2022年 F.B.Iフローターマスターズクラシック 結果


2022年10月23日、今シーズン最後の締めくくりとなる、F.B.Iフローターマスターズクラシックが福島県は真野ダムにて行われました。

IMG20221023061241

12名の招待選手中、都合により3名が欠席となり、今回は9名の精鋭達による争いとなりました。


真野ダムはラージマウス、スモールマウスの両種が生息しているダム湖で、大自然に囲まれた秘境で景色もすばらしく、ポンツーンなら半日もあれば一周できてしまう広さで、ラージ、スモールともにビッグサイズが期待でき、時にはボイル祭が発生して連発もありえる反面、小型サイズ含めて外すと一匹も釣れない湖にもなる顔を持ち合わせていることから、メンバーからは「魔境」の愛称で親しまれております。

IMG20221022105039

IMG20221022105037


大会前日からほとんどのメンバーがプラクティスに励みましたが、「持っていない副代表コンビ」はいずれもキロアップ含めて複数のバスをキャッチしていたようですが、他の選手からは釣れない!との声ばかり…

FB_IMG_1666825245330

IMG20221022161825


その他01

IMG20221022174930
スペシャルゲスト 魔境の番人 トミさん
(手前左)
前夜祭ではシェフとしてメンバーに料理を振る舞ってくれました。





当日。

09

天気予報は晴天無風!

釣りには相当厳しい予報ですがどうなるでしょうか!?


IMG_4500
恒例のトトカルチョの景品。
誰がウィナーとなって、誰の予想が当たるのか…



ミーティングを経て、
06



6時30、ノンオールの2大巨匠がスタート!
IMG20221023062150


19

IMG20221023063001


1時間後、オール組がスタート!!

28

IMG20221023135641


39

IMG20221022104629


IMG20221022111116


IMG_4499


その他09


IMG_4497

53

IMG_4505

一時間も経たないうちに、湖に誰かの雄叫びが聞こえたとか、聞こえなかったとか…
この笑顔とスカリは…?



14時30終了

やはり全体的に厳しかったようですが、何とか数匹はキャッチされたようです!



以下、改めて栄誉あるクラシック出場者の紹介と成績発表です!


菅原氏
IMG_4523

すがしょーこと菅原氏
前日午後にインレット周りのシャローで良型のスモールを確認していたようですが、本番に手にすることは出来なかったとのこと。



荒木氏
IMG_4525

アラキンニクンこと荒木氏
シャローマンアラキンニクンは第6戦から体調が万全とはいえず、あえなく撃沈となりました。



岡本氏
77

御大こと岡本氏
人気ブログ「魔境通信」でもおなじみの真野ダムのバスは、御大がかなり手懐けていたはずでしたが…
リグを落とすと逃げていくバスの映像を高画質のガーミンで何度も確認した1日だったようです…


細貝氏
IMG_4528

黒いマーカーブイことホソカイ氏
相変わらずプラ無しで望んだ細貝氏「なんもねー!」とのことでした。


蔀氏 1本 270g ビリ
IMG_4532

58

霞ヶ浦のプリンスこと(自称)蔀氏
前日プラではフラットエリアの巻きキャロとブレイク沿いのカバーでのダウンショットでキロアップ2匹を含む6本キャッチで、本番は同じく副代表の高久氏との勝負になるだろうと勝手に決め込んでいたようですが、おチビちゃん一匹で敢え無く撃沈しました。ザマーミロ(笑)



鈴木氏  1本 470g

IMG_4527

56

世界のヤスハル又はヤっさんこと鈴木氏
初のクラシック獲得に向けて前週プラから精力的に挑みましたが、非常に厳しい手応えだったようです。それでも、本番は魚探の反応に合わせて得意のフットボールの釣りのバリエーションでのキャッチはお見事でした。



菅谷氏  1本 515g

IMG_4530

59

お馴染み、仏頂面こと菅谷氏
最終戦欠場でマスターを逃してしまっただけに、クラシックを獲得するべく金曜からプラ入りしましたが、手応えなしだったようです。本番は得意のダウンショットで貴重なリアクションバイトをものにし、何とかキャッチしてきました。



高久氏  1,575g 2本

IMG_4534

61

前日の巻きパターンが機能せずも、前日の段階で魚の多いエリア、ボイル発生の確率が高いエリアを把握しており、それを信じながらのボイル打ちと、さらに当日の状況にアジャストさせてたどり着いたイガジグスピンでのブレイク沿いのボトムバンプで全てキャッチできていれば3kg超えのウェイトだったようです!
相変わらずスモールレイクの強さを魅せつつ、でも相変わらず持っていないジャイアンこと高久副代表でした。




そして、

栄冠のクラシックウィナーは!?




岩松氏 1本 2,005g

IMG_4529

IMG_4519


IMG20221023143700

湖に浮くまでは、かなりどうしようか…感が漂っていた岩松氏ですが、メンバー達のちょっとした会話から第6感が閃き、シャローエリアの立ち木にエンジンのライクで水面直下を引くと、突然デカラージが後ろに現れて、パクっとされたとのです!
巻いていたラインは2.5ポンド。
キャッチしたバスは53.5cm、2,050g!
シビレル一匹に、キャッチした瞬間湖に雄叫びが響きわたりました!

プライベートを含めて自己最大のバスをクラシックで釣ってくるまさにこれぞ持っている男!



奇跡の一匹により、見事、2022年シーズンのクラシックを制しました!!

おめでとうございます!!



表彰式では、2度目のマスターに輝いた鈴木氏にF.B.Iフローターマスターズのクリスタルトロフィーが、岩松氏にはクラシックウィナーのクリスタルトロフィーが授与されました!
68

IMG_4541

IMG_4542


90

93



これをもって2022年のシーズンの試合は全て終了となります。


コロナ禍による様々な厳しい状況の中、参加頂いたメンバーの皆様、運営側の皆様、開催に協力頂いた漁業協同組合、キャンプ場、地元の皆様、誠にありがとうございました。






最後にF.B.Iフローターマスターズ 伊藤代表からご挨拶です。




今年もあっという間の1年でしたね。
トーナメントに参加してくれた皆さん、トーナメントの運営を頑張ってくれた皆さん、SNSやWEBの投稿を頑張ってくれた皆さん、本当にお疲れさまでした。

2度目のマスターを勝ち取った鈴木さん、流石です。強い!
そしてクラシックの舞台で見事なビッグバスを持ち込んでタイトルを獲得した岩松さん、おめでとうございました。

今年は初戦から牛久の豚バスがウエイインされたり、懐かしいメンバーの久しぶりの参戦などもあり、なかなか盛り上がった1年だったのではないでしょうか。

来年もFBIトーナメントを楽しくやっていきましょう!

 伊藤





【F.B.I事務局】














2022年 フローターマスターズクラシック開催案内&豪華賞品が当たるトトカルチョ!

CLASSIC2022


依然として終わりの見えぬコロナ禍の中、2022年のフローターマスターズが終幕致しました。

IMG_3765

昨年同様、今年のマスターズも混戦模様。最終戦まで7名にマスターの可能性があるという、大激戦となりました。
今期はベテランの菅谷氏と若手の剱持(亮)氏が好調をキープ。わずか1pt差で最終戦を迎えましたが、菅谷氏が最終戦直前に体調不良となり無念の欠場。剱持(亮)氏がそのまま行くか!?と思いきや、最後に差したのはベテランの鈴木(康)氏!
鈴木氏は5年振り、2回目のマスター獲得となります!
DSC01515

年間6戦のうち、ptの高い4戦分を計算するという、F.B.I.独自のポイントシステム(仕事や家庭の都合で全戦参戦できなくても勝負になるシステムを採用しています)の他、BFがプラス10ptとなるシステムも味方につけた見事な逆転劇に、最終戦の会場は大いに盛り上がりました!

そして、今年活躍した選手のみが招待される栄誉ある大会、フローターマスターズクラシックが10/23(日)、2022フローターマスターの鈴木氏の指定により、魔境こと真野ダムにて開催されることとなりました。

~開催概要~
開催日 :2022年10月23日(日)
開催場所:福島県 真野ダム(地図参照)
参加費 :※招待選手のみ(景品用ルアーの持参をお願い致します)
受 付 :AM5:30
スタート時間:ノンオール艇:AM6:30、 オール艇:AM7:30
帰着時間:PM 14:30

細かいルール等はF.B.Iルールに則ります。

参加予定の選手の皆様、今年最後のイベントを楽しみましょう。

地図
Screenshot_20221012-215651

Screenshot_20221012-215638


※※※※※※※※※※※※※※※※※※
以下トトカルチョの案内になります。

優勝者を予想し、豪華賞品をゲットしよう!!
優勝者・優勝ウェイトの両方を見事に的中させた方には今年もクラシックの各出場者のお気に入りルアーを賞品にします!
出場者の皆様、賞品の準備をお願いします。
予想するのは、「優勝者」と「優勝ウェイト500g単位」で。
ウエイトは端数切捨てでお願いします。

例)トータル2200gの場合、2000g。
  トータル2920gの場合、2500g。

■応募方法:この記事のコメント欄に、賭けた人が分かるように記入ください。
優勝者名はフルネームで、応募はお一人様3口まで
■締め切り:大会前日10/22まで
■発表:試合後にこのブログでお知らせします。
■応募条件:過去にF.B.I.の大会に参加したことがある方、もしくは来年参加しようと思っている方々。
■参加費:無料

自分で自分を予想するのはOK。上位の選手に手堅く票を入れるのもヨシ、賭けていく状況を見ながら投票してもヨシ・・・ですが、賞品の山分け優先権は賭けた先着順となります。
今回、クラシックに出場できる方も、そうでない方もトトカルチョにはぜひご参加を。

投票の締め切りは前日の10/22まで!!

~参加選手一覧(敬称略)~
今年は例年とは趣向を変えて、各選手にクラシックへの意気込みを頂くことが出来ました!
トトカルチョの参考にして下さい!

年間ランキング1位(2022フローターマスター)
鈴木 康晴(4大会ぶり3回目)
CLASSIC_suzuki

主なタイトル 2017フローターマスター、2022フローターマスター
2022年最高成績 第3戦 優勝
2022年獲得ポイント 190pt
愛艇: ブロンコエクストリーム 9feet(Backs Bag's)ブルー

鈴木です。今回は本当に勝ちたいんです。何故ならFBIで入賞するといただける楯?現在はクリスタルですが、持ってない物が2つ有ります。 1つ目は幻のブービー賞の楯?(確か一度だけ見た気がする……違ってたらごめんなさい。)2つ目のクラシックウィナーのクリスタル!!自分の釣りはムラが有るのでチャンスが次何時来るか分からないので。実際クラシックに出るのに4年掛かりましたしね(マスターの次の年にも出れますが)今回はプラもちゃんとします。ですので勝ちますよ~(笑) 私に賭けないと後悔しますよ~(笑)

年間ランキング2位
剱持 亮(2大会連続3回目)
CLASSIC_kennmochi

愛艇:High Adventure (Bucks Bag's) ブルー
主なタイトル 2018ルーキーオブザイヤー、2021クラシックチャンピオン
2022年最高成績 第5戦 優勝
2022年獲得ポイント 185pt
今シーズンの倅は「脂のってます」的な「調子のってます」です。ご承知の通り、先輩方が見てると釣れますのでお隣へどうぞ(笑)

倅こと釼持 亮

年間ランキング3位
菅谷 武志(2大会ぶり5回目)
CLASSIC_sugaya

愛艇:エアバード240(BeeBoat)
2022年最高成績 第2戦 優勝
2022年獲得ポイント 184pt
好調な今シーズン、最終戦で逆転すべく準備してきましたが体調不良ですべてパーに、クラシックで鬱憤を晴らします。
応援よろしくお願いします。

年間ランキング4位
細貝 浩一(2大会連続5回目)
CLASSIC_hosokai

愛艇: ZF-158VH-T(Zephyr Boat ) ブラック
主なタイトル 2011クラシックチャンピオン 
2022年最高成績 第3戦 2位
2022年獲得ポイント 164pt

久しぶりのクラシックチャンプへ
俺の仕掛けが火を吹くぜ!!

年間ランキング5位
小池 章良(5大会連続6回目)
CLASSIC_koike

愛艇: デイブスカッデン カァーディアク キャニオン (Northfork Outdoors) グリーン×パープル
主なタイトル 2018、2021フローターマスター、2015ルーキーオブザイヤー
2022年最高成績 第4戦 2位
2022年獲得ポイント 150pt
晩秋の釣りは苦手です。。
サカナを見失うことが多いです。。。
と、、、当日はまだ腰が完治してない気がします。。。

ただ、魔境は2回しか行ったことないですが、ちょうどいい広さの中に
色んなシチュエーションがあって、結構好きです。相性もいい気がします。
ダム湖は比較的得意?な方じゃないかなと思ってたりします〜

クラシックは獲れたことがないので、今年こそはです!

強気の釣りでやり切ります(一応そのつもり) by こいけ

年間ランキング6位
蔀 賛也(7大会連続7回目)
CLASSIC_shitomi

愛艇: ブロンコエクストリーム 9feet(Backs Bag's)グレー
主なタイトル 2016、2019クラシックチャンピオン
2022年最高成績 第5戦 2位
2022年獲得ポイント 150pt
東京オリンピック・パラリンピックが終了し、少しは落ち着くと思いきや、4月の人事異動先ではオリパラを超える大炎上中…
クラシックは、さらにそれを超える火を起こすして、プリンス祭だわっしょい!
負けられません!
勝つまでは!! by.プリンス

年間ランキング7位
岡本 隆義(2大会連続4回目)
CLASSIC_okamoto

愛艇: Fish cat Panther 9feet (Out cast ) モスグリーン
主なタイトル 2013ルーキーオブザイヤー
2022年最高成績 第6戦 優勝
2022年獲得ポイント 145pt
今年はあまり成績が良くなかったので、クラシック出場は諦めていたんですが、最終戦でなんとか滑り込むことができました。まずは霞ヶ浦の女神に感謝! そして出る以上は優勝とそれ以外しかないクラシック。野心的な釣りで狙ってみるつもりです。 皆さん魔境通信を熟読してくると思いますので、更に一歩先のネタで勝負ですね。期待してください!

年間ランキング8位
荒木 洋忠(3大会連続5回目)
CLASSIC_araki

愛艇: Fish cat 9feet(Out cast) モスグリーン
2022年最高成績 第4戦 優勝
2022年獲得ポイント 137pt
アラ筋ニクンです。このところレギュラーシーズン後半戦迷走しまってしまっています。が、昨年のクラシックでは、なんとか1本ウエインすることができました。
今回はスモールとラージがいるダム湖ということでハードルは高いですがミックスして3本ウエインを密かに狙っています。
リーサル・ウェポンも準備しています!
0か100を狙っていきますので期待しててください~

年間ランキング9位
高久 雄多(6大会連続6回目)
CLASSIC_takaku

愛艇: スカイコミッシュサンライズ (Northfork Outdoors) ブルー×オレンジ
主なタイトル 2017、2018クラシックチャンピオン
2022年最高成績 第2戦 2位
2022年獲得ポイント 133pt

クラシック2連覇は今や過去の栄光。。。
今年は得意のスモール戦もいいとこがなくヒドい順位となりました。。。
とはいえクラシックは得意です。
誰よりもスモールの気持ちが分かる私が、魔境のスモールをかき集めて優勝します!

年間ランキング10位
菅原 翔也(4大会連続4回目)
CLASSIC_sugawara

愛艇: Fish cat Panther 9feet (Out cast ) モスグリーン
主なタイトル 2019フローターマスター
2022年最高成績 第3戦 4位
2022年獲得ポイント 125pt
どうも、すがしょーです。
晩秋もダム湖も苦手ですが、今年こそはクラシックでバスをウェイインしたい!
ダークホースになれるかな?!
頑張ります!

年間ランキング11位
岩松 茂樹(2大会連続2回目)
CLASSIC_iwamatsu

愛艇: Fish cat Panther 9feet (Out cast ) モスグリーン 自作フレーム
主なタイトル 2021ルーキーオブザイヤー
2022年最高成績 第4戦 4位
2022年獲得ポイント 123pt
昨年に続き、今年もギリギリ順位でクラッシック出場。昨年の細野も今年の真野ダムも自身初のフィールドですが、根拠の無い自信と気合い&第6感フル活用でやったります‼︎

招待選手
川村 俊明
CLASSIC_kawamura

2022年最高成績 第1戦 優勝

残念ながら欠場となります。
なんでや~。何で今なんや~。

今年最後のお祭り大会。出られる人も出られない人も、思いっきり楽しみましょう!!

皆様投票よろしくお願いいたします!

【F.B.I. 事務局】

2022年 フローターマスターズ第6戦【霞ヶ浦/小野川河口・古渡エリア】結果



10/2 日曜日、2022年シリーズの最終戦が霞ヶ浦の古渡・小野川河口エリアで開催されました。
DSC01395



マスター争いは最終戦の結果次第までもつれ込み、候補者は7名。そしてクラシック出場権争いも熾烈な状況。


最近の霞ヶ浦は、約1ヶ月前に行われた別団体のボート戦を見ても、優勝でも2本、1,500gという超ロースコアという厳しさ…


試合前日プラクティスを行なった選手達からも、釣れない…という声が多く聞こえて来ました。
(約1名を除いて…)



朝は放射冷却により若干冷え込みましたが、朝から気持ちのいい秋晴れ!!
34
昼前まではほぼ晴天無風という天気に加え、前日と比べて約20cmの減水という釣れない条件が揃ったF.B.Iトーナメントらしい状況となりました(笑)



当日は発熱等による体調不良者2名が欠場となり、18名での戦いとなりました。



最もマスターの可能性が高かったノンオールの巨匠、菅谷氏がまさかの体調不良により欠場となり、今回ノンオールは2艇となりました。
DSC01434
菅谷氏の無念も背負って、もう一人の巨匠、細貝氏がマスター目指してスタートします!
トーナメントジャンキー小熊氏は前日釣った(釣ってしまった)バスの再び回収に向けてスタート!


DSC04725
今回、翁こと剱持親子の父上がポンツーンデビュー!
桧原湖で既に練習を重ねており、貫禄すら感じさせます!


DSC01477
腰痛おじさんAの岡本氏
今回は腰痛がひどいので、近くをダダ長しする作戦とのこと!

26
腰痛おじさんBの小池氏
こちらも無理せず…とか言っても本番は釣りたいおじさんアドレナリン全開です!


ウェイイン

厳しい状況でも5名が見事ウェイインを果たしました!

5位(ビリ) 小池氏
40

46
F.B.Iのジャイアンこと高久副代表の司会により行われた表彰式

ノーフィッシュ続出の中、見事バスをキャッチしてきた小池氏でしたが、ジャイアン的アナウンスは「ビリ コイケ!」
まあ、あってますが(笑)
腰痛をこらえて約2km先のジャカゴエリアで、風による湖流が出たタイミングを見極め、ネココイケの異名どおりドライブクローラー5.5incのネコリグで仕留めて来ました!
今シーズンも釣りたいおじさん力に磨きをかけ、全戦ウェイインという目標も達成とのこと!年間ランキングも5位という結果でした!


4位(ブービー賞)   細貝氏

38
45
ノンオールの巨匠らしく、今シーズンも牛久戦4位、牛堀戦2位など随所で強さを見せつけた細貝氏
マスター獲得に繋がる1本をMPSでキャッチ、もう一押しというところでしたが、惜しくも追加ならず。
マスターには届かなかったものの、年間4位というすばらしい成績で今シーズンを終えました!


3位 谷口氏
 
39
47
Beeのポンツーンを購入するも、ポンツーンのメリットが分からん!と嘆いていたぐっさんこと谷口氏。
ポンツーンの機動力を生かし?自信のあるポイントを一旦スルーしての時間差作戦?で、前回の古渡戦と同じポイント、同じルアー(スモラバ)で、同じバス!?をウェイインして来ました!
 

2位 鈴木氏
41
48
5年前、驚異的な強さでマスターに輝いた世界のヤスハルこと、鈴木氏。
マスター獲得後は、様々な海釣りにも傾倒し、一時期「もうF.B.Iはそっちのけか?」と思われましたが、そうではなく、さらに釣りの幅を広げるための自己研鑽だったようです!
最近のヤスハルは前日は短時間のプラのみで、夕方早々と顔を真っ赤にして大らかにガッハッハとしている姿が印象的ですが、その分試合が始まると、、裏磐梯、霞ヶ浦どちらでも魚をしっかりキャッチしてくる最強のトーナメンターに変貌するも、試合終了後のコメントではすいませんを連発するという、人格もワールドワイドなヤスハル氏。
前日気になっていた葦のカバーに一目散に駆けつけセンコーで1本、終了1時間前に小池氏同様ドライブクローラー5.5incのネコリグで2本をキャッチし、5戦終了時点年間4位から、2度目のマスター獲得に登りつめました!





優勝 岡本氏

42
ブログ「ポンツーン魂」の番人として、人気の「ルアー列伝」連載のほか、「魔境通信」のゴーストライターを努めるとともに、スピンリールの改造からポンツーン周りのDIYをこなすのみならず、精力的に海釣りに出かけて高級魚を釣ってきては、霞プリンス一家に食い漁られる運命を背負いながら、近年加わった五男と二女(柴犬兄妹)も養うという大忙しのF.B.Iの御大こと岡本氏。
ロジックなパターンで魚を追いかけるのが得意ですが、今回は持病の腰痛が悪化したため、スタートエリア付近ダダ流し作戦に変更…これが功を奏したのか!?
前日プラから50アップをキャッチするなど、完全に今の霞ヶ浦の状況を捉え、レインズスワンプのネコリグでビッグフィッシュ賞含む良型2本をキャッチし見事優勝しました!!
IMG_4426
常に上位のイメージの御大ですが、なんと優勝は初とのこと!
本当におめでとうございます!



《成績表》
岡本隆義 2 2250 1340
鈴木康晴 2 1210
谷口素之 1 800
細貝浩一 1 775
小池章良 1 685 以下13名ノーフィッシュ
《上位3人と集合写真》
67
65

これにて、2022年のF.B.I.主催、Floater Mastersが終了。
今年は初戦での川村氏のふらっと来て優勝!かつてのレジェンド代表安藤氏の久しぶりの参戦(飲みがメインで試合では本気出してねぇからな!)
菅谷氏や岡本氏の初優勝、セカイのヤスハルのマスター返り咲きなど、ベテランが躍動する年となりました!
一方で剱持(亮)氏の活躍、谷口氏や翁のポンツーンデビューなど、新たな風を感じることもできました!
ここ数年の厳しい環境のなか、楽しく、そして事故もなく1年を終えられたこと、深く感謝致します。
また、協力していただいた各会場様、漁協様にも、改めて感謝致します。



《2022年 年間ランキング》
6th_1

今年も終わりの気配を出しましたが、忘れてはなりません!
まだクラシックがありますよ(笑)
赤線より上の方がクラシック出場者となります。
開催場所は久しぶりの開催となる真野ダム
近日中にトトカルチョの案内を出しますので、クラシックに参加できる方も出来ない方も、
最後までお付き合い下さいませ! 【F.B.I.事務局】
大会エントリー申請
F.B.I.公式アカウント
友だち追加
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ