2011年05月

2011フローターマスターズ第二戦(牛久沼)のご案内

震災により見送っておりました2011年のトーナメントでしたが、周囲のご協力で無事に第一戦を終えることができました。この場を借りて関係各位に御礼を申し上げます。
さて、続く第2戦は茨城県の牛久沼。

FBIでは古くから慣れ親しんだ牛久沼ですが、通年のエリアが地震により護岸に被害を受け、今年はスタート場所を本湖南端の水辺公園に移しました。
スタート地点が初の試みとならば、6月に牛久沼で開催することも初となります。カバーフィッシング発祥の地とも評される牛久沼で、産卵後から回復し、活性が高いと思われる梅雨の時期に牛久沼でどのような戦いが繰り広げられるのでしょうか。

また、今回のスタート地点となる水辺公園ですが、広い駐車場と舗装されたスロープを備えた安全な場所を選定しています。駐車場からエントリー地点まで100mほどの距離がありますが安全第一で会場を選定したことご理解いただき、気持ち新たに本湖エリアをお楽しみください。

初参加の方々のエントリーはもちろん大歓迎。今年第一戦で参加を見送っていた皆様方ともお会いできることを楽しみにしております。
なお現段階で既に、東北地方で被災された方々からも参加表明をいただいており、事務局としても大変心強く、この機会が楽しみでなりません。
たくさんのエントリーをお待ちしております。


~第二戦 牛久沼~
c200f96e[1]

 








開催日 :2011年6月12日(日)
開催場所:  本湖南端 水辺公園
参加費 :4,000円   ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
受 付 :AM4:30 
スタート場所:水辺公園スロープ
スタート時間:ノンオール艇:AM5:30、 オール艇:AM6:30
     ※ノンオールの方は、受付・ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。
 
~スタート地点~
IMG_0748




 





IMG_0750










IMG_0752














●湖の利用について
◎遊漁券: \300/日。※大会当日分は準備いたします。
◎禁止事項:エンジン(プラクティス含む)の使用不可。
◎釣り禁止エリア :稲荷川 本湖一本目の橋より上流部。
・使用されている漁具
 
フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。
なお,エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは,frogman_fbi@floaters.jp(担当:川村)まで宜しくお願い致します。
 
 
 
(F.B.I.事務局)

2011 F.B.I. フローターマスターズ 第1戦 河口湖

5月15日(日)、2011年度F.B.I. フローターマスターズトーナメントの第1戦が山梨県河口湖にて開催されました。

河口湖はF.B.I. として初開催のフィールドであり、加えてワーム素材が禁止ということでルールについては事前にかなり議論がなされました。原則として河口湖漁協遊漁規則及び富士五湖条例、並びに他のトーナメント団体のルールに従いましたが、それに加えてF.B.I.では使うルアーにも各人の工夫を凝らしてもらいたいということで、河口湖で使用が許されているポーク素材のルアーの使用も禁止といたしました。

GW中の大潮回りに本格的にスポーニングが始まった河口湖は大会開催時もスポーニング真っ盛りでしたが、簡単に見える魚はGWから続く連日のプレッシャーでなかなか口を使わない状態。サイトの技術を駆使して最もウェイトが期待できるこのような魚を狙っていくのか、又は混在しているプリやアフターの魚を狙っていくのか、それとも放流魚のようなスポーニングが関係しない魚を狙っていくのか・・・選手たちは大いに頭を悩ませました。

大会のスタートエリアは河口湖南岸の小海公園。震災の影響もあり参加人数は少なく、ノンオール艇2名とオール艇10名の計12名のエントリーでした。大会当日の天候は晴れ。水温は15℃前後。無風の予報でしたが徐々に北西風が強まり、ウェイイン前にはステイするのもままならないほどの強風となりました。

強風でかなり釣りにくかったこともあり、参加者12人中魚をキャッチしたのは6名のみ。
スポーニングに絡む大型のネイティブがどれだけ持ち込まれるか注目されましたが、何人かの選手が大型のネイティブをかけたものの惜しくもバラし、残念ながら大型の魚はキャッチされませんでした。

image002朝のミーティング風景。
各人にマップが手渡され禁止エリアなどの確認が行われた。







image007新規参加の有本氏に注意事項の確認などを行う藤井代表。








image0095時30分、ノンオール艇がスタート。








image003準備を進めるオール艇の参加者たち。

左は今回安全面でご協力いただいたJBトップ50の小林義典プロ。
心から釣りが好き、という感じの気さくな良い人でした。





ご自身のブログでも大会の様子を紹介してくれています。
小林プロの河口湖ガイド、オススメです!
http://ameblo.jp/yoshinori-kobachan/
小林プロ、ご協力ありがとうございました!

image004オール艇のスタート直前。








image013オール艇のスタート時にはすでにスカリが浮いていた細貝氏。気持ちが焦ります・・・。







image008強くなった北西風に悪戦苦闘する土野氏。
各方面への調整や賞品提供などありがとうございました。

皆さん、RIDGE OUTFITTERSをよろしく!
http://www.ridge-outfitters.com/




image01013時30分、ウェイイン。








image006ウェイインする真下氏。



















image022宮崎氏。



















image001川村氏(私です)。



















image019惜しくもノーフィッシュに終わった有本氏には協賛品のウェストバッグをプレゼント。またよろしくお願いします!








それでは、上位3位を発表します。

3位は、今回のビッグフィッシュを持ち込んだ真下氏。ウェイトは1本で750g。
奥河口湖のアシ周りの魚をサイトで狙い、フライのダウンショットをバスの目の前にアプローチして口を使わせた。プラでは巻物などで全く反応がなく何も掴めなかったとのことですが、大会当日に作戦を変更して確実に魚を持ち込んだ判断はお見事。初戦から自身初となるビッグフィッシュをゲットして勢いにのる真下氏。今年のマスター争いの台風の目になることを期待したい。

image020ビッグフィッシュ賞ゲット!



















image0213位決定の瞬間のこのポーズ。
ちょっとイラッとする(笑)


















2位は、今回の河口湖戦の開催にあたり役場や警察などへの手続きに尽力いただいた副代表の伊藤(洋)氏。ウェイトは2本で885g。
ハワイワンド内の2mラインをソウルシャッドSRのただ巻きで攻め、今回の参加者の中で唯一、プラグで魚を持ち込んだ。マッディウォーターでの大型トップウォータープラグの豪快なフィッシングスタイルが印象的な伊藤氏だが、クリアウォーターでも巻物を中心に活性の高いバスを狙っていくスタイルで上位入賞の常連である。その、バスだけにとらわれない豊富な釣りの経験が培った実力は本物。自身3度目のマスター獲得に向け好スタートを切った。

image016ウェイイン中の伊藤氏のセクスィーショット(笑)



















image015

ハードルアーで2本キャッチ。お見事!



















image017おめでとうございました!









そして優勝は、スポーニングシーズンと言えばこの男、F.B.I.代表の藤井氏。ウェイトは3本で1800g。
ボーターからのプレッシャーが低い保安区域に着目し、鵜の島南側のメインチャネルに絡む岬の3.5mラインを自作スモラバ+フライトレーラーで攻め10本のバスをキャッチした。サイトでかけた2キロフィッシュは惜しくもバラしたようですが、それでも参加者の中で唯一リミットを揃えブッチぎりのウェイトでの勝利でした。噂ではプリスポーンのバスも藤井氏と目が合えば産気づくという・・・もはやこの男の優勝を阻むにはスポーニング時期の大会開催を避けるしかないのだろうか。スタートダッシュをかけたマスター争いの超常連男が今年のマスター最有力候補であることに異論を唱える者はいないだろう。

image018サイズを選ばなければ入れ食い状態だったとのこと。
相変わらずその釣獲能力は超人的です・・・。







image012








image023ヒットルアーのフジラバ(勝手に命名)。
フライのフックを折りトレーラーとして使用したようです。









image011上位3名。








image005参加された皆さん、お疲れさまでした!









<成績表>

ビッグフィッシュ賞:750g(真下桂一)

1位:藤井将之 1800g/3本
2位:伊藤洋治 885g/2本
3位:真下桂一 750g/1本
4位:川村俊明 640g/1本
5位:宮崎幸治 565g/1本
6位:細貝浩一 510g/1本


以下、6名ノーフィッシュ。

長谷川和雄
保坂政博
土野究
飯塚賢一
角田武彦
有本勝


次回は6月12日(日)、茨城県 牛久沼で開催されます。
震災の影響で従来のスタート地点が使えないことから、今回は本湖八間水門近くの水辺公園がスタートエリアとなります。

詳細については近々本ブログ上で案内されますのでもう少しお待ちください。



最後に、先の大震災の影響により直前の大会スケジュールの変更などがありましたが、関係者の尽力により無事初戦を開催することができました。
F.B.I.メンバーを含む震災にて被災されたすべての方々が1日でも早く日常を取り戻し、また、1日でも早くF.B.I.メンバー皆と共にフローターフィッシングができることを心より願っています。



Report&Photo:T.Kawamura

2011 F.B.I. フローターマスターズ 初戦 河口湖 エントリー受付中!

5月15日(日)に開催される2011年度フローターマスターズ初戦 河口湖のエントリー受付を開始しています。エントリーは随時受付けていますので、frogman_fbi@floaters.jpまでエントリーをよろしくお願いします。

エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。

氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):

携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。

大会案内:

http://blog.livedoor.jp/fbi_tournament/archives/51665497.html

エントリー締め切りは5月13日(金)の正午とさせていただきますので、参加予定の方はお早めによろしくお願いいたします。

F.B.I.事務局 エントリー受付担当:川村



2011フローターマスターズ第一戦(河口湖)のご案内

震災の影響から見送りとしていた2011年のフローターマスターズトーナメントですが、この度、再開させていただくことにいたしました。2011年最初の舞台はFBI史上初となる河口湖。そしてこちらも初となる「ハードルアー限定」戦。河口湖は富士の麓に位置し、溶岩帯も多く地形変化に富んでいる山上湖。西と東では水温も異なり、エリアによって季節の進み方が違います。なお、最近では4/27にバスの放流が行われた模様です。放流バスをまとめてくるのか、一発逆転が可能なネイティブを狙うのか、、、多いに工夫を凝らして挑戦してください。多くの方々の参加をお待ちしております。





~2011フローターマスターズ第一戦 河口湖~

開催日 :2011年5月15日(日)

開催場所:山梨県河口湖  ※地図参照

kawaguchiko






 

参加費 :4,000円  ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料

受 付 :AM4:30  受付場所は『小海公園 漁協駐車場』

スタート場所(小海公園前)

スタート時間:ノンオール艇:AM5:30、 オール艇:AM6:30

※ノンオール方は、受付・ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。



●湖の利用について

赤く塗られた部分が禁止エリア。赤丸(地図左下)がスタート場所です。


◎湖のローカルルールを遵守してください。

遊漁規則

http://www.kawag.jp/info/rule_gyokyou.html

富士五湖条例

http://www.kawag.jp/info/rule_fujigoko_jyourei.html

航路

http://www.kawag.jp/info/rule_manner.html



◎遊漁券:大会当日分はFBIが負担。プラクティス時は遊漁券を購入ください。道の駅(小海公園)の売店で購入可。




◎禁止事項:ソフトルアーの使用、遊覧船航路、ジェットスキーのエリアでの釣り。漕艇場の桟橋など。

※詳しくは上記ローカルルールを一読願います。

 




◎釣り禁止エリア ※厳守

・河口湖大橋橋脚および大橋より東側全域

・禁漁区(白須ワンド、寺崎東側のワンド)

・エンジン、エレキ装着時における保安区域への侵入

・遊覧船航路(図示の航路を外れても警笛をならされる場所はすべて航路とみなします)

・ハワイ漕艇桟橋、勝山地区、KAZUマリンの桟橋付近10mの進入禁止

・ハワイ漕艇ロープとその周囲10m ※漕艇大会当日の場合、周囲100mの進入禁止。

・ありがたやボート桟橋、奥河口湖マリン桟橋周辺20m

・浮き漁礁、漁具、イケス、航路ブイ、ロープ、アンカー類

・白須エリアの飼育かご周辺10m

・八木崎公園の水路(ホタル保護区)

・岸釣りをしている人の周囲20m、進入および釣り禁止。

※詳細は地図参照。




◎注意事項

できるだけ目立つ服装・帽子を着用してください。持参していない場合は、こちらからゼッケンを貸与しますので着用してください。

遊覧船、ジェットスキーのエリアには極力侵入せず、通過する場合は速やかに航行願います。

河口湖では地形の影響で西風が吹くことが多いとのこと。東に移動する方は帰着を考慮し、強風にご注意ください。 
 


2011トーナメントスケジュール

震災の影響でしばらくの間開催を見送っておりましたが、今年度のトーナメントを通常とは異なる変更点を加えながら再開させていただくことにいたしました。
現在も東北地方の開催地は震災の影響が続いており、釣り大会を行えるような状況ではありません。しかしながら私どもの大会は、東北地方の方々の人柄や環境に魅せられて東北、関東を中心に活動を続けてまいりました。どうか力強く復興されることを願い、近い将来に以前と変わらぬ大会が出来ることを望んでおります。


さて、今期のスケジュールですが安全第一として再検討し、下記のように決定しました。初の試みが多くなりますが、逆に経験者のアドバンテージが少ないとも言えるかもしれません。気持ち新たに多くの方々が参加されるようお待ちしております。




2011年トーナメントスケジュール


◎第一戦

5月15日 河口湖(小海公園漁協駐車場)ハードルアー戦

長い間、なぜかFBIフローターマスターズでは未開催であった河口湖。現在は環境保護の面からソフトルアーの禁止となり、ゲーム性が高くなったことでの満を持しての開催。前回放流は4/27というなかで高いキャッチ率が見込まれるのではないでしょうか。今大会はFBIトーナメント史上初となる『ハードルアー戦(※ワーム・ポーク類の使用禁止)』というレギュレーションです。創意工夫を凝らして望んでください。

2011kawaguchi











◎第二戦

6月12日 牛久沼(本湖 水辺公園駐車場)

この度の大地震により護岸に被害を受け、これまでのスタートエリアが使えない状況で、今回は本湖南端の水辺公園がスタートエリアとなります。長い間、梅雨時期に牛久沼での開催は行っておらず湖の状況は未知数。カバーフィッシングの先駆けと言われるこの場所で、トップウオーター全盛の季節。フローターのメリットを最大に生かしたアシへの接近戦で、ダイナミックなバスフィッシングをお楽しみください。

2011ushiku




















 



◎第三戦

7月16日、17日 桧原湖(細野) 2Day

産卵も落ち着き、次第に深場へと魚が落ちていく夏の桧原湖での2Day開催。総合順位は二日間のトータルウェイトながらポイントは単日毎の加算なので単日の参加もOK。気まぐれなスモールマウスバスを相手にするもよし。一発狙いでラージマウスバスを探すもよし。避暑地のキャンプ場で夏の休日を満喫してはいかがでしょうか。虫たちが本格的に活動する夏の桧原湖で多彩な釣りをお楽しみください。

2011hibara







 




◎第四戦

8月28日 秋元湖

サイズは望めないものの抜群のロケーションで「開催地のなかで秋元湖が最も好きな場所」と公言するメンバーも多い秋元湖。前日夜の湖畔で思い思いに行われるバーベキューはここでの定番イベントともなりました。そして思い出されるのは一昨年前の初秋、激荒れの秋元湖、大倉川河口のファーストブレイクとなる10m以上のディープの中層から明らかに他とは違うグッドコンディションを揃えた川村氏が、勢いそのままこの年のフローターマスターを獲得しました。今年の大会は季節がその一ヶ月弱前。水温の低い大倉川の河口域は水温に反して熱くなることでしょう。

cd778457














◎第五戦

9月18日 霞ヶ浦(土浦周辺)

霞ヶ浦におけるメジャートーナメントで度々ウイニングエリアとなる土浦エリア。北に桜川、南に花室川が位置する場所が今回の開催地となります。土浦での開催はFBI初。数多くの流入河川と、豊富なストラクチャーには数多くのバスをストックしており、現在の霞ヶ浦においては屈指の一級エリアと言えます。夏から秋に徐々に季節が移行するなか、様々な釣り方に魚が答えてくれることでしょう。

339c3a1f-s














◎フローター・マスターズ・クラシック

日程/場所未定  ※招待選手のみ





 

大会参加のエントリーは各大会の一ヶ月ほど前より始まります。大会に関するお問合せはコチラまで。

admin@floaters.jp

O型、H型、ポンツーンなどフローターの種類を問わず、本格的にトーナメントをしたい方も、釣り仲間を探している人も、初参加の方も気兼ねなくご参加ください。皆様のエントリーをお待ちしております。


(FBI事務局)

記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ