コージー杉並の ~Keep on Rollin'〜

好きな音楽、ミュージシャン、楽器、映画 etc について勝手に気の向いたときにだけ 綴る他愛のないひとりごと。

少し前に衝動買いしたPHILIPSのイヤホンをまずまず気に入って、ソニーのハイブリッドイヤーピースに交換したりして聴いていたら、しだいにカナル型の圧迫感にも慣れてきた。


騒がしい場所での遮音性という面では「音が出る耳栓」のようでけっこう心地いいものだ。音量を上げても音漏れもしないうえ、かさばらないから上着のポケットに入る。ヘッドホンとはまったく違う用途で使える。

そうなるとやはりもうワンランク上のイヤホンに興味が出てくる。

オーディオマニアではないのでそんなに高いモデルにも関心はなく、せいぜい1万円前後でどれがいいだろうといろいろ見ていて、候補に上がったのはSHURE SE215シリーズ、BOSE soundsports in-ear、ゼンハイザーの各種。

聴いてみて気に入ったのを買う意気込みでいざ試聴しにヨ◯バシカメラへ。

ひと通り試聴して、やはりSHURE SE215か....スペシャルエディションの白なんか音もルックスもいい感じなんだけど.....。どうしてもこのシュア掛けしなければならないのが気になる。やっぱり面倒くさそう。

そう考えながらふとSE215の横の一番端の末席を見ると無骨な丸っこい普通のカナル型のが目に入った。それがSE112。試聴してみるとイヤーピースがフィットしたせいかSE215より良く聴こえるではありませんか。値札を見ると4千円台半ば。

迷うことなく すぐさまレジに。


色もグレーの1色のみで選択肢がないのがじつに潔く地味で僕好みだ。これなら普通に装着できるし(SHUREの文字は逆さになるが....)、 5千円クラスとは思えないパンチのある音だ。

ハウジングは地味でチープな印象だが、太めのケーブルはしっかりしてい、全体的には安っぽさが感じられない。

ベルベット地の小振りななポーチも可愛らしい。

思わぬダークホースとの遭遇で、当初の予算の半額以下で済んだ割にはいい買い物だったのではないだろうか。







しばらく演っていませんでしたが、この2〜3週の間にアコギ弾き語りを2曲 録音しました。

70年代〜80年代前半の日本の歌謡曲。
田原俊彦の「哀愁でいと」
原曲は柳ジョージかショーケンがどっちか判りませんが「祭ばやしが聞こえる」
の2曲。われながら何という古い選曲‼︎

弾き語りといっても実際は、録音の簡素化のため、多重録音でギターと歌を別々に録って、ついでにギターもう1本やコーラス等も録って重ねてあります。

録音機材はいつも通りiphoneのみ。ソフトはGarageband。マイクもiphone内蔵マイク。



過去にいろいろ試した結果、マイク立てて繋ぐより、iphoneのマイク直のほうがきれいに録れていたので最近はずっとこれだけです。歌を録るときはiphoneをマイクのように握って歌うだけで、見た目は少し間抜けかもしれません。 

SoundCloudにアップしましたので興味のある方は聴いてみてやって下さい。


<iframe width="100%" height="166" scrolling="no" frameborder="no" src="https://w.soundcloud.com/player/?url=https%3A//api.soundcloud.com/tracks/294984042&amp;color=0066cc&amp;auto_play=true&amp;hide_related=false&amp;show_comments=true&amp;show_user=true&amp;show_reposts=false"></iframe>




ふだん深夜の時間帯にはだいたいヘッドフォンで音楽を聴いています。

そんなに高くない3,000円代〜10,000円以内位の小型オープン型と密閉型のものを適当に気分と用途によって使い分けています。

左:AKG K24P          宅録時のモニター用
右:KOSS ポタプロ    普段のリスニング用


左:SONY MDR-7502  リスニング用&モニター用
右:オーディオテクニカATH AVA300
おもに映画やYouTubeの視聴用。


オーディオテクニカ以外はかなり古いモデルばかりだと思いますが、一番頻度が多いのは、やはり個人的好みと聴き易さ、扱い易さからポタプロでしょうか。




イヤホンはつい最近まで、各種プレイヤーやiphoneに付属のものしか使ったことがありませんでした。

特にカナル型のはなんとなく耳に異物を入れている感じに抵抗があって、あまり関心がなかったような気がします。
 



そんななか先日、通りすがりのヨドバシカメラのイヤホン売場でいろいろ試聴する機会がありました。

各メーカーごとに試聴用の展示品があってゆっくり試聴できましたが、カナル型に慣れていないのと、イヤーピースがフィットしていないせいか、どれも音の良し悪しが分からない。

20,000円クラスのものと3,000円クラスの違いすらもよく良く判りませんでした。

平日の晩のわりとガラガラの店頭で30分以上もの間、物色しながら試聴していたので、小心者の私は何かひとつ位は買わないと・・という切迫感にかられ、手頃でそこそこの音のものを.....とさらに試聴を続けながら、
最終的に選んだのがこれ、フィリップスのSHE8100というモデル。


2000円代ながら、試聴したなかではたまたま耳にフィットしていたのか8000円クラスのより良く聴こえた(気がします...)。

買ってすぐに街を歩きながら開封して、さっそく聴いてみると、けっこう遮音性もあって重低音もほどよくいい感じで、
混み合った地下鉄の中でも気持ちよく音楽が聴けるようです。

今まで野外では付属イヤホンでしか聴いたことがないから尚更、良く聴こえたかもしれません。

軽いしシャツのポケットにも入るし、今さらながらイヤホンもいいなあと思いました。

あとは長時間聴いたときの付け心地がどんな感じかが、乞うご期待。












このページのトップヘ