2011年07月

2011 F.B.I. フローターマスターズ 第3戦 桧原湖(2日目)

写真が多いので1度にアップできなかったためレポートを2つの記事に分けています。
1つ前の記事「2011 F.B.I. フローターマスターズ 第3戦 桧原湖(1日目)」から見てください。


<2日目>

2日目は5時半ノンオールスタート。
この時間帯の桧原湖は本当に美しい。

20110717_05042720110717_050517








20110717_05080020110717_050920








20110717_05103420110717_051005



















20110717_05112820110717_051445








20110717_051503








20110717_05182720110717_052603








20110717_052303








20110717_05560820110717_055616








20110717_0558386時半オール艇スタート。








20110717_065509有本氏。








20110717_080128安達氏。








20110717_095457今井氏。



















20110717_100957

井上氏。








20110717_102944星野氏。








20110717_125311ウェイインに向かうと子供達の遊泳場と化していた・・・。








20110717_130619シェードに逃げ込む土野氏(右)と有本氏(左)。



















20110717_132245子供達も固唾をのんでウェイインを見守る。








20110717_130825井上氏のナイスフィッシュ。



















20110717_131201今年は抜群の安定感を見せる宮崎氏。



















20110717_131834細貝氏。
初日はビッグフィッシュ賞を獲得!







20110717_132519土野氏。










2日目の3位は、F.B.I.最年長の影山氏。ウェイトは3本で1245g。
双子島から細野エリアにかけての3.5mラインを中心に攻めた。最大魚は7mラインでキャッチ。ルアーはサターンワーム(ジュンバグ)のクネクネ君シンカーのダウンショット。アクションはズル引きで、2日間それをやり切ったとのことです。10年以上F.B.I.に出続けている大ベテランの影山氏。大型バイクとポンツーンを乗りこなすカッコいいオヤジはまだまだ若いモンには負けません。

20110717_05560320110717_094809









20110717_131705










2日目の2位は、タフコンディションを得意とする内藤氏。ウェイトは3本で1260g。
細野ワンド南側出口の岬の沖、4~6mのフラットにあるウィードに2日間張り付いて全ての魚をキャッチした。ルアーはシャッドシェイプ(ラメ入りスモーク/チャートのツートンカラー)のジグヘッドで、ズル引き+ウィードに引っ掛けて外すアクションで口を使わせた。昼過ぎにパタパタと釣れるタイミングがあり、この日もそのタイミングに釣れたとのことでした。最近は仕事が多忙で大会にあまり出られないようで残念ですが、久しぶりの出場でのお立ち台獲得で存在感を見せ付けるあたりはさすがです。


20110716_17103220110717_131844



















20110717_131929





















そして2日目の優勝は、初日に続きトップウェイトを叩き出した藤井氏。ウェイトは3本で1350g。
プラで見つけたラージはすべてやり切ってしまったため、朝1時間ブドウ島側のシャローを攻めたあとはスモール狙いに切り替えた。まずはブドウ島裏側のシャローフラットの入り口のブレイク5mラインで1本キャッチ。ルアーは3インチグラブのスプリット。2本目は7mフラットのベイトにつく魚を2インチセンコーのダウンショットのシューティングで仕留めた。そして3本目は月島の4mフラットでスリムセンコー4インチのノーシンカーでキャッチした。魚をキープするため400g以下の魚はすべてリリースしたとのこと。初日のラージに続きスモールでもトップウェイトを叩き出し、完全勝利を収めた。


20110717_06132320110717_061620








20110717_06162720110717_133008











20110717_13551820110717_140235








20110717_1406432日目のビッグフィッシュ賞は栗本氏が獲得。



















20110717_140407総合3位は星氏。








20110717_140433総合2位は内藤氏。








20110717_140530総合優勝はもちろんこの男、藤井氏。








20110717_1433261日目のお立ち台3名。








20110717_1433492日目のお立ち台3名。








20110717_143412総合上位3名。








20110717_143229参加された皆さん、暑い中お疲れさまでした!











<順位表>

2011_桧原湖戦順位表











<トーナメントビデオ>

http://blog.livedoor.jp/crazy_fbi/archives/65591438.html



次回は8月28日、福島県 秋元湖で開催されます。
桧原湖と同じくスモールとラージが混在するため色々な戦略が考えられるフィールドです。また、桧原湖以上に自然豊かなフィールドであり、避暑を兼ねてフローターフィッシングを楽しむには最高のフィールドです。多くの方のご参加をお待ちしております。
2度目のマスター獲得に向けて独走態勢に入った藤井氏。藤井氏が次戦で優勝すれば早くも今年度のマスターが決定します。それを長谷川氏が阻むのか、それとも伏兵が現れるのか・・今後もF.B.I.トーナメントから目が離せません。


report:T.Kawamura

2011 F.B.I. フローターマスターズ 第3戦 桧原湖(1日目)

7月16日(土)、7月17日(日)の2日間の日程で、2011年度F.B.I. フローターマスターズトーナメントの第3戦が福島県桧原湖にて開催されました。

今大会のトロフィーや賞品については2日間の合計ウェイトによる総合順位で決定しますが、年間ポイントについては1日目、2日目それぞれの順位に応じて単日ごとに加算されます。2日間通して安定した成績を残せれば今回のみで多くのポイントを獲得することができることから、今年度のフローターマスターズのキーとなる大会です。スポーニングから回復した魚がサマーパターンへ移行していくこの時期、水深、シェード、ベイトを読み切りグッドコンディションのバスを持ち込むのは誰か・・・数日前から続く猛暑と日に日に進む減水、そして2日間とも重なったJB戦とのバッティングという状況の中、初夏の桧原湖でどのような戦いが繰り広げられたのでしょうか。


~プラクティス photo by M.Fujii~

20110715_04571120110715_203259
20110714_19161720110714_191422
20110715_202804今回のメインベイトはヒキガエルか?




















大会のスタートエリアはいつもお世話になっているママキャンプ場の細野エリア。
今回の参加人数は1日目が18名(ノンオール艇3名、オール艇15名)で、2日目が19名(ノンオール艇4名、オール艇15名)のエントリー。

大会中の桧原湖は2日間とも晴れ渡り暑い日となりましたが、桧原湖らしいウェイイン率の高い大会となりました。シャローから8m程度まで様々な水深に魚はいる状況でしたが、ボディーウォーターの隣接するシャローやハンプなどの水通しの良いエリア+ウィードやベイトが絡む夏のエリアで、比較的スローな釣りを展開した選手がグッドサイズをキャッチしました。また、今回はキャッチしたグッドサイズの魚が弱りウェイインできなかった選手も多く、魚を釣るだけではなくキャッチした魚を弱らせないようにキープすることも上位入賞の重要なポイントとなりました。


<1日目>

20110716_06081920110716_081219
20110716_0836251日目は8時半スタートのため、月島エリアには次々とJBのボートが集結。そのハンプは叩かないで・・・。







20110716_0853118時半、ノンオール艇スタート。
右から、初参加の安達氏、細貝氏、宮崎氏。







20110716_085816今井氏。テーマは桧原湖を守るカカシ。



















20110716_090612宮崎氏。








20110716_085900甚平がトレードマーク、準備をする飯塚氏。
本場のアングラーが見たら完全にポンツーン侍。







20110716_095155いつもプロ顔負けの動画編集ご苦労さまです。井上氏。








20110716_10035020110716_100339









オール艇のスタートは9時半。
ウェイインは17時。








20110716_113605細貝氏。








20110716_152416ファイト中の土野氏。








20110716_153339








20110716_165508城川氏。








20110716_170436有本氏。初スモールゲットおめでとうございます!



















20110716_171327栗本氏。








20110716_171744飯塚氏。








20110716_172108富永氏。










1日目の3位は、地元福島から参加の実力者、星氏。ウェイトは3本で1120g。
3mラインのウィードでキーパーを揃え、ブレイクが絡む5mラインで入れ替えるという作戦で安定したウェイトを揃えた。ルアーはカットテールとマルチスティック3.5インチのライトキャロで、アクションはスローなズル引き。クリアウォーターで非常に安定した成績を残す星氏、その実力は折り紙つき。今後の活躍に期待したい。

20110716_15022820110716_171600








20110717_122103





















1日目の2位は、前回の牛久沼戦の優勝者、長谷川(和)氏。ウェイトは3本で1275g。
プラで得意の巻物にはノンキーしか反応しないことを見極め、ディープでのラバージグをメインに考えた。7、8mのボトム付近のウィードのアウトサイドブレイクをダウンヒルで転がすように攻め、優勝ウェイトに20g差まで迫るナイスフィッシュを揃えた。ルアーは7gのフットボール+4インチグラブ。皆がスモールワームのスローな釣りに偏る中、1人強い釣りでコンディションの良い魚をキャッチするところはさすがです。


20110716_16154420110716_172319











そして1日目の優勝は、初戦の河口湖戦の優勝者、藤井氏。ウェイトは3本で1295g。
藤井氏×桧原湖と言えば「ラージ」。今回も、プラで細野ワンドから双子島シャロー+イカリ潟にかけて見つけていたラージを狙って3本揃え、小さいラージ1本をスモールで入れ替えた。ルアーはスイングインパクト3.5インチのノーシンカー。アクションはシャローをただ巻きで流していくのみ、とのことでしたが、いつも確実にラージをキャッチしてくるのは本当にお見事です。

20110716_172441









20110716_220454初日の夜は宴会で盛り上がる。
今年は虫が少なくて過ごしやすかった。









2011 F.B.I. フローターマスターズ 第3戦 桧原湖(2日目)に続く・・・。

2011 F.B.I. フローターマスターズ 第3戦 桧原湖 エントリー受付中!

7月16日(土)、7月17日(日)の2日間の日程で開催される2011年度フローターマスターズ第3戦 桧原湖のエントリー受付を開始しています。エントリーは随時受付けていますので、frogman_fbi@floaters.jpまでエントリーをよろしくお願いします。

なお、エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。

エントリー日:初日のみ or 2日目のみ or 両日

氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):

携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。

大会案内:

http://blog.livedoor.jp/fbi_tournament/archives/51684611.html

エントリー締め切りは7月14日(木)の正午とさせていただきますので、参加予定の方はお早めによろしくお願いいたします。

F.B.I.事務局 エントリー受付担当:川村

記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ