2005年09月08日

世界のレフェリー名言集

「自分のひいきのチームに有利な笛を吹くのがいい審判だって?
そんなことをもし本気で考えてる人がいるとしたら
その人にはコイントスだけ見て帰ることをお勧めするよ。
そんな人たちにとってはゲーム内容なんてどうでもいいんだろうから
人生の無駄遣いをするなと忠告してあげたいね」
               <イングランド/ティム・ニコルスン>
「サッカーに勝利だけを求めるのなら
サッカーなんて見ないでポーカーでもやってた方が
よっぽどマシじゃないのか?」
                <スコットランド/ジャック・ヘンマン>

「サポーターからのプレッシャーなんて気にならないさ。
ルール・ブックにそんな言葉は載ってないからね」
                <ブラジル/マウリシオ・アルベルト・ボッフ>

「もし私より監督や選手たちの方がルールを理解してると言うのなら
私は今すぐにでもレフェリーをやめる覚悟はある」
                <ドイツ/イェーガー・グレフェンベルグ>

「私は闘牛士をやってたことがあるんだ。
ついにマタドールにはなれなかったがね。
それに比べたらサッカーの審判なんて楽なもんだよ。
言葉は通じるし、もし言葉が通じなかったとしても
カードの意味は理解してくれるからね」
                <スペイン/アントニオ・アルモドバル>

「審判が吹く笛の音は、満員の観客のブーイングより
何百倍も大事ってことさ」
                <オランダ/ヘンドリック・ファン・ブローケレン>

「サッカーは完璧なプレーだけから成り立っているわけではない。
われわれ審判にもやはりミスは出てくる。
もし選手がサッカーをプレーする中でミスをすることが許されないのであれば
その選手は競技する種目を変えなくてはならないだろう。
審判に関してもそれは当てはまる」
                <イタリア/ピエルルイジ・コッリ−ナ>

「審判としての私の一番の屈辱はサポーターのブーイングなどではない。
十ニ歳になるひとり娘が私の担当する試合を見ずに
家でテレビゲームに夢中になっていることさ」
                <アメリカ/イアン・リールマン>

「あまりないことだけど、
時には命をかけて笛を吹いている気持ちになることがあるよ。
ここで審判をやっているってことは
それだけの覚悟があるんだってことを
少しは理解してもらいたいもんだね」
                <アルゼンチン/アグリスティン・コスシア>

「どうしてそんなことを聞くんだ?
誰からも好かれないばかりじゃなく
時には、いや、往々にしてだな。
往々にして憎まれることのある審判をしているくらいなんだから
サッカーを愛してるに決まってるじゃないか!」
                <コロンビア/オズワルド・カルドナ>

「ミスを犯さない人間は
生まれていない人
死んだ人
何もしない人の3種類だ」
                <エクアドル/バイロン・モレノ>

「試合に負けると『審判のせいで負けた』と言ってくるチームがあるが
それが本当だとしたら、私のおかげで勝ったチームもあったということになる。
だが、審判を始めて20年になるが
『あなたのおかげだ』と言ってきた人は誰もいない」
                <スペイン/アントニオ・ヘスス・ロペス・ニエト>

「私の場合、正しいジャッジを教えようとしているので
必然的にカードを出す回数が多くなる。
経験があるのでイエローを出さないでコントロールすることもできるんだが
審判の育成を考えた場合、出すべきカードは出さないといけないからね」
                <ニッポン/レスリー・モットラム>


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 最後の,モットラムとかいう聞いたこともない人のwセリフ,わけわからん,マジで.こんな言説が許されるのか?ビールのみながら仕事している最中,一気にボルテージ上がっちまった. ??蹴球幻想??:世界のレフェリー名言集
誰か教えてくれ【texte】at 2005年09月08日 16:17
この記事へのコメント
モットラムは、日本サッカー協会のチーフインストラクターです。日本の審判員教育の総元締。モットラムスタンダードがアジアのスタンダードではないので、Jの選手は国際試合で戸惑ってます。
Posted by ガード at 2005年09月08日 21:37
>モットラムは、日本サッカー協会のチーフインストラクターです。
はい。
でもそれは当記事をトラックバックした先のサイトで言ってあげた方がいいんじゃないでしょうか。
Posted by 作者 at 2005年09月09日 00:39
盲目的にヨーロッパの審判を崇拝し,日本の審判を卑下する方々全てに,読んでいただきたい。ありがとうございました。
Posted by ふぁいん at 2005年09月12日 18:25

【注意】このblogはバーチャルでフィクショナルなパーツにより構成されている。よってここで語られる如何なる記述も信じてはならない・・・。
Posted by 作者 at 2005年09月12日 19:55
え?てっきり最後以外は・・・
Posted by ふぁいん at 2005年09月12日 20:23
>え?てっきり最後以外は・・・

最後のは本当。
http://www.j-league.or.jp/document/jnews/65/07.html
Posted by 小さな親切 at 2005年09月12日 21:02
わかる人が4人しかいませんでした。
もしかしてあろの9人は言葉も名前も創作ですか?
だとしたら凄いかも!
Posted by ヘボ審判 at 2008年05月09日 16:05