コージー杉並の 〜KEEP ON ROLLIN'〜

好きな音楽、ミュージシャン、楽器、映画 etc について勝手に気の向いたときにだけ 綴る他愛のないひとりごと。

よく言われていることだが、フライングVは立って弾くとボディが軽いせいもありネックが下がってくる。いわゆるヘッド落ち。

そんなフライングVのお決まりチューンかもしれませんが、ストラップピンの位置を替えてみました。

もともとはこの位置。
image

image
先端から2〜3cmほど内側。

いろんな人のフライングVの画像を見てみると一番多いのが真ん中よりやや先端寄りのようだが、みんなまちまちみたいだ。

人によってはVの付け根あたりに付けている人もいるし、元の先端付近のはそのままに、真ん中寄りに両方付けている人もいる。


どのへんにしようかさんざん迷った結果、元の位置から8cmほど内側に穴を開けて付け替えてみた。

あまり真ん中寄りにすると夏場に短パンやパンツ一丁で弾くときピンが当たって痛そうだし、このあたりがベストではないかと....。

image

image

image

ストラップをつけて下げてみると見事にバランスよくヘッドが落ちなくなった。
たったこれだけでかなり弾き易くなった感じでまずまず満足。







先日、立ち寄った楽器店でピック等の小物を買ったついでに新しいストラップを買った。SITのナイロンストラップ。

image

何色があったが選んだのはこのダークイエロー。フェンダーのツィードっぽい色がなんとなく渋く見えた。

このSITのストラップはよくある普通のナイロン製のものだが、エンド部分のヌメ革の質感がよくて、以前から他の柄物のを1本 愛用しているが、とってもお気に入りのストラップだ。

image

これで1400円か1500円位だからなかなかのものだ。
長さもあるのでアコギにも使える。

image

ストラップは革製のいいものが1本は欲しいと思うが、なかなかこれというのに出会えない。ナイロン製や布製のはやはり柔らかさやしなやかさがいい。

image

隣りは10年以上使ってる表面がプリント柄のもの。
ヌメ革の部分が飴色になって馴染んでいる。

image

image

このイエローのも馴染んで変色していくのが楽しみだ。

金属製のリベットや長さ調整部分は頑丈な作りで、まず破れたり壊れたりすることはないでしょう。

安いわりに質感のいいおすすめのストラップです。


愛車 JA11ジムニーのステアリングを替えたついでになにか簡単に内装の模様替えできるものはないかと、いろいろ考えていたのだが、こいつを替えてみることにしてみた。

image

ドアプルハンドル、いわゆるドアの取っ手。


なんの変哲もないただのプラスチック製のものを手軽に替えてみようと思うと、
ウッドか革か.....という選択肢の中で
簡単にというとやはり革製だ。

ホームセンターや100円ショップで材料になるものはないかと物色したが、いまちいいのが見当たらない。

結局、チョイスしたのは昔、使っていたウエストがきつくなってタンスに眠っていた革製ベルト。

ハサミで適当に両端を楕円にジョキジョキとカットしてほどよい間隔に穴あけして、ワッシャーをかましてビス止め。

image


image



アップでみると楕円がいまひとつガタガタだが遠目にみるとこんな感じ。

image

なんとなく自然にやれた感じで、予算0円にしてはまあいい感じになったのではないでしょうか。



このページのトップヘ