2011年09月

2011 F.B.I. フローターマスターズ 最終戦 霞ヶ浦(土浦)

2011年9月18日(日)、2011年度F.B.I. フローターマスターズトーナメントの最終戦が茨城県霞ヶ浦(土浦)にて開催されました。
霞ヶ浦の釣りを語る上で外すことができない土浦エリアですが、意外にもF.B.I.としては初開催。
一体どのような戦いが繰り広げられたのでしょうか。

最終戦を前にした今年度のフローターマスター候補は2人。

1人目は、F.B.I.の代表を務め、2005年にはマスターを獲得、2004、2009年にはクラシックを制している誰もが認める釣りウマ、F.B.I.最高の男、藤井将之氏。獲得ポイントは4戦を終わって208ポイント。

そして2人目は、2007年と去年マスターを獲得し、2007、2008年にはクラシックを制している今最も勢いのあるF.B.I.最強の男、長谷川和雄氏。獲得ポイントは4戦を終わって204ポイント。

どちらがフローターマスターになっても誰もが納得する実績と実力を持つ両者。最終戦もどちらかが優勝してフローターマスターを獲得するのか、それとも他の参加者が意地を見せて一矢報いるのか。また、今回はスペシャルゲストとして、霞ヶ浦のエキスパート団体「WBS」の運営を行いつつ、昨年は選手としても年間2位の成績を残した松村氏が参戦。当然実力では優勝候補筆頭の松村氏だが、慣れないフローターでどこまで普段どおりの釣りができるのか。

様々な思いが交錯する中、F.B.I.の和気あいあいとした楽しい雰囲気はそのままに、どこか緊張感の漂う一戦の幕が上がりました。

大会開催時はまだ残暑が厳しく水温は29℃前後、土浦の夏の風物詩であるアオコがいまだ水面を覆っていました。また、プラに入った選手たちによると1週間前から15~20cm程度の減水傾向で、数日前から南寄りの強風が吹き荒れている状況。タフコンディションが予想される中、選手たちは帰着時の風速や風向きなども考慮したエリア選びに頭を悩ませました。

今大会はノンオール艇が4名、オール艇が18名の計22名がエントリー。
スタートエリアは田村ドック付近で、ノンオール艇が5時半、オール艇が6時半のスタート。ウェイインは13時半。
大会当日は晴れて暑い1日となりました。


XIMG_2643
朝4時30分、受付開始。








XIMG_2653
出番を待つフローター。








XIMG_2665
2011年度のフローターマスターのトロフィー。
勝ち取るのは藤井氏か、長谷川氏か。


















XIMG_2666XIMG_2679









XIMG_2692
まだ夜が明けきらないうちから準備に余念がない選手たち。








XIMG_2685XIMG_2697









XIMG_2704
朝のミーティング。
選手たちには禁止エリアなどの連絡事項が伝えられる。







XIMG_2714
朝5時30分、ノンオール艇スタート。
村田氏(右)と新規参加の鈴木氏(左)。







XIMG_2731
キャストする村田氏。








image003
鈴木氏。








XIMG_2718
今年度の大会ではいまだノーフィッシュがない安定感抜群の宮崎氏。








XIMG_2720
ミスターノンオール。細貝氏。








XIMG_2742
アシ前のシャローを攻める鈴木氏。








XIMG_2786
前回の秋元湖戦でのポップRによるビッグスモールパターンが記憶に新しい角田氏。







浚渫を攻めるWBSの松村氏。
XIMG_2800XIMG_2818









XIMG_2824
震災での被災をものともせず東北から精力的に参加し、安定した結果を出している富永氏。







XIMG_2832
元祖霞マスター、伊藤(洋)氏。



















XIMG_2857
アシ撃ち職人、飯塚氏。








XIMG_2852
アオコの影響が少ない桜川上流で相対したマスター候補の2人。
手前が藤井氏で、奥が長谷川氏。

桜川頂上決戦の軍配はどちらに?





結果、参加者22人中魚をキャッチしたのは9名で、リミットメイクをしたのは2名のみと予想通りのタフコンディションでしたが、「アオコの影響の少ないエリア(水通し)」、「シェード」、「水深」のキーポイントを軸にエリアを絞り込み、そのポイントにいるバスの状況に合わせて食わせとリアクションの釣りを意識して使い分けた選手たちが良い釣果を上げていたようです。


XIMG_2885
ウェイイン風景。








伊藤氏(左)と飯塚氏(右)
XIMG_2883XIMG_2880









真下氏(左)と大阪からはるばる参加の小田氏(右)
XIMG_2888XIMG_2869









富永氏(左)と川村氏(右:私です)
XIMG_2875image001





















それでは、上位3名の発表です。

3位は、昨年のクラシックを制した上位入賞常連の実力者、城川氏。ウェイトは2本で1635g。
マルトボート前のブレイクに絡むストラクチャーをテキサスリグのフォーリングで攻め、キロアップを含む2本をキャッチした。プラで温存していたピンスポットへの朝一の1投目でキロアップをキャッチするあたりはさすがの一言。感覚的にビッグフィッシュを呼び込む城川氏ならではの1本と言えるでしょう。このお立ち台で今年の年間ランキングも3位まで上げてきた城川氏。今年度のクラシックでも何かをやってくれそうな予感がするのは私だけではないはずだ。


XIMG_2892XIMG_2917










2位は、やはり強かった・・・WBSの松村氏。ウェイトは3本で2430g。
土浦エリア北岸のシャローが張り出した浚渫の1~4mに落ちるブレイクに1日ステイし、回遊バスを狙ってダウンショットよる食わせとキャロによるリアクションの両極端な釣りを使い分けて見事キロアップを含むリミットをそろえた。自らの持つ幾つかのピンスポットの中から、その時の湖の状況と強風の中での慣れないフローター、自らの体力なども考慮して1箇所を絞り込み、このタフコンディションの中でナイスフィッシュを含むリミットをそろえてくる技術と作戦はさすがプロと言うほかない。バス釣りやそれを取り巻く環境に対する意識の高さなど、お話を聞いていて感心させられました。来年度も参加していただけるとのことで、今から非常に楽しみです。


XIMG_2894XIMG_2908









XIMG_2925










そして優勝は、藤井氏とのフローターマスター争いの一騎打ちを制した長谷川氏。今大会のビッグフィッシュとなる1235gを含む3本をそろえ、ウェイトはブッチギリの2995g。
水の良い桜川の中でも、橋桁の流れの当たる側に堆積する沈みモノに良い魚が付いていることをプラで見出し、上流側からドライブスティックのヘビーダウンショットをドリフト気味にアプローチして着底後のワンアクションで食わせるというパターンがハマり、9本の魚をキャッチした。大会中に他の選手やボーターが橋桁を攻めてもバイトがない中、プラン通りに唯一人多数の魚をキャッチする様は本当にお見事でした。


XIMG_2851XIMG_2911









XIMG_2947XIMG_2939










<表彰式>

上位入賞者のパターン解説に聴き入る選手たち。
XIMG_2915XIMG_2990









XIMG_2959
クラシック出場権を獲得し満面の笑みを浮かべる真下氏。
と、それをちょっと寂しそうに見守る角田氏。


















賞品に群がる参加者たち(笑)
XIMG_2963XIMG_2965









XIMG_3016
上位3名。









<成績表>

ビッグフィッシュ賞:1235g(長谷川和雄)

1位:長谷川和雄 2995g/3本
2位:松村寛 2430g/3本
3位:城川晃邦 1635g/2本
4位:川村俊明 1330g/2本
5位:小田浩史 1210g/2本
6位:飯塚賢一 960g/2本
7位:真下桂一 870g/2本
8位:富永裕一 675g/1本
9位:伊藤洋治 670g/2本

以下、13名ノーフィッシュ



<大会動画>
 

この最終戦で長谷川氏が優勝したことにより、長谷川氏の年間ポイントは250ポイントとなり(1位3回、2位1回+ビッグフィッシュ賞2回)、F.BI.史上最高ポイントでの3度目のマスター獲得が決定しました。3度のマスター獲得は神戸氏に続く史上2人目です。
「強い」という言葉以外見つからない長谷川氏の活躍ですが、その時の状況を的確に把握して自分の釣りに合ったコンディションの良い魚をキャッチする知識(経験)と技術が優れているのは当然のことながら、その華々しい釣果の陰には誰よりも精力的にプラクティスを行う努力があることを忘れてはならない。来年度も彼がマスター最有力候補であることは間違いないだろう。本当におめでとうございました。


XIMG_3000
最後までマスター争いを演じた藤井氏と健闘を称え合う。
代表をやりながら、例年であれば確実にマスターを狙えるであろう活躍を見せた藤井氏も本当に見事な戦いぶりでした。






XIMG_3009









XIMG_3019





















そして、フローターマスターである長谷川氏によって、今年度のフローターマスターズクラシックの開催地は霞ヶ浦の牛堀エリアに決定しました。10月16日(日)に参加資格を獲得した以下の9名の選手により争われます。年に1度のお祭り行事である今大会。楽しく、そして真剣に、今年度の大会の締めくくりとなるようなF.B.I.らしい大会になることを期待しています。

長谷川和雄
藤井将之
城川晃邦
川村俊明
宮崎幸治
富永裕一
細貝浩一
栗本雅博
真下圭一


XIMG_3014
参加された皆さん、お疲れさまでした!









report:T.Kawamura
photo:T.Kawamura&M.Fujii
movie:T.Inoue

2011 フローターマスターズ 第5戦【霞ヶ浦(土浦)】のご案内

2011年フローターマスターズもいよいよ最終戦。
今年のフローターマスター争いは2名に絞られており、これまで4戦のうち互いに2勝ずつを挙げている、ポイントリーダーの藤井氏と昨年度フローターマスターの長谷川氏の一騎打ちとなりました。クラシック出場枠争いも僅差のポイントで多くの選手が圏内におり、この一戦のポイントが大きく響くことになり、最後まで行方がわかりません。
その最終戦の舞台は 度々メジャー大会でも優勝エリアとなる土浦エリア。スタート場所の田村ドックは土浦新港から見て真東に1.5km程度の場所に位置し、沖には明確なブレイク、数多くの流入河川とドック、シャローには豊富なアシや杭、じゃかごなど、変化に富んだエリアです。雨などの天候により状況が変わりやすいこのエリアで、どのようなドラマが展開されるのでしょうか。皆様のご参加、お待ちしております。



2-3












kasumi_2






広域図

kasumi_info










詳細図 ※赤は禁止エリア



110904_113135_ed110904_113013_ed















~2011 フローターマスターズ 第5戦【霞ヶ浦(土浦)】開催概要~
開催日 :2011年9月18日(日)
受 付 :AM4:30
スタート時間:ノンオール艇:AM5:30、オール艇:AM6:30、ウェイイン:13:30
開催場所:茨城県 霞ヶ浦(土浦エリア)  ※地図参照
参加費 :\4,000  ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
      ※ノンオールの方は、受付・ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。

 
 ◎釣り禁止エリア
・新川、備前川
・土浦新港内(外壁はOK)
・係留しているボート
・マルトボートエリアの竹組み枠
・ドック内側、イケス、エリ等生き網
・水門の通過
※その他、FBIルール参照

 
フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。
なお,エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは,frogman_fbi@floaters.jp(担当:川村)まで宜しくお願い致します。


(F.B.I.事務局)


>>以下、2011.09.06追記

エントリー受付を開始しています。
エントリーは随時受付けていますので、frogman_fbi@floaters.jpまでエントリーをよろしくお願いします。

なお、エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
今年度の大会に一度でも参加されてすでに以下の内容を連絡いただいている場合は、
内容に変更なければ名前のみでエントリーOKです。

氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):

携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
台風シーズンで1年で最も中止の可能性がある時期ですので、
ご理解いただきご連絡よろしくお願いします。

エントリー締め切りは9月15日(木)の正午とさせていただきますので、参加予定の方はお早めによろしくお願いいたします。

F.B.I.事務局 エントリー受付担当:川村






2011 F.B.I. フローターマスターズ 第4戦 秋元湖

DSC_0300XIMG_1979



今年、2年ぶりに開催地となった福島県 秋元湖。近隣の桧原湖に比べおよそ半分程度の大きさで、スタートエリアとなる大倉川河口域には二本の川筋とウィード豊かな広大なシャローフラットを抱え、沖合いに出れば明確なブレイクを形成する好ポイントです。山々に囲まれる美しいロケーションの中、フローターマスターズ第4戦が開催されました。今回は、今年参加できていなかった東北メンバーたちとの再会を喜び、前日から楽しい時間を過ごしました。


~プラクティスの様子~
XIMG_1935大倉川河口のフラットは人気エリア
XIMG_1949プラではキロオーバーのラージをキャッチ。飯塚氏
DSC_0244シャローに群れるベイトを捕まえようとする土野氏と今井氏。結果NF(笑)
DSC_0252
DSC_0263美しい夕暮れの秋元湖
XIMG_1962手をかざすと灯がともる。悪魔払いの儀式(笑)
XIMG_1992

DSC_0276スタートエリアはラジコン飛行機の人たちとシェア。
DSC_0293素敵な大人の趣味。釣りに共通するところも多い。
 




さて、フローターマスター争いも残すところあと2戦。現在3勝のポイントで独走態勢を築き、周囲から「ツマラナイ」と悪評高い藤井氏(私...)が長谷川氏より上の順位を入賞圏内で獲得すれば今年度のフローターマスターが確定する一戦。


天気は大会2日前に軽めの雨が降った以外は曇り~晴れで安定しており、水温は24℃前後。
プラクティスの様子では、300g前後がアベレージサイズとなり、400gを超える魚がわずかに混ざるといった様子。夏らしく、朝・夕に高活性となる時間帯を戦略にどのように組み込むかが焦点となったようで、上位陣(優勝者を除く)を見るとトップウオーターを中心に組み立てた選手に分があったようです。


~大会の様子~
XIMG_2100スタートエリアより秋元湖を望む

XIMG_2138船に乗るときはライフジャケット着用。うう、、可愛い。
XIMG_2156ああ、、メチャクチャ可愛い
DSC_0299犬を撮る川村氏を撮る


XIMG_2080細貝氏(右)と宮崎氏
XIMG_2095AM6:00ノンオール艇のスタート
XIMG_2110初参加の小黒氏


DSC_03207:00前 オール艇がスタート準備
DSC_0316フィンを付ける川村氏。H型だと乗ってから装着できる
DSC_0306最強ブラザーズ兄の長谷川(友)氏
DSC_0310ひさしぶりの参加、東北番長 山岸氏
DSC_0313ルーキーオブザイヤーの有力候補、有本氏
DSC_0302
DSC_0319TOP50の福島健、、、ではなく星野氏

DSC_0323虫さえ殺せない戦場カメラマンの川村氏。
DSC_0301動画撮影をする井上氏。
XIMG_2160
XIMG_2162久しぶりの大会ですっかり色白になった神戸氏

DSC_03287:00 オール艇がスタート!
DSC_0330
DSC_0332
DSC_0334スタートを見送るカメラマン
XIMG_2203ウィードを釣る長澤氏。
XIMG_2187サイトを行う神戸氏。大型ポンツーンならではのスタイル
XIMG_2223川沿いのブレイクを釣る初参加の荒木氏
XIMG_2227虫パターンで攻める井上氏
XIMG_2233有本氏
XIMG_2234
XIMG_2238スタート対岸はボート銀座に。
XIMG_2247帰着に向かう細貝氏
XIMG_2257ディープレンジを釣る山岸氏。秋元湖戦はお立ち台の常連。


 


結果は、、、多くの選手が魚を釣ることができ、23名中19名のウェイイン、リミットメイクは9名という好釣果となりました。釣り方も多岐に亘り、シャロー・ミドル・ディープそれぞれにコンディションの良い魚が居て、自分なりの考え方を精度良く自分の釣りに当てはめた選手が好釣果を得た様子でした。
気になる結果、そして年間チャンピオンの行方は?



~ウェイインの様子~
XIMG_2263魚を取り出す山岸氏。これは大きいか?
XIMG_2270いきなりのナイスリミット!
XIMG_2272富永氏
XIMG_2274星野氏
XIMG_2275初参加の荒木氏。リミット揃うも、一本が痛恨のデッド判定。FBIルールでは魚が横たわり自力で戻らない段階でデッド判定となる。
XIMG_2277デッド判定が惜しまれる荒木氏のグッドサイズ
XIMG_2279スーツ姿で現地に来場(笑)。鈴木氏
XIMG_2283真下氏
XIMG_2286有本氏

XIMG_2292計量を行う細貝氏

XIMG_2296ナイスリミット

XIMG_2306栗本氏。なんとフローターにサイドビューを搭載している
XIMG_2309
XIMG_2311宮崎氏
XIMG_2315
XIMG_2317今大会、唯一のラージを持ち込んだ井上氏
XIMG_2321
 




 

さあ、入賞者を発表です。
 

3位は、「これがオレ流」と言わんばかりに毎回ストロングパターンしか展開しない(笑)角田氏。FBI創設当初からそのスタイルはずっと変わっていない。釣ったのは湖中域の岬、岩盤を中心にポッパーで攻め、2本ながら1200gという好ウエイトを叩き出しました。使用したのはレーベルのポップRとジャッカルのポッパー。他の選手が持ち込んだ魚とは明らかに違うコンディションの魚を持ち込み、アベレージサイズとグッドサイズの食性が違うことを証明しました。
XIMG_2288マッスルボディの角田氏と、マッスルボディのスモール。
DVD 『マッスル角田のフィッシングエクササイズ』 好評発売中(笑)
♪ロッドを振るよー ハイ!マッスル、マッスル。
XIMG_2340
XIMG_2164

 

 
 

2位は久しぶりに大会に参加する神戸氏が3本で1520g。スタートエリア対岸の河口域 チャンネルがあるストレッチにグッドサイズが時折入ってくることを確認。ベイトフィッシュが大量に跳ねているこのエリアでも、「基本、虫を食べている」とのことで、ロッククローのノーシンカーやスモラバを使い、グッドサイズを選ぶ余裕のリミットメイク。本人曰く「最近、あまり釣りに行けていない」とのことですっかり色白になって韓流スターのようだが、肌の色は褪せても、3度のマスターを獲得した実力は色褪せることなく、一級エリアの船団の中にいても頭ひとつ抜き出る技術を周囲に見せ付けました。

XIMG_2301
XIMG_2345
XIMG_2183


 

・・・そして、ウェイイン前の嫌な予感のとおり、優勝はこの男、


昨年のフローターマスター 長谷川氏。
スタート地点から3km以上離れた中津川ワンドの9~12mのブレイクに掛かる立ち木エリアで、870gのビッグフィッシュを含む3本1880kgで2位以下を大きく突き放し、今期2勝目となる優勝を決めました。使用ルアーは1/2ozのラバージグ+4インチグラブ(スモーク)。メタルジグでのリアクションも狙ったが、今回は1/2ozというウエイトで狙うほうが反応が良かったとのことで、バイトは着底直後に多かった様子。
XIMG_2328
XIMG_2350
XIMG_2356今回の優勝賞品はポンツーンボート。とっても偉そうだ。


これだけ聞くと『ディープでリアクションの釣りをすればサイズは上がる』と思いがちだが答えはNO。むしろ今回はシャローのほうが釣り方によりサイズは選びやすく、湖全体を理解したエリアの選定と、そこにいる魚の行動特性を理解しなければ不可能とも言える難易度の高い釣りであり、「長谷川氏だから釣れた」と参加選手の皆が感じていたことでしょう。事実、ディープパターンで上位に食い込んでいる選手が少ないことから、彼だけに見えていた魚だったということがわかります。
「サイズが良ければ、ディープから抜いてもエア抜きは必要ない」という。参考にしたい。




<成績表>
優勝:長谷川和雄   1880g/3本
2位:神戸俊郎   1520g/3本
3位:角田武彦   1235g/2本
4位:山岸準   1215g/3本
5位:井上徹也   1060g/3本
6位:栗本雅博   1050g/3本
7位:細貝浩一   1035g/3本
8位:藤井将之   1035g/3本
9位:宮崎幸治   975g/2本
10位:城川晃邦   950g/3本
11位:長谷川友和   870g/3本
12位:荒木洋忠   835g/2本
13位:真下桂一   635g/2本
14位:鈴木智之   505g/2本
15位:川村俊明   320g/1本
16位:星野敦宣   315g/1本
17位:有本勝   280g/1本
18位:富永裕一   380(-100)g/1本
19位:飯塚賢一   225(-100)g/1本

以下、4名ノーフィッシュ。
ビッグフィッシュ賞:長谷川和雄 40cm/860g

 

~表彰式の様子~

XIMG_2334優勝賞品は9フィートのポンツーンボート。最終戦も出します。

XIMG_2364
XIMG_2357XIMG_2359
XIMG_2367



 XIMG_2382集合写真
XIMG_2385上位三名

 




~トーナメント動画~
 







~年間ランキング【第四戦終了時点】~
2011rank09




























これで、2年連続のフローターマスター獲得に向けて条件を整えた長谷川氏。
最終戦で迎え撃つは、誰よりも強く、芸術的で、人に感動を与える釣り人 FBI代表の藤井氏(言ってみたかった)。これでフローターマスター争いはイーブンとなり、両者一歩も引かぬまま最終戦にもつれ込みました。
長谷川氏:「マスター争い、面白くしてやりましたよ。」 
と、挑発。さらにマスターを3度獲得している神戸氏に対し、
長谷川氏:「3度目獲って、肩並べますよ。」
と、最終戦を前にすでに勝利を確信している強気の発言。
しかし、最終戦の舞台となる秋の霞ヶ浦は長谷川氏が得意としているフィールドであり、この言葉は虚言ではなく、予言であることは周りの選手が良く知っている。すでに長谷川劇場の舞台は整っているが、このままトップを明け渡すほどFBIは甘くない。


続けて、以下、FBI代表からの告知である。

『鼻をへし折ってくれる人 募集中』

『大会3日前に台風を呼べる人、募集中』

『体力とトークに自身があり、マンマーク&常に話しかけて長谷川氏の気を散らせる人募集中』


さて、きちんと戻します。
福島県では「バス釣りに関する遊漁券」に関する様々な情報がありますが、F.B.I.においては事務局で一括購入していることを記載しておきます。また、協賛いただきました『柏 オーパ様』、『リッジアウトフィッターズ様』、『プロズファクトリー様』、『テイルウォーク様』、『レイズファクトリー様』にこの場を借りて深い感謝を申し上げます。


次回最終戦は9月18日、茨城県 霞ヶ浦(土浦エリア)で開催されます。エントリーの詳細につきましては、後日F.B.I.ホームページ(http://www.floaters.jp/)にアップされる大会案内をご覧下さい。

 


report:M.Fujii
photo:T.Kawamura&M.Fujii

記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ