2013年06月

2013 F.B.I.フローターマスターズ第三戦【秋元湖】の結果

2013年6月23日(日)、福島県秋元湖にて2013 F.B.I. FLOATERMASTERSトーナメント第3戦が開催されました。

数年前までのFBIには「大会の日は必ず荒れる」というジンクスがありました。しかしながら、近年のFBIは『晴れ男』が多いためか(?)比較的天候に恵まれており、今大会前にも日本列島には台風が接近しながらも、大会当日は台風の影響はなく、曇り空から時々晴れ間が覗き、絶好の釣り日和となりました。


IMG_0104



















今大会のエントリー人数は33名。オール艇が22艇、ノンオール艇が11艇のエントリー。遠方にも関わらず初参加4名の方々がエントリーされました。



~朝の受付・ミーティング~

IMG_0061_RIMG_0062_R

















前日、このあたりに熊が徘徊していたとのこと。
熊の居場所を借りて大会開催。



IMG_0071_RIMG_0064_R

















人気のない森でのミーティング。
秋元湖でしか味わえない雰囲気があり、メンバーに人気の開催地。







湖の状況はクリア。水温は19~21℃。前の週と比較すると2℃ほど下がったとのこと。また前日の激しい大雨による影響もわずかにある様子。
継続してプラクティスに入っていた選手からは、2週前と先週は、シャローにグッドサイズが差しており、3本で2kg超えというのが当たり前というほど好調だった模様。
しかしながら前日入った感じでは1週前と状況が一変。「シャローから魚が消えた」
「サイズが大幅に下がっている」「魚の居場所が特定できない」など、心理戦とも受けとれるようなネガティブな声が上がっていました。

さて、結果はいかに・・・。




~5:30 ノンオール艇のスタート~

IMG_0084_RIMG_0080_R











IMG_0078_RIMG_0075_R









クリアレイクで腰までつかる気持ちよさはノンオール艇の醍醐味


IMG_0073_R

















オール艇の選手が見守る。



~6:30 オール艇スタート~


IMG_0093_RIMG_0098_R

















左:エントリーポイントは狭いため並んで進む。
右:フィンを装着する土野氏

IMG_0088_RIMG_0096_R


















左:飯野氏のビッグライブウェル。魚にやさしい。
右:一艇ずつエントリー。写真は鈴木氏。



IMG_0099_R











IMG_0102_RIMG_0101_R









左:現在ポイントリーダーの長谷川氏
右:スモールマウス戦に定評ある滝本氏


IMG_0107_RIMG_0106_R









スタート直前。和やかながら、この緊張感がたまらない。


IMG_0113_RIMG_0109_R









左:スタート前の一服。保坂氏
右:タックル準備をする菅谷氏



IMG_0115_RIMG_0114_R









左:今回も得意のシャッドが火を噴くか? 菊地氏
右:安定した成績が定評の栗本氏



IMG_0117_R









オール艇スタート!!


IMG_0121_RIMG_0118_R









左:長谷川氏、城川氏の実力者二人が東岸を走る
右:ここから3㎞ほど離れた大倉川を目指す土野氏



IMG_0125_RIMG_0122_R









大会終了間際のスタートエリア付近


IMG_0131_R










タイムアップ!
帰着する選手たち。



~ウェイイン~

多くの選手が魚を手にすることができ、33名中26名がウェイイン。
うち11名がリミットメイク。
グッドサイズのアベレージウェイトが比較的安定していることから1400g前後での混戦状態で、そこにキッカーを混ぜた選手が上位に名を連ねました。

IMG_0158_RIMG_0154_R











IMG_0148_RIMG_0146_R











IMG_0143_RIMG_0142_R











IMG_0141_RIMG_0140_R












IMG_0137_RIMG_0135_R











IMG_0134_R













リミットメイクした選手の多くは、ワンドの出口もしくは流入河川の河口域に広がる3mより浅いフラットエリアを釣っており、ソフトベイトを使ってごくスローに釣っていった選手のスコアが安定していたようです。

さて、上位3名の発表です。



3位は、3本で1780gで藤井氏(私です)。

IMG_0160_RIMG_0055_R










IMG_0157_RIMG_0206_R










前日プラは目視で状況を確認してまわりました。結果、釣れそうなラージはいたものの、プラの時点で今回2位となった神戸氏とポイントシェアすることがわかりパス。スモールも探しましたがシャローを速いスピードで徘徊している魚はサイズが良いけど釣るのが難しい状況に苦戦。。。
大会当日に釣ったのは大倉川河口の1-3mのフラットです。前日、ルアーを追ってきて引き返すシーンを度々見ていたため、追ってくる魚をイメージしながら、自分から10m程度離れた場所まで一定のアクションをし、食わせの距離に入ったらリズムを変える方法。
釣ったルアーはダブルクラッチ95(オイカワ)と、ザッカ―(夜光貝)です。
前者は水深1~2mでチビバスを避けるため早巻き&ストップ&2ジャーク・ポーズ・回収の繰り返し。後者は2~3mをハイスピードジャークで、途中から長く遅いジャークに切り替えるという方法でした。この釣りではサイズを選べなかったので、入れ替えを繰り返しました。



2位は1360gのラージをキャッチし大会を盛り上げた神戸氏。3本で1840g。

IMG_0165_RIMG_0100_R











IMG_0217_RIMG_0172_R










現在、名古屋在住にも関わらず2週続けて秋元湖に通う熱の入れよう。プラはレンタルボート&エンジン&エレキを使って広範囲のサイトフィッシングにプラクティスの時間をすべて費やしたとのこと。過去3度フローターマスターを獲得した神戸氏の本気モードが垣間見えました。
釣った場所は第一ワンド。釣ったルアーはフラッシュJハドルのダウンショットリグ。
前日プラではバスの個体それぞれを深く観察し、そのバスがこだわりを持つ「何か」を特定し、バスが怒りだすまでその場所をとにかくしつこく攻め、嫌がるバスに無理矢理口を使わせる悪行「ろくでなしパターン」での2位入賞です(笑)。
さらに今大会でビッグフィッシュとなったラージをキャッチするまでにすでにラージで揃えていたものの、モーター音のプレッシャーからライブウェルの循環ポンプの音をOFFしたままで釣りをして、あろうことかデッドフィッシュ。その後、なんとかスモールを拾ってリミットメイク。
魚の扱いを熟知し、細やかな気遣いでデッドフィッシュとは無縁だった神戸氏だが、今回の彼らしからぬ失態を境に、「名古屋の殺し屋」と呼ばれるようになり、完全にヒール側にいったようです。。。




さて、優勝は念入りなプラクティスには定評がある星氏が3本1870gのグッドリミットを揃え、3位まで90g差という僅差で悲願の初優勝。

IMG_0145_RIMG_0233_R











IMG_0220_RIMG_0174_R










今大会も2週前から念入りなプラを行い、プラクティスの時点で連日高ウェイトだったそうで、3本2200gというのが最低ラインという好調ぶり。しかも1400gのラージをキャッチするなどキッカーを入れる目算も十分。しかしながら前日プラで一週前の状況から大きく変化しウェイトダウンしたことに戸惑いながらも、当日は絞り出すように丁寧にキャッチしなんとかリミットメイク。本人にとって不本意な結果に、ウェイイン直後は落胆の様子が隠せない様子だったものの、結果を見てみれば堂々の優勝ウェイトでした。

釣った場所はバックス前のフラットで、ルアーはAR45のノーシンカーとカットテール4‘のネコリグ。プラクティスではシャローにさしてくる魚のサイズが良かったことから1m以浅のシャローをノーシンカーリグで、ごくゆっくりと引いてくるパターン。その後、反応が悪くなり、ピックアップ時にバスが追ってきていることから横の動きにスイッチし、ネコリグをシェイクしながらリトリーブ。状況変化にも対応し見事グッドリミットを揃えました。比較的人気エリアで、かつ、ほかの人と同様のスローな釣りでありながら差が出たのはレンジの違いとバスの行動の変化に気づいたこと。プレッシャーの高いシャローの魚に対し、着水音にも気を遣い神経質になっていた魚にも口を使わせることができたのは、念入りなプラクティスの賜物といえるでしょう。
初優勝、おめでとうございました。







~表彰式~
IMG_0203_RIMG_0199_R









参加賞は上位から選ぶ方式


IMG_0195_RIMG_0187_R









右:BB賞の土野氏
左:最初に釣った1本が弱り、大会中は魚のケアに徹し870gというグッドサイズを持ち込んだ宮崎氏。



IMG_0173_R









これまでの努力を思い返し、感無量の表情の星氏。




IMG_0230IMG_0232










上位三名



<成績表>
優勝   星修二     1870g/3本
2位    神戸俊郎  1840g/3本
3位    藤井将之  1780g/3本
4位    岡本隆義  1715g/3本
5位    栗本雅博  1620g/3本
6位    舞木雅和   1550g/3本
7位    長谷川和雄  1530g/3本
8位    滝本進      1490g/3本
9位    伊藤洋治  1390g/3本
10位  岡田荘司  1345g/3本
11位  細貝浩一  1180g/3本
12位  浅沼直哉  1070g/2本
13位  荒木洋忠  890g/2本
14位  宮崎幸治  860g/1本
15位  山岸準      795g/2本
16位  鈴木康晴  790g/2本
17位  本郷政弘  675g/2本
18位  城川晃邦  675g/2本
19位  井上徹也  630g/2本
20位  保坂政博  400g/1本
21位  田村悦彦  390g/1本
22位  菅谷武志  330g/1本
23位  椎熊卓実  285g/1本
24位  飯野大介  260g/1本
25位  土野究      235g/1本
26位  鈴木智之  190g/1本

ビッグフィッシュ賞:神戸俊郎 1360g 
 
参加 33名(初参加4名)、ウェイイン 26名
 



<年間ポイント 第三戦終了時>

 

2013_3


















<動画>


 




<おまけ動画>
前日、井上氏が撮影した「産卵するスモールマウス」
http://www.youtube.com/watch?v=6uUd1O6yYNA&feature=c4-overview&list=UU7VxEaU5wgsYY4uHzH6mYVA



今大会に協賛いただきました柏OPA、プロショップGILL、テイルウォーク、プロズファクトリー、リッジアウトフィッターズ、また現地で協賛いただきました本山博之様、土野様、舞木様にこの場を借りてお礼申し上げます。


次回 フローターマスターズ第四戦は7/21(日) 福島県 檜原湖で開催されます。
多くの方のご参加をお待ちしております。





Report:M.Fujii
Photo:M.Fujii,M.Kurimoto
Movie:Y.Furuse,T.Inoue

 

続きを読む

注意_2013 F.B.I.フローターマスターズ第三戦【秋元湖】開催に関して

現在、本州南部に台風が近づいてきておりますが、大会当日は台風が抜ける見込みです。
山上の
天然湖であることから現段階の情報では開催可能と判断しています
このあとの台風の進路によっては、中止とさせていただく可能性もございます。

引き続き公式ブログ、公式Facebook、メンバーズメーリングリストなどで
ご連絡させていただきますので、今後の情報にご留意ください。


~大会前に現地に向かわれる方へ~
途中、湖岸の道は崩れやすく、途中、大雨が降ると小さな滝が発生する場合もあります。
道中決して無理せず、天候が悪化する恐れがある場合はスタートエリアに向かわず、
ダムサイト近辺など、十分に安全な場所からエントリーするようお願いいたします。 


FBI代表 藤井将之

2013 F.B.I.フローターマスターズ第三戦【秋元湖】のご案内

2013年フローターマスターズの第3戦はハイシーズンの裏磐梯。
今回は6月23日(日)に秋元湖で行われます。 スタートエリアは『中津川ワンド』。
雪解け水の流れる中津川はヤマメなども生息する清流で、夏でも比較的涼しいワンドです。

近年の秋元湖はサイズが上がっており、スポーニング前後のこの時期にはグッドサイズも期待できます。
猿や狸、熊など野生動物が出てくるような大自然の中に身を置いて、初夏のリゾート地で贅沢な時間を過ごしませんか。
皆さんとお会いできることを楽しみにしています。


b7935942









~2013 フローターマスターズ 第3戦【秋元湖】開催概要~

開催日 :2013年6月23日(日)
受 付 :AM 4:30
スタート時間:ノンオール艇:AM5:30、オール艇:AM6:30、ウェイイン:13:30


開催場所:福島県秋元湖(中津川ワンド)

秋元








参加費:¥4,000  ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
      ※ノンオールの方は、受付・ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。


 ◎釣り禁止エリア
 ・ダムサイト、ブイの内側【進入禁止】
 ・発電設備周辺 ブイの内側


 
 ◎注意事項
湖岸道路は狭く、ガードレール等もありません。がけ崩れや倒木等がところどころに見られることがありますので、夜間、車で走られる方は十分に速度を落とし、安全運転を心掛けてください。なお、スタートエリア付近にはコンビニや自動販売機などがありませんので、湖に到着する前に準備していただくようお願いします。


 

フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。
なお,エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは,floaters.jp@gmail.com (担当:神戸)まで宜しくお願い致します。


 

なお、エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。

氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):

※初戦に参加された方は名前だけ連絡いただければ結構です。
内容に変更がある場合にはご連絡お願いいたします。


(F.B.I.事務局)

2013 F.B.I. フローターマスターズ 第2戦【牛久沼】 大会結果

2013年5月19日(日)、2013年度F.B.I. フローターマスターズトーナメントの第2戦が茨城県 牛久沼にて開催されました。牛久沼では西谷田川の細見橋をスタートエリアとして毎年大会を開催していました。震災の影響で細見橋エリアの土手が崩落して以降、ここ数年は本湖をスタートエリアとして開催してきましたが、今年度は土手の補修も完了したため久しぶりの西谷田川スタートの大会となりました。

平地のフィールドである牛久沼ではスポーニングシーズンも終盤を迎えていることから、産卵直後~アフタースポーニング~回復期のバスの攻略が鍵となると予想されました。事前プラの情報では、数は出ないものの、釣れれば春らしいグッドサイズの魚が釣れていたようです。

<大会当日の状況>
参加人数:28名(オール艇21名,ノンオール艇7名)
天候:晴れ
風:南東
水位:満水
水温:22~23℃


FBI2013-2_03









前回の霞戦から参加してくれている高久氏。
FBI2013-2_04









出張で各地を飛び回っている神戸氏はレンタカーで参戦。
FBI2013-2_05









超古株メンバーの伊藤氏(左)と吉川氏(右)
FBI2013-2_09









ポンツーンボートも所有する吉川氏は今回ノンオール艇で出場。
これからの暑い季節、オール艇よりも1時間早いスタートは大きなアドバンテージだ。
FBI2013-2_10









<朝のミーティング>
FBI2013-2_06









FBI2013-2_07









FBI2013-2_12



















ポンツーンボートをキャリアに載せるF.B.I.スタイル。
街を走ると皆の視線がすごい(笑)
FBI2013-2_11









<5:30 ノンオール艇スタート>

吉川氏
FBI2013-2_14









FBI2013-2_18









FBI2013-2_27









鈴木(悟)氏
FBI2013-2_15









FBI2013-2_22









今井氏
FBI2013-2_17









田村氏
FBI2013-2_19









細貝氏(左)と宮崎氏(右)
FBI2013-2_20
 








スタートを待つポンツーンボート
FBI2013-2_13 









<6:30 オール艇スタート>

FBI2013-2_23









菊池氏
FBI2013-2_26









F.B.I.代表 藤井氏
FBI2013-2_25









結果、参加者28名中8名の選手がバスをウェイインしましたが、キャッチした全員が1本のみという、ある意味牛久沼らしい釣果となり、スポーニングに絡む魚をキャッチした選手たちは、皆、1キロを超えるグッドコンディションの魚を持ち込みました。今回の大会ではエリア選択が選手たちの明暗を分けたようで、キャッチされた魚のほとんどは西谷田川の上流部での釣果でした。

5位の栗本氏
FBI2013-2_31









4位の川村氏(私です)
FBI2013-2_34









3位は、上位入賞の常連、長谷川和雄氏。ウェイトは1本で1400g。
昨年の牛久沼戦に続き、西谷田川上流部の浚渫絡みの水深のあるアシに狙いを絞り、エスケープスイムツインのジカリグ7gのフォーリングで上を意識した魚を釣っていくパターンで魚をキャッチした。前日プラで見つけていたネストの魚も時間をかけてフッキングまで持ち込んだが惜しくもバラし、1本のみのウェイインとなった。
もはや説明無用、問答無用の強さを誇る長谷川氏。今年度もフローターマスターの最有力候補であることは間違いない。

前日プラでの長谷川氏
FBI2013-2_01









FBI2013-2_02 









FBI2013-2_32




















2位は、いつも大会のカッコいい動画を撮影、編集してくれている井上徹也氏。ウェイトは1本で1555g。
巻物メインで釣りを組み立てる井上氏ですが、今回はプラで反応を得ていた細見広場上流側の南岸のアシでテキサス1本勝負を挑み、見事ナイスフィッシュをキャッチしました。
得意ではないテキサスの釣りでしたが、エスケープツインの5gテキサスという強い釣りで見事狙いのビッグフィッシュをキャッチ。ウェイインすれば魚はデカい、セカンドビッグフィッシュ賞は数知れず・・という隠れビッグフィッシュキラーの井上氏ですが、今大会も見事にセカンドビッグフィッシュ(笑)今大会でワームの釣りに開眼した井上氏。今年のフローターマスター争いの台風の眼になることを期待しています。

FBI2013-2_29









FBI2013-2_28









FBI2013-2_30









FBI2013-2_36










そして優勝は、15年以上の歴史があるF.B.I.の創設期から大会に参加し、初代フローターマスターを獲得している生きる伝説、伊藤洋治氏。今大会のビッグフィッシュ賞となる2015gの魚をウェイインし、見事優勝を勝ち取った。
釣ったエリアは西谷田川の上岩崎橋から数百メートル下流、川のインサイド側の超シャローのアシ。誰もが見過ごすこのエリアで、プラで好反応を得ていたセンコーノーシンカーのウェッピング&ロングステイでスーパービッグフィッシュを仕留めた。一昨年の霞ヶ浦戦でも2キロフィッシュをウェイインしている伊藤氏。バスフィッシャーマンであれば、関東のメジャーレイクで、しかも大会中に2kgを超える魚を釣ってくることがどれほど難しいことかはお分かりになると思います。
雑誌などの受け売りではない、自らの長年の経験とそれに培われた直感が呼び寄せるスーパービッグフィッシュの数々・・次はどのフィールドで我々を驚かせてくれるのでしょうか。

伊藤氏の愛車とポンツーンボート
FBI2013-2_08









FBI2013-2_24









FBI2013-2_33









FBI2013-2_37









賞品のハットも狙いすましたような完璧なコーディネート(笑)
FBI2013-2_38





















<表彰式>
FBI2013-2_35









上位3名。
左から、井上氏、伊藤氏、長谷川氏。
FBI2013-2_40









参加された皆さん、お疲れさまでした!
FBI2013-2_39










<成績表>

ビッグフィッシュ賞:2015g(伊藤洋治)

1位:伊藤洋治  2015g/1本
2位:井上徹也  1555g/1本
3位:長谷川和雄 1400g/1本
4位:川村俊明  1325g/1本
5位:栗本雅博  1250g/1本
6位:内藤臣   1180g/1本
7位:宮崎幸治  555g/1本
8位:荒木洋忠  475g/1本

以下、20名ノーフィッシュ


<大会動画>



<第2戦終了時の年間ランキング>

ranking





















第3戦は、6月23日(日)に福島県秋元湖で開催されます。
牛久沼のマッディシャローからクリアウォーターのスモールマウスフィールドへ。月替わりで全く異なるフィールドでの釣りを求められるのがF.B.I.の面白いところですね。毎回異なるフィールド、季節、それに合わせたタックル・・・バスという魚の懐の深さを最大限に楽しみましょう!
 
エントリーの詳細につきましては、後日アップされる開催案内をご確認下さい。
多くの方のご参加をお待ちしています!


Movie:Y.Furuse
Photo&Report:T.Kawamura

記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ