2012年06月

2012 F.B.I. フローターマスターズ 第3戦【山中湖】  大会結果

2012年6月17日(日)、トーナメントも中盤に差し掛かり、いよいよバス釣りの本格シーズンに突入。
迎えるトーナメント第3戦は、FBIではレギュラー戦2回目の開催となる『山中湖』。

霊峰富士山の麓に位置し溶岩帯が多く地形変化に富んだ天然湖であります。
山中湖では定期的に放流をおこなっており、大会における釣果も放流のタイミングに大きく左右されることでも知られています。
近日の放流では2週間前に行われていたものの、事前情報では「難しい」「ほとんどがキーパーギリギリ」との声も。
比較的安定した「放流バス」を狙うか、「ネイティブ」と呼ばれる大型の個体を狙うか選手の狙いが大きく分かれた様子でした。


DSC_0065_R大会前夜の宴。「嵐の前の静けさ」だ。

DSC_0073_R翌朝は大嵐。ミーティング時には風が徐々に穏やかに。

DSC_0097_R大風が大会本部のテントを破壊・・・。

DSC_0084_Rスタート前、徐々に青空ものぞかせた。



今回の参加者は23名。うちノンオール艇が7名のエントリー。

当日の水温は18℃前後。
スタートエリアが好スポットとなったため、1時間早くスタートできるノンオールを選択する選手もいつもよりやや多め。
ノンオール艇が5時半、オール艇が6時半のスタート。
ウェイインは13時半。大会当日は雨から快晴へ。南南西の風。


山中湖は高地特有の変わりやすい天候で、大会当日の朝には強風と大雨にさらされる嵐となり、スタート遅延の検討もされましたが、メンバーの日常の行いが良いせいか(?)スタート前には一気に快方に。
強い風が残るものの、スタートエリアに向かう風のため定刻通りのスタートなりました。

DSC_0090_RAM6:30 ノンオール艇のスタート

DSC_0087_R護岸で跳ね返る波が怖い。

DSC_0128_Rオール艇の準備。古瀬氏と栗本氏。

DSC_0127_Rシャッド使いの菊地氏。

DSC_0119_Rスタート前のタックルチェック?真下氏。

DSC_0093_R波も徐々に穏やかに。

DSC_0120_Rオール艇のスタート前。富永氏。

DSC_0122_R昨年のチャンプ、長谷川氏。

DSC_0144_R伊藤氏と藤井氏(私)

DSC_0141_R東北メンバーの滝本氏

DSC_0138_R今大会優勝候補。真下氏。

DSC_0136_RBasser Allstar Classicのプレス常連。飯野氏。

DSC_0134_R昨年秋のクラシック(山中湖戦)を制した城川氏。

DSC_0131_R曇りの日には黄色の艇はよく目立つ。保坂氏。

DSC_0171_Rゼロ戦がトレードマークの菅谷氏。

DSC_0173_Rノンオールを選択した荒木氏。

DSC_0166_R現在、ルーキーオブザイヤー最有力か。古瀬氏。

DSC_0158_R赤のコーディネートが絵になる。飯塚氏。

DSC_0151_R最近、サイドビューを積んでいない?栗本氏。

DSC_0149_R「クリアレイクは落ち着く」 ホシシ。

DSC_0147_Rスワンボートをプレーニングできる脚力(笑)。伊藤氏。

DSC_0187_Rにこやかにキャッチ。スナイパーのひとときの幸福。ゴルゴ宮崎氏。

DSC_0210_R大会終盤には富士山も顔をのぞかせた。








~ウェイイン~


23名中、10名のウェイイン。
かなり厳しくなることが予想されていたもののまずまずの釣果。
ウェイイン会場が観光エリアであることから通りがかりの人たちが足を止めてギャラリーとなり、
女子大生から黄色い声援があがる華やかな雰囲気のウェイインとなりました。


DSC_0279_R女性がいるウェイイン。いつにない雰囲気・・・。


DSC_0255_RDSC_0251_R

DSC_0274_RDSC_0266_R

DSC_0265_RDSC_0262_R





それでは、上位3名の発表です。

3位は3本960g。
FBIの大ベテラン吉川氏が、ノンオールを選択しスタートエリアをじっくりと釣り込んでの3位入賞。
DSC_0280_RDSC_0303_R

DSC_0337_RDSC_0031_R


プラクティスの段階から同じ釣りでネイティブと放流が混ざることから、特に狙いを定めず放流を釣っていてネイティブが混ざれば…といった戦略でリミットメイク。使用したルアーはスイングインパクト3.5inch(黒)の1/8ozのジグヘッド。自身が得意とする密集したウィードにジグヘッドに引っ掛け外していく釣りを展開。ロッドはトラウトロッドに近いスローテーパーの竿を使用していた。ご本人「優勝を狙っている」との予告通り、当日も余裕のリミットメイク。安定した展開で見事表彰台に上がりました。





2位は昨年のクラシックチャンプ細貝氏。細貝氏もノンオール艇で、ウェイトは1本ながら1100g。
DSC_0288_RDSC_0306_R

DSC_0339_RDSC_0201_R


スタートエリア北側の沖合い、水深2-3mのウィード帯を中心にミニチューブのライトキャロのドラッギングでじっくりと探り、1100gのネイティブをキャッチ。ウィードに引っ掛けては外し、という動作を繰り返しキャッチした。シンカーは0.2号のガン玉を2個付け。このエリアで釣り込む選手が多い中、ライトリグを十八番とする細貝氏らしい工夫が好奏したのかもしれません。






優勝は、2本ながら1530gのビッグフィッシュを含む1735gを持ち込んだ真下氏。

DSC_0290_RDSC_0308_R

DSC_0346_RDSC_0242_R


ご本人曰く「苦手意識の強い富士五湖」で、「分からないからスローダウンしてもしょうがない。」とプラクティスの段階からハードルアーで広範囲を釣る展開に。プラクティスは2週前と1週前に入り、いずれも連日50cm前後のネイティブをキャッチ(クランク、バイブレーションによる)しており、今大会の優勝候補筆頭にも挙がっていました。
今大会のビッグフィッシュとなった1530gの魚は、連日ネイティブを釣っていたエリア(1-2m)に朝一から直行し、狙い通りバイブレーションでキャッチ。その後、デニーズ前のウィードエリア(2-2.5m)に移動しキーパーを追加した。気になるルアーと釣り方は、バイブレーション(キャッチしたのはLV500、スラバーバイブ)をボトムまで落とし、底をタタキながらゆっくりと引くというもの。F.B.I.通算2勝目となる優勝、おめでとうございました。



終わってみれば今大会はスタートエリアから多くの魚がキャッチされ、結果、ノンオール艇の活躍が目立ちました。
「朝の一時間」のためにノンオールを選択するか否か・・・こういった部分もFBIトーナメントの醍醐味のひとつといえるでしょう。
入賞されたみなさま、おめでとうございました。





<表彰式>


参加賞の賞品はじゃんけんで。
DSC_0325_RDSC_0330_R


大会に協賛いただきました 横浜サンスイ様、GILL様、柏OPA様、プロズファクトリー様、
リッジアウトフィッターズ様、TailWalk様、月刊Basser様、NIBトレーディング様に
この場をお借りして感謝いたします。





<成績表>
優勝: 真下桂一  1735g/2本
2位 細貝浩一  1100g/1本
3位 吉川博文  960g/3本
4位 富永裕一  930g/1本
5位 宮崎幸治  850g/3本
6位 保坂政博  675g/2本
7位 栗本雅博  600g/1本
8位 城川晃邦  315g/1本
9位 小田浩史  275g/1本
10位 滝本進  240g/1本


ビッグフィッシュ賞: 真下桂一 1530g 


<2012 年間ランキング ※第三戦終了時>
rank

















次回 フローターマスターズ第4戦は7/15(日) 福島県桧原湖で開催されます。
夏の避暑地で、みなさまとお会いできることを楽しみにしています。




report:M.Fujii
photo: H.Oda
movie: H.Oda, T.Inoue

2012 F.B.I.フローターマスターズトーナメント第3戦【山中湖】のご案内

トーナメントも中盤に差し掛かり、いよいよバス釣りの本格シーズンに突入しました。迎えるトーナメント第3戦の会場は、FBIではレギュラー戦2回目の開催となる『山中湖』。一見、皿池のようにも見える形ながら、霊峰富士山の麓に位置し溶岩帯が多く地形変化に富んだ天然湖であります。
山中湖では定期的に放流をおこなっており、大会における釣果も放流のタイミングに大きく左右されることでも知られています。

「放流バス」と呼ばれる養殖で育てられたバスは他の湖の食性とは異なる部分もあり、山中湖ならではの釣り方を楽しむことが出来るのも特徴のひとつ。
一方、「ネイティブ」と呼ばれる山中湖で育った個体は数少ないながらサイズが良く、養殖バスとは生態が異なり一発のビッグフィッシュが狙えることから「ネイティブ狙い」を楽しむコアなファンも多い湖です。
初夏の風が心地よい6月の観光地で、のんびりとバスフィッシングを楽しみましょう。

9825a8a2













********************************~開催概要~
開催日 :2012年6月17日(日)
開催場所:山梨県 山中湖

yamanaka









参加費 :¥4,000 ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
受 付 :AM4:30 山中湖西側交差点「明神前」北側駐車場
スタート場所:同上
スタート時間:ノンオール艇:AM5:30、 オール艇:AM6:30
     ※ノンオールの方は、受付・ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。
帰着時間:PM 13:30
********************************

●湖の利用について
◎湖のローカルルールを遵守してください。
http://www.lake-yamanaka.net/forms/top/top.aspx


◎遊漁券
大会当日分はFBIが負担。プラクティス時は遊漁券を購入ください。
各ボート屋・釣具店で購入可。


◎禁止事項:遊覧船航路、ジェットスキーのエリアなど。
   ※詳しくは上記ローカルルールを一読願います。


◎釣り禁止エリア ※下記厳守

・桟橋付近での釣り禁止。全ての桟橋より20m以内へのルアーのキャスト及び接近を禁止。
・定置網・漁業従業者の施設付近での釣り禁止。エリ・イケス・ジャンプ台等より20m以内へのルアーのキャストおよび接近を禁止。
・観光船桟橋及び観光船航路ブイの50m以内へ進入禁止及び50m以内へのキャスト禁止。
・桂川の流れ出しの外来法対策の防御ネットより20m以内へのルアーのキャスト及び接近を禁止。
・水上施設や漁具・保安区域ブイ・会場以外の桟橋・定置網等へのボート係留禁止。
・富士五湖騒音防止条例注意事項により、動力船(エレキのみの船も含む)は午前7時より航行可能とする。
・岸釣りをしている人の周囲20m、進入および釣り禁止。
※詳細は地図参照。
 

~その他備考~
・7月21日より8月31日は、保安区域内へ進入及び保安区域内へのキャストを禁止
・保安区域内のエンジン航行禁止
・平野ワンド内(湖東のブイより東側)動力禁止

 


フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。
なお,エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは,frogman_fbi@floaters.jp(担当:川村)まで宜しくお願い致します。

(F.B.I.事務局)

記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ