2012年05月

2012 F.B.I. フローターマスターズ 第二戦 秋元湖

2012年5月20日(日)、福島県秋元湖にて2012 F.B.I. FLOATERMASTERSトーナメント第2戦が開催されました。

秋元湖では暫定基準値を超える放射線量が確認されており、国からウグイ・ヤマメ・イワナなどの採捕制限が発表されています。それを受け、猪苗代湖・秋元湖漁協からはそれらの魚種について採捕禁止の指示が出ています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000295nw.html

ブラックバスは制限の対象には入っておらず、自己判断の上で釣りを行うよう話を受けておりますが、F.B.I.では、この地域においてバス釣りが重要な観光資源の一つと捉え、今後に向けて地域に対し偏った解釈を生まないよう、例年通り、大会を開催させていただきましたことをご報告いたします。

農林水産業関係者、並びに釣り禁止を余儀なくされている他魚種のアングラーの方々の心中お察しするとともに、少しでも早い回復を祈るばかりです。

今回の大会では、これまでの大会でスタートエリアとしていた大倉川の河口エリアが雨や雪代による大増水により水没していたため、開催直前に急遽スタートエリアが中津川ワンドに変更になりました。

雪代の影響でインレット付近の水温は低く、低いところでは5℃以下。強い濁りが入っているエリアもありました。インレットから離れると水温は10℃前後あり、場所によって日中は12℃ほどまで上昇したものの、シャローにはベイトを含め全く魚の気配がない状況。プラに入った選手たちも皆「渋い」と口を揃えるタフコンディションに厳しい大会が予想されました。

今大会のエントリー人数は31名で、オール艇が28艇、ノンオール艇が3艇のエントリー。朝晩の気温差が大きいこの時期、大会当日の朝の気温も3℃と冷え込みましたが日中は晴天無風の汗ばむ陽気となりました。


XIMG_9607
大会の朝の湖はライズもなく静まり返り、湖面は鏡のようだった。









XIMG_9835
東北から初参加の岡田氏(左)
これからもよろしくお願いします。








結果、31名中魚をキャッチできたのは4名という、当初の予想通り厳しい大会となりましたが、一時的に風が吹いたタイミングを逃さず食い気のある魚をキャッチできた選手、もしくはルアーの色やアクションで食い気のない魚に口を使わせることができた選手のみが見事魚をキャッチしました。


XIMG_9771
東北メンバーの一人、鈴木(智)氏も貴重なナイスフィッシュをキャッチした。




















3位は、昨年度のフローターマスターの長谷川氏。ウェイトは2本で1305g。
前日プラの際に、自身の春の定番メソッド「シャッドの鬼ジャーク」で800gのナイスフィッシュが獲れたが、大会当日は風もなくベイトのポジションも変わっており同じ釣りでは反応がなかったため、そのパターンは活きていないと判断。一時的に前日とは逆の風が吹いたタイミングを見逃さず、あえてプラで反応が悪かった岬を攻めたところ短時間の間に見事2本をキャッチした。ルアーはパワーダンクで、アクションは水深3.5mをボトムノックさせてのタダ巻き。
相変わらず良く釣るこの男。今年もフローターマスターの最有力候補の一人であることは間違いない。



XIMG_9782










2位は、上位入賞の常連、菊地氏。ウェイトは2本で1385g。
釣ったエリアはダムサイト近くの島周り。ザッカーを四方八方に投げて時折ポーズを混ぜたショートトウィッチで中層を攻め、ビッグフィッシュ830gを含む2本をキャッチした。釣れたのは長谷川氏と同様、風が吹いたタイミングだったようです。今回もいつものごとくプラ無しで大会に臨んだが、このタフコンディションの中でも相変わらずの釣果、本当にお見事でした。
詳細を聞いてもいつも「適当」と答える菊地氏ですが、その「適当」は菊地氏の天性の魚を探す感覚があってこそ、ということに気づいていないのは本人だけのようです。次戦以降も「適当」に上位入賞を繰り返してくれることでしょう。



XIMG_9799










優勝は、このタフコンディションの中で唯一リミットを揃えた城川氏。ウェイトは3本で1590g。
釣ったエリアはプラで魚をキャッチしていた小野川発電所の流れ出しの出口部分。水深2mから4mに落ちるブレイクの2.5~3m付近を攻め、1本の入れ替えを含む計4本のバスをキャッチした。使ったルアーはダブルクラッチ。プラで反応のあったアユカラーに全く反応がなかったため、風がなく食い気のないバスに口を使わせるためにキンクロにカラーチェンジ。また、一定のレンジをキープすることでミスした魚が追い食いしてくることを見極め、強いジャーキングで浮き上がったルアーを沈めつつ一定のレンジを攻めるためにルアーにシンキングチューンを施すほどの徹底ぶりで見事この超タフコンディションを制した。
巻物メインの強い釣りを展開しつつも年々安定感が増している城川氏。2010年度にはクラシックのタイトルを獲得しており、今年度は3位に入賞した初戦に続く優勝で一気にポイントリーダーとなり、残るフローターマスターのタイトルを射程距離内に捉えた。今年度、最も注目すべき選手の一人だ。


XIMG_9803










<成績表>
ビッグフィッシュ賞:830g(菊地昭彦)


優勝: 城川晃邦 1590g/3本
2位: 菊地昭彦 1385g/2本
3位: 長谷川和雄 1305g/2本
4位: 鈴木智之 785g/1本

以下、27名ノーフィッシュ



XIMG_9839











<年間ポイント 第二戦終了時>

2012-05-31_125445












次回 フローターマスターズ第三戦は6/17(日) 山梨県 山中湖で開催されます。
多くの方のご参加をお待ちしております。



report & photo:T.Kawamura

2012 F.B.I. フローターマスターズ 第一戦 霞ヶ浦(土浦)


2012年4月22日(日)、2012年度の開幕戦となるF.B.I. フローターマスターズトーナメント第一戦が茨城県霞ヶ浦(土浦)にて開催されました。
霞ヶ浦のバス釣りを語る上で外すことができない土浦エリア、ここは昨年末の最終戦につづき2回目の開催となります。西は兵庫、名古屋、北は山形、宮城から参戦し、懐かしい面々と再会を楽しみました。また、昨年から新規参加者も増えており、今回も4名の新規参加の方々を迎え、FBIにとっても新旧メンバー合わせて新しい時代を感じさせる大会となりました。


<受付の様子>
DSC_6359_RDSC_6361_R
AM4:30受付スタート。まだ辺りは暗い。
昨年の年間ランキングを表示したステンレス製ゼッケンプレート、
フローターマスターとクラシックチャンプにもチャンピオンプレートが配布される。

DSC_6366_RDSC_6370_R
初戦の朝の受付は、選手との再会が楽しみな瞬間。



DSC_6385_RDSC_6393_R
朝のミーティング。当日のルール説明が始まる。





今大会の霞ヶ浦は震災復旧工事などから水位は減水傾向にあり、試合当日まで雨が少なかったことも一因して平常水位より大幅に減水している様子。水温は2週間前まで10℃前後だったものの、一気に春めいた暖かい日が続き14℃まで上昇。スポーニング時期の満月ということもあり好転が期待されたものの、各流入河川からはやや白く濁った薄茶色の水が入り、前日の暴風に見舞われたスタートエリアの水は土色に濁り、水面には生命感が感じられないといった状況。
プラクティスに入った選手からもごく一部の選手を除き、反応が鈍いという話が聞こえ、厳しい大会になることが予想されました。


DSC_6380_RDSC_6417_R
準備時間。
FBI副代表の川村氏(中央)は名古屋からの参戦。
金曜日朝からプラクティスで霞ヶ浦に入り、土曜の朝、仕事で名古屋に戻り、
日曜朝に霞ヶ浦の大会に参加し、夕方から名古屋に戻るスケジュール。
のべ4日間ほとんど寝ていない計算になる。
一体、どういう体力・精神力をしてるのか・・・。宇宙人とのうわさもある。
開通したばかりの新東名高速には「もう飽きた」そうです(笑)。


DSC_6414_Rノンオール艇の準備。宮崎氏
DSC_6413_R大型のタックルケースを積む菅谷氏
DSC_6415_R昨年のクラシックチャンプ細貝氏は新艇を導入。



今大会は参加者33名、うち新規4名。
ノンオール艇が4名、オール艇29名がエントリー。ノンオール艇が5時半、オール艇が6時半のスタート。ウェイインは13時半。大会当日はくもり、無風。10時頃から天候がくずれ南東の風が吹きはじめました。


<AM5:30 ノンオール艇スタート>
DSC_6418_R

IMG_9239男の背中。村田氏




<AM6:30 オール艇スタート>
DSC_6437_Rスタートコールを待つ選手たち
DSC_6451_R山岸氏とホシシ
DSC_6452_R富永氏と長谷川氏
DSC_6456_R宇宙人カワムラ氏はスタート時刻にキッチリスタート。24時間年中無休である。

DSC_6440_R動画撮影をする井上氏。PVありがとうございます。
DSC_6438_R長谷川氏と藤井氏(ワタシ)
DSC_6457_Rオール艇のスタート!
IMG_9193オダを釣るエビオダ氏・・・いや、エビオダを釣る小田氏。


IMG_9196沖のブレイクを狙う土野氏
IMG_9205初参加の滝本氏


IMG_9208前日に2kgオーバーをキャッチした川端氏

IMG_9210FBI公式ブログでお馴染みの富永氏


IMG_9229昨年度フローターマスターの長谷川氏は石積みエリアで早い釣りを展開。

IMG_9236IMG_9241
スタートエリアのシャローはこの日、生命反応ゼロ。沖のブレイクに浮く鈴木氏と栗本氏。


IMG_9254公式ブログでは琵琶湖を紹介。小田氏。


IMG_9256マッディレイクだと元気がない(笑)ホシシ

IMG_9257アシ撃ち職人もこの日は沖に、飯塚氏

IMG_9243IMG_9264
IMG_9265IMG_9269






<PM13:30 ウェイイン>
スタートエリアはこの時期、好条件のエリアですが、この日は減水と水質悪化が原因して、ほぼ壊滅状態。ウェイインでの帰着申告は「NF」という選手が多く、エリア選択が明暗を分けました。



それでは、上位3名の発表です。
今年から上位のパターン解説時には実際に使ったタックルを持って細かい部分まで説明し、根掘り葉掘り聞かれるシステムになり、上位入賞者には厳しい表彰式になりました(笑)。

IMG_9273
IMG_9275
IMG_9284入賞者のパターンを熱心に聞き入る選手たち

IMG_9270





3位は、昨年秋の霞ヶ浦戦で3位獲得した上位入賞常連の実力者、城川氏。ウェイトは2本で2165g。

_DSC3492_DSC3561

マルトボート前のブレイクに絡むストラクチャーをフラットサイドクランクで攻め、2本をキャッチ。マルト前のジャカゴエリアは人気スポットで、入れ替わりで入るボートがテキサスリグを撃っていることから、「テキサスリグのフォールを見慣れてしまっている」と判断。クランキングによるキャッチに周囲を驚かせました。お立ち台でのパターン解説ではクランキングの使い分けについて話があり、選手たちは興味深く耳を傾けていました。
【使用タックル:ロッド:ノリーズ、リール:シマノ アンタレスDC7】








2位は、霞ヶ浦でタフコンディションと言えばやっぱりこの人、今大会優勝候補の一角であった保坂氏。3本2385g。
_DSC3498_DSC3574

スタート後、周囲の動きを見ながらのんびりとスタートする姿は今年も健在(笑)。周囲から『裏道のホサカ』と称されるとおり今回も誰も入らないであろう川尻手前にある膝丈のスーパーシャローからテキサスリグで3本のリミットメイク。使用したルアーは4インチパワーホグのテキサスリグ。周囲が持ち込んだ魚に比べやや黒く、やせていることから、今回の釣りもやはり裏道であったことがうかがえました(笑)。今年の活躍が期待される保坂氏。マスター争いに向けて好発進をきりました。
【使用タックル:ロッド:イマカツ テムジン、リール:ABU モラム】








そして優勝は、藤井氏(ワタシ)です。今大会のビッグフィッシュとなる1840gを含む3本で4060g。
_DSC3508_DSC3590

IMG_9218IMG_9225

キャッチは桜川河口の石積み全域。使用したルアーは0.5-1.5mでベビーシャッド50(ライムチャート)とザッカーで2本、それ以深をドライブクロー3インチ(モエビ:チャート染め)のダウンショットで2本。プラクティスではスポーニングステージがシャローではないところでも行われていたことから、0.5mから3mまでにある沈み岩をマーキング。天候や風の変化に合わせてレンジを変えてリミットをそろえました。「霞ヶ浦の試合中に3本4kg」は自分の目標でもあったので非常に満足です。
とくに!昨年チャンプの長谷川氏には昨年の最終戦、桜川で完敗しマスター争いに敗れていたので、今大会、目の前で入れ替えできてスッキリ(笑)。
【使用タックル:ロッド:クライストクロス、リール:シマノ コンクエストDC100】






<成績表>
ビッグフィッシュ賞:1840g(藤井将之)


優勝: 藤井将之 4060g/3本
2位: 保坂政博 2385g/3本
3位: 城川晃邦 2165g/2本
4位: 山岸準 1045g/1本
5位: 長谷川和雄 985g/1本
6位: 古瀬義久 935g/1本
7位: 菅谷武志 890g/1本

以下、26名ノーフィッシュ




<年間ポイント 第一戦終了時>
point120422















<大会動画>




入賞された皆様、おめでとうございました。
次回 フローターマスターズ第二戦は5/20(日) 福島県秋元湖で開催されます。
また、みなさまとお会いできることを楽しみにしています。






report:M.Fujii
photo:T.Kawamura & H.Oda & Y.Saka
movie:T.Inoue

2012 F.B.I. フローターマスターズ 第2戦【秋元湖】のご案内

※湖の増水により、当初のスタート場所が使えず、下記の場所に変更させていただきます。参加される方々はご注意ください。

2012年フローターマスターズの第2戦は早春の裏磐梯。
今回は5月20日(日)に秋元湖で行われます。 スタートエリアは『大倉川河口』。
大倉川はヤマメなども生息する清流で、河口でも大型のイワナなどが外道で釣れる贅沢なロケーションです。
まだ寒さが残る裏磐梯エリアですが、ときおり狸や熊など野生動物が出てくるような大自然の中に身を投じれば、仕事のストレスも忘れて、良いアイデアが沸いてくるかもしれません。
皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

XIMG_2047

XIMG_2160



~2012 フローターマスターズ 第2戦【秋元湖】開催概要~

開催日 :2012年5月20日(日)
受 付 :AM4:30
スタート時間:ノンオール艇:AM5:30、オール艇:AM6:30、ウェイイン:13:30
開催場所:福島県秋元湖(中津川ワンド

※増水によりスタート箇所の変更をさせていただきます(5/15変更)。
当日のスタート場所は北岸にある『中津川ワンドの最奥』となりますので
参加される方はご注意ください。

start



  





     
参加費:¥4,000  ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
      ※ノンオールの方は、受付・ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。



  ◎釣り禁止エリア
 ・ダムサイト、ブイの内側【進入禁止】
 ・発電設備周辺 ブイの内側


 
 ◎注意事項
 寒さ対策を十分に。
 


フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。
なお,エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは,frogman_fbi@floaters.jp(担当:川村)まで宜しくお願い致します。
当初、この日の開催地を「三春ダム」としておりましたが、「秋元湖」に変更いたしましたのでご注意ください。

*************2012.05.09追記***********

エントリー〆切は5/17(木)の正午とさせていただきますので、参加予定の方はお早めにfrogman_fbi@floaters.jp(担当:川村)までよろしくお願いいたします。

なお、エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。

氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):

※初戦に参加された方は名前だけ連絡いただければ結構です。
内容に変更がある場合にはご連絡お願いいたします。


(F.B.I.事務局)

記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ