2013年05月

2013 F.B.I.フローターマスターズ第二戦【牛久沼 西谷田川】のご案内

今年のトーナメントもいよいよ第2戦を迎えます。
舞台は、例年最も参加人数が多い茨城県の牛久沼。

東京近郊にして豊かな自然と美しい芦原に囲まれ、古くからフローターフィールドとして親しまれてきました。









FBIでは慣れ親しんだ牛久沼。かつては西谷田川の細身橋周辺からのスタートを行っていたものの、震災後、護岸に被害を受けており、本湖スタートとしておりました。

 
そして今年。
現在では護岸の補修工事も行われメンバーが望む西谷田川開催が帰ってきました。天候や風向きによって状況が変わりやすい牛久沼のなかでも変化の境界線とも言える細見橋周辺では、上流を選ぶか下流を選ぶかが勝負のポイントと言っても過言ではないでしょう。
たくさんのエントリーをお待ちしております。

DSC_2772_R









DSC_2698_R









 


~第二戦 牛久沼~
 


開催日 :2013年5月19日(日)
開催場所:  牛久沼 西谷田川

参加費 :4,000円   ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料

受 付 :AM4:30  
スタート場所:西谷田川 細見橋上流側西岸

スタート時間:ノンオール艇:AM5:30、 オール艇:AM6:30
 
※会場のスタートエリアは駐車台数が限られております。
 当日は対岸等のスペースに駐車し、乗船してスタート地点までお集まりください。
 くれぐれも車の通行を妨げる駐車はご遠慮ください。 
※ノンオールの方は、受付・ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。




 

~スタート地点~

2013ushiku



 








 
 








 
●湖の利用について

◎遊漁券: \300/日。※大会当日分は事務局で準備いたします。

◎禁止事項:エンジン(プラクティス含む)の使用不可。

◎釣り禁止エリア :
・稲荷川 本湖一本目の橋より上流部。

・使用されている漁具




フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。


なお,エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは,floaters.jp@gmail.com(担当:神戸)まで宜しくお願い致します。
(※エントリー締め切り:5月16日(木)の正午)
 
 
 
 
エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。



氏名:

住所:

携帯の電話番号:

携帯のメールアドレス:

緊急連絡先(自宅等の電話):

※

携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。

ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。





 
 
(F.B.I.事務局)

2013 F.B.I. フローターマスターズ 第1戦【霞ヶ浦(牛堀)】 大会結果

2013年4月14日(日)、2013年度F.B.I. フローターマスターズトーナメントの第1戦が茨城県の霞ヶ浦(牛堀)にて開催されました。今回のエリアの特徴としては、スタート地点が霞ヶ浦本湖と常陸利根川の接合部であるため、どちらも狙うこともできるという点にあります。
さらに、横利根川にもオール無しのフロートで十分到達できる位置にあり、どこに行こうかと色々と悩む楽しさ(苦しさ?)があるエリアです。


トーナメント当日の天候は晴れ。朝の気温はこの時期にしてはかなり低く、前日も道路脇の温度表示が5℃となってました。天気予報ではかなりの強風になるとの予報が出ていたため、運営スタッフはトーナメント中止も視野に入れていましたが、風裏を狙えばなんとかなると判断し、予定通りトーナメント開催となりました。


大会エントリーの様子

56209f67










今回の出場者は33名。
その内の2名はF.B.I.のトーナメントに初参加(ありがたいことです)。
あ、ちなみに初参加の方は参加費0円ですので、これを見ている皆さんもぜひ!


開始前のミーティング

7ca8e71e











そして ・ ・ ・
AM5:30 ノンオール組スタート! 

6a1a8f1a









50ad439e









ab223805











AM6:30 オール有り組もスタート!

cf17ce0d










15d06f79









ce109340









7aeb9024













こちらは本湖組
開始早々風が強い ・ ・ ・

8bc9ea0b










こちらは常陸利根川
土手が風を多少遮ってくれる
 

6339b7e0












霞のバスはアシ際まで来ているか?

5722d58f











それともまだちょっと深いのか?

d8b77be4















粘りに粘るが、PM1:30となり、タイムアップ!
検量開始。さーて結果はいかに?

0c8763ff











5位の神戸氏の1本。
常陸利根川のコンクリートブロック等が沈んでいるところをサスペンドシャッド(ダンク) でキャッチ。お見事!

40d67786











4位の内藤氏。
本湖からスタート地点への帰り際に執念の粘りで出した1本。
<いい表情してますね。
 
2d992c61











そして、第3位は細貝氏! 1215g(1本)


9492cd90



















 

細貝氏はノンオールで出撃。
朝一に横利根川に入り、風が強くなる前に岸際のえぐれた所をマイクロクローラーの
ダウンショットでキャッチ。
ノンオールのアドバンテージである1時間早いスタートを見事に生かした戦略といえるでしょう。




第2位は ・ ・ ・
昨年のA.O.Y.覇者である真下氏! 2320g(2本)

 

0cce459a








プラで常陸利根川下流(スタート地点から3~4キロ)のポイント(アシ際、底にウッド カバーあり)をチェックしたところ、反応が良かったため、本戦でもまっしぐらに向かい、キャスト1発、フォール中にしとめた。 ルアーはドライブクローのテキサスリグで、前日からの感触では軽めのシンカーの方が反応が良かったそうである。2本目のパターンは、スタート地点に戻り、周りにたくさんのメンバーが居る中、チョコレート護岸に対してエバーグリーンのフラットサイドを平行引きしてあっさりとキャッチ。彼の昨年からの勢いはなかなか止まらないようである。






そして、2013年初戦の第1位に輝いたのは ・ ・ ・ やはりこの男でした!長谷川(和)氏! 
2445g(2本)g



 ea75c2fc










木曜からプラを実施し、本戦でポイントとなる可能性のあるところは全てチェックを行い、最終的には当日の風の状況も考慮して横利根川に狙いを定めることに。 本戦当日は朝から横利根川の入り口から3キロ程の地点に向かい、オカッパリが攻められないストレッチをHPFクランク(タナゴカラー)でブレイクに対して斜めに切っていく感じのリトリーブでときおりボトムにタッチさせる。 Kistler社のグラスコンポジットのロッドを使用したことで、柔らかなティップがバイトをはじくことなく、2本のナイスなバスを確実にものにしたようです。プラの徹底ぶりと戦略への結びつけ、本戦で確実に結果を出すところは、さすがとしか言いようがありません。




初参加の方々に参加賞。優先して賞品を選べるというのは初参加の特権。

840f7a5c











上位3名。笑いが止まらない様子。誰か止めて!

536ae0bf












すぐにお湯が沸く「ジェットボイル」をGET!私もほしい!
>3d5015e7























集合写真。みなさんお疲れ様でした。

45a5bfdb













なお、大会結果(順位・ポイント)の詳細は以下の通りh

edd60c10





















今大会にご協力いただきました協賛各社様にこの場をお借りして感謝申し上げます。



次回、第2戦は5月19日(日)牛久沼で開催されます。 エントリーの詳細につきましては、後日F.B.I.ホームページ(http://www.floaters.jp/)にアップされる大会案内をご覧下さい。

それではみなさん、フィールドでお会いしましょう!


Photo :T.Kawamura
Report :Y.Ito
記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ