とせない人に飛び込みまくるようなものだからな
男なら初心者だろうがグラマスだろうがいつもと同じ戦法で全力でぬっころす
というのが今は主流なのかもしれない

僕は考え方が違うので初心者の方を
全力でぬっころすと下手すりゃ2分かからない
出来ればお互い楽しくやりたいので、負けないように楽しくやりたいけど、
これは考え方の違いなのかも知れないね

とかく初心者と上級者では闘い方はやっぱり違ってきます
その方が効率的だとおもわんかね

ミゾテルブランカとFAXブランカの違い

ミゾテルさんとはなまるきさんが多数グラマスが出席された足立大会にて
優勝を果たしたと聞き同じブランカ使いとして嬉しく感じた


まだブランカもやれるんやなあ
スゲーよまごサガット倒すなんて


それと同時に焦りと悔しさもあるw

くそー行きたかったぜ!一目みたいのと後ろで応援したかった
俺も孫サガットを・・



というわけで記念に僕からみて彼のすごいところを考えてみた



FAX

ミゾテル


色々あげられるんだけど大きくは二つ






高等技術じらしを使えるという事


以前スキルとして
攻め荒らし待ちじらし

と4つ書いた事がありますが、じらしが一番実践が難しい

ブラスレの比較動画を比べたけどあれは正直真似が出来ない


待ちとは似てるようで違うんだよな
待ちが基本的に相手のミス待ち、もしくは安定行動に対し

相手にミスを起こさせる技がじらし


考え方としては
攻め待ちはキャラ性能を駆使した戦法だと思う



サガットが永遠にダイガーとアパカで対空する攻め


ゲージをためてダメージも勝ったホンダが座り込んでる待ち


どちらも不利キャラが普通にやれば終わる組み合わせ
相手がサイコロ6振ってるのに対しこちらは4で勝負してるようなもん
リスクとリターンがあわない


とそれだと本当にクソゲーなので僕らは人間性能に頼ることもできる
それが荒らしやじらし


相手が有利な状況でも不利になるように相手を惑わすことにより
不利な状況から逆転できるわけですね





ミゾテルさんでいうと
相手の初動をみて
もしくは読んでロリを挟んでいっているね
かなり集中して反応速度を早めているはず



サガット戦を見てみるとよくわかるが
体力リードをサガット側がしているにも関わらずサガットの方が焦っている
よってスパコン暴発などが起こる



ルーファスは前に行かないと行けないから
出ようとした瞬間にぶつけられている


精神ゲージが見えるならかなり減らされているはずだ
基本的に人間は動く方が楽だからね
荒らしと同じミスを起こさせるのがじらし
ただやり方は違うけど


僕はじらしは得意ではないので
かなり参考になる

これがミゾテルさん自身の強さ






そしてもう一つ
これの方が重要なのかも知れないが彼は非常に盛り上げ上手という事があげられる


以前バルログVSブランカを行った時に積極的に声を出しブランカ側を盛り上げていた
そして豊富な知識からくるアドバイス
彼が後ろにいればかなり落ち着いて闘えると話すプレイヤーもいるぐらいだ



優勝したはなまるきサガットさんが中足さんや
ときど豪鬼を撃破したという

はなまるきさん自体はグラマスであり相当強いサガット使いだろう
ただその力を大会で存分に引き出せたのはもしかしたらミゾテルさんのアドバイスもあったのかもしれない



盛り上げ上手、豊富な知識


セコンドは両方あるのが望ましいと思う


残念ながら僕は豊富な知識はないのですね~

スト4職業病

スト4やっててたまに再発するんだけど
全国前でまた再発するとは思わなかった


「やったよ病」


やってねえとは逆で
ボタンが押せない病気

理由はわかっている
頭の中でボタン押しててそれが手に伝わってない


理由はわかってるのだが対戦中極度に集中しているから、注意する事が難しい



前回は中Pだけだったけど
今回はボタン全部に及ぶ

スト4やってて久しぶりに泣きそうになった
波動拳飛んで着地投げられるとかどんだけだよ
こんなんで負けたらチームこんな弱キャラに負けて悔しくないの仲間に申し訳ない

負けるにしてもベストの状態で負けたい


治すのはしばらくおく事だけど

そうはいってられないので
やりつづけることが大事だ

ウメハラコラムのことについて

モチベも結構上がったきたし、大会ではちゃんと闘えそうだ
毎日更新はしたいんだけどなかなか難しそうだから
昔のミクシイからの日記を転載してみようかと思う
意外とおもしろいことが書かれているもんだw



ウメハラコラムでこんな事が書かれてたみたいだ


アルカディア3月号より ウメハラコラム 道

今月の質問
 波動拳の上手な撃ち方を教えて下さい
           (質問者:ダメ波動さん) 

弾をうまく撃つ方法を前に格ゲーにおける飛び道具の役割を知れ

格ゲーは立場の違いを楽しむもの その違いが一番わかりやすいのが飛び道具

そのキャラの最終的な目的は何なのか
目的が分からなきゃリスクのある技は怖い

俺が飛び道具を撃ち続けられる理由は
撃ち続けることこそが最大の安全という確信があるから





なるほど、とてもわかる気がする

特に最後の一文かっこいいねー
撃ち続けられる理由、
撃てる理由ではなく、撃ち続けられる理由ということ
一つ一つの対戦ではなく何千、何万と繰り返し撃つということ
空手の素振りに似た感覚をおもう





空手が強くなること?
毎日かかさず一万回正拳突きを撃ち続けられれば強くなるさ

by独歩




だっけ?確かそんな事を言ってた気がするよ





僕の考える格闘ゲームスキルに計算という言葉があるんだけど
(相手の行動を瞬時に計算し期待値とやりたいことを出すスキル)
一つの技の理解を深めることにより、より計算がしやすくなるとおもうんだよね、精度が上がっていく




この技はなんなのか?についてきちんと知っておかないと
それに対する計算なぞ出せない
ブランカで言えばロリ
キャラによって状況によってロリは移り変わり
優秀な飛び道具、けん制技、隙の多い技、ただの餌などなど




僕はロリこそ、ブランカの至高の技と考えていて
どんな相手にもロリは封印せず撃ち続けているんだけど

その中で
屈伸ローリングは僕なりのローリングを突き詰めた形
(そういえばメカニズムについて書いてなかったな)




ローリングは飛び道具と理解を深めたうえでの
ことザンギ戦における戦略の形だとおもっている
本当に発見した時はシナプスが色々つながって本当に面白かった
ああ、この状況における最善が色々出来たわけだ




もちろん全てにおいて通じるわけではなく、
愛知の対抗戦のようにロリに反確を取られてしまうと
単なるリスクのある技になってしまう

対策の対策を取られているわけで、対策は必ず必勝ではない



ただそれを考える過程の方が僕は大事かなとおもう
そうすることでまた理解が深まり、新たな技を出せるようになる
これからもザンギ戦において使って行こうかなとは思う




僕自身のスタンス






後は僕が楽しむ行為として相手を荒らすという事をがあり
僕は格ゲーをやってみてそれが一番面白いから
待ちが強いタメキャラであってもそれを行おうとおもう



一時期徹底的に待ちをやってみて、やっぱり一番勝ちやすいなと思ったんだけれども、大会はともかく常にタイムアップ狙いの人とやって楽しいか?とおもうと楽しくはないとは思う
少なくとも僕はそう、二度目の対戦はいいかな?
(まあ人によるけれども)



一時期くまさんかっこいいなーという感情があって
それを自分で掘り下げていったところそういう事なんだろうなとおもった



スタンスとして相手と自分を楽しませたいというのが
そろそろ一万試合を超える僕の今の形
勝ち負けはとりあえずおいておく

人の評価うんぬんより自分で自分を評価出来るか?
荒らして勝たなければFAXギモトがスト4をやる意味はない



というような考えで行こうかなーと
プロフィール

ギモト、ファック

記事検索
俺より強いやつに会う!?
たくさんブログあるぜよ! にほんブログ村 ゲームブログ 格闘ゲームへ

Amazonライブリンク
Amazonライブリンク