2011年10月

2011フローターマスターズクラシック 大会結果&レポート

2011classicmember


2011年のツアー戦も終了し、今年最後のイベント「FLOATERMASTERS CLASSIC」が2011年10月15日、茨城県霞ヶ浦の牛堀エリアにて開催されました。
F.B.I. FLOATERMASTERS CLASSICは、フローターマスターに並ぶF.B.I.の2大タイトルの1つであり、今年度の各トーナメントの優勝者及び前年度のフローターマスター/クラシック優勝者、ルーキーオブザイヤー、並びに今年度の年間ランキングから有資格者を除いた上位5名のみに参加権が与えられる栄誉ある大会。

選手が狙うのは『優勝』のみ。ポイントを稼ぐ釣りではなく、勝ちを意識した釣りをする選手たちがどのようなドラマを繰り広げるのか・・・。今年最後のイベントが幕を開けます。



~2011年クラシック出場者~
*****************************************
<ノンオール艇:6:30 Start~14:30 weight in>
細貝浩一(年間ランキング7位)
(宮崎幸治(年間ランキング5位)・・・DNS)

<オール艇:7:30 Start~14:30 weight in>
長谷川和雄(年間ランキング1位:2010フローターマスター、第2戦牛久沼優勝、第4戦秋元湖優勝、第5戦霞ヶ浦(土浦)優勝)
藤井将之(年間ランキング2位:第1戦河口湖優勝、第3戦 桧原湖A優勝、桧原湖B優勝)
城川晃邦(年間ランキング3位:2010クラシック優勝)
川村俊明(年間ランキング4位)
富永裕一(年間ランキング6位)
栗本雅博(年間ランキング8位:2011ルーキーオブザイヤー)
真下桂一(年間ランキング9位)
*****************************************



~大会の朝~
2011XIMG_4581
前日からの暴風が残る、当日朝。

DSC_0784
受付時間は台風並みの暴風雨に見舞われたが、ノンオールスタート直前に雲の間から光が見えた。

2011XIMG_4574

DSC_0802

DSC_0789

DSC_0788
地震の爪痕が残る道路。わずかな隙間から新しい生命。力強い。

2011XIMG_4636
今日の来客

DSC_0790
以前優勝したときに来ていたシャツで験担ぎ(げんかつぎ)する真下氏。
歓喜の「あ~↑」となるか、失意の「あ~↓」となるか?

DSC_0813
談笑する城川氏、真下氏




~当日の状況~
当日の霞ヶ浦は2日前まで大雨に見舞われたものの、水位は通常より10cm程度低い様子。
水温は24~26℃程度。
水色は良く雰囲気は悪くないものの前日から吹き荒れる南風(予報では10m)により、北側への移動が完全に制限されました。また霞ヶ浦では5団体ほどの大会が行われていたとのことで、人気エリアである牛堀周辺には多くのボートが並び、混雑した中での釣りとなりました。




2011XIMG_4620
準備にも緊張感が漂う


2011XIMG_4624

DSC_0801

DSC_0779
ノンオール艇の細貝氏。(ピンボケですみません)

DSC_0797
準備する長谷川氏(2010,2011マスター)、城川氏(2010クラシックチャンプ)。





~AM6:30、ノンオール艇スタート~

2011XIMG_4569
ノンオールの細貝氏。
準備しているロッドは一本。
リグは自身考案のオリジナルリグ。朝もやのなか横利根方面を目指す。
スタート前からまったく迷いがない。

2011XIMG_4599







~AM7:20 オール艇 スタート前の様子~

2011XIMG_4641
2011XIMG_4645
今年のクラシック出場者はグレーのポンツーンが多い。・・・なんだか地味だ。。。

2011XIMG_4654
栗本氏の新艇 アウトキャスト ディスカバリー9。
フレームはアルミ、インナーがPVC。軽く、扱いやすそうなポンツーン。





~AM7:30 オール艇のスタート~

強風を考慮してか、妙技水道方面を目指す富永氏と真下氏以外はスタートエリア周辺に留まる。
やがて強風は徐々に収まり、秋の陽気に包まれた。
2011XIMG_46612011XIMG_4662

2011XIMG_4676
2011フローターマスターの長谷川氏は朝一から全開!
スタートから一時間で既に入れ替えを行い、その勢いは止まらない。

2011XIMG_4684
スタートエリアのアシの様子

2011XIMG_47012011XIMG_4708
じゃかごを攻める真下氏

2011XIMG_47272011XIMG_4722
昼過ぎ、矢板をフリップで攻める藤井氏(私です)。
こういうことをしているときは集中が切れている時・・・。




~ウェイイン~

秋の大会らしく、魚を持ち込んだ選手の釣り方は実に多彩で個性あるものでした。

2011XIMG_4748
栗本氏、キロフィッシュをウェイイン

2011XIMG_4756



優勝は2位の川村氏になんとトータル10gの僅差で細貝氏がビッグタイトルを獲得!
今大会ではドロップショットリグ(ブレードを付けてアピール度を増したもの)により、混雑する横利根川の護岸でアベレージを越えるグッドサイズで入れ替えを行い、見事クラシックチャンピオンの栄冠に輝きました。
ノンオール艇で他の選手を脅かし続けて、はや6年。本当におめでとうございました。



さて、、、気になるパターン解説です。
クラシックでは参加選手全員がプラクティスから当日の釣りまで詳細に語ることになっており、それぞれの思惑も含めて当日の動きを詳細に語っていただきました。
NFの選手にとっては苦痛ですが、実力者揃いのため結果は紙一重。優勝にこだわり勝負を賭けて見事に散ったと解釈してください(笑)。
それでは、優勝の細貝氏から、、、





◎優勝:細貝浩一 3本 2175g

「大会前から、当日は横利根川で行くことを決めていました。釣ったのは横利根川の護岸を1mおきくらいにひたすらフォールで狙うといった釣り方で5本キャッチしました。使ったルアーはマイクロクローラーのダウンショットリグ。霞ヶ浦ではライトリグが通用しにくいイメージがあって、アピール度を増そうと以前から試行錯誤していました。2年ほど前に始めたオリジナルリグが割りと良い結果を出していたので今回もこのリグで通しました。」

2011XIMG_4765

2011XIMG_4593DSC_0782
必要最小限に絞られた装備。これもフローターの醍醐味


当然、プラクティスで数名の選手が風雨対策として横利根をバックアップにしようとしており、数は釣れるが500gほどの魚しか釣れないと思われた横利根川でなぜ細貝氏にはキーパーばかりが釣れたのか・・・?
普段から多くを語らない細貝氏。パターン解説もシンプルでしたが周囲からの質問でその答えが徐々に明らかになっていきました。


違い1・・・『オリジナルリグ』
写真で見せられないのが残念ですが、マイクロクローラーの頭部分にスピナーベイトのブレードを装着。得意とするライトリグに手を加えてアピールを増した。数名の選手が「プラではシャローに差したバスのサイズが良かった」と話していたが、中層のバスに良いアピールになったのでは?
違い2・・・『縦の釣り』
護岸を流す陸っぱりもサイズが小さい様子でしたが、「テクトロ」に見られるように護岸では横の釣りが主体。細かく刻む縦の釣りが違いを生んだのでは?

理由はともあれ、このリグの効果は結果が物語っているので、興味ある方は細貝氏に聞いてみてはいかがだろうか。






◎2位:川村俊明氏 2本 2165g

川村氏らしく「キッカーを入れる釣り」を今大会も実践。プラクティスではスピナーベイトと5’センコーでシャローをチェック。結果、当日は本湖の石積み堤防の先端近く、2m強にある沈み物に対し、チョンパーズのフラグラブ5‘のジグヘッドを石積みに向けてキャストしダウンヒルで探る「ブレイクコロコロ」(筆者談)で、キッカーとなる1600gをキャッチ。同ポイントにタイミングを変えて入りなおし1本追加した。チョンパーズのフラグラブをこよなく愛する川村氏。にんにくフレーバーが強烈なこのワームをおかずにしてご飯を食べているとかいないとか・・・。今回、毎年恒例の「優勝者を予想するトトカルチョ」で出場者は『愛用しているルアー』を持ち寄ることになっており、当然のようにこのワームも含まれていました。
DSC_0814

DSC_0811




3位:栗本雅博 3本1950g

スタート前から「スタート前のアシを横利根に向けてダラダラと流します(通称:『馬鹿流し人生』)」の言葉通りスタート直後からアシ流しを実行。バイトがなく迷いが生じたものの、「(同エリアで)藤井さんが釣っているのが見えたので、このエリアに魚はいると信じた」と同エリアのアシを流すこと数回、待望のキロフィッシュをキャッチ(4‘ヤマセンコー)。その後、何往復かするも後が続かなかったものの、エリアは変えずに緩やかに深くなる沖で得意とするクランキング(ブリッツDR:金黒)で終了前に連発してリミットメイクしました。「シャローにいる魚がずっとルアーを追いかけてくるイメージでした」とのこと。
大型のポンツーンボートを入手し2日間のプラを行い、自身がホームとする洲の野原や妙技水道に行く予定だったものの強風で断念。クランクでの粘り、お見事でした。


2011XIMG_4757

2011XIMG_47542011XIMG_4690






◎4位:長谷川和雄氏 3本1940g

プラでは動ける範囲すべてのエリアをチェックし、大雨直後だったことから川を中心に組み立てたがサイズが小さかったとのこと(当然のように相当な数を釣っていた様子)。本番では、浮いている魚、スーパーシャローに絞り、水面~50cmまでを勝負の場と決めてラトリンログ、ベントミノー、プロップマジックの3種をローテーション。朝の一時間で既に入れ替えを行い、相変わらず呆れるほどの勢いで釣っていました。最も反応が良かったのはラトリンログのリッピング。ダイブさせて浮き上がるときにバイトが多かったとのこと。今回はキッカーに恵まれなかったものの、今回もフローターマスターらしい釣りを見せてくれました。

2011XIMG_47722011XIMG_4646




◎5位:藤井将之氏 3本1760g 

プラのときは牛堀、麻生、妙技、常陸利根川、夜越川など広範囲に動き回るもキャットのバイトのみ。大雨の影響からか流れのあるスタートエリアと妙技水道のアシには生命感があって、流れの当たるアシに強いアピールの水面系ルアーを流れに乗せると反応があって、前日は3本4kgという出来すぎの釣果。当日は予想通り流れが止まっていたのでいろいろ迷い・・・と言っても打つ手もなく、昼前までスタートエリアのアシをジャークベイト(リップライザー110)のリッピング、沈み物のスポットだけドロップショットで往復して600g。昼過ぎにブレイク下の沈み物をじっくり釣って600g弱の魚を3本(3’パワーホグDS)釣って終了。

2011XIMG_47692011XIMG_4736




◎NF?:城川氏
プラでは、牛堀エリアでは撃ち物、巻物を一通り試してテトラやエリ網、杭などシャローから少し落ちた縦ストで反応。横利根ではサイズが伸びずMAX2kgくらいと予想。当日は風が当たる東岸を中心に釣り昼過ぎまでノーバイト。ジャカゴエリアで少し深くなるところに沈んだ何かで推定1500gをキャッチ(5gテキサス)。帰着して上陸の際に転倒。数名が見守る中、計量前の魚も水の中へ。。。(そのときフックを足に刺すなど重なる不運に見舞われました)。

2011XIMG_4643




◎NF:富永氏:
プラでは妙技水道でアシ際にエビや小魚が多く好感触(47cmキャッチ)を得ており、優勝ラインは4kgと強気の予想。当日は妙技水道までの長距離移動を敢行し、センコー、グリフォンゼロ、D-ZONE3/8ozをローテーションするも撃沈。

2011XIMG_4716



◎真下氏:
プラは3回。常陸利根川で950、1200gの2本。妙技水道で600g、横利根川で500,500,450g。フォールスピードで違いが出るためウェイトを調整しながら出した答えは3.5gテキサスの3’パワーホグ。当日、良いエリアはプレッシャーが高くなることを予想し、妙義水道までの人が少ない広いフラットの浅いアシに点々といる魚を拾い釣りする作戦。
・・・で撃沈。

2011XIMG_4699




参加された皆さん、お疲れさまでした!

さて、トトカルチョの結果は井上氏が見事的中! 
出場者のお気に入りルアーが揃った豪華セットをお贈りします。おめでとうございました。




*************************
これで2011年度のF.B.I. FLOATERMASTERSトーナメントが全て終了しました。運営に携わった皆さん、出場された皆さん、本当にお疲れ様でした。今年は新規に参加された方々も多く、新旧様々な活躍がありました。
また来年も「楽しく」「真剣に」フロータートーナメントを開催しますので、皆さんとまた元気に会えることを楽しみにしています。興味のある方々は気兼ねなくご参加ください。
バス釣りのシーズンはまだまだ続きます。
それでは良い釣りを!! 




DSC_0820_3

~結果~
優勝:細貝浩一 3本 2175g
2位:川村俊明 2本 2165g (BF:1600g)
3位:栗本雅博 3本 1950g
4位:長谷川和雄 3本 1940g
5位:藤井将之 3本 1760g


以下NF





【F.B.I.事務局】

2011フローターマスターズクラシック案内&豪華賞品が当たるトトカルチョ!!

2011年のトーナメントトレイルは長谷川氏の3度目のフローターマスター獲得で幕を閉じました。そして一年に一度、今年活躍した選手のみが招待される栄誉ある大会、フローターマスターズクラシックが10/16(日)霞ヶ浦の牛堀エリアにて開催されます。



USHIBORI













~開催概要~
開催日 :2011年10月16日(日)
開催場所:茨城県 霞ヶ浦(牛堀エリア)
参加費 :※招待選手のみ
受 付 :AM5:30
スタート時間:ノンオール艇:AM6:30、 オール艇:AM7:30
帰着時間:PM 14:30

参加予定の選手の皆様、今年最後のイベントを楽しみましょう。
禁止エリア等の詳細はメーリングリストでご案内いたします。






・・・さて、今年もやりますよ。アレを。。。


優勝者を予想し、豪華賞品をゲットしよう!!
優勝者・優勝ウェイトの両方を見事に的中させた方には、協賛品を山分け。
「どうせ今年の賞品の残り物でしょ」・・・ですと?
まあ、、、少しだけ当たってます。。。
今年はクラシック出場者から一人一個、お気に入りルアーを没収し賞品にします!
出場者の皆様、没収ルアーの準備をお願いします。

予想するのは、「優勝者」と「優勝ウェイト500g単位」で。
ウエイトは端数切捨てで読んでください。
例)トータル2200gの場合、2000g。
  トータル2920gの場合、2500g。

 

■応募方法:このブログのコメント欄に、賭けた人が分かるように記入ください。
     優勝者名はフルネームで、応募はお一人様3口まで
■締め切り:大会前日10/15まで
■発表:試合後にこのブログでお知らせします。
■応募条件:過去にFBIの大会に参加したことがある方、もしくは来年参加しようと思っている方々。
■参加費:無料


自分で自分を予想するのはOK。上位の選手に手堅く票を入れるのもヨシ、賭けていく状況を見ながら投票してもヨシ・・・ですが、賞品の山分け優先権は賭けた先着順となります。出場する選手は人気投票ではないのでご心配なく(笑)。


さて、今年のクラシック出場者をご紹介いたします。
拍手!! 


~選手紹介~

 

■年間ランキング1位
長谷川和雄
主なタイトル:2007,2010,2011フローターマスター、2007,2008クラシック優勝
2011主な戦績:第2戦 牛久沼優勝、第4戦 秋元湖優勝、第5戦 霞ヶ浦(土浦)優勝)
愛艇:ブロンコエクストリーム9feet(Backs Bag's)改 グレー01_hasegawa















2007年のダブルタイトル、2008年のクラシック制覇、2010年、2011年連続でフローターマスター獲得。現在FBI史上最多のタイトルホルダーである彼を例えるならば、『フローター界のケビン・バンダム』。今期も3勝を挙げ、おそらくこれからしばらくの間『最強』の座は揺るがないであろう。彼の強さを語るとき、抜群の移動距離と巻物を軸にしたストロングパターンにスポットが当たりがちだが、むしろ、大会当日に最高のパフォーマンスが出せるよう調整されたプラクティスをベースに、当日のわずかな変化に気づく身体のアンテナこそが真の強さの所以である。またフックやライン、細かなパーツに至るまで人一倍細かく気遣う。一流アスリートは口をそろえて言う。「天才は努力の積み重ねでしかない」と。彼に気遣いの集積と毎日の鍛錬が見えるから周囲から賞賛されるのだろう。クラシックも当然『最有力候補』であることは間違いないが、ウキ釣りをしていても「ウキが立つまで待てない」というのは、、、どうかと思う。




 
■年間ランキング2位
藤井将之
主なタイトル:2005フローターマスター、2004,2009クラシック優勝
2011主な戦績:第1戦 河口湖優勝、第3戦 桧原湖A,B優勝
愛艇:ヘンリーズフォーク10feet(Backs Bag's)改 シルバー
02_fujii














私です。昨年に続き『年間ランキング2位』獲得。・・・はたして何度目の年間2位だろうか?今年は納得の結果を残せたものの、終わってみれば長谷川氏のドラマを盛り上げた「最高の脇役」だった。しかし、クラシックは何が起こるかわからない。一歩前に出て「空気の読めない脇役」として『最強』を苦しめることを約束する。


 



■年間ランキング3位
城川晃邦
主なタイトル:2010クラシック優勝
2011主な戦績:第5戦 霞ヶ浦3位
愛艇:ブロンコ・エクストリーム9feet(Backs Bag's)改 ライトグレー
03_shirokawa













長谷川氏と並び『FBIのツートップ』とも称される城川氏。巻物を中心としたストロングパターンだが、長谷川氏の釣りを『動』とするならば、城川氏の釣りは『静』。回遊エリアとその周囲でレンジやスピード、ウェイトなどの調整を加え魚と出会う確率を上げてゆく。
今年は「城川氏らしい魚」と言われるビッグフィッシュを見る機会が少なかったが、最終戦を終えて、年間3位にまとめ、7年連続でクラシック出場となる安定感は流石といったところである。大会以外でも琵琶湖や八郎潟などの遠征を積極的に行い、未知のフィールドにおいても短時間でビッグフィッシュへの答えを導き出す洞察力は群を抜く。
巻物の秋、得意とするクランクが火を噴くか? 大舞台を前にしてすでに風が城川氏に向けて吹いている。今期のクラシック、ディフェンディングチャンピオンとして挑戦者を迎え撃つ。

 

 
■年間ランキング4位
川村俊明
主なタイトル:2009フローターマスター
2011主な戦績:河口湖戦4位、霞ヶ浦戦4位
愛艇:リオ・ディアブロ10feet(J.W. outfitters) 緑
04_kawamura














F.B.I.の門を叩く人にとって、まず第一に印象に残る選手の一人ではないだろうか。すべての生き物を大事にする姿勢は尊敬に値し、我々釣り人は数多いる動物の単なる一種に過ぎず、自然界においては何者でもないことさえ感じさせる空気感を醸し出す。
現在はF.B.I.の副代表を務め運営に携わるが、今期の成績は彼の実力から見れば不振とも言え、「運営に携わると成績を残せない」というFBIのジンクスが彼に影響しているのかもしれない。しかし舞台は秋の霞ヶ浦。「優勝」しか価値のないクラシック。カバーフィッシングにおいてFBIでは右に出るものがいない彼が、爆発力という点において長谷川氏に次ぐ有力候補と言えるだろう。一昨年前、最終戦となった秋の霞ヶ浦で長谷川氏とマスター争いを演じ、ビッグフィッシュ獲得と共にこの年のマスターを決めた試合が記憶に蘇る。今回は運営を忘れて思う存分暴れてほしい。

 

■年間ランキング5位
宮崎幸治
愛艇:JU-3C(JOYCRAFT) グリーン05_miyazaki














「高い報酬を払うと、どんなターゲットも狙ってくれそう」というイメージのスナイパー宮崎氏。抜群のキャッチ率を誇り、特殊な状況にならない限り宮崎氏がNFになることはありえない。ポンツーンを選択せず、あえてノンオール艇で早出出勤する戦略は周囲の選手にとって最も脅威となっている。スナイパーとして今期も当たり前のようにクラシック出場というミッションを終了した。
とあるスナイパーには『俺の後ろに立つな』という格言がある。
私からも強く言う。「彼の後ろに立ってはならない」。なぜならそれは進行方向だから、釣りの邪魔です…。

 




■年間ランキング6位
富永裕一
2011主な戦績:牛久沼3位
愛艇:フィッシュキャット パンサー9feet(Outback) 赤
06_tominaga














福島県南相馬市在住の富永氏。今年3月11日、歴史的被害を受けた東北地震の被災地から第二戦以降の大会をフル出場。本来、釣りができる状況ではなかっただろうが、心配の声に対し「自分にとってFBIは趣味を超えている」と話していたことが印象的だった。その思いは結果として残り、自身最高位となる年間ランキング6位に着けた。今も福島エリアの釣り情報をFBI公式ブログで書き綴っており、彼が優勝候補に挙がる真野ダムを始め、三春ダムやその他の釣り場でも、以前と変わらずに大会を開催できることを願ってやまない。

 

■年間ランキング7位
細貝浩一
愛艇:JR-2C(JOYCRAFT) 赤
07_hosogai














今期、安定した成績を残しクラシック出場を決めた細貝氏。近年のFBIでは一級ポイントと言われる場所がスタートエリアになることが多いことから、ノンオール艇が安定した成績を残す傾向が見られる。そのなかで宮崎氏と並び脅威となっているのが細貝氏である。彼のステージはバンクとバンクからやや沖のブレイク。シャローのフィーディングバスと、ブレイクの回遊バスが対象となる秋の霞ヶ浦においては、状況が彼の釣り方にフィットしたときビッグタイトル獲得というのも現実味を帯びてくるだろう。

 

■年間ランキング8位
栗本雅博
愛艇:zepherboat08_kurimoto














今期よりFBIに参戦し、参加1、2年目の選手を対象に最も上位にランクした選手に送られる「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を獲得。なんとフローターにローランスのストラクチャースキャン(サイドビュー)を搭載している情熱は今期成績にも比例し、上位入賞を3度獲得してクラシック出場を決めた。彼の釣りスタイルは他の選手にとって未知数。FBIトーナメントの開催地では霞ヶ浦が最も得意と話す彼が今回のダークホースといっても過言ではない。「サイドビューの使い心地はどうですか?」の問いに「(自分の)フィンが映る」というのがなんとも微笑ましい。

 

■年間ランキング9位
真下桂一
2011主な戦績:河口湖戦3位
愛艇:ブロンコエクストリーム9feet(Backs Bag's)改 グレー09_mashimo














今から15年ほど前、高校生のときからFBIに参加していた真下氏。今やFBIには欠かせないムードメーカーであるが、ベテランの域に達しているその腕は折り紙つき。一時、トーナメントから遠ざかったものの復帰してすぐの優勝という事実は強く記憶に残っている。
さらにその優勝した舞台は、今回のクラシックの舞台と同じく霞ヶ浦の牛堀エリア。季節は違えど相性の良いこのエリアでどのような結果を出すか見所の一つである。トーナメント以外でも渓流釣りなどに傾倒し、釣りを心底楽しんでいる様子には学ぶべきところも多く、誰にでもフレンドリー。FBIに興味のある方はMIXIで彼にアクセスしてほしい。




投票の締め切りは10/15まで!!

(F.B.I.事務局)

記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ