2019年10月6日(日)、茨城県は霞ヶ浦にて2019 F.B.I. FLOATERMASTERSトーナメントの第6戦が行われました。
71774561_516355302481503_8016053925335531520_n



今年は第4戦が中止となり、残りはこの第6戦と最終の代替戦のみ。
いずれも霞ヶ浦での開催ということもあり、難しい展開が予想されます。
現在の年間ランキングは混戦模様で、この霞ヶ浦2連戦で連続優勝などすれば、まだまだマスターの可能性を残す選手が多数いる状況でした。

しかし自然はそんな状況はお構い無し。先月襲来した台風の影響を受け、湖の状態はかなり厳しいものに。。。
プラに入った多くのメンバーからも、全く釣れない。単発でデカイのが釣れても、再現性は無し。リミットはまずムリでは。。。
などネガティブな声が聞こえてきました。

72441154_2023445114422444_6828871810205876224_n

前日は好天。気温も30℃ほどまで上がり、夏の気配
夜は皆で飲みながらラグビー観戦!
日本代表最高です!!!

そして迎えた当日。

PA063471

PA063475

朝から強風に雨。。。
気温も前日から5℃以上低下する予報。。。
F.B.I.特有の、「試合日は荒れる」ジンクスがフル稼働

今大会のエントリーは22名。うち3名が新規の方となりました。

PA063485

新規の岩松氏&鹿又氏はフローター歴20年!霞ヶ浦がホームという楽しみなお二人

PA063487

もう1人の齋川氏は、昨年のROY、剱持亮ちゃんの後輩。厳しく育てられているご様子(笑)

ミーティングの様子
PA063476

トーナメントディレクターの伊藤氏から、禁止エリアや注意事項が説明されていく。

PA063497

ノンオール艇スタート

PA063502

1時間後オール艇のスタート。


試合の様子

received_1729498627182856

Beeの青い稲妻(笑)小熊氏はスモールの名手(上)
黒いマーカーブイになってから絶不調の細貝氏はダウンショットの名手(下)
PA063522

PA063510

初参加の岩松氏(上)と
同じく初参加の鹿又氏(下)
共にオール付きゼファーで参戦
PA063511

PA063520

初参加の齋川氏(上)と
その先輩剱持亮氏(下)
昨年のROY。今回はいかに!?
PA063518

PA063521

Beeのポンツーンに乗る会計担当の天沼氏。珍しく諦めモード?(上)
と第2戦で初入賞し波に乗ると思われていた斉藤氏はお手上げのジェスチャー?(下)
PA063506


迎えた帰着。やはり釣果は厳しく、22名中ウェイインはわずかに7名となりました。

《ウェイイン&賞品授与》
PA063554


PA063564

初参加のお三方には、粗品+ゲーリーインターナショナル(株)様からの協賛品をプレゼント

PA063565

今回は荒天の中頑張ったこともあり、全員に協賛品を配布
こういったことが出来るのも、協賛していただける各社様のおかげです!
ゲーリーインターナショナル(株)様、ありがとうございます!!!
P_20190420_090125


《7位~4位》
PA063533

received_2350810325159067

PA063563

PA063535

PA063515

PA063562

PA063537

received_530457524195072

PA063561

PA063538

received_2333143723664794

PA063560


《上位3名とパターン解説》
第3位 谷口氏
PA063542

PA063568

PA063574

今期より参戦の谷口氏。
地元茨城ということもあり、精力的にプラを敢行し初のお立ち台に!
上位陣とのプラクティスでの情報や、当日の天候、自分がコンフィデンスを持つルアーや攻め方、全てをミックスし考えを巡らせ、ノンオールながら見事に2尾をウェイインしました!
ヒットルアーはスモラバ1.4g+ディトレーター(ゲーリー)
荒天の中敢えて軽いスモラバを使い、葦際から外に漂わせるアクションで釣ったとのことでした。

第2位 荒木氏
PA063545

PA063569

PA063576

マッディシャローの打撃戦や、裏磐梯のスモール戦、様々な展開が繰り広げられるF.B.I.にあって、毎年好成績を上げている荒木氏。
一昨年、昨年は若干成績を落としていたものの、今期は初戦から好調を維持。久しぶりにお立ち台となりました!
得意のスーパーシャローの接近戦を念頭にプラを行い、1週前にエリアとパターンを発見。
ヒットルアーはエスケープスイムツインのテキサス。葦際に投げそこからスイミングという技ありの攻め方で、難しい霞ヶ浦でしっかりリミットメイクしました!

優勝 菅原氏
PA063546

PA063571

PA063580

昨シーズンから好調の菅原氏。昨年は初めてクラシックにクオリファイされると、今期は一気にマスターまっしぐら!
2勝目&ビッグフィッシュ獲得で、マスター獲得に大手を掛けました。
小野川湖での優勝、そして今回霞ヶ浦での優勝と、全く毛色の違う展開でもしっかりアジャストしてくる菅原氏。
今回は台風後の激濁りの中、バスはどこにいるのか?をしっかり考えぬき、得意の小野川中流のストレッチをチョイス。
多くの選手が同じストレッチをシェアする中でも、丁寧なアプローチでバスを絞り出し、圧巻の3kg超えを果たしました!
ヒットルアーはドライブビーバーのテキサス。バスがいるインサイドにしっかり撃ち込むことができれば、落ちパクで食ってくる。とのことでした。

《成績表》
優勝  菅原翔也 3本 3020gBF1290g
第2位  荒木洋忠 3本 2705g
第3位  谷口素之 2本 1410g
第4位  小池章良 2本 1365g
第5位  菅谷武志 1本 1040g
第6位  高久雄多 1本 720g
第7位  蔀 賛也 1本 665g
以下15名ノーフィッシュ

皆様荒天の中最後までありがとうございました!
次回の州の野原が2019年最後のレギュラー戦となります。

《集合写真と上位3名》
PA063586

PA063587


《年間ランキング》
received_774338226316214


今回の結果で、マスター争いは菅原氏と蔀氏に絞られることに。。。
蔀氏が菅原氏を抜くには、1位&ビッグフィッシュ獲得かつ菅原氏が8位以下という狭き門。
しかしいくつものドラマが繰り広げられて来たF.B.I.
奇跡の逆転AOYはあるのか!?菅原氏が突き放して圧勝となるのか!?
目が離せません!

【F.B.I事務局 】