コージー杉並の 〜KEEP ON ROLLIN'〜

好きな音楽、ミュージシャン、楽器、映画 etc について勝手に気の向いたときにだけ 綴る他愛のないひとりごと。

愛車 JA11ジムニーのステアリングを替えたついでになにか簡単に内装の模様替えできるものはないかと、いろいろ考えていたのだが、こいつを替えてみることにしてみた。

image

ドアプルハンドル、いわゆるドアの取っ手。


なんの変哲もないただのプラスチック製のものを手軽に替えてみようと思うと、
ウッドか革か.....という選択肢の中で
簡単にというとやはり革製だ。

ホームセンターや100円ショップで材料になるものはないかと物色したが、いまちいいのが見当たらない。

結局、チョイスしたのは昔、使っていたウエストがきつくなってタンスに眠っていた革製ベルト。

ハサミで適当に両端を楕円にジョキジョキとカットしてほどよい間隔に穴あけして、ワッシャーをかましてビス止め。

image


image



アップでみると楕円がいまひとつガタガタだが遠目にみるとこんな感じ。

image

なんとなく自然にやれた感じで、予算0円にしてはまあいい感じになったのではないでしょうか。



今日は久しぶりにクルマの話。

なんとなく気分転換に愛車・JA11ジムニーのステアリングを交換してみました。

ちょうど1年位前にmomoのグリッティからナルディのクラシックに替えたのだが....

画像1

今度は純正に付け替えてみました。
やはり古いクルマはステアリングもそれなりに古さがあったほうが自然な気がして、押入れにしまったあった純正ステアリングを出して取り付けてみた。

image

この純正ステアリングはたしか5年前に乗り換えたときに納車当日にmomoに付け替えてしまって、車屋さんから家までの帰り道でしか握っていない。

久々にみると思いのほか細身のグリップで口径もデカい。もっと地味でダサい印象ですぐに替えてしまったのだと思うが、この4本スポークがなかなか渋いではありませんか。


このジムニーはJA11に代った当初の1型でステアリングも先代のJA71の後期のと同じようもののようだ。

口径も大きいのでハンドルがとても軽くなった。
特大ホーンボタンのTURBOの文字がなんとも約25年前のこの時代を感じさせる。

またインストの曲を即興で録音しました。

いつも通りに深夜にボーッとTVを観ながらギター片手に呑みながらなんとなくそれっぽくなったところで一気に作りました。

いつもは直感のイメージで曲のタイトルは先に浮かんでくるのですが、この曲は全部録り終わってからも浮かばず.....
ふと窓の外を見るとうっすらと雲にかかった三日月。
....そしてついたタイトルは『cry to the moon』

Garagebandでバックのドラム&ベースとエレピのコードをササッと入れて、気分が覚めないうちに一気にギターを何本か重ねて一発録り。

image

メロディラインはフライングV、バッキングのスライドにレスポールスペシャル。録音はまったくiphone1台だけ。ライン一発録りでエフェクターまでGarageband内蔵のもので済ませてしまっています。

image

ここまで簡素化してしまうとなんとなく味気ない気もしますが....。



最近の趣向でバッキングのラフなスライドを何を弾いてるのか判らないほど しつこいくらいにディレイをかけています。
おかげで下手くそなギターソロもどっちがソロか判らないくらいになってしまいました。


サビのバックで隠し味的にハーモニカもワンフレーズ。
image




適当な動画と静止画を入れてyoutubeにアップしてみました。




このページのトップヘ