2010年7月4日 福島県 三春ダム
フローターマスターズトーナメントも後半戦に差し掛かり、年間ランキング争いも熾烈になってきました。第4戦となる今回は、樹齢400年の「三春滝桜」で有名な福島県三春ダム。昨年春にも開催された三春ダムは、知る人ぞ知るビッグフィッシュレイクです。このダムの水は飲料水に用いられているため船外機・エレキなどの使用は一切禁止。陸からのアプローチも困難で、また厳重に立ち入り禁止や釣り禁止区域が定められており、参加者には詳細地図が配布されました。

9e12847e
スタートエリア桟橋から湖を望む

b1406bb0
禁止エリア(赤く塗ってある場所)


大会当日の水質は、4日前に終日大雨に見舞われたこともあり、各バックウオーターは泥にごり。本湖は、場所によりジンクリア~ステイン。
天候は曇りで、当日の水温は23℃。風速は6mの予報。
三春ダムでは春先から夏にかけて段階的水位調整を行っており、春から8m程度の減水が続き、現在でほぼ下げ止まっている状況。春に見られたブッシュ類は水面のはるか上でした。
それでも、4本の川筋とそれぞれにある堰堤、無数のワンドと岬で形成された複雑な形の湖には、マンメイドストラクチャーやスタンプが点在し、ポイントには事欠かない様子です。
今回の参加人数は23名。その内ノンオール艇が4名、オール艇が19名のエントリー。ビッグフィッシュへの期待膨らむ中スタートし、各選手は美しい湖上に一斉に散っていきました。
大会中は昼近くまで曇り、昼近くに太陽が現れてから蒸し暑くなり風も弱まりました。


3ebcde4f
スタートを待つ愛艇たち

234c2903
準備を進める選手

ad41bb66
三春ダムがホームレイクの三浦氏と星氏。

4b4d067f
三浦氏のライブウェル。
切る線を間違えると爆発する仕組み(笑)


126f3992
このスロープを上るのがキツイ・・・。
この上はヘリポート兼大会本部。ここには緊急時にドクターヘリが降り立つ。

fb5959c4
スタート前の緊張感が漂う細貝氏。

4d2df0c0
スタート直後の小熊氏

fe61e382
今回もノンオール艇を選択し、トップウォーターロッドでトーナメントを闘う吉川氏

cf5cc54b
バズベイトを引く吉川氏。「ノンオール艇のスタイルが自分に合っている」※ご本人談

07b65ae9
大量のタックルを積み込む川村氏。ポンツーンならこの量も可能。

bf0718ee
現在、年間ランキング1位を走る菊地氏と保坂氏。

7f448d2e
終了時刻に近づき、帰着申告をする選手たち

6dd53af2
続々と戻る選手

78999f13
帰着に向かいながら互いの釣果を話し合う

f2b7b007
2気室のフラットボートに乗る土野氏。

82dd9398
スカリを引く吉川氏。

8e096e69
昨年優勝の岡崎氏。結果はいかに・・・。

66516457
日本に3台。限定カラーのポンツーンに乗る菊地氏。

0b0bba42
進んで選手たちのポンツーンを桟橋に引き上げる土野氏。
助け合いの精神を見習いたい。

d1c02cdb
ノンオール艇にEAGLEの大画面魚探を装備した伊澤氏。



さて、気になる結果は、、、
ビッグフィッシュの期待が高まる中、参加者23名中、16名がウェイイン。
プラでは、数名が3本で5kgオーバーという派手な釣果でありながら、大方の予想どおり(?)大会当日の状況は一変。当日の水温は23℃とまさにバス日和のはずでしたが、前日の水温に比べると4℃程度下回り、この急激な変化によって、プラで見えていた魚がどこかへ行ってしまったという声が数多く聞かれました。
魚をキャッチした選手たちの釣り方は様々でしたが、浅いレンジでリアクションバイトを狙っていった選手と、一時間早くスタートできるノンオール組が時間のメリットを生かし、良い結果に恵まれたようです。

4ce898ef
ポッパーでキャッチ。井上氏。トーナメントシャツが素敵だ。

d405444a
ナイスコンディションをキャッチ。長谷川(友)氏

22a8ae72
こちらもグッドフィッシュ。小熊氏。

51b7e3a7
バラシを多発し「全米が泣いた」(笑)、吉川氏。

ca93f845
50オーバーの見事な魚をキャッチした星野氏。

66348c74
この男は外さない。ポイントリーダーの菊地氏。

794fa0d3
初めての湖でも確実にキャッチ。実力は折り紙つきの坂氏。

b2e187f8
東北戦では生き生きしている(笑)富永氏。

744973c1
初参加、スーパーロコの星氏。さすがです。

2d045109
細貝氏のウェイインで、会場がわきあがった後の計測で苦笑い・・・。保坂氏。





そして上位3名と各賞の発表をします。

優勝は、自身が持つFBIレコードを塗り替えた川村俊明氏が3本で4785gというビッグウェイトを掲げて優勝。プラで見つけていた好場所(インレットとリップラップの複合ブレイク)をクルーズするバスに目をつけていたが当日は不発。そこで何気なく投げたバイブレーション(ラトルトラップ)で釣れた魚をきっかけにポイントを見切り、移動を決断。バスが人のプレッシャーを感じていると判断し「この濁りはむしろバスの警戒を解く」との考えでカフェオレ色の上流部へ移動。濁りの入った川筋で大岩の脇をパラマックス5”のノーシンカーを通してリミットを揃えました。今回、1500gより大きな魚は行動パターンが若干違うと言われていた中で、平均1600gのグッドコンディションで3本を揃えたことはもちろん賞賛に値しますが、前日との状況変化にいち早く気付きアジャストした判断力、神経質な大型のバスに口を使わせる技術は、さすが昨年度のフローターマスターといったところでした。

7ea7d598
c4f88256
eac79c74



2位は、ノンオールで参加の細貝浩一氏が、なんと50cmオーバーの2本を持込み4155gというビッグウェイトをウェイイン。
一時間早くスタートできるノンオールのメリットを生かして、朝の早い時間帯に同エリアで2本のビッグフィッシュをキャッチ。ウェイインの際には、バッグから続けて出される規格外の魚体に会場はどよめき、自然に拍手が沸きあがりました。ルアーは、スイミーバレットのダウンショットリグ。2本ともフォール中のバイトとのこと。今年、好調の細貝氏は第四戦終了時に年間ランキング6位とフローターマスターを狙える位置につけており、朝の早い時間帯が有利に働くこれからの時期、ノンオール艇を生かした戦略で上位陣を脅かす存在になるでしょう。
72339194
915f61f4
796302ae




3位は、藤井将之氏(私です)が2本2690g。
本湖のメインチャンネルに面した岬とその周辺を広いエリアで巡り、水中のスタンプ&バスの稚魚が固まっているスポットを表層系のルアー(ジャバロンとフラッシュJ)でランガン。周りをキョロキョロし、ボイルを見つけては近づいていってキャストするという、実に戦略的かつ緻密な方法(笑)でリミットメイク。残念ながらウェイイン時に少し弱った固体をリリースし、2本ながら3位となりました。
もし、禁断のタラレバを語るならば、リリースした魚をウェイインできていたら・・・、やっぱり同じ順位でした。。。(それだけ上位二人が凄かったということで)
99f6ddd7
c35d89cc





ビッグフィッシュ賞となった岡崎誠二氏の2350g。前年春の大会で優勝したディフェンディングチャンピオンらしく、ワンナップシャッド(大)のテキサスを沖の立ち木に絡めてキャッチ。ここが本当のタラレバを言わせてもらいたいが、「この魚より大きな魚をランディング時にミスした」との報告もあり、その魚を見てみたかったというのが本音である。
fda6e9d4
ecf0303c



そして、ブービーは・・・、伝説の男 三浦氏。
やはり何かを持っています。転んでもタダでは起きません。
fee48fbc
0608042e




今回、23名中16名とウェイイン率は70%と高く、持ちこまれた24本のバスの平均ウェイトは【1395g/匹】と期待を裏切らない結果となりました。今回は大会中に50cmを越える個体が4本持ち込まれ、表彰式では特別に1800g以上のビッグフィッシュを釣った方のパターン紹介を行いました。

a2e19cc0
表彰式

48b75e61
上位3名

84b96d4e
集合写真



今回の大会開催にあたりご協力いただいた、三春ダム管理事務所、三春町役場、三春町営ボート場(教育委員会)、三春町消防局の方々にこの場を借りて感謝いたします。
近年、釣り人が残したゴミや立ち入り禁止区域での釣り、エレキ持ち込みなど釣り人のマナーが悪いとの指摘を受けています。湖のルールを遵守し、湖が身近である私たち釣り人のゴミは必ず持ち帰り、湖のルールを守り、周辺住民の迷惑のならないよう心がけていただくことをお願いいたします。

次回は9月5日、福島県 真野ダムで開催されます。
「東北の池原ダム」と称され、またメンバー内では「魔のダム ~Big Fish or No Fish?~」とも呼ばれる難解なこのダムで開催されるのはじつに3年ぶり。湖のFBIのビッグフィッシュレコードが出ている東北屈指のビッグフィッシュレイクでどのような戦いが繰り広げられるのか・・・。
ローカルアングラーの話では湖の様子は以前とは異なり、大会ではラージのみならずミックスバッグとなることが予想されます。幅広い釣りに答えてくれる(?)この湖で腕試しをしてみてはいかがでしょうか。U型・O型をお持ちで新規参加者の方も気兼ねなくご参加いただければと思います。
なお、エントリーの詳細につきましてはF.B.I.ホームページ(http://www.floaters.jp/)をご覧下さい。


~順位表~
優勝  川村俊明  3本  4785g
2位  細貝浩一  2本  4155g
3位  藤井将之  2本  2690g
4位  岡崎誠二  1本  2350g
5位  星修二    2本  2350g
6位  富永裕一  2本  2310g
7位  保坂政博  2本  2080g
8位  星野敦宣  1本  1890g
9位  吉川博文  1本  1830g
10位  井上徹也  1本  1810g

ビッグフィッシュ賞 岡崎誠二 2350g



~年間ランキング~ ※第四戦終了時 上位10名
1位  菊地昭彦  169 pt
2位  藤井将之  160 pt
3位  長谷川和雄 147 pt
4位  保坂政博  134 pt
5位  川村俊明  112 pt
6位  細貝浩一  102 pt
7位  城川晃邦  90 pt
8位  富永裕一  88 pt
9位  飯塚賢一  85 pt
10位  土野究   81 pt



Reported by M.Fujii