2018年

2018フローターマスターズ クラシック【霞ヶ浦(牛堀)】結果

「F.B.Iトーナメントトレイル20周年!」
「平成最後のクラシック!」

 という節目のクラシックが11月11日(日)、霞ヶ浦は牛堀地区で開催されました。

 毎年、シーズン最後の締めの大会として行われるクラシック。
 その年の各大会優勝者、昨年のマスター、昨年のクラシックチャンプのほか、上記権利者を除いた年間上位5名までを招待選手として開催されます。
 まさに今シーズン活躍した選手達による祭典です。

 開催地は今年のマスターが指定するキマリとなっており、直前まで開催地が分からないこともまた面白さのひとつとなっています。
 そして今年の開催地としてマスターの小池氏が指定したのは。。。


【霞ヶ浦(牛堀)】!


 ちなみに昨年は三春ダム、一昨年は河口湖など、釣るのは難しいが釣れればデカい。というフィールドでしたが、とくに晩秋という時期も相まって、1本デカいのを釣れば。。。という非常にギャンブルの高いクラシック戦となっていましたが。。。

 霞ヶ浦でも牛堀エリアは、様々なファクターがあり、毎回ウェイイン率の高い場所。

 1本で2kg近いビッグフィッシュの可能性も十分!とはいえ、平均サイズ自体が大きめなので、その1本だけでは優勝できない可能性もあり、しっかりリミットを揃えつつも、デカいのを絡めていく。。。という戦略が必要になりました。。。






 さて、1週間前の予報では大荒れも想定された天気も、見事に覆ってくれて、ほぼ晴天無風の11月とは思えない夏日となりました。

 今年の夏は蚊が極端に少なくなるほどの猛暑でしたが、しだいにいい感じで秋が深まってきたかな?というところで、再び全国的に夏が戻ってきたかのような天気で、前日土曜日のニュースではなんと東京でセミが鳴いているというシーンが放送されておりました。

IMG_20181110_200533

あらきんにくマンからワインの差し入れが!! 隣はお悩み中の仏頂面(笑)

IMG_20181110_215427

 ヒデキは夜釣りでキャッツ狙い!

 前夜祭の時点で、霞名物「きんちゃく」には例年のこの時期には見られないほどのエビの姿が・・・。






 大会当日。



 まずは恒例の「トトカルチョ」用の景品提供会!
昨年の選手は貧乏人が多かったからか?中古の景品が多かった(笑)ですが、今年は新品ばかり!

 諸事情で、あらかじめ不参加が確定していた菅原氏から事前に「ジェイクロ」が提供された時点で「おおっ!」となっておりましたが、そこへ「とどまることを知らない♪ルーキー釼持」氏からまさかの「デカダッチ」が提供され、会場は早朝から大賑わいとなりました!
IMG_20181111_055018

(一昔前のメンバー達からの提供品とは趣がだいぶ変わってきました。これも時代なんでしょうか。。。)




 今回は参加資格者中、9名が参加しました。

 「今年一年の真の勝者を決定する」クラシック!
厳粛な雰囲気が漂いつつも、最後のお祭り的なノリも漂う独特の雰囲気があります!




IMG_20181111_055214


IMG_20181111_055422





 純粋にタイトルを獲りに行く釣りも良し。

 一発大物を狙って玉砕するのも良し。

 一匹、一匹のキャッチに至るまでのクォリティにこだわるも良し。

 前夜祭でキャットを釣るも良し。。。

 転んでライジャケを暴発させるも良し。。。(笑)



 トトカルチョでは、今年のマスター「マス小池氏」が強気の3500gという予想を早々と自分自身に1点賭けしてきた意気込みに釣られて、見栄ッ張りの両副代表も自身の予想を3500gにセット(笑)

 諸事情により事前プラがかなわなかった選手もおりましたが、プラができた選手はそれぞれ自身が立てた目標ウェイトに沿ったプランを組んできているようです。。。


 時刻は6時半。
 4名のノンオール組がスタートしました!

DSC_0813


DSC_0811


IMG_20181111_062616


IMG_20181111_063003


DSC_0808


DSC_0812




 続いて7時半。
 5名のオール組がスタート!

DSCF6862


DSCF6866


DSCF6868


DSC_0818





IMG_20181111_072932





IMG_20181111_072943






 朝から、水面には多種の魚が活性よく飛び跳ねている様子も伺えました!
 水温は、前日から0.5℃程落ちたものの17℃台。
 当日は、ボートの大会も開催されていたようで、特に横利根川と常陸利根川のインジェクション周辺は賑わっておりました。

DSC_0820




IMG_20181111_083744



 14時半。
 無事全員帰着!

 そして、5名がウェイインしました!





 第5位 竹部氏 1本 945g
classic08


 はるばる新潟から下道で6時間かけて当日早朝にかけつけてくれました。

 自作の「イモ改」で裏磐梯では無敵を誇る、自称「イモ派」の「イモ竹部」ですが、霞の冷たい仕打ちに合い(キャットを除く)、満身創痍で帰着に向かう途中、スタート地点近くの1級エリアでスカリを浮かべている釼持氏の釣りを盗み見て、「センコー派」に会派を鞍替え!(笑)
 これが功を奏して、終了時間が迫る13時過ぎに、ファットヤマセンコー3incのノーシンカーで見事ナイスバスをキャッチ!
 が、この行為が霞の神様の逆鱗に触れたのか?帰着して陸に上がる際にチョコレート護岸の苔に足を取られてスッテンコロリン!
 第4戦の桧原湖戦でゲットした「F.B.Iロゴ入りライジャケ」を見事に暴発させ、最後の最後まで天然ぶりを発揮しつつ、「やっぱり霞はつまらない・・・」と捨て台詞を吐きながら新潟に帰っていった「センコ竹部」でした!



 

第4位 鈴木氏 1本 1,120g

classic04

 
 一昨年、驚異の強さを見せ付けて初のマスターの座に輝いた、「世界のヤスハル」こと「タムケン鈴木」。
 彼の強さの秘訣の一つに丁寧なプラクティスがあることを私は知っている。
 往年のF.B.Iの横綱陣のマインドを引き継ぎ、勝負する以上はクォリティの高い魚を獲ってくることに誰よりも熱意をもっているからこそ、前日の夕方遅くまでしっかりプラを行ってくるというタフなところに彼の強さがあるのだろう。
 今回も丁寧なプラで絞り込んだエリアにおもむき、なかなかバイトが出ないなか、ドライブクローのテキサスで良型を持ち込んできた。
 イメージとしてはこのサイズでそろえて3500~3000g台を狙っていたことが伺えることからも、やはりマスターを獲った男の強さが垣間見えたことだろう。





第3位  菅谷氏 3本 1,760g

classic09


 完全にF.B.Iの顔となった皆様おなじみの「仏頂面」。(私がそういうキャラ
に仕立て上げたのですが・・・)
 とにかく年々強さ(仏頂面じゃないよ)が増している感がハンパない!
 
 今回は金曜日からプラ入りするも、前日までにキャッチしたのはコイとニゴイのみ。

 とにかく日に日に強さ(仏頂面の)が増している感がハンパなかった!

 当日は、2日間のプラの状況を経て、プラでは触れていなかった横利根川に入り、レッグワームの0.9gのDS(根掛かり対策)にて、ボートの大会の開会式中に目の前で超ハイプレッシャーのバスを相変わらずの仏頂面で釣り上げ見事リミットメイク!
 サイズにこそ恵まれなかったものの、今シーズン、最後の最後まで強かった仏頂面でした!





第2位  釼持氏 3本 2,195g

classic11


 霞水系、裏磐梯系、さらに河口湖でも安定した強さを見せ付けたルーキー釼持氏!
 まだまだ未知の部分が多いですが、フィールドへのアジャスト力がハンパない感があります。
 ルアーは前述のとおりイモ竹部が参考にした3incファットヤマセンコー。
 プラの時点で、葦際のエビを捕食しているバスがまだまだたくさんいることを見極め、動かし方、カラーなどを当日の状況にアジャストさせ、見事リミットを揃えて来ました!
 もっと大きなサイズのバイトも多数あったとのことで、完全にこの日のパターンを読みきっていたと言っても過言ではないでしょう!
 エリア、ルアー、釣り方ともに既に卓越したセンスを見せる釼持氏!
 惜しくもルーキーによるタイトル獲得は逃したものの、来シーズンの更なる活躍が期待されます!




優勝 高久氏 2本 2,255g

classic10


 試合が終わるたび、「どうせ俺なんか・・・」が口グセの高久氏(笑)
と、言いながら昨年は、三春ダムのクラシックを制覇し、念願の初タイトルを獲得!
 今シーズンも第5戦終了時点で自身を「不甲斐ない」と責めていた高久氏でしたが、終わってみればなんとクラシック連覇という偉業を達成してしまいました!

 そう、彼は「ウソツキ」なんです!

 彼の運営や湖上で見せる健気な姿を慮ってF.B.Iの「ミーアキャット」という愛着あるキャラに仕立てようと思っておりましたが、これからは「カワウソ高久」と呼ぶことにしましょう!(笑)

 フェイスブックや自身のブログでもサイズ感がまったくわからないバスの写真ばかり揚げるのもそんなカワウソ野郎だからこそなんですわ!

 で、今回のクラシックですが、釼持氏と同じくプラの時点で、あるエリアでエビに好反応を示すバスがいるが、これらが非常にセレクティブであることを見極め、ルアーやアクションを絞り込み、選択したのが、2.5gテキサスによる3incファットヤマセンコーのリアクション。
 とはいえ、グッドサイズのみに絞り込んだ釣りゆえにバイトは少なく、精神的にも辛かったでしょうが、自分を信じ、体力の限界まで牛堀一体を動き回り、良型2本をなんとかキャッチしてきた実力はウソ偽りのない本物のようです!カワウソだけど。。。

 本当におめでとうございます!


 
 釣りに絶対はなく、選手によってはプラで一段深いブレイク付近で良型をキャッチしていた選手もおり、こちらのパターンがハマる可能性もあったでしょうが、この日は不発だったようです。



 ということで、F.B.Iには、「やっぱエビだな」という名言が伝承されておりますが、まさに異常気象の今シーズンを象徴するような、晩秋におけるシャローのエビ喰いのバスを見極めた高久副代表のクラシック2連覇で幕を閉じることとなりました!




classic12


そして豪華クリスタルトロフィーの授与!

classic01


はいはいオメデトウ

classic07


そして小池氏には、栄光のマスターのクリスタルトロフィーが!

classic06


みんなもこれやりたいっすね!

IMG_20181111_150237


そして記念の2ショット・・・なぜか小池氏が嫌そうだ(笑)

classic15




 今シーズンも無事一年間を終えることができました。
 この場を借りて、お世話になりました関係者の皆様に感謝申し上げるとともに、参加された選手の皆様のご協力に厚くお礼申し上げます。



 来シーズンもまた、湖上でたくさんの選手とたくさんの良い思い出を作れることを楽しみにしております。
 なお、今回、トトカルチョの当選者がいなかったため、各選手から提供された賞品は来シーズンの初戦で放出予定です。



IMG_20181111_150258



IMG_20181113_115154




 表彰式終了後になんと釼持パパからモツ煮とおでんとコーヒーが提供されました!
 心もお腹も最高に癒されました!
 ご馳走様でした!





《成績表》
優勝 高久雄多 2本 2255g
2位 剱持 亮 3本 2195g
3位 菅谷武志 3本 1740g
4位 鈴木康晴 1本 1120g
5位 竹部 亮 1本 945g

他4名ノーフィッシュ



Report:Y.Shitomi
Photo:A.Koike,H.Nagato,Y.Shitomi
Special Thanks:釼持パパ,H.Araki


【F.B.I事務局 】

2018フローターマスターズクラシック案内&賞品が当たるトトカルチョ!!

2018年のトーナメントトレイルは、初戦の長門・将監が悪天候により中止。という波乱から幕を開けた。その後に続く第2戦、第3戦で長門氏が2連勝!これは今年は長門の年か。。。と思っていたが、それに待ったをかけたのが小池氏である。第2戦、第3戦ともに上位をキープ。続く第4戦、第5戦を2連勝!見事な逆転劇で自身初となるフローターマスターを獲得した!
そして年に一度、今年活躍した選手のみが招待される栄誉ある大会、フローターマスターズクラシックが11/11(日)、2018フローターマスターの小池氏の指定により、霞ヶ浦【牛堀】にて開催される。

CLASSIC2


~開催概要~
開催日 :2018年11月11日(日)
開催場所:霞ヶ浦【牛堀】(地図参照)
参加費 :※招待選手のみ(景品用ルアーの持参をお願い致します)
受 付 :AM5:30
スタート時間:ノンオール艇:AM6:30、 オール艇:AM7:30
帰着時間:PM 14:30

細かいルール等はF.B.Iルールに則ります。

参加予定の選手の皆様、今年最後のイベントを楽しみましょう。

地図
_20181031_062010

_20181031_062040

※過去の牛堀大会とはスタート場所が異なりますので、ご注意下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
以下トトカルチョの案内になります。

優勝者を予想し、豪華賞品をゲットしよう!!
優勝者・優勝ウェイトの両方を見事に的中させた方には今年もクラシックの各出場者のお気に入りルアーを賞品にします!
出場者の皆様、賞品の準備をお願いします。
予想するのは、「優勝者」と「優勝ウェイト500g単位」で。
ウエイトは端数切捨てでお願いします。

例)トータル2200gの場合、2000g。
  トータル2920gの場合、2500g。


■応募方法:この記事のコメント欄に、賭けた人が分かるように記入ください。
優勝者名はフルネームで、応募はお一人様3口まで
■締め切り:大会前日11/10まで
■発表:試合後にこのブログでお知らせします。
■応募条件:過去にFBIの大会に参加したことがある方、もしくは来年参加しようと思っている方々。
■参加費:無料

自分で自分を予想するのはOK。上位の選手に手堅く票を入れるのもヨシ、賭けていく状況を見ながら投票してもヨシ・・・ですが、賞品の山分け優先権は賭けた先着順となります。
今回、クラシックに出場できる方も、そうでない方もトトカルチョにはぜひご参加を。

投票の締め切りは前日の11/10まで!!


~参加選手一覧(敬称略)~

年間ランキング1位(2018フローターマスター)
小池 彰良(2年連続3回目)
koike_R

愛艇: デイブスカッデン カァーディアク キャニオン (Northfork Outdoors) グリーン×パープル
主なタイトル 2018フローターマスター、2015ルーキーオブザイヤー
2018年最高成績 第4戦、第5戦 優勝
2018年獲得ポイント 225pt

小池氏には多くの通り名がある。
ディスり王。セクシー小池、ネコ小池、マス小池。
それだけ多くのセンセーションをF.B.I. で起こしてきた彼。
性格は極めて温和であり、多くのメンバーよりも年上でありながら、嫌な顔ひとつせず年下の非礼(特に私からの)を受け入れ続けた。
実はF.B.I. でもっとも仕事をこなしているのは彼であり、今のF.B.I. の活動が外に発信されているのも、彼の功績に他ならない。
そして今年は念願のフローターマスター獲得を決めた。
彼の活躍を喜ばない選手はおそらくいないはず。私を除いては。。。
ここに彼の名言を記しておく。多くは私に向けられた言葉である。

「○○さんは小バスにアジャストするのがうまいですよね~。」
「外道よく釣りますよね」
試合前「頑張って下さい」(上から)
2位の時4位の選手に
「一緒にプラをして、釣りまくっていた。小バスばかりを」(上から)

まさにディスり王。
最強の毒舌がマスターに続きクラシックのトロフィーをも手に入れるのか。。。


年間ランキング2位
蔀 賛也(4年連続4回目)
shitomi_R

愛艇: ブロンコエクストリーム 9feet(Backs Bag's)フレーム改 イエロー
主なタイトル 2016クラシックチャンピオン
2018年最高成績 第2戦 準優勝
2018年獲得ポイント 160pt

黄色がイメージカラーの蔀氏。幼い頃から霞ヶ浦をホームとし、自称霞のプリンスの異名をとる。
誰よりも激務である仕事をしながら、結局毎週のように霞ヶ浦に浮く姿は、まさにモンスター。。。いや、逆モンスター。。。いや、逆さモンスター?
この時点で ぶぷっ!! と酒を吹き出した人は、F.B.I. の中でもとりわけ蔀マニアと言えるだろう。
内輪ネタはこれぐらいにし、彼の実力に触れてみたい。
釣り歴、過去の実績から見ても、間違いなく現F.B.I. では最強の実力者であり、毎年マスター候補筆頭に目される彼。自身も今年こそはマスター獲得!と思っていたことだろう。しかし今年もあと一歩及ばず、昨年同様2位となった。
そう、F.B.I. には忖度というものは存在しないのである。。。

年間ランキング3位
小熊 一弥(初)
oguma_R

愛艇: Motion 160VP (Bee boat ) スカイブルー
2018年最高成績 第6戦 優勝
2018年獲得ポイント 151pt

あまり多くを口にしない小熊氏。実は某団体のチャプター選手である。
今まではその都合から、参加できる試合のみのスポット参戦を続けてきた。
しかしF.B.I. そのものへの参戦歴は非常に長く、ベテランと言っていいだろう。
普段は自前のボートを牽引して釣りに行くことが多く、フローターは格安の某D社のノンオール艇を愛用してきた。他の選手であれば、「そのフローターちょっと危ないよ。。。」と止めるところだが、小熊氏が使うとそうは思わないのが何とも不思議である。
しかし今年限界を迎え、ついにバースト。新艇にスカイブルーのMotion を選択したのは意外であったが、その新艇を駆使しついに念願の初優勝を手にした!
そしてその勢いで悲願のクラシック制覇へ。。。
青い稲妻が霞ヶ浦を駆ける!!
フィンで。。。

年間ランキング4位
長門 秀樹(初)
nagato_R

愛艇: ブロンコエクストリーム 9feet(Backs Bag's)ブルー
2018年最高成績 第2戦、第3戦 優勝
2018年獲得ポイント 147pt

秀樹といえば、今年日本中に哀しみを与えたあのスーパースターを思い浮かべるが、F.B.I. の秀樹といえばこの男である。
今期よりF.B.I. で多くの選手が愛用するブロンコエクストリームを譲り受けると、瞬く間に2連勝!一気にスター街道を駆け上がった。
仕事の関係上、なかなか週末にまとまったプラクティスを行えないものの、代わりに平日プラクティスを計画的に行い、好釣果を収めてきた。
残念ながら後半の小池氏の巻き返し、最終戦の不参加によりマスターの座は逃したが、最後のクラシックは。。。と意気込んでいるに違いない。
初めてのクリスタルトロフィー獲得となれば、それはもう
ヒデキ、感激!!
である。

年間ランキング5位
菅谷武志(2年連続2回目)
sugaya_R

愛艇:エアーバード240 (Bee boat )  グレー
2018年最高成績 第5戦、第6戦 4位
2018年獲得ポイント 138pt

ここ数年のF.B.Iには欠かせない存在となっている仏頂面の持ち主。
優しい仏頂面。疲れた仏頂面。緊張の仏頂面。怒った仏頂面。喜びの仏頂面。
いつもそこには仏頂面があった。
仏頂面と書きすぎてケータイのふの変換候補の筆頭が仏頂面になってしまったが、菅谷氏は常にノンオールでのマスター候補の筆頭であることはいうまでもない。
今年の各試合の成績に目を向けると、本人にとっては不本意な成績であったに違いない。
しかし安定した釣果と仏頂面で、終わってみれば、5位という上位に座っているのだからさすがである。
彼の実力から考えれば、そろそろタイトルを手に入れたいところ。今年最後の試合で、その仏頂面が満面の笑みに変わるのか。。。
乞うご期待!!

年間ランキング6位
剱持 亮(初)
kenmochi_R

愛艇:  ZF-123C-T(Zephyr Boat ) ブラック
主なタイトル 2018ルーキーオブザイヤー
2018年最高成績 第5戦 3位
2018年獲得ポイント 135pt

今期より参戦の剱持氏。
好好爺のお父様と共に精力的にプラクティスを行い、出る試合全てで見事ウェイインしてきた。
特に桧原湖へ情熱を傾け、その情熱によりエレキのスイッチが焼きつき航行不能に。。。某大物バスプロに牽引救助されたのは記憶に新しい。
そのかいもあってか、桧原湖戦では初のトロフィーを獲得した!
現在のF.B.I. では珍しいラウンド型のゼファーに乗る姿は、同じく桧原湖を得意とするレジェンド ゴルゴ宮崎氏を彷彿とさせる。。。
ここ数年間成されていないノンオールでのクラシック制覇。
そしてルーキーイヤーで初となるクラシック制覇。
剱持氏は虎視眈々と狙っていることだろう。
いや、狙っているに違いない!

年間ランキング7位
高久 雄多(3年連続3回目)
takaku_R

愛艇: スカイコミッシュサンライズ (Northfork Outdoors) ブルー×オレンジ
主なタイトル 2017クラシックチャンピオン
2018年最高成績 第6戦 準優勝
2018年獲得ポイント 134pt

私です。
昨年より副代表に就任し、写真からも分かる通り、文句も言わず寡黙に運営に邁進してきた私。
誰よりもF.B.I. を愛し、自分よりも他の選手の活躍を日々願ってきた。
とくに副代表になってからはその気持ちが顕著であり、
「俺以外全員デコればいいのに」
という謙虚な姿勢から
「全員釣ってくるといいなぁ。俺より小さいのばっかりを」
というさらに謙虚な姿勢となっていった。
今年のこの冴えない成績も、副代表である私に一切気を使わず、全ての選手がたくさんのバスを持ち帰ってくれたからに他ならない。気を使えないメンバー達には感謝の念しかない。
そしてこの案内を書いている時も思っている。
「今年も最後に笑うのは俺だよ」
と。。。

年間ランキング8位
竹部 亮(初)
takebe_R

愛艇:  ZF-158VHK(Zephyr Boat ) 零戦
2018年最高成績 第5戦 準優勝
2018年獲得ポイント 115pt

新潟から参戦のスモール竹部。
その愛称の通り、スモールマウスをこよなく愛し、主に福島での試合にスポット参戦を続けている。
独特のリズムから繰り出されるそのキャロライナリグは、近くにいるスモールが何か気になっちゃうナニかを秘めているのだろう。
今年はわずか3戦の参加ながら、このptを獲得したのは、やはりスモールに愛されているからなのだろう。
その証拠に、桧原湖では曳航式のスカリのチャックを全開にしたままウェイインを迎え、ウェイイン時にそれに気が付くという珍行動をしたにも関わらず、スカリ内のスモールは大人しくしていたのである。
クラシックでは何をやらかしてくれるのか。。。期待したい。

年間ランキング9位
鈴木 康晴(2年連続2回目)
suzuki_R

愛艇: ブロンコエクストリーム 9feet(Backs Bag's)フレーム改 グレー
主なタイトル 2017フローターマスター
2018年最高成績 第4戦 準優勝
2018年獲得ポイント 102pt

昨年に大ブレークを果たした世界のヤスハルスズキ。
今期はチャンスと婚期も逃し、苦戦の年となった。
今年より導入したブロンコエクストリームの大きさに苦戦したとも、彼女にぞっこん過ぎて心ここに在らずの状態で釣りしていたからとも、様々な噂がまことしやかに囁かれているが、真実は闇の中である。
しかし終わってみれば2年連続で順位でのクラシック出場圏内を決め、まだまだ世界のヤスハルスズキの勢いは完全には止まっていない。
今期最後のクラシックで玉砕し、セカイノオワリとなるのか。。。
それとも今期の最後を笑顔で締めくくり、トロフィーと婚期もゲットするのか!?
ヤスハルスズキの真価が問われる!

年間ランキング10位
菅原 翔也(初)※残念ながら欠場
sugawara_R

愛艇: Fish cat Panther 9feet (Out cast ) モスグリーン
2018年最高成績 第6戦 3位
2018年獲得ポイント 95pt

すがしょーの愛称で親しまれる菅原氏。
1度はF.B.I. から離れたものの、とある人生の転機をきっかけに数年前にカムバック!以来積極的にプラや上位陣との交流を深め、着実に成績を上げてきた。
今年は仕事の都合で長野へ。試合会場が遠方になったことにより、福島の試合は満足にプラクティスが行えず、不本意な成績となった。
しかしプラクティスをしっかり行った第3戦では4位。最終戦では念願の初トロフィーを獲得!貴重なプラクティスをしっかりと成績に結びつけてきた。
これだけ褒めておけば、あとで私に優しくしてくれることだろう。
今年は残念ながら欠場となるが、来年も期待してます!

※選手紹介は愛情を込めた個人の見解です。
お気を悪くされませんよう。。。



今年最後のウィナーは誰となるのか!?
最後まで目が離せません!
皆様投票よろしくお願いいたします!

【F.B.I. 事務局】

2018年 F.B.Iフローターマスターズ第6戦【河口湖】結果




 F.B.I 2018年フローターズマスターズトーナメント最終戦となる河口湖戦が10/21(日)に開催されました。



 レギュラー戦での開催は2011年以来の実に7年ぶり。

地理的な問題か時期の問題か、今回の参加者は16名と今シーズン中、最も少ない参加人数でしたが、少数精鋭のメンバー達の奮闘により、大会は大いに盛り上がりました。


 今回の戦いの舞台となった河口湖は、普段F.B.Iの試合が行われている霞水系や裏磐梯水系とはかなり趣の違った湖でありました。


 河口湖は、平成19年以降ワーム(いわゆるプラスチックワーム)の使用が禁止されており、これに代わってポークリンド(豚の皮など天然素材のもの)なるものを使った釣りが主流となってまいりました。
 また、河口湖では定期的にバスの放流を行っており、これを狙った釣りにおいては、なんとバスボートが数メートル間隔で並び、管理釣り場以上に一箇所にひしめき合って釣りをするという、普段、霞や裏磐梯で「他選手のワンキャスト範囲以内への進入禁止」というルールで戦っている私たちにとっては、考えられない驚愕の光景に圧倒されたのでありました。
 一方で、河口湖で生まれ育った「ネイティブ」は、ビッグベイトやビッグスプーン、マグナムクランクといった釣りで、60cm・10lb.オーバーという関東随一の破格の個体が釣れる湖でもあるという、正直何が何だかわからん湖だったと言っても過言ではなかったと思います。


 ちなみに、JB/NBCの大会結果を見てみると、基本的には前者のポークリンドを使ったダウンショットやパンチングを中心に400g~600g程度のバスで揃えて優勝するケースもあれば、一発大勝負を賭けて2kg、3kgといったネイティブで優勝するケースもあるようです。

 しかしながら、晩秋に向かうに従って、極端に魚をキャッチすることが難しくなるようで、超有名になる以前は河口湖を拠点に活動をしていた、かの青木大介プロにしても、河口湖は素人にもお勧めの湖と言いながら、「晩秋の時期だけは例外」と言うほど難しくなってしまうようで、直近のJB/NBCの大会結果を見ても、何とか放流直後のバスでリミットを揃えることが上位入賞の条件となっていたようでした。


 さて、我らF.B.Iにおいては、この河口湖戦で年間ポイントが確定することとなり、成績上位者のみによって真の優勝者を決める「クラシック」の出場権をかけてしっかりポイントを狙いにいった選手、既に権利を獲得又は安全圏に入った選手は一発勝負をかけてネイティブ1本勝負にかける選手などなど、異なるアプローチが見られました。

 これは、F.B.Iのトーナメントフォーマットがポイント制で、しかも年間6試合のうち、最も高い4戦の獲得ポイントの合計で争うルールとなっているので、各選手のおかれた状況によって、同じ湖でも180度戦略が変わってくるといった醍醐味が味わえることからできるものであり、20年以上続いているF.B.Iならではの特色でもあります。

 そういう意味で各選手にとって、敢えて難しい湖にチャレンジすることで、自分自身の新たな一面が見れたかも知れません。




IMG_20181020_195611


前日はかなり激しい夕立が発生し、夜も時々雨がぽつりぽつりという感じで、さらに気温は5℃あるかないかという肌寒い天気でした。

IMG_20181020_200454






 さて、大会当日。
 早朝から青空が広がりました。

IMG_20181021_053559




IMG_20181021_054618





IMG_20181021_064920





 今年のF.B.I特有の極端に荒れるか、極端に穏やかになるかの2択のうちの後者となり、終日ほぼ無風の晴天。

 巨大ネイティブの水揚げなるか!?


IMG_20181021_112208



 今年の夏は暑かったなぁーとか何とか言っているうちにあっという間に最終戦を迎え、既に富士山の山頂はすっぽり雪で覆われておりました。




 ハイシーズンより1時間遅い、6時半。
 ノンオール組がスタートしました。

IMG_20181021_062756


PA212215_R


DSCF6851_R


DSCF6852_R





 続いて、7時半にオール組がスタート。

PA212225_R



received_187912172132071



PA212229_R


昨年マスターの鈴木氏。今回はネイティブに絞ってハードルアーオンリーで挑むようだ!

PA212248_R


PA212250_R


放流エリアとなった「さかなやわんど」は、おかっぱり、ボート、ポンツーン、フローターで大賑わい!

oguma_catch


何と本番中に小熊氏がバスをキャッチする一部始終を選手兼カメラマンのスガショーが撮影!
すばらしいサービス精神!


PA212244_R


と、褒めたたえていると調子にのって自らがキャッチしたバスをパシャリ!本番中だっての!(笑)



PA212256_R


Beeのマスターピース「VARTEX」に乗る天沼氏。キマッテルゼ!

DSC_0563_R


OUTCASTの名艇「Panther9」に乗る岡本氏。
 
DSC_0561_R


ナイスショット!ってだから本番中だっての!こちらはマスター小池氏のバス。

PA212252_R



received_384001499061876



received_1994394783939996



received_462935297562587



received_330040171090557



received_386476895224033



received_303900086879233




received_1796617623740667



received_164298634511647



received_2154155068245187




 14時半。無事全員帰着。
 晴天無風の難しい状況のなか、16名中11名(キャッチ率約67%)がウェイイン!

PA212281_R


厳しく検量する副代表コンビ!


そして結果は、
 
 11位 小池氏
PA212267_R


大きく見えますが・・・
PA212266_R


 第5戦終了時点で、見事2018年のマスターに輝いた小池おじさん!
 今回は順位にこだわらず、河口湖の凄い奴の水揚げだけに狙いを絞り込んで、見事今大会最小サイズをウェイインしました(笑)
 最後のオチまで持っていくとは、さすがです!




 10位&BB賞 天沼氏
PA212276_R



PA212299_R

 本人的に河口湖は得意な場所のひとつのようで、ハードルアーのアクションとアプローチに一工夫入れて見事バスをキャッチしてきました。




 9位 斉藤氏
PA212272_R

PA212300_R

 昨年から管釣りにも相当力を入れている斉藤氏。土曜日入りしたものの、近くの東山湖に別の放流魚プラへ!?それが功を奏したのか?見事、河口湖の放流魚もキャッチ!




 8位 岡本氏
PA212271_R

PA212301_R

 金曜からプラ入りし、念入りにエリアや釣り方を絞り込んで行き、前日には1500gオーバーのキッカーを含む8本キャッチで、何かをつかんでいたようでしたが、当日は残念ながら1本に留まってしまいました。
 しかしながら、初めての河口湖をたった2日間である程度攻略してしまう能力はF.B.Iの御大ならでは実力の証です。




 7位 伊藤氏
PA212274_R

PA212302_R

 霞水系のマッディレイクではザラを武器に数々のビックバスをキャッチし、裏磐梯系では決してサイズダウンせずとも気まぐれなスモールをコンスタントにキャッチしてくる現役F.B.Iトーナメンターでは最強といっていい、生きるレジェンド伊藤氏。今回も前日プラから伊藤氏なりにエリアやルアーを絞り込み、渋かったと言いながらもやはりしっかりキャッチしてくるところはさすがとしか言いようがありません。




 6位 荒木氏
PA212282_R

PA212304_R

 ここ数年、常に年間タイトル争いに食い込んでいる荒木氏だが、今シーズンは何かが空回りして、ここまで全戦NFというまさかの結果に陥っていた荒木氏。
 普通は弱気になって、結果を求める釣りに走り勝ちですが、ローカルのトーナメンター達でさえ、この時期はポークリンドによる繊細な釣りでなんとかキャッチというところをクランクでやり切る、という精神力と技術はやはり荒木氏が只者ではない実力者であることを裏付けるものでしょう。
 来シーズンは上腕二頭筋を倍増してまたマスター争いに挑みます!




 5位 釼持氏 
PA212280_R

PA212305_R

桧原湖戦の3位を筆頭にすべての試合にシングル入りという驚異的な強さ見せた釼持氏。今回はプラなしで参戦するも見事2本のバスをウェイインし、5位入賞!そして今シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーも獲得しました!
 父上と揃っての参戦も見ている側も心温まるものがあります。
 来年も親子揃ってF.B.Iで大活躍されることを期待しております!




 4位 菅谷氏
PA212278_R

PA212306_R

 ここ最近、メンバーの菅谷氏に対する印象は「強い!」の一言に尽きると思います。ノンオールでありながら大型ポンツーンと劣らぬ機動力で、試合中はあちこちで彼の姿を見かけます。常に「仏頂面とスカリ」の強烈なイメージの菅谷氏。
 クラシック出場権も危なげなく獲得し、まだまだ「仏頂面とスカリ」の歴史は序章に過ぎません。


 3位 菅原氏
PA212286_R

PA212307_R

 今年度から長野県に転勤となり、フル参戦しているメンバーの中では最も遠方からの参戦となる菅原氏。
 この逆境に立ち止まることなく、ポンツーンをはじめ、装備、タックル類を充実させるとともに、連休が取れた際には霞ヶ浦キャンプでキャスト技術と戦術を磨き、地理的に距離は遠くなったものの、魚との距離は着実に縮めて来ました!
 その努力の甲斐あってか、第3戦古渡戦では唯一リミットメイクを達成し、4位入賞。そして遂に最終戦では見事初お立ち台に!
 スタートと同時に今まで見たこと無いようなスピードでポンツーンを漕ぎ、プラで見つけていた放流バスが溜まるウィードの株に一目散に向かい、これまたプラで煮詰めていった釣り方でかなりのバイトを得つつ、合計7本のバスをキャッチすることに成功したそうです!
 来シーズンの更なる活躍が期待できるでしょう!





 2位 高久氏
PA212287_R

PA212308_R

 過去、琵琶湖や三春ダムなどのビックレイクでかなりの大型を掛けてはバラすということを繰り返している、副代表・クラシックマスターの高久氏。
 今回もビッグバス狙いで行くのかと思いきや、総会で河口湖戦が確定した後、初売りで叩き売られていたポークルアーを買い漁り、最初からローカルバスボとガチンコ勝負をするつもりだった高久氏。
 大会当日は、メンバーの中ではひとり大石エリアに直行し、ISMの冨澤プロとフェンウィックの中田敬太郎プロのバスボートが相手でも一切ひるむことなく愛艇ポンツーン(Nothfork Outdoors)を操ってサイドバイサイドで放流バス勝負を敢行しました!
 周りがスピニングの超ライトタックルでジクジクやっているなか、ベイトタックルでZファクトリーの豚ウナギを操ってプロ顔負けのバス獲得劇を披露しました。
 もちろんリミットメイクしてからはネイティブも狙いに行ったり、3位の菅原氏のウィード株も知っていて、そこでもバスをキャッチするなど、適材適所の釣りを展開。
 本人は優勝できなかった不満を募らせていましたが、トーナメンターとしての戦術などはさすが高久氏というものでした。
  

 優勝 小熊氏
PA212284_R

PA212310_R

 2005年から参戦し、今年で13年目となるベテラン小熊氏がなんと初優勝&初ビッグフィッシュ賞を獲得!
 小熊氏は現在、NBCのチャプター福島にも参戦している現役バリバリのトーナメンターであり、特にスモールレイク戦においては、「ううっ。この人絶対釣ってくる!」感のオーラが凄い人。
 10年以上前には、チャプター河口湖にも参戦経験があるそうですが、今回は事前プラなしで挑んだにも関わらず、釣りながら他の選手や周りのボートの釣れている様子を見て、状況判断をし、そしてアジャストしていったようです。
 放流魚の中からいかにサイズのある魚を獲るかということに対し、定番のポークリンドのダウンショットでなく、ラバージグにアンクルジョッシュミートのトレーラーで他の選手よりひと回り大きいバスをキャッチし見事初優勝に輝きました!
 本当におめでとうございます!
 年間ランキングもいっきに3位にまでランクアップ!
 この勢いでクラシックも初制覇となるか!?


 逆境を跳ね除けて3位になった菅原氏。トーナメンターとして湖に合わせてしっかり結果を出した高久氏。苦節13年の歴史を経て、見事優勝に輝いた小熊氏!
 これぞF.B.Iらしいドラマですね!


PA212290_R

トロフィーと賞品

PA212294_R

豪華参加賞!提供:岡本御大


received_1906238656151284


自身が見つけたウィードの株の大きさを表現する菅原氏(笑)

PA212315_R

パターン解説中の高久副代表!う~ん偉そうだ(笑)

PA212320_R

優勝した小熊氏のパターン解説。反省してるわけではありません。。。


PA212325_R





PA212323_R



 参加された皆様お疲れ様でした!



<成績>
優勝 小熊一弥 3本 1460g(うちBig Fish 510g)
2位 高久雄多 3本 1365g
3位 菅原翔也 3本 1145g
4位 菅谷武志 2本 750g
5位 剱持亮   2本 745g
6位 荒木洋忠 2本 660g
7位 伊藤洋治 1本 420g
8位 岡本隆義 1本 415g
9位 斉藤征泰 1本 375g
10位 天沼央希 1本 360g
11位 小池章良 1本 265g

以下、惜しくも撃沈
剱持秀雄、鈴木康晴、蔀賛也、佐藤修二、細貝浩一


received_730776650619815


received_1975025542556461







Report:Y.Shitomi
Photo:T.Okamoto,S.Sugawara,A.Koike
Special Thanks:河口湖漁業協同組合、河口湖町役場


【F.B.I事務局 】


F.B.Iトーナメント20周年特別企画 レジェンドマッチ 大会結果

20周年記念 レジェンドマッチ開催!


私たちが釣りを最高に楽しめる方法を追求して辿り着いた一つの答え「フローター」。それらを使って「人力で成し得る国内最高峰のバストーナメントを目指し本格的なトーナメントトレイルを始めて早20年。皆さまに支えられながらここまで継続することができました。

開設初期のメンバーの数多くは引退したものの、新陳代謝を繰り返しつつ、それぞれの時代でFBIを愛し情熱を捧げていただいたメンバー達。そんな皆様のおかげで継続できたのだと感謝の気持ちでいっぱいです。


***************************************

~レジェンド招集~
今年の総会で20年の節目なのでなにかイベントしましょう。ということになり「では!」ということで決まったこの企画。FBIの歴史の中で代表するレジェンド達を集めて大会を行うことになったものの、風のうわさでは皆忙しく、釣りから離れてしまっている様子。果たして集まっていただけるのだろうか。

しかしながら、事前案内ではなんとほとんどの招待選手が参加を表明。
「これは盛り上がるぞ…」と思った矢先に大型台風が来襲。まあ、想定内です。
かつて「大会の日は天候が荒れる」というジンクスはやはりこの大会でも効果を発揮し延期に。。。

仕切り直した2018年9月23日(日)、残念ながら延期の影響で参加できなくなった選出が多くなってしまったものの、FBIにとっては思い出深く馴染みある福島県桧原湖に懐かしい面々が集まった。




IMG_20180922_165825



~前夜祭~
桧原湖といえばやはり前夜祭。

いつもとは違う新旧織り交ぜた交流は懐かしくも新鮮で、少しだけ時間を巻き戻したような感覚に。年はとってもみんな変わらない。変わったことといえば、身体が少しふっくらして健康の話題が増えたことくらい。無邪気なオッサンたちは歳を重ねても変わっていない。



IMG_20180922_201909

IMG_20180922_202206

IMG_20180922_205204








~大会の朝~

IMG_20180923_055014

IMG_20180923_055030

受付では招待選手に記念Tシャツと初代代表 故 王氏の形見であるルアーが配られた。このTシャツ、これまでの大会開催地の湖が入ったオリジナルデザインなのだが、うっかり山中湖と河口湖を入れるのを忘れてしまった。個人的に山中湖、河口湖での大会があまり好きではないのだが、身体は素直である。。。




~スタート~
あたりはすっかり明るくなりいよいよスタートを迎える。
水辺には血気盛んな選手たちが今か今かとスタートを待ちわびて......ナイ。

もちろんエキシビジョンなのでユルい感じの大会ではあるが、カップ麺にお湯入れてる人が数名、ウェーダーすら履いてない人が数名。数名の現役メンバーを除いては久しぶりのバス釣りだったようで段取りが悪い。


私事だが、水辺で忘れ物に気づき、ボートと車を4往復した。
予備ライン、ライブウェル用のバケツを忘れ、オールを忘れ、ネットを忘れ、フィンを忘れ、ワームを忘れ。もう水の上に何をしに行っているのかわからない状態である。
それでも魚探を忘れなかったのは偉い。やる気はある証拠であーる。





IMG_20180922_100010


そうこうしながら7:00。スタートコール。
時間通りにスタートできたのは一名のみ。
いつにないユルーイ空気が漂っている。

昔はスタートラインから1mでも前に出ようとしてたのに、1秒でも早く動こうとピリピリしていたのに、選手間の会話は「駆け引きの会話」から「老眼の会話」に代わっている。



~大会中~
試合当日の天候は秋晴れ。
風速2mの釣り日和で、浮いてるだけでも気持ちの良い日。
そう、浮いてるだけでも。
…いや、むしろ浮きに来てるだけだし。
…釣りは気が向いた時だけするし。


IMG_20180923_135126

IMG_20180923_135151

IMG_20180923_094825

IMG_20180923_094932

IMG_20180923_135141

と、いう前提で結果を見てほしい。




釣果を求めれば不完全燃焼かもしれないが、懐かしいメンバーと昔話をしながら釣りしてるだけでもこの時間には価値がある。

ちなみに少し私の話をさせてもらうと、今回は20周年記念マッチということで、故 初代代表 王氏の形見の竿と誕生日に王氏にいただいたリールでメインタックルを組んだ。懐かしいメンバーとの再会をこのタックルと共に過ごした。






~ウェイイン~
そんなこんなであっという間に時間は過ぎ、ウェイインの時間。

これまでに経験したことがないようなタフコンディションだった。
事実、当日の状況は同日に行われたプロ戦を見ても分かる通り、ローカルアングラーがひしめくプロ戦ながら、その約4割がノーフィッシュ。リミットメイクはなんと18%という結果。


一方FBIでも同様、釣果は伸び悩んだが水辺は和やかなムード。
釣れても釣れなくても、こういうFBIの空気が昔から好きだった。




IMG_20180923_140927

IMG_20180923_143113




~結果発表~


3位   藤井将之 3 本 1260g
ゆっくりスタートし、スタートエリア前から北側赤土の岬の先のストレッチまで流しながらの釣り。10mラインでグラブのテキサスでリフトフォール。6~7mでシザーコームのドロップショット。3~4mラインをスプーンビルスレッジ。広範囲にばらつく魚を丁寧に釣っていった。

IMG_20180923_141738



2位   山岸準 3 本 1390g
月島南の12m以深、プロのボートがひしめく船団の中でディープエリアをじっくり釣り込みリミットメイク。ルアーはゲーリーのサタンテイル3インチ、シンカーは1/8oz。
やはりタフな状況、かつ船団のなかでもリミットを揃えてくる技術はさすが。

IMG_20180923_141632



優勝 宮崎幸治 3 本 2030g 825gBF
月島西側の4~6フラットをアバカスシャッドのキャロで釣り、グッドコンディションのバスをキャッチ。大会前にはプロガイドを受けるなど本気度は100%。とはいえ、プロも苦戦する状況の中で、桧原湖では毎回安定した釣果を叩き出す宮崎氏。本人曰く「キモはある」とのことで、何かを掴んでいた様子。途中、わずかなリグチェンジやワームのカラーを変えながらバイトを絞り出すなど微細な修正により周囲との大きな差を披露した。


IMG_20180923_141917

IMG_20180923_142632

IMG_20180923_142834



せっかくの機会なのでその他の選手の様子も記しておこう。

元 桧原湖の住人 田山氏にはかつてのギラギラしたストイックさはなかったものの、ゆったりと回遊しながらもきっちりウェイイン。しばらくバス釣りから離れていても結果を出すのはさすが。
IMG_20180923_141155



FBIの現役選手のなかでは最も釣りの幅が広く、アジャスト能力が高いといえる蔀 氏は魚探が壊れながらもなんとか1本を絞り出した。

IMG_20180923_141300



現副代表の高久氏はスタート早々に皆が見ている中でキャッチし、他の選手を緊張させたがその後は1本のみ追加。なんとか面目躍如。
IMG_20180923_141500



昨年のマスター 鈴木氏は前日プラでエンジンで走り回る姿が各所で見られたが、本番はエリアに腰を据えて1本キャッチ。この3名がタフコンディションの中で魚を持ってきたのはやはりさすが現役選手といったところだ。
IMG_20180923_141122



圧巻は吉川氏。
魚が全く見えないため誰も釣りしない1m以浅のシャローを釣り周り、途中、ラージを掛けるなどやはりレジェンドの釣りは健在。キャッチは一本ながら大きな可能性を感じる釣りを展開した。 IMG_20180923_141052




そしてレジェンドの中でも個性光る4名が、、、
唯一のノンオール艇で出た細貝氏。釣れるマーカーブイとの異名を持つ彼は、残念ながら普通のブイに終わった。
レジェンド中のレジェンド 伊藤氏は伝家の宝刀トップウオーターと豪快な釣りが秋のこの状態で炸裂することもなく撃沈。
2度のマスターを経験してる川村氏、桧原湖ではディープのわずかなピンスポットから釣ってくる技術が定評ながら、スタート直前に魚探が崩壊し、ともに自身も崩壊。
2代目代表 安藤氏は一級の岬の先端で爆睡。カタギとは思えない風貌に真っ黒な戦闘服を着込んだ異様な姿で岬を寝床として占拠。居眠り大王健在。お腹を壊してほとんど釣りせず撃沈。




ここ檜原湖ではプラを行わなくても季節に応じた実績場で粘ることで魚の反応があることも多い。
和気あいあいとしたレジェンドマッチにはうってつけの場所となった。
IMG_20180923_143052


IMG_20180923_143453


IMG_20180923_143032


IMG_20180923_143043


IMG_20180923_140939 「走ってアイス買ってこい」と指示する安藤氏


IMG_20180923_142503 Special Thanks

IMG_20180923_143220


IMG_20180923_143117





優勝 宮崎幸治 3本  2030g 825gBF
2位   山岸準    3本  1390g
3位   藤井将之 3本  1260g
4位   田山康弘 1本  770g
5位   蔀 賛也  1本  660g
6位   高久雄多  2本  635g
7位   吉川博文 1本  605g
8位   鈴木康晴 1本  340g






今回のイベント、あらためて釣りの楽しさを感じる二日間となった。
釣果よりも、釣りそのものが私たちにもたらしてくれる幸福感を再認識出来たように思う。
趣味を共有できる仲間と一緒にいる時間は何にも代え難い。
このような機会をまたつくるので、今回残念ながら来れなかったメンバーにも是非参加していただきたい。


これからも楽しい釣りを追求していきますので、引き続きFBIをよろしくお願いします。

IMG_20180924_113017


















【F.B.I.事務局】

2018フローターマスターズ第6戦(河口湖)のご案内

 悪天候により、第1戦の長門・将監川戦が中止という大波乱からスタートした2018のトーナメントもあっという間に最終戦を迎えることとなりました。
 舞台は、関東で最もロクマル確保率が高いと噂される「河口湖」。


DSC_0512



時期的には晩秋の難しいタイミングではありますが、今年を締めくくるにふさわしい、世界に誇る日本最高峰の霊峰富士を仰ぎながらのすばらしいロケーションの下での大会となります。
 たくさんの方の参加を心からお待ちしております。


~2018フローターマスターズ第6戦 河口湖~

開催日 :2018年10月21日(日)
開催場所:山梨県河口湖  ※地図参照

FB_IMG_1538185409675


received_1192733774192112



received_268120014044058



参加費 :4,000円 ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
受 付 :AM5:30  受付場所は『小海公園近くの漁協駐車場』
スタート時間:ノンオール艇:AM6:30、 オール艇:AM7:30
※ノンオール方は、受付・ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておい
てください。
ウェイイン:14:30

●湖の利用について

◎湖のローカルルールを遵守してください。
遊漁規則
http://www.kawag.jp/info/rule_gyokyou.html
富士五湖条例
http://www.kawag.jp/info/rule_fujigoko_jyourei.html
マナーとお願い
http://www.kawag.jp/info/rule_manner.html

◎遊漁券:大会当日分はFBIが負担。プラクティス時は遊漁券を購入ください。
道の駅(小海公園)の売店で購入可。
◎禁止事項:ワーム(軟性プラスチック製疑似餌及び合成素材付け餌を使用しての採捕)、遊覧船航路、ジェットスキーのエリアでの釣り。漕艇場の桟橋など。
※詳しくは上記ローカルルールを一読願います。


◎釣り禁止エリア ※厳守
・ 河口湖大橋橋脚および大橋より東側全域
・ 禁漁区(白須ワンド、寺崎東側のワンド)
・ エンジン、エレキ装着時における保安区域への侵入
・ 遊覧船航路(図示の航路を外れても警笛をならされる場所はすべて航路とみなします)
・ ハワイ漕艇桟橋、勝山地区、KAZUマリンの桟橋付近10mの進入禁止
・ ハワイ漕艇ロープとその周囲10m ※漕艇大会当日の場合、周囲100mの進入禁止
・ ありがたやボート桟橋、奥河口湖マリン桟橋周辺20m
・ 浮き漁礁、漁具、イケス、航路ブイ、ロープ、アンカー類
・ 白須エリアの飼育かご周辺10m
・ 八木崎公園の水路(ホタル保護区)
・ 岸釣りをしている人の周囲20m、進入および釣り禁止。

※詳細は地図参照。
FB_IMG_1538185401928



◎注意事項
できるだけ目立つ服装・帽子を着用してください。
遊覧船、ジェットスキーのエリアには極力侵入せず、通過する場合は速やかに航行願います。
河口湖では地形の影響で西風が吹くことが多いとのこと。東に移動する方は帰着を考慮し、強風にご注意ください。

フローターのタイプ(O 型、U 型、H 型)は問いませんので、興味のある方は一度参加 してみてはいかがでしょうか。 エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは floatermasters.entry@gmail.com までお願いします。

※締切:10月 18日(木)の正午までとしますが、できる限りお早目のエントリーをお願いします。 なお、締切日以降の申し込みは現地にて直接エントリー下さい。



エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
 氏名:
 住所:
 携帯の電話番号:
 携帯のメールアドレス:
 緊急連絡先(自宅等の電話):
 現地入り:当日・前日

 ※携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するの
に便利です。
  ご理解の程よろしくお願いします。


近くには道の駅「かつやま」や「小海公園」もあり、家族やカップルで参加もいかがでしょうか!

received_238926683396329


(at.lake Hibara , @Okamoto)

❮その他参考情報❯
FB_IMG_1538185444702


FB_IMG_1538185392797


(提供:2018F.B.I Master KoikeOssan)




(F.B.I.事務局)



F.B.Iトーナメント20周年特別企画 レジェンドマッチ参加選手一覧および記念品が当たるトトカルチョのお知らせ!

先日アップした通り、F.B.I. トーナメント20周年を記念し、過去の好成績者を集めた記念試合(レジェンドマッチと呼称)を開催致します!

qqqqqqq



当初は7月後半に開催予定でしたが、台風の影響を考慮し、9月23日(日)に延期としておりました。
まだまだ今後の台風は読めないところですが、ここで大会参加選手の一覧をアップ致します。
すでにF.B.I. 、ひいてはバスフィッシングから離れてしまった方もいますので、フルネームではなく、名字のみでの紹介とさせていただきます。

~参加選手一覧(あいうえお順)~

●安藤氏
2002年 フローターマスター
2000年・2001年 クラシックチャンピオン

●伊藤(洋)氏
1999年・2001年 フローターマスター

●川村氏
2009年・2016年 フローターマスター

●蔀氏
2016年 クラシックチャンピオン

●鈴木(康)氏
2017年 フローターマスター

●高久氏
2017年 クラシックチャンピオン

●田山氏
2003年 クラシックチャンピオン

●藤井氏
2005年・2013年・2014年・2015年
フローターマスター
2004年・2013年・2015年
クラシックチャンピオン

●細貝氏
2011年 クラシックチャンピオン

●宮崎氏
発足時から継続参戦および累計獲得ポイント10位内

●山岸氏
2012年 クラシックチャンピオン

●吉川氏
発足時から継続参戦および桧原湖獲得ポイント上位

以上が今回参加のメンバーです。
先行基準はマスター獲得者およびクラシックチャンピオン
特別招待として、発足当時から参戦のポイント上位獲得者となります。
上記メンバーの他、全てのマスター・クラシックチャンピオンに声を掛けましたが、予定が合わず、残念ながら計12名での開催となりました。

※※以下トトカルチョ案内※※
招待選手外が参加できるトトカルチョ開催!
優勝するだろう、優勝して欲しい!という方1名の名前と、メインの釣り方(簡単でけっこうです)を予想してコメント下さい!
的中者には、今回のレジェンドマッチを記念して作成した記念品(一部のレジェンドメンバーからの寄付金により作成)をプレゼント致します!

例)
藤井氏 サイトでラージ
蔀氏 ダウンショット
など

記念品は数に限りがあるため、的中者が多数の場合は早いもの勝ちとさせていただきますのでご了承下さい。(1点のみとなりますのでご了承下さい)
参加資格は、今期の最終戦および来期のトーナメントに参加予定で、レジェンドマッチの招待選手でないこと。となります。
締め切りは、9/22の正午までとします。

圧倒的な強さを誇っていた過去のレジェンドメンバーにかけるもよし!
今勢いのある現役メンバーにかけるもよし!

厳しい状況の桧原湖で、レジェンドメンバーがどんな釣りを展開してくるのか!?
ご期待下さい!

FUJ_8254



【F.B.I. 事務局】

2018年 フローターマスターズ第5戦【桧原湖/早稲沢浜キャンプ場】大会結果

2018年9月2日(日)、福島県は桧原湖にて2018F.B.I FLOATERMASTERSトーナメントの第5戦が行われました。

例年桧原湖戦は、西岸の細野エリアにて開催。月島周りの有望スポットにて多くのバスがキャッチされる展開でした。
が、今年はF.B.I. の歴史で初めて早稲沢にて開催することに。。。
多くの選手が初めて訪れる早稲沢で、四苦八苦する姿が見られました。

P9022024


今大会のエントリーは30名。うち2名が初参加。
仙台や名古屋から初参加頂けるなど、往年のF.B.I. を彷彿とさせる嬉しい大会となりました!

P9022019

P9022020

名古屋から参戦の芝本氏(上)と仙台から参戦の板橋氏(下)いずれも初参加。
スモールのことは嫌いでも、F.B.I. のことは嫌いにならないで下さい!!!(笑)


湖の状況としては、今年は減水が早く、平水位よりもだいぶ水位が低いという状況。加えて、試合週は非常に天気が悪く、バスのポジションが定まらないといった難しい状態でした。
多くの選手がプラから難しいと口を揃えており、蓋を開けてみるまで何が起こるか分からない。。。という試合となりました。

前日はキャンプ場らしく皆で青空宴会
大会の醍醐味でもあります!
※飲みに夢中で写真ナシ(笑)

そして迎えた当日。

P9022015


受付の様子

P9022022


ミーティングの様子。
禁止事項などの確認が行われます。


天気予報はくもり時々晴れ。風は終始穏やかで、気温もやや上昇する予報。

P9022028

5時半 高久氏の合図でノンオール組がスタート

P9022031

乗り遅れる菅谷氏(笑)

P9022033


6時半 オール組スタート

試合中の様子
received_896903147185701

received_1801151723287956

大阪からはるばる参戦の井上氏(上)と
参戦から存在感を増しつつある剱持(亮)氏(下)

received_235221553783908

received_558719031215212

今年は苦戦中の人間マーカーブイ細貝氏(上)と
同じく今年苦戦中の関根氏(下)

received_927911460732378

received_733902706949315

桧原湖の有名ガイドの常連コンビ。
実力者の宮崎氏(上)と宇宙人の今井氏(下)

received_1272031842937155

received_528900700884846

今年迷走中のシャローマンコンビ。
笑顔がまぶしい荒木氏(上)と傷心中?の高久氏(下)

received_1012068118980344

received_637397013322673

岩手出身コンビ。
野人新井氏(上)と会計担当の天沼氏(下)

received_656010491442042

P9022036

昨年のマスター。世界のヤスハルスズキ(上)と何やらライブウェルが重そうなディスり王小池氏(下)

そして迎えた帰着。
P9022042

P9022041


その表情には個人差があり、皆ある程度魚は触れているものの、釣れたサイズ感に大きなバラつきがあるようでした。
ウェイインは30名中24名とまずまずの結果になりました。
《24位~11位》
P9022052

P9022056

P9022096

P9022064

P9022048

P9022073

P9022051

P9022046

P9022067

P9022054

P9022058

P9022050

P9022045

P9022093

P9022062

P9022061


《10位~4位》
P9022074

P9022103

P9022070

P9022102

P9022065

P9022101

P9022080

P9022100

P9022082

P9022099

P9022081

P9022098

P9022078

P9022097


《上位3名とパターン解説》
P9022076

P9022105

P9022113

第3位 剱持 亮
今年から参戦の剱持氏。親子で参加してくれる剱持氏ですが、その顔はガチの勝負師。
毎回しっかりプラを行い、常にバスをキャッチ。今回の早稲沢も、経験が少ないながらもしっかりアジャストしてきました。
ノンオールの利点である1時間のアドバンテージを生かし、朝イチにアバカスイモのライトキャロでグッドサイズをキャッチ!
その他ベビーサーディンのダウショットをステイさせる釣りで、しっかりリミットを揃えました。
4位の菅谷氏とはわずか5g差で嬉しい初お立ち!ルーキーオブザイヤー戦線もひとつ飛び抜け、このままクラシック出場か!?

P9022079

P9022108

P9022115

第2位 竹部 亮
新潟からスモール戦を中心に参戦してくるスモール竹部。
帰り際は小さい軽のクラクションをひとならしし颯爽と帰っていく。。。
そんな姿はまさに越後の龍!
・・・・などという爽やかなものではなく、愛されるど天然のいじられキャラ(笑)
今回も、上位ウェイトを持ちながら、スカリの横のチャックを開けたまま試合を続ける暴挙に。。。
それでも桧原湖では毎回しっかり上位に入ります!
パターンは聞くまでもなくイモラバのライトキャロ。
どうせ去年と同じでしょ?
はい、ありがとうございました~。
と皆からちゃかしが入りますが、確固たる自信をもって7~8mをずるずるし続けました。
初のクラシック出場まであと少し!
河口湖もお待ちしてます!

P9022086

P9022111

P9022120

優勝 小池 彰良
ご存知ディスり王小池氏。
釣ってきたリグの特徴から、セクシーやネコ小池など様々な通り名を持つ彼。
今回も誰も想像しないリグを駆使し接戦を制しました。
プラから北部エリアは釣れていないと感じ、南の無名島から北側のストレッチにフォーカス。
2.7gのライトキャロ。具はヤマセンコー3のなぜかマス針チョン掛け。。。
なぜかマス針をチョン掛けし、バラしが多かったととぼける小池氏。
多くの選手がそりゃそうだ!と口を揃えて言うなか、ひとり納得いかない表情でした。。。
この優勝で今年のマスターが確定。
マスターとマス針をかけ、今後はマス小池という通り名で呼ばれることでしょう。。。
今後も小池氏の通り名に目が離せません!

《成績表》
優勝 小池章良 3本 1740g
2位  竹部 亮 3本 1655g
3位  剱持 亮 3本 1635g
4位  菅谷武志 3本 1630g
5位 宮崎幸治 3本 1615g
6位 天沼央希 3本 1495g
7位 滝本 進 3本 1375g
8位 小熊一弥 2本 1325g
9位 新井新也 2本 1325g
10位 有本 勝 2本 1215g
11位 佐藤修二 2本 1075g
12位 井上達兵 2本 895g
13位 関根琢也 1本 820g (BIG FISH)
14位 長門秀樹 1本 780g
15位 板橋広樹 2本 725g
16位 相樂久善 1本 715g
17位 高久雄多 2本 675g
18位 栗本雅博 1本 605g
19位 鈴木康晴 1本 525g
20位 岡本隆義 2本 525g
21位 蔀 賛也 1本 490g
22位 細貝浩一 2本 440g
23位 今井一行 1本 400g
24位 関根正和 1本 220g
以下6名ノーフィッシュ

上位3名と集合写真
P9022125

P9022123


現在までの成績表
received_2160868573925608


次回はいよいよ最終戦。
関東一のビッグバスレイクと名高い河口湖です!
マスターは決まってしまいましたが、まだF.B.I. では経験のない ロクマル のウエイインが期待されます!
皆様奮ってご参加下さい!


【F.B.I事務局 】

2018年 F.B.I.フローターマスターズ第5戦【桧原湖/早稲沢浜キャンプ場】のご案内

夏真っ盛りの今日この頃。釣りに行くのも億劫なほどの暑さが続きますね。

F.B.I. も8月の猛暑期間はトーナメントを控え、9月からのトーナメント終盤戦への充電期間となっております。
そんな終盤戦、第5戦の舞台は、福島県は桧原湖。
ここ桧原湖は、F.B.I. トーナメントが開始された20年前から、毎年のように会場として利用されて来ました。
誰でもスモールマウスバスに辿り着ける魅惑のフィールドですが、時に残酷なまでに難しくなるのもまた魅力のひとつでしょう。

20136392_789668261211908_1518546725_n


今回は、F.B.I. トーナメント20年の歴史で初めて、早稲沢浜キャンプ場をお借りしての開催となります。
例年は細野エリアでの開催でしたが、そろそろ別のエリアも。。。という声も出始めたことから、早稲沢浜キャンプ場に協力を依頼、快く開催を了承して頂きました。

ご存知の通り、早稲沢浜キャンプ場は、JBトーナメントの舞台となっており、数多くの名手たちの歓喜と落胆を見届けてきた会場です。
そんな会場でF.B.I. の曲者たちがどのように躍動するのか。。。楽しみです!
皆様奮ってご参加下さい!
received_1119382971551248


received_1119382901551255


1試合のみのスポット参戦も歓迎致しますので、ロコのフローターマンの皆様も是非!
(※初出場の方、18歳未満の方、女性は無料です)



~2018 フローターマスターズ 第5戦【桧原湖(早稲沢浜キャンプ場】開催概要~

開催日 :2018年9月2日(日)
開催場所:福島県 桧原湖(早稲沢浜キャンプ場)  ※地図参照
参加費 :¥4,000 ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
受 付 :AM4:30
スタート:ノンオール艇:AM5:30、オール艇:AM6:30
ウェイイン:13:30

※ノンオールの方は、ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。

~地図~
Screenshot_2018-08-06-18-15-17


~詳細地図~
Screenshot_2018-08-06-18-15-43



◎会場利用方法について
キャンプ場に入場してすぐ桟橋や釣り用駐車場がありますが、そのまま右手の砂利道を進むと湖畔近くに車を停められます。(試合時のエントリーポイント、車中泊の指定場所もそちら側となります)
received_1119382978217914


●利用時間
朝は何時から出ても大丈夫ですが、帰着は17時までです。
厳守でお願い致します。
●受付
朝は受付が空いていません。8時に出勤されるとのことです。
17時には帰ってしまうそうなので、必ずその間に受付と料金のお支払をお願い致します。
●利用料金
1日のみ 1000円
車中泊 上記プラス300円
例)1日釣り→車中泊→翌日午前中釣り
=2300円
となります。
※試合当日分の1000円については、F.B.I. が負担致します。前もってプラに入られる方は、当日分1000円を除いた金額をご自身で計算の上、お支払願います。
個別の支払い確認は行いませんので、お手数ですが各自責任をもって受付をお願い致します。
その他キャンプ場の方に別途指示を受けた場合は、それに従って下さい。
円滑な大会運営のため、トラブル等起こさないようご協力をお願い致します。

・その他、参加される方は必ずFBIのレギュレーションをご確認ください。

※台風シーズンですので、台風の影響で中止となる場合がございます。
その場合は前もって当ブログとメーリングリストにてお知らせしますので、各自情報収集をお願い致します。




フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、興味のある方は是非一度参加をご検討下さい。



エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは

floatermasters.entry@gmail.com

まで宜しくお願い致します。

※締め切り:8月30日(木)の正午
以降は現地にて直接エントリー下さい。

なお、エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
(過去1戦でも参戦された方は氏名のみでも大丈夫ですが、なるべくフルネームをお願い致します)

氏名:

住所:

携帯の電話番号:

携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):

※携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。

F.B.I. 20th Birthday Cerebration FBIレジェンドマッチ 延期のお知らせ

◎レジェンドマッチ延期のお知らせ
今週末に予定していたレジェンドマッチですが、台風の進路予報が当日の大会時間と重なっているため延期の判断をいたしました。
非常に残念ではありますが、9/23(日)に延期とさせていただきますので万障お繰り合わせの上、ご参加いただけますと幸いです。

比較的小さな台風で進路も不安定なことから、当日は問題ないようにも思いますが、やはり晴れた日に前夜祭から外でワイワイとやりたいと思っております。
さすがにFBIのレジェンド達が集まるとなると、恒例の悪天候がタイミングよくやってきますね。。。
久しぶりにフローターを引っ張り出して準備をされていた方の話も聞いていたので再会を楽しみにしていたのですが、
近年のFBIでは「朝の段階で風速7m/s以上の風」の場合、中止の判断をしているので、今回の判断、何卒ご了承ください。

*************************************
~F.B.I. 20th Birthday Cerebration FBIレジェンドマッチ~

qqqqqqq


日時:2018年9月23日(日) 6:00 受付、7:00スタート、14:00帰着
場所:檜原湖 ママキャンプ場
招待選手:フローターマスター、クラシックチャンプ獲得選手、特別招待枠選手(大会記録保持者等)
ルール:FBIルールを適用します
※フローター、釣り道具など不足している道具があれば事務局より貸与しますので事前に申告ください。
*************************************

上記は招待選手のみとなりますが、その他の選手も楽しめる企画を現在検討中です!
決まり次第招待選手の紹介等含め、改めてアップさせて頂きますので、お楽しみに!


【F.B.I. 事務局】

2018年 F.B.Iフローターマスターズ第4戦【三春ダム】結果







F.B.I 2018年フローターズマスターズトーナメント第4戦となる三春ダム戦が7/15(日)に開催されました。

レギュラー戦での開催は実に4年ぶりとなる開催。
過去の試合では、2kg級×2本(いずれも50UP)やF.B.I歴代レコード第3位となる3本4,785gがウェイインされており、今回も大型バスがどれだけウェイインされるか期待が高まりましたが、「F.B.Iお約束の何らかの障害」が今回もいくつか発生し、非常に厳しい条件の中での試合となりました。

今大会のエントリーは25名。
前戦に引き続き、今回も新たに1名の初参加がありました。

湖の状況は、地元ロコ選手からの情報では、水温、アオコの量などはほぼ例年どおりとのこと。
しかし、「F.B.Iお約束の何らかの障害」
<その1>
「水位が例年より若干高め・・・」
皿状に近いダムですので、多少、岸際にバスが身を隠すカバーがあった方が狙いが絞りやすいですが。。。
大会直前の雨の影響で水位が急に2m程上がり、岸際すべてが冠水ブッシュとなってしまいポイントが絞りにくくなったようです。

<その2>
「猛暑・・・」
気象庁が前日14日に緊急記者会見を開いて全国的に熱中症対策を促すほど!
東北南部もちょうど梅雨明けとともに高温注意情報が発表されましたが、ほんとに暑かった。。。

<その3>
「電気ショッカーによる駆除・・・」
ある地方の行政が公表している「外来魚簡易防除方法マニュアル」によると、電気ショッカーボートによる駆除は、「ボートの接近とともにバス類が深い水深に逃避するため捕獲は偶発的となり、駆除効率はよくない」と書かれております。
生死に関わる問題ですから、バスのみならず、三春ダムに生息する生き物全てが、船(らしき大きな動くもの)の気配を感じたとたんにさっと、沖へ逃げるのは当然です!
通常であれば一年のうちで一番見えバスがいるはずのこの時期に全くといっていいほど、バスのみならず、小魚やエビ類なども含め、三春ダムの生き物たちはシャローから姿を消してしまいました。。。

こういった非常に厳しい状況は状況として、三春ダム管理事務所や三春町のご理解もあって、前日土曜日から「三春町営ボート場」をお貸しいただき、選手達は快適な環境の下で試合をすることができました。


 monn
ご理解をいただき、きちんとした手続きを経て施設を使用させていただきました。
P7150140_R
受付の様子。
P7150143_R
P7150144_R
試合開始前のミーティング。
進入禁止、釣り禁止エリアの確認。当日の天候の確認や熱中症予防の呼びかけなどしっかり行いました。
P7150148_R
今回初参加の関根さん!
次回、桧原湖戦への参加も期待しておりますよ!
P7150135_R






桟橋まではかなりの距離のある坂となっています!
P7150136_R
釣果しだいではこのように見えるかも・・・。(笑)
DSCF6693_R

桟橋からだとエントリーも楽チンです!
P7150149_R

DSCF6700_R
前回初参加の剣持さん親子は今回も参戦してくれました!うれしい!
DSCF6696_R
久しぶりのイーハトーブ木幡氏!
DSCF6694_R
気合いだっ!
DSCF6695_R
いえいえ冷静に。。。
P7150154_R
P7150155_R
5:30。ノンオール組がスタート!

余裕の長門サン
既に2連勝で余裕の長門氏!?
P7151937_R
スタート前

DSCF6713_R
DSCF6714_R
今大会を最後に故郷のアメリカに戻るMattさん。何を思う・・・
DSCF6717_R
DSCF6718_R
P7151939_R
6:30。オール組がスタート!
P7151945_R

小熊サン
ウェイイン率の高い小熊氏。
今回はどんな魚を持ち込んでくるか!?
細貝サン
この人が、過去の三春戦で50UPを2本持ち込んだ細貝氏。
今回はどんなビッグワンを水揚げするのか!?
富永サン
BeeのMasterpieceとなるであろうポンツーン「VARTEX」の白い木馬スタイルVersionにまたがる富永氏!
んんー!カッコイぐね!?
関根サン
初参加の関根さん!
早くもバス!?をゲット??
荒木サン相楽サンP7151954_RP7151952_R苦悩の長門サン
絶好調の長門氏が・・・ただいま苦悶中???

水分補給
既に湖上で祝杯?をあげる小池氏。




さて、ウェインです!
今回はプラクティスからの状況どおり相当タフな結果となりました。。。
さはさりながら、参加選手全員が一生懸命にバスを追いかけました!
結果は25名中9名がウェイインしましたが、全員1本のみ(ノンキーパー除く)という非常に厳しい結果となりました!

P7150180_RP7150355_R
第9位 剣持氏。
3本ウェイインしましたが、残念ながらうち2本はノンキーでした。。。
唯一ウェイインした魚は3位に相当するウェイトでしたが、ノンキーウェイインによるペナルティーで惜しくも9位となりました。
次はキーパー3本でお立ち台に立たれることを期待しております!

P7150177_RP7150394_R
P7150448_R
第8位(BB賞) 相樂氏。
ポンツーン歴はまだ数か月というのに、購入して間もなくの小野川湖戦では、既に上級者並みのスタンディングによるビッグベイティングという非凡さを見せつけました!
このタフな三春でもしっかりウェイイン!
本人的には全く納得いかないサイズのようですので、次回桧原湖戦ではビッグラージを持ち込んできてくれるでしょう!
そしてこれから本ブログでもイジりがいのあるキャラのような匂いがしておりますので、色んな意味で是非今後の活躍に期待したいと思います!

P7150167_RP7150420_R
第7位 佐藤氏。
朝、気合いを入れてスタートしていった佐藤氏が見事ウェイインしました!
前回の古渡戦も不本意なサイズで終えており、かなりフラストレーションが溜まっていることでしょう。。。
前試合から高久副代表は「佐藤氏の実力はこんなもんでないだろうっ!」っとなぜか鬼教官モード!何故か佐藤氏もそういうしごきにまんざらもない様子(笑)
次戦の桧原湖戦ではどんなしごきがまっているのか!期待しているのか!?

P7150165_R
P7150433_R
第6位 菅谷氏。
皆様すでにお馴染みのF.B.Iの仏頂面 菅谷氏が今回もしっかりキャッチしてきました!
ただちょっと今回は爽やかだったんですよね。。。
少し仏頂ぶりが足りなかったと・・・(笑)
桧原湖戦は有無を言わさずに仏頂ってください!
P7150169_RP7150446_R
第5位 竹部氏。
スモール戦では無類の強さを見せる竹部氏が、スモールだけでないことを証明してみせた!
タフなコンディションでもじっくりと釣ってくる強さを見習いたいものです!
次は得意の桧原湖戦!期待しています!

P7150163_RP7150447_R
第4位 蔀氏。
ビッグバスだけを求めて、エクスプライド173XHに20lb.のフロロでテキサスの提灯を冠水ブッシュに打ちまくり、終了20分前に念願のバイトの後、フルフッキングしたらこのバスが飛んできて、そして心が折れたようです(笑)
今シーズン。順位は安定しているものの、本人は相当納得いっていないようですので、次戦が楽しみ!?といったところでしょうか。。。

P7150170_RP7150450_R
第3位 今井氏。
かつて、丸型フローターを二連結し、「バス釣り裏技ブック」に掲載されるも誰も真似しない!
などなど、地球人には理解不能な行動を取ることから「宇宙人」と呼ばれてきたIMAKAZUこと今井氏が見事お立ち台!
見た目も行動も宇宙人ですが、F.B.Iに参戦するときは、他選手が忘れ物をしても困らないよう、フローターを2台持ってきたり、ネットを余計に積んできたりと、BOSSのCMに出てくる「宇宙人ジョーンズ」もびっくりの周りに気を使いまくる超いい宇宙人!
この日も他の選手がネットを忘れてきたのを知って、喜んで持参のネットを貸し出ししていました!
次回、桧原湖戦ではどんな宇宙人ぶりを見せてくれるか乞うご期待!
P7150462_R
「IMAKAZU劇場」

IMAKAZU:「あ、親父が迎えに来た!」
蔀:「あー!あのオレンジに光る物体か!」
仏頂面:「・・・・・・。(あ、相手にしたら俺も洗脳されるヽ(; ゚д゚)ノ )」

P7150176_RP7150451_R
第2位 鈴木氏。
今シーズンはこれまでおとなしくしていた、世界のヤスハルがついに牙を剥きました!
プラのときから見つけていたクランキングパターンを本番でも生かしてしっかりキャッチ!
やはり本気を出したらかないません!
残り2戦。まだまだタムケンネタ以外のネタを隠し持っていそうです!


P7150183_RP7150453_R
第1位 小池氏。

先のサッカーW杯では、「おっさんジャパンの反乱!」などと世界中から「おじさん」が注目をされました!
そして三春ダム戦でも、「普通のおじさんの皮をかぶった普通じゃないおじさん(通称:ディスリ王小池)」の反乱が起こりました!
スタンプ周りを得意のドライブクローラーのネコリグでリアクション的に口を使わすアプローチにより、今大会唯一キロオーバーのバスをウェイインし、見事優勝!
ビッグフィッシュ賞も獲得し、いっきに年間ランキング一位にのし上がってきました!

やっぱりこのおっさん!
半端ないって!!




P7150482_R



<成績>
優勝 小池章良 1本 1035g(Big Fish)
2位 鈴木康晴 1本 420g
3位 今井一行 1本 395g
4位 蔀 賛也 1本 375g
5位 竹部 亮 1本 350g
6位 菅谷武志 1本 330g
7位 佐藤修二 1本 325g
8位 相樂久善 1本 300g
9位 釼持 亮 1本 195g(ペナルティー△200g)




P7150161_R
P7150171_R
マットさんがこの三春戦をもってアメリカに帰国することとなました。。。
とても寂しいけど、アメリカでもがんばってね!!
Thank you for everything.
We are friends forever.
May your life be always full of love and happiness!




P7150472_R


P7151963_R

received_1663759837079186

次回はみんなが大好きな桧原湖戦!
しかも今回は、JB戦も行われている早稲沢キャンプ場をスタート地点とする初の試みです!
時期的には難しいかもしれませんが、グッドサイズのスモールが期待できますので、皆様奮ってご参加ください!


Report:Y.Shitomi

Photo:T.Okamoto,S.Sugawara,A.Koike

Special Thanks:三春ダム管理所、三春町営ボート場、S.Takimoto














P7150463_R
村人:「いや、ほんとだ!まちげぇねー。オラ、むごうの方がらオレンジの光がピュッーと飛んでくんの見だんだぁ!」
記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ