2021年 F.B.Iフローターマスターズトーナメント クラシック【桧原湖/細野】結果


 10月24日(日) 2021年 F.B.Iフローターマスターズトーナメント 今シーズン最後のイベントとなるクラシック戦【桧原湖/細野】が開催されました。

DSC_1423




 
 年6戦のシーズンを戦ったなかで、最終的に上位にランキングした者達によって勝者の中の勝者を決める優勝以外意味をなさないガチンコ勝負!

 レギュラー戦とはまた違った独特の緊張感や高揚感が味わえるのもクラシックならではの醍醐味です!
 
 今回のクラシックの舞台は、2度目のマスターに輝いた「とにかく釣りたいおじさん」こと小池氏の指定により桧原湖となりました!
 
 往年のF.B.Iメンバーにおいてもファンが多い桧原湖ですが、さすがにこの時期の開催は如何なものか!と多くのクラシック参加メンバーから不満が聞こえておりましたが・・・。
 
 案の上、F.B.Iクラシックは荒れる・・・というジンクスどおり、開催前週までは温かい日が続いていた桧原湖も大会週に入った途端に急激に冷え込み出し、前日の土曜日は冷たい雨も相まって防寒着を着ても震えが止まらないほどの極寒となりました・・・。
 
DSC_1502

DSC_1519
メンバーの半分近くは、半日で上がって午後からはお風呂で冷えた体を温めました。





 そんな波乱万丈のなか迎えたクラシック当日。

DSC_1527


 前日の荒天から一転!すばらしい朝焼けとなりましたが、日中は相当強い西風が吹くとの予報のなか、11名の精鋭達が湖上に出ていきましたが、結果はいかに…

DSC02661

DSC02650

まずは恒例のミーティングとトトカルチョの賞品回収。

PA240390

PA240392


IMG_2883



IMG_2884



6:30 ノンオール組がスタート。
DSC_1531



DSC02670
細貝氏を準備するマーカーブイ???

DSC02676
スタート前にセクシーポーズでメンバーを挑発???

DSC02679
何となくカッコイイショットの小熊氏

DSC02686
何と今回が桧原湖初浮きというルーキーオブイヤーの岩松氏。

DSC_1539


PA240419


 
7:30 オール組スタート。

IMG_2891


DSC02695


IMG_2905


DSC02696


DSC02690


 IMG_2897

DSC02691

14:30 全員無事に帰着。
 
<ウェイイン>
 皆さんそれぞれドラマがあったのでしょうが、最終的にウェイインは3名と厳しい結果になりました。

 
PA240451

 卓越した筋肉と卓越した変人ぶりで、今シーズンも活躍したアラキンニクンこと荒木氏。
 月島東側(風裏)で1本を絞り出して来ました!




PA240464

 裏磐梯戦における強さは現F.B.Iメンバーの中で頭一つ抜け出ている高久氏。
 今回もただ一人プラから完璧に魚の動きを捉え、10時半にはリミットを達成し、試合中に午睡を取るほどの余裕っぷり!
 キャンプの夢を見てる間に、持ってないオバケに取り憑かれ、年間ランキングに続き、クラシックでも2位に終わりました…
 2番じゃダメなんですか!?by.蓮坊主
 
 


PA240456

 今回も自宅~桧原湖間の往復を翁に運転させる外道っぷりのうえに、キャッチした魚は、全て先輩メンバーの目の前で釣り上げるという、ロクデナシ下剋上釣法を見せつけ、新たにアウトローキャラを打ち出してきた!?剱持氏が2018年から常に前に立ちはだかってきたジャイアン高久副代表を100g差で制し、ついに念願のタイトルを手にしました!
 おめでとう翁の倅!
 おめでとうケンモチーズ1号!
 おめでとうアウトリョー!
 
<優勝パターン解説>
 1本目は、月島東側(風裏)でフォロースティック(黄色)のI字引き。(アラキンニクン変態先輩の前で。)
 その後、同様の釣りでブドウ島北側のバンクでバラシ連発。(近くに誰も居なかったから。)
 残り2時間は今シーズン通いつづけたスタートエリア周辺に移動し、頭の中に叩き込んだ実績ポイントを周り、HPバグ(カゲロウ)のキャロで13時過ぎに2本目をキャッチ。(すがしょー先輩の前で。)
 同様の釣りで帰着直前に3本目をキャッチ。(富さん先輩の前で。)

 タックル
1本目:ワイルドサイド59UL+、バリスティックにフロロ3lb.
2-3本目:ワイルドサイド65L、ルビアスにフロロ3lb.
 
※ 本当のキャラは家族思いで、F.B.Iメンバーの誰からも愛されるとってもいい男です。


<成績>
優勝  剣持  亮      3本 2230g
2位 高久雄多 3本 2130g
3位 荒木洋忠 1本 695g



恒例のクリスタルトロフィー授与式

PA240466



 今シーズンの激戦を制しマスターに輝いた小池氏!
おめでとうございます!
(もう、騙されないぞ!メンバー一同)
PA240485





 初のタイトル獲得!令和初のクラシックウイナー剱持し
 おめでとうございます!
PA240476


PA240509
 トトカルチョは今回アウトリョーが全てかっさらつていきました(笑)


 クラシック出場者には、岩松エンジニアリング社長から記念品が贈呈されました!

PA240475

 クオリティ高過ぎのロッドホルダーペン立て!
 これはF.B.Iマニアには溜まらない逸品です!
DSC_1633






DSC_1543

DSC_1545

 2018年クラシックでもご馳走になりましたが、今回も試合終了後、剱持パパからもつ煮や温かいコーヒーの差し入れをいただきました!
 御馳走様でした!m(__)m






PA240506

 PA240489

 
 

〈F.B.I代表挨拶〉

 クラシック出場者のみなさん、晩秋の寒い桧原湖戦、お疲れさまでした。剣持(亮)さん、タイトル獲得おめでとうございます。剣持(亮)さんは、凄い勢いでパワーアップしていますね。来年度も注目選手になりそうです。
 今年度も各選手がそれぞれのトーナメント、クラシックにおいて、精力的にプラも頑張って頂いたこともあり、熱戦が繰り広げられた1年だったと思います。また、コロナ禍で様々な苦労がある中、運営を支えて頂いたみなさん、参加して頂いたみなさん、本当にありがとうございました。来年度も楽しく、充実したトーナメントとなるよう、力を合わせてやっていきましょう。
伊藤

 
【F.B.I事務局】
 
 

2021年 フローターマスターズクラシック開催案内&豪華賞品が当たるトトカルチョ!

コロナにより生活様式が大きく変化してから約2年。。。
昨年は様々な話し合いの結果、F.B.I.発足以来初の、フローターマスターズ開催断念。
そして迎えた今年。。。
日本国内では東京オリンピックが開催され、少しずつコロナに対する考え方、対応方法が変わってきた中で、我がF.B.I.も、何とか全てのシーズン戦を無事終えることが出来ました。
当然のことながら、当大会における感染者はゼロ。
また、メンバー個人においても、私生活や仕事での感染報告もなく、ひとりひとりが小さな積み重ねをしっかりやっていることが伺えました。
今年無事に完走できたことは、こうしたメンバー各位の努力、そして何より開催を快く受け入れてくれた各会場の協力があればこそ。。。
改めて感謝したいと思います。

さて、今年のマスターズはまさに混戦模様。最終戦まで7名にマスターの可能性があるという、近年まれにみる大激戦となりました。
最後まで戦線を引っ張った高久氏、そして最終戦で大逆転へ向けしっかり釣って来た蔀氏。両副代表の圧力の中、最後に抜け出したのは小池氏でした。
小池氏はこれで2度目のマスター獲得となりました!!
そして、今年活躍した選手のみが招待される栄誉ある大会、フローターマスターズクラシックが10/24(日)、2021フローターマスターの小池氏の指定により、桧原湖【細野】にて開催されることとなりました。

CLASSIC2



~開催概要~
開催日 :2021年10月24日(日)
開催場所:桧原湖【細野】(地図参照)
参加費 :※招待選手のみ(景品用ルアーの持参をお願い致します)
受 付 :AM5:30
スタート時間:ノンオール艇:AM6:30、 オール艇:AM7:30
帰着時間:PM 14:30
※遊漁券が必要です。当日分はこちらでまとめて用意させて頂きますので、当日受付時代金をお支払願います。

細かいルール等はF.B.Iルールに則ります。

参加予定の選手の皆様、今年最後のイベントを楽しみましょう。

地図
map2

map1


トーナメントエリア
桧原湖トーナメントエリア


※※※※※※※※※※※※※※※※※※
以下トトカルチョの案内になります。

優勝者を予想し、豪華賞品をゲットしよう!!
優勝者・優勝ウェイトの両方を見事に的中させた方には今年もクラシックの各出場者のお気に入りルアーを賞品にします!
出場者の皆様、賞品の準備をお願いします。
予想するのは、「優勝者」と「優勝ウェイト500g単位」で。
ウエイトは端数切捨てでお願いします。

例)トータル2200gの場合、2000g。
  トータル2920gの場合、2500g。

■応募方法:この記事のコメント欄に、賭けた人が分かるように記入ください。
優勝者名はフルネームで、応募はお一人様3口まで
■締め切り:大会前日10/23まで
■発表:試合後にこのブログでお知らせします。
■応募条件:過去にF.B.I.の大会に参加したことがある方、もしくは来年参加しようと思っている方々。
■参加費:無料

自分で自分を予想するのはOK。上位の選手に手堅く票を入れるのもヨシ、賭けていく状況を見ながら投票してもヨシ・・・ですが、賞品の山分け優先権は賭けた先着順となります。
今回、クラシックに出場できる方も、そうでない方もトトカルチョにはぜひご参加を。

投票の締め切りは前日の10/23まで!!

~参加選手一覧(敬称略)~
※大会まで期間がないため、簡単な紹介とさせて頂きます。。。悪しからず。。。

年間ランキング1位
小池 章良(4大会連続5回目)
IMG_2592 (2)

愛艇: デイブスカッデン カァーディアク キャニオン (Northfork Outdoors) グリーン×パープル
主なタイトル 2018、2021フローターマスター、2015ルーキーオブザイヤー
2021年最高成績 第3戦 優勝
2021年獲得ポイント 188pt
とにかく釣りたいおじさん。通称ネコ小池。
ネコでネコ(キャット)を釣るのが得意。
気が付くと誰かをディスるという性質を持つ。


年間ランキング2位
高久 雄多(5大会連続5回目)
DSC02106

愛艇: スカイコミッシュサンライズ (Northfork Outdoors) ブルー×オレンジ
主なタイトル 2017、2018クラシックチャンピオン
2021年最高成績 第2戦、第5戦 優勝
2021年獲得ポイント 185pt
副代表。ジャイアンを受け継ぎし男。
昨年から裏磐梯のキャンパーに転身。


年間ランキング3位
蔀 賛也(6大会連続6回目)
DSC02390

愛艇: PAC1000 10feet(Out cast)モスグリーン オール改
主なタイトル 2016、2019クラシックチャンピオン
2021年最高成績 第1戦、第6戦 優勝
2021年獲得ポイント 177pt
副代表。ご存知霞のプリンス(自称)
週末になると、夜な夜な霞ヶ浦湖畔で料理を作るという特殊な性癖の持ち主。


年間ランキング4位
剱持 亮(2大会ぶり2回目)
DSC02080

愛艇:High Adventure (Bucks Bag's) ブルー
主なタイトル 2018ルーキーオブザイヤー
2021年最高成績 第5戦 2位
2021年獲得ポイント 160pt
ケンモチーズ1号にして翁のせがれ。
○○な件 が口癖。
2号の翁を運転手としてこきつかう外道でもある。


年間ランキング5位
荒木 洋忠(2大会連続4回目)
DSC02236

愛艇: Fish cat 9feet(Out cast) モスグリーン
2021年最高成績 第4戦 優勝
2021年獲得ポイント 151pt
筋肉とクラシックカーをこよなく愛するインド人
いや、タイ人。いや、変人。


年間ランキング6位
小熊 一弥(2大会ぶり2回目)
IMG_1860 (2)

愛艇: Motion 160VP (Bee boat ) スカイブルー
2021年最高成績 第4戦 3位
2021年獲得ポイント 135pt
NBC福島に参戦するトーナメンター
中学生時代、丸型フローターを担ぎ、東京から電車で牛久沼に通ったという武勇伝を持つ。


年間ランキング7位
岡本 隆義(5大会ぶり3回目)
DSC02176

愛艇: Fish cat Panther 9feet (Out cast ) モスグリーン
主なタイトル 2013ルーキーオブザイヤー
2021年最高成績 第1戦 2位
2021年獲得ポイント 123pt
F.B.I.のラストサムライ。剣道5段の猛者(リアル)
船釣りで確保した食材を、霞のプリンスに食い散らかされるという悲しき宿命の持ち主。


年間ランキング8位
富永 裕一(5大会ぶり5回目)
IMG_2626 (2)

愛艇:VERTEX(BeeBoat)×スカイコミッシュフレーム ホワイト 
2021年最高成績 第2戦 2位
2021年獲得ポイント 121pt
福島のドンにして魔境の住人。
東北酔拳最後の使い手(求む弟子)


年間ランキング9位
菅原 翔也(3大会連続3回目)
DSC02318

愛艇: Fish cat Panther 9feet (Out cast ) モスグリーン
主なタイトル 2019フローターマスター
2021年最高成績 第4戦 2位
2021年獲得ポイント 119pt
坊主テロリスト。
眠りを妨げられるとテロを起こす。(流川リスペクト)


年間ランキング10位
岩松 茂樹(初)
DSC02324

愛艇: Fish cat Panther 9feet (Out cast ) モスグリーン 自作フレーム
主なタイトル 2021ルーキーオブザイヤー
2021年最高成績 第6戦 2位
2021年獲得ポイント 114pt
F.B.I.きっての職人。パンサーのフレームを自作するという離れ業を披露。
最終戦ではプリンスのBigfishを阻止!(ナイス!)


年間ランキング11位
細貝 浩一(4大会ぶり4回目)
DSC02103

愛艇: ZF-158VH-T(Zephyr Boat ) ブラック
主なタイトル 2011クラシックチャンピオン 
2021年最高成績 第4戦 6位
2021年獲得ポイント 107pt
自ら釣りをするマーカーブイアゲイン。
久しぶりのエントリー。
リグを仕掛けと呼ぶライトリグ職人。


※選手紹介は愛情を込めた個人の見解です。
お気を悪くされませんよう。。。


皆様投票よろしくお願いいたします!

【F.B.I. 事務局】

2021年 F.B.Iフローターマスターズトーナメント第6戦【霞ヶ浦/牛堀】結果


 10月3日(日) 2021年 F.B.Iフローターマスターズトーナメント最終戦となる第6戦【霞ヶ浦/牛堀】戦が開催されました。

DSC02575


 長らく続いていた緊急事態宣言が解除され、晴れて最終戦を迎えられる!
 というタイミングで金曜日には大型の台風が関東地方に大接近!!

 急遽スタート地点を変更しての、相変わらず波乱万丈のF.B.Iトーナメントでしたが、当日は晴天にも恵まれ、21名の参加となりました。
 
 金曜日の台風&気温・水温低下から一転、土曜日からは夏日となり、「セミの声を聴いた!」というメンバーも。。。

 年間ランキングも第5戦終了時点で7位までに付けている方が最終戦の結果次第ではマスターになる可能性があるという大混戦の中行われた第6戦。
 結果はいかに…
 そして栄冠のマスターは誰の手に…

DSC_1433

前夜には花火が最終戦のお膳立てを…



<試合当日
DSC_1435

受付。

DSC_0031_R

試合前のミーティング。
PA030234

漁具へのキャスト禁止や風向き、風の強さ、川の流れの強さなど安全確保等について注意喚起が徹底されました。
 
 
まずはノンオール組が準備を急ぎます。

PA030240

PA030245

DSC02579-1

6:00 ノンオール組がスタート。

DSC02577

 PA030254



ノンオールを見送った後は、オール組がのんびり準備をはじめます。

IMG_2805

そして…

IMG_2804

IMG_2810

PA030256

DSC02601

DSC02600

DSC02589

DSC02595

DSC02611
 今シーズンも運営、試合いづれも我々を引っ張ってくれた高久氏。


PA030262

PA030264
高久副代表のコールで、

7:00 オール組スタート。
 
PA030261




IMG_2827
石積みを攻める有本氏


IMG_2824
ドック周りを攻める鈴木氏

IMG_2816
葦撃ちする山岸氏

IMG_2817
ジャカゴ周りを攻める関根氏

DSC02555-1
丁寧に葦撃ちする岡本氏

DSC02561

同じく葦撃ちする谷口氏

DSC02569
ジャカゴ周りを攻める天沼氏

IMG_2825

勝手に勝利宣言している蔀氏






14:00 全員無事に帰着


 
<ウェイイン>

PA030275

PA030278

PA030274

PA030283

PA030307

PA030280

PA030285

PA030287

PA030296


 増水の影響か?実力か?近年の厳しい霞ヶ浦から12名がキャッチしてきました!
 
 

<表彰式>

DSC02619

PA030312

PA030341



12位 菅原氏 1本 470g

PA030339

 霞水系で無類の強さを誇るすがしょーこと菅原氏。今回も十分なプラはできなくとも確実に魚を持ってくるところはさすがです!
 今年もF.B.Iカメラマンとしても御尽力いただきました!
 

11位(ブービー賞) 鈴木氏 1本 600g

PA030324

 最近は海釣りにも力を入れているやっさんこと鈴木氏。来シーズンは大会前夜に新鮮なお魚を振舞ってくれることを期待します!
 
 
10位 細貝氏 1本 670g

PA030338

 ノンオールの巨匠細貝氏。今回もきっちりキャッチし、年間ランキングを上げて、クラシック出場権を獲得しました!
 

9位 鹿又氏 2本 910g

PA030336

 岩松氏と一緒に一昨年前からF.B.Iに殴りこんできた実力者鹿又氏。家庭や仕事の都合で今回はプラ無しの本番一発勝負でしたが、2本のバスをキャッチしてきました!

 
8位 小池氏 1本 1,320g

PA030333

 とにかく釣りたいおじさんこと小池氏。スタート時に描いていたプランが撃沈するも、その後、今回の参加者中最も長いエリア移動を敢行し、終了間際に1,300gオーバーの良型をキャッチ!
 自らの力で 自身2度目となるマスターの座をつかみ取りました!
 

7位 剱持(秀)氏 2本 1,545g

PA030332

 F.B.I最年長の剱持翁は今シーズンもフル参加!
 最終戦も見事2本のバスをウェイイン!
 気力、体力、技量全てにおいて見習いたいものです!
 

6位 山岸氏 2本 1,845g

PA030329

 F.B.I界きっての名手である山岸氏がスポット参戦!
 久しぶりの参加に色々道具類を忘れて来てしまったようですが、釣り具も売っている牛堀のコンビニで調達したベビーファットイカで2本のバスをウェイイン!
 やはり強い!!
 

5位 小熊氏 3本 1,965g

PA030328

 今季は第3戦以降安定してバスをウェイインしてきた小熊氏
 クラシックは得意?の桧原湖で大暴れの予感!?
 

4位 剱持(亮)氏 3本 2,230g

PA030326

 若手実力ナンバーワンの剱持氏。
 初のマスター獲得目指して、小池氏同様相当な移動距離を行使して良型3本を揃えて来ました!
 今回もマスターは目の上のタンコブ陣に阻まれてしまいましたが、来季こそは!





3位 菅谷氏 3本 2,460g

PA030293


PA030342

 今シーズンは4戦がまさかのノーフィッシュとなってしまった仏頂面こと菅谷氏。
 最終戦は不機嫌感増しましの仏頂面で、誰もがやり過ごしてしまう激シャロー場に増水により魚が差していることを見極め、18番のレッグワームのDSで良型を揃えて来ました!
 スピニングのライトタックルで口を使わせ、霞水系のカバーから釣るテクニックは仏頂面でなくとも他の追随を寄せ付けません!

PA030349

<パターン解説>
 レッグワーム(キャスティングオリカラ)のダウンショット0.9及び1.3gで葦際(水深50cm程度)に投げ、シェイクしながら引いてきて2本キャッチ、石積みで同様の釣りで1本キャッチ。リグの特徴は、0.6号シンキングPEでリーダーは4ポンドフロロ、垂らしは20cmとのこと…
 超フィネスですね~



 
2位(BigFish賞) 岩松氏 3本 2,570g

PA030301-1


PA030344

IMG_2803

 もはや一級芸術品とも言える自作フレームを完全に仕上げてきた岩松氏。
 仕事が忙しく、直前プラが出来なかったことをもろともせず、試合当日すらプラと称して、多くの選手が責めたエリアからビッグフィッシュ賞となる1,405gをキャッチするなど良型を揃えて見事2位に輝きました!
 ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得、年間ランキングも10位とし、クラシック出場権も獲得!
 来季の更なる活躍が期待されます!

PA030352

<パターン解説>
 ビックフィッシュはレイドジャパンのオカエビ2.5inchグリパンレッドフレーク、2.5gのリーダーレスダウンショットリグで、ジャカゴエリア葦際のフローティングマットのポケット入れて、一度ボトムまで落とした後、上に誘いそのままフローティングマットに引っ掛けて誘ってキャッチしたそうです。
 2匹目、3匹目は、エンジンのフォールスティック4inchシークレットスカッパノンをウェイテェッドフック#2/0で。
 同じジャカゴエリアの杭周辺、波除けブロックエリアで、スライドフォールにてキャッチしたとのこと。
 ラインは前者がレッドスプール8ポンド、後者が10ポンドとのこと。フィネスですね~。







優勝 蔀氏 3本 2,930g

PA030305

PA030345

 悲願のマスターを獲得するには、自分より上位陣がコケたうえで、自身が優勝&BigFish賞をとることが条件だった蔀氏。この1か月間の週末は毎週北利根川に車中泊し、黙々と湖上でプラを重ねていました。
メンバーが近くのプロショップに行った際、「まさか同じ人ではないよね?」と聞かれたそうですが、そうです、まさに同じ人だったのです(笑)
徹底的に釣り込み、当日の状況も見極めながら、2つのエリアで4本キャッチし、満を持してウェイインに臨みましたが、今年もマスターには一歩及ばずでした。

PA030356

<パターン解説>
前日のプラで北利根川に強い流れが発生しており、沖側の流れが当たる杭&ブレイク周りをレッグワームの5gダウンショットで1500gオーバーをキャッチしたことから、本番も一目散にそのエリアからはじめたものの反応無し。湖流と風がその先のワンド奥の葦に向かっているのを見極め、ウルトラバイブスピードクローの5gテキサスで2本キャッチ。
陽が高くなってからはジャカゴエリアのマットカバーの一番濃いところを1オンスのリーグレスDSで撃ち、3本もかけるも全てマットから出す際に外れてしまったことから、センコー4incアオテナガの1/2オンステキサスに切り替え、際側のカバーの水面直下で激しくシェイクし、バスに気が付かせて喰わせる釣りに変えて2本を追加したとのこと。
ラインはピッドブルG5の2号にリーダーがFCスナイパー16ポンド。本人は至ってフィネスとのこと…
 

<成績>
1位 蔀賛也 3 本 2930g
2位 岩松茂樹 3 本 2570g Bigfish1405g
3位 菅谷武志 3 本 2460g
4位 剱持亮 3 本 2230g
5位 小熊一弥 3本 1965g
6位 山岸準 2 本 1845g
7位 剱持秀雄 2 本 1545g
8位 小池章良 1本 1320g
9位 鹿又敬司 2本 910g
10位 細貝浩一 1 本670g
11位 鈴木康晴 1本 600g
12位 菅原翔也 1 本470g
以外、ノーフィッシュ
荒木洋忠
岡本隆義
富永裕一
高久雄多
関根正和
有本勝  
天沼央希
伊藤洋治
谷口素之
 

<集合写真と上位3名>
 PA030360

 PA030363


<年間ランキング>
 
 received_956052881922267

 最終的な順位は上記のとおりです。
 令和初のマスターの栄冠は、小池氏に輝きました!
 自身2度目となるマスター獲得おめでとうございます!

 恒例のマスター獲得者が開催地を決めるクラシックは10/24(日)に桧原湖(細野)となりました。
 上記カットライン上の11名が出場権利者となります。
 
 クラシック&トトカルチョの案内は近日中にアップ予定です。

 今シーズンも感染症対策や東京オリ・パラ大会など色々あったなかで、無事年間シーズンを終えることが出来ました。
 参加者の皆様一人一人のご協力と会場となったキャンプ場や漁業協同組合等のご理解の賜物であります、ここで改めて御礼申し上げます。

 そして、来シーズンもよろしくお願いいたします。
 
 
 
F.B.I事務局】
 
 
記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ