先週の第6戦(琵琶湖)をもちまして、2014年FBIフローターマスターズの全工程が終了いたしました。
一年間にわたりご参加いただいた選手の皆さま、また、運営に携わっていただいた方々に
この場を借りて深く感謝申し上げます。

さて、
2014年の年間ランキングが確定いたしました。
と同時に、クラシック出場者も決定しています。
今年は近年稀に見る接戦模様の中で、栄誉ある権利を勝ち取ったのはどの選手か?

さあ、発表です!!


~2014年FBIフローターマスターズ 年間ランキング~
※画像をクリックし、拡大してご覧ください。

2014rank


























クラシック出場権は、下記いずれかを満たしている場合に出場権利が与えられます。

・今期のフローターマスター
・前年度フローターマスター、およびクラシックチャンピオン、
・全6戦の各優勝者
・上記を除く年間ランキング上位5名
・ノンオール出場者上位3名
・ルーキー・オブ・ザ・イヤー
(R.O.Y.が上記を満たしている場合は年間ランキングより1名繰り上げ)




~2014年度 クラシック出場者(11名)~

藤井将之:2013・2014年フローターマスター、2013年クラシックチャンピオン
      第1戦 霞ケ浦【大岩田】優勝、第5戦 秋元湖優勝
神戸俊郎:第6戦 琵琶湖優勝、年間ランキング2位
新井新也:第3戦 霞ケ浦【牛堀】優勝、2014年ルーキー・オブ・ザ・イヤー
      年間ランキング3位、ノンオール部門1位
浅沼直哉:年間ランキング4位、ノンオール部門2位
栗本雅博:年間ランキング5位
今井一行:年間ランキング6位、ノンオール部門3位
真下桂一:第2戦 三春ダム優勝、年間ランキング7位
川村俊明:年間ランキング8位
長谷川和雄:年間ランキング9位
飯塚賢一:年間ランキング10位
吉川博文:第4戦 檜原湖優勝




今年のクラシック会場は、2014年フローターマスターの藤井氏により
『牛久沼(西谷田川)』が指定されました。

苦行とも言える12月の牛久沼。。。
FBIの強者達がはたして攻略できるのか?
はたまた、クラシックの大舞台で全員ノーフィッシュという不名誉な結果を残してしまうのか?


出場できた選手も、惜しくも出場を逃してしまった選手も、
出場選手のお気に入りルアーを獲得できるトトカルチョを行いますので
皆で最後のお祭りを楽しみましょう。



【F.B.I.事務局】