2017年F.B.I.フローターマスターズ第5戦【秋元湖】大会結果

2017年9月3日(日)、福島県の裏磐梯にある秋元湖にて2017 F.B.I FLOATERMASTERSトーナメントの第5戦が行われました。

received_840538946113668


ここ秋元湖は、裏磐梯の湖の中でも最も自然豊かで静かなフィールド。
猿はしょっちゅう、熊も時々。。。そして満天の星空。まさに大自然を感じながら釣りを楽しむことができます。
F.B.Iメンバーにもこの湖のファンは多く、お盆から精力的にプラを行う姿がありました。

今大会のエントリーは裏磐梯にしては少なめの26名。うち1名が初参加。

湖の状況としては、とにかく今年は雨が多く、日に日に水温が下がって難しくなっている印象。
多くの選手から、小バスばかりでいいサイズが出ない。。。ノンキーばっかり。。。など、ネガティブな情報が出ておりました。
加えて、大会週には台風も接近しており、開催すら危ぶまれる状態に。
当日はよく晴れたものの、前日までの雨や吹き返しの暴風により水温がさらに低下し、予想通り厳しい結果となりました。

前日の様子。

received_922196117936602

夕方はよく晴れ、美しい夕日に心が洗われる。

夜はお決まりの宴に。

received_922195811269966

received_922195837936630

湖畔でbarが開店!美味しいカクテルが振る舞われておりました。

そして迎えた当日。

received_840538796113683

ミーティングの様子。
禁止事項などの確認が行われます。


天気予報は終始晴れ。かなり風が強まる予報ですが、スタート地点に向けた風であることから、大会は問題なく実施できると判断しました。

received_840538852780344

ノンオールのスタートは5時半

received_840538866113676

6時半オール艇スタート

大会中の様子

received_840538832780346

received_840538856113677

スモールが得意な小熊氏(上)と人間マーカーブイ細貝氏(下)

KIMG0404

KIMG0403

大型ポンツーンが似合うマット氏(上)と前回桧原湖を制した渡部氏(下)
ルーキーオブザイヤーはこの二人に絞られたか!?

received_840538922780337

received_840538916113671

前回桧原湖で準優勝の新井氏(上)と優しい不思議キャラの今井氏(下)

received_840538886113674

received_840538932780336

ディスり王の小池氏(上)と今回ノンオールを選択した現副代表を「軟弱者」と罵る旧副代表の川村氏(下)

received_922195981269949

received_922196034603277

久しぶりの参加。スーパーロコの星氏(上)とノンオールを選択したことで、「軟弱者」「セコイ」と皆からブーイングを受けても、魚探を見てるふりをしてごまかす副代表の高久氏(下)

received_1319113421543831

大自然からの刺客。おかっぱりで優勝を狙う猿氏


そして迎えた帰着。
皆一様に厳しい表情。しかししっかりリミットを揃えている選手も多い様子。
爆風となる9時前までに、目当てのポイントで釣果を出せたかどうかが大きな分岐点となったようです。
ウェイインは26名中17名となりました。

検量の様子
キーパーサイズに足りているか?皆の厳しい目が光る(笑)

received_840538992780330


○17位~11位まで
received_840539016113661

received_840539002780329

received_840538999446996

received_840539042780325

received_840539066113656

received_840539049446991

received_840539006113662


○10位~4位
received_840539032780326

received_840539212780308

received_840539062780323

received_840539202780309

received_840539102780319

received_840539189446977

received_840539116113651

received_840539176113645

received_840539056113657

received_840539179446978

received_840539089446987

received_840539129446983

received_840539166113646


3位以上発表の前にサプライズイベントが発生!
あるメンバーからビールサーバーが提供され、じゃんけん大会突入。
received_840539209446975

見事宮崎氏が獲得!さすがスナイパー!

received_840539229446973

初参加の中島氏には、海外の虫除けセットをプレゼント。またお願い致します!


《上位3名とパターン解説》
received_840539222780307

received_840539256113637

3位はやはり強いこの男。現副代表の一人である蔀氏。
大倉川河口に広がるサンドバーの変化を魚探で捉え、一角の変化にフォーカス。5m付近をマイクロクローラーやサンスンの2.3gダウンショットでコンスタントにバスをキャッチしました。
実はスモール戦では初のお立ち台。本来はマッディシャローで有力なストレッチを回りバスにアジャストしていくタイプですが、今回はバスを待つことが出来た、彼にとっても新たな扉を開いた試合となったことでしょう。
本人曰く、「8時間も同じ場所にいるのは初めて」とのことでした。

received_840539246113638

received_840539249446971

2位はミスター安定感。栗本氏。
大倉ワンド中腹の北岸の岬沖9~10mにあるちょっとした変化を見逃さず、得意のレッグワームの2.3gダウンショットでワカサギにつくバスを釣っていました。
金曜からプラに入り、丸一日魚探がけに費やすその用意周到さは、まさに職人そのもの。
これで年間も3位に浮上。強い栗本氏は健在です!

received_840539239446972

received_840539266113636

そして優勝は世界のヤスハルスズキ氏。
冗談抜きでとにかく強い!戦術眼に長け、元々タフな状況でもしっかり釣ってくる「ウマさ」が光っていた鈴木氏。そこに爆発力が加わった結果、誰にも止められない存在に。。。
厳しい湖の状況から、一岬に1本のいい魚。という戦略をたて、8m付近をC4シュリンプのライトキャロで丁寧に釣っていきました。
これで年間ptは200を超え、最終戦を待たずにマスターが確定!
新たなマスターの誕生に、試合後に手荒い祝福があったのは言うまでもありません(笑)


《成績表》
優勝 鈴木康晴 3本 2025g(Big fish 770g)
2位  栗本雅博 3本 1365g
3位  蔀 賛也 3本 1360g
4位  高久雄多 3本 1230g
5位  宮崎幸治 3本 1065g
6位  菅原翔也 2本 875g
7位  竹部 亮 3本 810g
8位  天沼央希 3本 805g
9位 小熊一弥 3本 800g
10位 川村俊明 1本 725g
11位 Matt Judd 1本 640g
12位 木幡潤一 2本 605g
13位 富永裕一 2本 585g
14位 荒木洋忠 1本 405g
15位 小池章良 1本 240g
16位 新井新也 1本 200g
17位 吉川博文 1本 195g
以下9名ノーフィッシュ

○上位3人と集合写真

355_818262128

355_818262149


○現在のランキング

received_1319098381545335

マスター争いは一段落。最終戦ではクラシックの出場権をかけた戦いが繰り広げられることに。また、ルーキーオブザイヤーの行方からも目が離せません!


皆様荒れた状況の中お疲れ様でした!
次回は早くも今年の最終戦。
中秋の霞ヶ浦(牛堀)となります。
奮ってご参加下さい!


【F.B.I事務局 】

2017年F.B.I.フローターマスターズ第5戦【秋元湖】のご案内

各地で梅雨明けが発表されたものの、すっきりとしない天気が続き、フィールドの状態も日替りという感じですが、トーナメントは続いております!

9月、初秋に行われる第5戦の舞台は福島県は裏磐梯にある秋元湖。
スタートエリアとなる大倉川河口は、時折猿や熊など野生動物が出てくる、自然豊かで静かな場所。
FB_IMG_1488146574118-01


今年は裏磐梯3兄弟(桧原湖・小野川湖・秋元湖)全てをトーナメント会場に設定しておりましたが、その締めにふさわしい舞台といえるでしょう。
前日から入り、星を眺めながら酒を嗜む。一足早い秋の夜長を楽しむのもオススメです!
皆様奮ってご参加下さい!
b242f7cc-s

5117302a



~2017 フローターマスターズ 第5戦【秋元湖】開催概要~
開催日 :2017年9月3日(日)
受 付 :AM4:30
スタート時間
ノンオール艇:AM5:30
オール艇:  AM6:30
ウェイイン: 13:30
開催場所:福島県秋元湖(大倉川河口エリア)  ※地図参照
参加費 :\4,000  ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
※ノンオールの方は、受付・ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。


~地図~
9846dbd2-s

51fb4295-s


※注意事項
道が細く悪路です。飛び出た草などで、車にキズが付く場合もございます。参加される方は、その点ご了承下さい。
また、スタックには十分注意して下さい。
KIMG0356

8月2日撮影。湖畔近くの悪路部分。


●湖の利用について
◎釣り禁止エリア
・ダムサイト、ブイの内側【進入禁止】
・発電設備周辺 ブイの内側


◎注意事項
・ブヨ対策をおススメします。
・近年、クマの目撃情報が多いようです。食べ物を放置しないようご注意ください。


フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは

floatermasters.entry@gmail.com

まで宜しくお願い致します。

※締め切り:8月31日(木)の正午
以降は現地にて直接エントリー下さい。

なお、エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
(過去1戦でも参戦された方は氏名のみでも大丈夫ですが、なるべくフルネームをお願い致します)

氏名:

住所:

携帯の電話番号:

携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):

※携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。

2017年F.B.I.フローターマスターズ第4戦【桧原湖】大会結果


2017年7月16日(日)、福島県は裏磐梯にある桧原湖において2017F.B.I FLOATERMASTERSトーナメント第4戦が開催されました。

現在のF.B.Iのトーナメントフォーマットとなっているポイント制による「フローターマスターズ」が始まったのが1999年(平成11年)。
ママキャンプ場(細野エリア)をスタートエリアとして開催される桧原湖大会は毎年欠かさず開催されており、一時は同一シーズンに2戦行われたり、2Days開催などもあり、今回で19年目、27戦目ということになりました。

なお、記念すべき第1回目となる1999年第2戦として開催された桧原湖戦の優勝ウェイトは3本で920g。
翌年以降は1kg超えとなり、2010年には遂に2kg超えのウェイトがウェイインされ、2015年には遂に3kg超えとなる3190gがウェイインされました!
ちなみに、2010年、2015年のハイウェイトはいずれも我がF.B.I最強の男、どんなバスも見つけたら釣り上げてしまうサイトの鬼!人でなしならぬ、バスでなし野郎!etc・・・で有名なF.B.I代表 藤井氏がサイトにより仕留めたビッグラージ(2013年1650g、2015年2020g)を含めたウェイトであり、優勝するには超難関なラージマウスバスをいかにして釣ってくるかが優勝の鍵を握っている!という雰囲気もありました。
しかし、近年はスモールだけでもかなりのビッグウェイトが釣れるようになってきており、F.B.IのKINGと呼ばれた長谷川氏が2007年に1030g、2012年に1330gのビッグフィッシュをウェイインし、2015年にはスナイパー宮崎氏が3本すべて粒ぞろいのスモールで揃えて2600gという記録も打ち出していることから、スモールだけで優勝を狙う選手も増えてきております。
いずれにしても長い歴史と経験が積み重なり、更に昨年同様、前日にはJBⅡ戦、本番当日はJB桧原湖戦とのバッティングによるフィッシングプレッシャーも相まってフローターマスターズ年間トレイルの中でも、最も戦略と運が必要とも言われる桧原湖戦。

さて、今年の桧原湖戦優勝の栄光は誰の手に!?



<プラの状況>
選手の大半は前回の霞ヶ浦(東浦戦)以降の6月後半からプラクティスに入り、数もサイズもかなり好調だったようですが、大会の週はいっきに食いが渋くなってきたようです。
20251367_896250230531191_594359164_o20251339_896250197197861_1173121307_o

<大会前日>
・今年もママキャンプ場のエントリー場前はF.B.Iの選手で埋め尽くされました!
 (一般のキャンプのお客様には御迷惑をおかけいたしました。)
・熊を見た!
・巨大鯰を見た!
との目撃情報が両副代表のもとに届きましたが、巨大ラージ、巨大スモールの目撃情報は入らず・・・。(次回からはそっちを優先してください(笑))
20257907_896250363864511_173559729_o20272873_896250340531180_916529415_o


<大会本番>
第4戦のエントリー数はノンオール艇が12艇、オール艇が23艇の計35名と今大会最大の参加人数となりました。
うち、3名が初参加!
しかも、このうち1名はなんとF.B.I最年少となる8歳!
今シーズンは仕事の都合で参加できていなかった、藤井代表がJr.を連れての参戦ということになり、みんな大歓迎のムードですが、最強の藤井氏の遺伝子を引き継ぐJr.だけにまさかの最年少優勝もあるんではないかと内心冷や冷やの大会となりました!(笑)



~スタート・試合~
朝のミーティング風景。今回はJB桧原湖戦と重なることからボート航行の妨げにならないようJB選手に配慮するとともに、バッティングが多くなるエリアでは常に声掛けをしながら釣りをするよう注意・喚起がなされました!
JB側も小森嗣彦大会本部長の方から注意・喚起を行っていただいようで、無事事故もなく大会を終了することができました!
20269932_820484691452427_72367574_n20272215_820484688119094_1825904066_n

なんと今年はスタートの模様をドローンで撮影していただける御好意をいただきました!
おってこの映像を使ってF.B.IのPVを作成いたしますので御期待ください!
20273179_896250240531190_1740982039_o20257634_896250277197853_1037455371_o

5時半、ノンオール組がスタート!



6時半、オール組スタート!
20121089_817769375057292_1047917064_n20134782_817769378390625_876463552_n


~試合中~
20120693_789668651211869_160110211_n20121065_789668231211911_379272488_n


20121038_789668497878551_1779001336_n20136392_789668261211908_1518546725_n













20158144_817769415057288_1347875426_n20121127_817769405057289_922376471_n









20182866_817769408390622_2024791329_n


~ウェイイン~

大会当日は風は穏やかで、時々太陽が顔をだすものの、全般的にローライトで正午前後には激しく雨が降りました。また、前日と比べ、かなり水がクリアアップし、さらに連日のプレシャーも相まってか、全体的に食いが渋い状況で、「最初の1時間、2時間は全くバイトが無かった・・・」、「デカイの来たのに途中で抜けちゃった・・・」と嘆いていた選手も多かったようですが、結果的にはウェイイン率97%と今シーズン最高となり、何やらビッグウェイトを持ち込んだ選手がいるとかいないとか!
20120746_817769848390578_679148530_n20121088_817769845057245_179829656_n


20136333_817769865057243_318212240_n20158182_817769898390573_981200168_n









20158199_817769705057259_761797467_n20158232_817769878390575_1085203520_n















20158409_817769891723907_462489949_n20158432_817769901723906_566848107_n














20117654_817769428390620_497736589_n20121051_817769628390600_2144436987_n














20121082_817769518390611_1119352942_n20134388_817769545057275_1547149497_n















20134564_817769521723944_1048881811_n20134835_817769571723939_2006905308_n















20134842_817769631723933_1883625166_n20136301_817769551723941_2125828997_n









20136435_817769508390612_105834554_n20136703_817769648390598_1293223434_n















20136727_817769568390606_2126393711_n20136755_817769655057264_1623794925_n















20158285_817769431723953_203251032_n20158306_817769471723949_2097814913_n















20158386_817769645057265_749252709_n20179541_817769498390613_448395923_n















20158582_817769875057242_753750463_n20179757_817769608390602_723220181_n















20179879_817769615057268_212334148_n20187619_817769661723930_547336840_n















10位 佐藤(健)氏 3本 1895g
 小野川湖戦でほんの少しお水を提供しただけなのに、お礼にとチューハイ×2本もくれてしまう天使のような甘ぁーい砂糖さん!いや佐藤さん!
 仕事を片付けて何とか時間を作って駆けつけてきてくれました!
 地元ではあるもののプラなしで挑んで10位入賞はさシュガー!
20158152_817769971723899_266829064_n





9位 川村氏 3本 1920g
 ブラックバスは隙間があるとそこを目掛けて「びよぉ~ん」と飛び出す習性があるらしい。。。
 昨年、マスターを決める大事な最終戦となる長門・将監川戦でグッドサイズにライブウェルから「びよぉ~ん」され、川一帯に「あぁーっ!」と悲痛な声が響いたが、今年の牛久戦でも持ち込んでいれば優勝となったグッドサイズに「びよぉ~ん」され、やはり牛久一帯に「あぁーっ!」が響き、さすがに本人も「そこは触らんといて!」となる始末・・・。
 桧原湖戦からは「びよぉ~ん」を防ぐフィッシュプロテクトバックを用意し、万全の体制でド変態級に前日遅くまで魚探掛けを行い、本番に望むこととなりました!
 本番ではプラの成果を生かしグッドサイズを何本も掛けるも、ファイト中に全て途中で抜けてしまいやはり「あぁーっ!」が響いたとか響かなかったとか・・・。
20179916_817769928390570_524938297_n

8位 小熊氏 3本 1955g
 大会前日、当日、翌日とあちこちで子熊の目撃情報が!
 そんなお騒がせな子熊フィーバーの中、小熊フィーバーで8位入賞!
 小野川湖戦といい、スモールレイクでの強さが光る熊ちゃん!
 秋元湖戦でもばっりち活躍すんベアー・・・。(すいません・・・。)
20136594_817769938390569_1315223807_n

7位 小田氏 3本 1955g
 普段は琵琶湖をホームとし、「Floateraholic」でとんでもないモンスターバス捕獲劇を届けてくれている小田氏がはるばる関西から参戦!
 今回は持参されたドローンを使ってプラ!?を慣行するも、強風に煽られ一時ドローンがドローンして行方不明に・・・。
 ドタバタ劇の末、樹の上に引っかかっていたドローンを発見し、なんとかドローン回収に成功!大会ではグッドサイズのスモールを持ち込み見事7位入賞!
 F.B.Iの琵琶湖王は桧原湖でも存在感を見せつけました!
20136465_817769908390572_741624628_n

6位 細貝氏 3本 2020g
 前回、霞ヶ浦戦で2位&Bigfish賞ゲットの細貝氏!
 今回もいつもどおりぶっつけ本番で臨み、見事6位入賞!
 それにしても既におなじみの「マーカーブイ」ですが、異常なほどの移動距離と移動速度には驚くばかり!
 桧原湖では誰もが同じようにやっているドラッキングの釣りですが、何かが違うんでしょう!
 ってゆーか何が違うんでしょう?
 ってゆーか何で釣ってくるんでしょう?

 ちっ・・・。
20120849_817769918390571_1368303412_n

5位 菅谷氏 3本 2045g
  細貝氏と同じく「ノンオール」を貫き続けるもう一人のベテラン菅谷氏。
 今回も小野川湖戦を凌ぐ仏頂面で桧原湖のバスに気を遣わせ続け、見事良型3本を揃えて5位入賞!
 桧原湖では私も同じように仏頂面を貫きましたが、何かが違うんでしょう!
 ってゆーか何が違うんでしょう?
 ってゆーか何で釣ってくるんでしょう?


 ちっ・・・。
20179926_817769921723904_1137754352_n

4位 宮崎氏 3本 2120g
 冒頭に書いたとおり、2015年にスモールだけで2600gのビッグウェイトをたたき出した宮崎氏は2008年には優勝経験もあるほど桧原湖での強さが光ります!
 笑うととてもやさしそうですが、真剣モードの時は上記の仏頂面など通り越して、正に殺し屋スナイパーの顔で、食いが渋ったスモールもイチコロです!
 桧原湖では私も同じようにスナイパー魂を貫きましたが、何かが違うんでしょう!
 ってゆーか何が違うんでしょう?
 ってゆーか何で釣ってくるんでしょう?


 ちっ・・・・。
20134775_817769905057239_1461292010_n

【番外編】
16位 藤井Jr. 3本 1805g
 F.B.I最強と言われる父の遺伝子を引き継ぐ藤井Jr.!
 超真剣モードのおじさん達でひしめき合う中、「雨が降ったら○△×・・・」(← お父さんから強制Pが入りました(笑))という父の教えを素直に実行し、初参加、8歳で16位とはお見事です!
 周りがJr.を褒め称える中、「父の教えが良かったからだ!」と息子が相手といえどもバスフィッシングの世界では譲ることをしらない父だからこそ築いた道がある!
 Jr.!君はそのまま素直に育って、我々おじさんたちに父の秘伝を素直に教えてくれればとてもいいと思うぞ!!
20158115_817769955057234_1187080288_n20136559_817769968390566_1783057495_n

初参加の3人!いい絵だ!!                 ↑ Jr.のパパ。但し、F.B.I最強につき【取扱注意】


そして、いよいよ栄えある上位3名は!


3位 竹部氏 3本 2340g
 裏磐梯戦以外なかなかお目にかけられず、お話した時間も短いのでまだまだわからない部分も多いですが、一つ言えるのは相当「釣りバカ」だと思う竹部氏!(いい意味で!)
 見た目はぱっとしないオッサンですが(いい意味で!)
 東北地方のスモールを竹部氏流に相当研究しているようで、スモールあるとこ竹部氏あり!という感じです!
 この日は、自作のイモグラブ40と30のラバー刺し改のライトキャロを使い分け、スローに誘う釣りで相当な数を釣り上げ、良型を揃えて見事3位入賞されました!
 この調子で、秋元湖戦、最終霞ヶ浦戦も参戦いただけることを期待しております!
20136403_817769708390592_913057108_n20136559_817769925057237_1863065374_n

20121113_817769958390567_1850260867_n

2位 新井氏 3本 2565g
 既に19年の歴史を持つフローターマスターズのトータルウェイトTOP10に堂々と2つも名前を載せている新井氏。
 野人とも呼ばれるその風貌からは想像もつかないほど、フィールドの状況を敏感に感じとって、その日のベストを導き出してくる爆発力はF.B.Iの中でもトップクラスであることは間違いなく、まさに天才肌と言っても過言ではないだろう!
 今回はファットセンコー3incのワッキーによるフリーフォール後のバイトを取っていく釣りで、スモールだけで見事2565gのウェイトを叩き出した!
 「ピャッと投げて、ピューっと落として、待ってたら釣れた!」
 まさに天然肌と言っても過言ではないだろう!
20134703_817769895057240_760683530_n20158134_817769945057235_1175382377_n

20136630_817769975057232_413273921_n



1位 渡部氏 3本 2830g BigFish 1365g
 桧原湖戦のレコードホルダーである藤井氏が2015年に叩き出した3190gというウェイトはサイトで4時間をかけビッグベイトで2020gのビッグラージを取り、その後残りわずかな時間で確実にアベレージクラスのスモールを揃えるというまさにトーナメントで勝つための王者の釣りで、同日行われた85名程が参加したボートでの他大会の結果を含めてもトップウェイトとなった。
 その後、王者藤井氏は自ら桧原湖戦でのラージ狙いを封印することを宣言し、今後の桧原湖戦においては藤井氏以外に誰がビッグラージを釣ってくるか?ということになったが、チャレンジした誰もがその難しさに圧倒され、下手にラージを狙うよりは、いかに良型のスモールを3本揃えるかというのが王道の戦略であると思われた。
 この日も基本的には食いが渋いという状況で良型のスモールを揃えてきた選手が優勝争いに絡むだろうと大方の選手が思う中、今年から参戦のルーキーが見事圧倒的なウェイトを持ち込んでの優勝となった!

 その名もジョー渡部!!いや渡部丈氏!

 彼は6月の霞ヶ浦戦(東浦)を捨てて、6月いっぱいを地元である福島の桧原湖戦のプラに精力をつぎ込む選択をし、前哨戦となる7/2に行われたフレンドシップミーティングなるF.B.Iのミニトーナメントで見事優勝!
 その後は仕事で一切プラに入れなかったものの、既にママキャンプ場周辺のスモール達の回遊ルートを数箇所見つけており、大会本番は他の選手がいない回遊ルートでサイズを選んでフーラのダウンショットによるサイトで良型のスモールを獲っていったとのこと。
 この釣りで7時半時点で既に良型でリミットを揃えていたが、F.B.Iで優勝するためにはkg超えのラージが必要と判断し、スモール狙いに見切りを付け、残り時間をラージ狙いに絞ったとのこと!
 そして見事スモラバで今大会ビッグフィッシュ賞となる1365gのラージを釣り上げ、トータル2830gという脅威のウェイトで優勝!
 ちなみにこの日行われたJB桧原湖戦の優勝ウェイトが2798gということですので、前述の藤井代表に次ぐ圧倒的強さで優勝したことになります!

 この日キャッチしたバスの数はスモール4本、ラージ1本ということで、まさに勝つために、勝つべくして展開していったジョー氏の王者の風格漂う釣りに鳥肌が立ったのは私だけではないと思います!

 青木大介も真っ青のルックスと、青木大介なみの試行回路をもったジョーは若干25歳!
 今後、絶対にもっともっと強くなることでしょう!


 ちっ!
20121029_817769861723910_62289299_n20136703_817769951723901_1367673037_n

20196849_817769941723902_1449733531_n20121049_817769978390565_132009590_n






「桧原のジョー」
作詞:あなた
作曲:わたし

きれいな桧原に 浮かんで消える
愛おしいあんちくしょうの 鼻先めがけ
キャスト! キャスト! キャスト!
おいらにゃー けものの血がさわぐ

だけど ルルルル・・・
スモールはきっと なにかある
ラージは どっちだ

20134544_817769998390563_922165792_n

20158212_817770075057222_383353438_n


20158331_817770008390562_1020961305_n

【成績表】
1 渡部丈   3 2830g (BIgfish 1365g)
2 新井新也 3 2565g
3 竹部亮 3 2340g
4 宮崎幸治 3 2120g
5 菅谷武志 3 2045g
6 細貝浩一 3 2020g
7 小田浩史 3 1955g
8 小熊一弥 3 1955g
9 川村俊明 3 1920g
10 佐藤健児 3 1895g
11 長門ヒデキ 3 1885g
12佐藤修二 3 1875g
13 古瀬義久 3 1865g
14 伊藤洋治 3 1865g
15 滝本進 3 1825g
16 藤井理玄 3 1805g
17 今井一行 3 1705g
18 斉藤征泰 3 1675g
19 蔀賛也 3 1530g
20 鈴木康晴 2 1480g
21 飯塚賢一 3 1470g
22 小池章良 3 1425g
23 岡本隆義 3 1380g
24 Matt Judd 3 1360g
25 荒木洋忠 3 1055g
26 天沼央希 3 1040g
27 宮澤純 3 975g
28 藤井将之 2 955g
29 高久雄多 2 945g
30 富永裕一 1 690g
31 菅原翔也 3 670g
32 玉森哲雄 1 485g
33 関根正和 1 455g
34 田村悦彦 1 240g
以下ノーフィッシュ

<年間ポイント 第4戦終了時>
無題

今シーズンは最終戦までマスター争いが続くことは間違いないようです!


次回、第5戦秋元湖戦は9/3(日)!
桧原湖戦に続いてたくさんの御参加お待ちしております!


(編集後記)
今回は参戦できませんでしたが、F.B.I横綱陣の一人である吉川氏がこの写真をご覧になって「桧原湖は世界に誇れる遊び場」とコメントされておりました。
さすが、うまいこと言うなぁーと感心する反面、
もしかするとこの大自然を見て、「遊具も何もないのにどうやって遊ぶの?」なんて言い出す奴も出てきたりして・・・という別の恐れも湧きつつ、本当に心の底からすばらしい遊び場だなぁーとつくづく思いました!
桧原湖&ママキャンプ場最高!
来年は記念すべき20周年大会!
今から楽しみですねぇー!

20108282_1612887118744176_2763783910736165829_n20106261_1612887178744170_6868190428514184075_n

20046534_1612887122077509_5081003207061746323_n20106258_1612887195410835_840177252453317115_n









Report:Y.Shitomi
Photo:T.Okamoto,S.Sugawara
(F.B.I.事務局)

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ