2019年

2019年 フローターマスターズ第6戦【霞ヶ浦/小野川河口・古渡】大会結果

2019年10月6日(日)、茨城県は霞ヶ浦にて2019 F.B.I. FLOATERMASTERSトーナメントの第6戦が行われました。
71774561_516355302481503_8016053925335531520_n



今年は第4戦が中止となり、残りはこの第6戦と最終の代替戦のみ。
いずれも霞ヶ浦での開催ということもあり、難しい展開が予想されます。
現在の年間ランキングは混戦模様で、この霞ヶ浦2連戦で連続優勝などすれば、まだまだマスターの可能性を残す選手が多数いる状況でした。

しかし自然はそんな状況はお構い無し。先月襲来した台風の影響を受け、湖の状態はかなり厳しいものに。。。
プラに入った多くのメンバーからも、全く釣れない。単発でデカイのが釣れても、再現性は無し。リミットはまずムリでは。。。
などネガティブな声が聞こえてきました。

72441154_2023445114422444_6828871810205876224_n

前日は好天。気温も30℃ほどまで上がり、夏の気配
夜は皆で飲みながらラグビー観戦!
日本代表最高です!!!

そして迎えた当日。

PA063471

PA063475

朝から強風に雨。。。
気温も前日から5℃以上低下する予報。。。
F.B.I.特有の、「試合日は荒れる」ジンクスがフル稼働

今大会のエントリーは22名。うち3名が新規の方となりました。

PA063485

新規の岩松氏&鹿又氏はフローター歴20年!霞ヶ浦がホームという楽しみなお二人

PA063487

もう1人の齋川氏は、昨年のROY、剱持亮ちゃんの後輩。厳しく育てられているご様子(笑)

ミーティングの様子
PA063476

トーナメントディレクターの伊藤氏から、禁止エリアや注意事項が説明されていく。

PA063497

ノンオール艇スタート

PA063502

1時間後オール艇のスタート。


試合の様子

received_1729498627182856

Beeの青い稲妻(笑)小熊氏はスモールの名手(上)
黒いマーカーブイになってから絶不調の細貝氏はダウンショットの名手(下)
PA063522

PA063510

初参加の岩松氏(上)と
同じく初参加の鹿又氏(下)
共にオール付きゼファーで参戦
PA063511

PA063520

初参加の齋川氏(上)と
その先輩剱持亮氏(下)
昨年のROY。今回はいかに!?
PA063518

PA063521

Beeのポンツーンに乗る会計担当の天沼氏。珍しく諦めモード?(上)
と第2戦で初入賞し波に乗ると思われていた斉藤氏はお手上げのジェスチャー?(下)
PA063506


迎えた帰着。やはり釣果は厳しく、22名中ウェイインはわずかに7名となりました。

《ウェイイン&賞品授与》
PA063554


PA063564

初参加のお三方には、粗品+ゲーリーインターナショナル(株)様からの協賛品をプレゼント

PA063565

今回は荒天の中頑張ったこともあり、全員に協賛品を配布
こういったことが出来るのも、協賛していただける各社様のおかげです!
ゲーリーインターナショナル(株)様、ありがとうございます!!!
P_20190420_090125


《7位~4位》
PA063533

received_2350810325159067

PA063563

PA063535

PA063515

PA063562

PA063537

received_530457524195072

PA063561

PA063538

received_2333143723664794

PA063560


《上位3名とパターン解説》
第3位 谷口氏
PA063542

PA063568

PA063574

今期より参戦の谷口氏。
地元茨城ということもあり、精力的にプラを敢行し初のお立ち台に!
上位陣とのプラクティスでの情報や、当日の天候、自分がコンフィデンスを持つルアーや攻め方、全てをミックスし考えを巡らせ、ノンオールながら見事に2尾をウェイインしました!
ヒットルアーはスモラバ1.4g+ディトレーター(ゲーリー)
荒天の中敢えて軽いスモラバを使い、葦際から外に漂わせるアクションで釣ったとのことでした。

第2位 荒木氏
PA063545

PA063569

PA063576

マッディシャローの打撃戦や、裏磐梯のスモール戦、様々な展開が繰り広げられるF.B.I.にあって、毎年好成績を上げている荒木氏。
一昨年、昨年は若干成績を落としていたものの、今期は初戦から好調を維持。久しぶりにお立ち台となりました!
得意のスーパーシャローの接近戦を念頭にプラを行い、1週前にエリアとパターンを発見。
ヒットルアーはエスケープスイムツインのテキサス。葦際に投げそこからスイミングという技ありの攻め方で、難しい霞ヶ浦でしっかりリミットメイクしました!

優勝 菅原氏
PA063546

PA063571

PA063580

昨シーズンから好調の菅原氏。昨年は初めてクラシックにクオリファイされると、今期は一気にマスターまっしぐら!
2勝目&ビッグフィッシュ獲得で、マスター獲得に大手を掛けました。
小野川湖での優勝、そして今回霞ヶ浦での優勝と、全く毛色の違う展開でもしっかりアジャストしてくる菅原氏。
今回は台風後の激濁りの中、バスはどこにいるのか?をしっかり考えぬき、得意の小野川中流のストレッチをチョイス。
多くの選手が同じストレッチをシェアする中でも、丁寧なアプローチでバスを絞り出し、圧巻の3kg超えを果たしました!
ヒットルアーはドライブビーバーのテキサス。バスがいるインサイドにしっかり撃ち込むことができれば、落ちパクで食ってくる。とのことでした。

《成績表》
優勝  菅原翔也 3本 3020gBF1290g
第2位  荒木洋忠 3本 2705g
第3位  谷口素之 2本 1410g
第4位  小池章良 2本 1365g
第5位  菅谷武志 1本 1040g
第6位  高久雄多 1本 720g
第7位  蔀 賛也 1本 665g
以下15名ノーフィッシュ

皆様荒天の中最後までありがとうございました!
次回の州の野原が2019年最後のレギュラー戦となります。

《集合写真と上位3名》
PA063586

PA063587


《年間ランキング》
received_774338226316214


今回の結果で、マスター争いは菅原氏と蔀氏に絞られることに。。。
蔀氏が菅原氏を抜くには、1位&ビッグフィッシュ獲得かつ菅原氏が8位以下という狭き門。
しかしいくつものドラマが繰り広げられて来たF.B.I.
奇跡の逆転AOYはあるのか!?菅原氏が突き放して圧勝となるのか!?
目が離せません!

【F.B.I事務局 】

2019年 フローターマスターズ第6戦【霞ヶ浦/小野川河口・古渡】のご案内

夏休みも終わり、秋の気配が日ごとに強くなっていますね。

さて、F.B.I.トーナメントはいよいよ大詰めを迎えております。
第6戦の舞台となるのは、関東バスフィッシングの聖地。霞ヶ浦。
スタート地点は西岸の小野川河口、古渡エリア。
昨年に続き2年連続の開催となります。
thumbs_P6170021_R

thumbs_P6170050_R


※第6戦ですが、第4戦中止に伴い実質第5戦となります。最終戦は10/27(日)の代替戦 州の野原 です。

今年のマスター争いは大混戦。
4位までポイント差が20pt程度しかなく、1戦の順位次第で逆転or陥落というヒリヒリする展開となっております。
年間の締めとして行われるクラシック出場権獲得も、まだまだ皆にチャンスがあります!皆様是非ともご参戦下さい!

なお、F.B.I.では随時新規参加者を募集中です!お気軽にお問い合わせ下さい。
(※初出場の方は参加費無料)


~2019 フローターマスターズ 第6戦【霞ヶ浦/小野川河口】開催概要~


開催日 :2019年10月6日(日)
開催場所:茨城県 霞ヶ浦西岸※地図参照
参加費 :¥4,000 ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
受 付 :AM5:30
スタート:ノンオール艇:AM6:30、オール艇:AM7:30
ウェイイン:14:30
※ノンオールの方は、ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。


~広域地図~
Screenshot_20190905-085047


~詳細地図~
Screenshot_20190905-085031


◎釣り禁止エリア
・大山スロープ周囲50m
・小野川内真珠棚
・各所ドック内側
・水門の通過
※その他FBIルール参照

◎注意事項
・参加される方はFBIのレギュレーションをご確認ください。
・魚を生きたまま湖から持ち出すことは法律により禁止されています。計量時を含む魚の取り扱いは、釣った選手自身が行うようにしてください。
・鯉師など、他の釣り人に充分ご配慮下さい。
(特にプラクティスでのエンジン使用時等)
・マリンジェットが多いので、横断等充分気を付けるようお願い致します。※目立つ格好を心掛けて下さい。


フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、
興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは、

floatermasters.entry@gmail.com

まで宜しくお願い致します。
エントリーの〆切は、10月3日(木)の正午とします。

エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。


氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):




【F.B.I.事務局】

2019年 フローターマスターズ第5戦【秋元湖】大会結果

2019年9月1日(日)、福島県は秋元湖にて2019 F.B.I. FLOATERMASTERSトーナメントの第5戦が行われました。

P9013281


裏磐梯3湖における最終章。舞台は、3湖の中でももっとも自然豊富な秋元湖。
今回は、例年スタート地点としていた大倉川河口を離れ、F.B.I.では初となる【バックスキャンプ場】をスタート地点としました。

P8313221


ここ数年の秋元湖の結果を見ていくと、やはり桧原湖に比べるとローウェイトの傾向。アベレージサイズも300g前後と小さく、なかなかナイスサイズでまとめるのが難しい印象。
しかし逆に単発のデカイ魚が入ることも多く、秋元湖に通っているメンバーからは、桧原湖よりもキロフィッシュは釣れる可能性が高い。という何とも気まぐれな湖です。

湖の状態としては、調子が上がっては来ているもののまだまだ低調。
お盆から精力的にプラをしているメンバーからは、いくらでも釣れるがほとんどノンキー。キーパーを釣る手段がなかなか見えない。との感想が聞かれました。

P8313226

P8313228

P8313229

前日から天気はまずまず。
思い思いに自然を楽しみながら夜は更けていく。

そして迎えた当日。

P9013230

暗いうちから受付スタート

P9013245

P9013243

ミーティングの様子
競技時間、キーパーサイズや禁止エリアの確認等が行われます

P9013257

秋晴れの気配

天気予報はくもり時々晴れ。昼には西風が吹き、気温は25℃と過ごしやすい初秋の空模様。

今大会のエントリーは裏磐梯にしては非常に少ない23名となりました。

P9013265

ノンオール艇スタート

P9013286

1時間後オール艇のスタート。

試合の様子

received_508156849997465

ナイスファイト!な宮澤氏(上)
このあと不運に見舞われるとは。。。残念無念。。。
桧原湖ではビッグフィッシュ賞の中島氏(下)
今回はいかに。。。(笑)
received_864927573891035


received_373516343550831

ポンツーンのフレームを半分忘れるというおっちょこちょいさを見せた斉藤氏(上)
宮澤氏の機転によりノンオールで滑り込みスタート!
お花越しの最年長 剱持パパ氏(下)
いつも笑顔で参戦してくれるF.B.I.のお父さん!
P9013273


received_2087188851385890

桧原湖の名門ガイドの常連宮崎氏(上)と
福島のドン 富永氏(下)
Beeの白いポンツーンが湖上に映える!
received_381300685891266


P9013348

秋元湖では完全に野人と化す新井氏(上)
と今期のROY筆頭 スモールが得意な板橋氏(下)
received_2362637617188337


迎えた帰着。
received_397538414231990

この二人はなにやら余裕そうだ。。。

結果23名中ウェイインは19名となりました。
《19位~11位》
P9013358

P9013400

P9013354

P9013398

P9013355

P9013356

P9013395

P9013369

P9013380

《10位~4位》
P9013360

P9013402

P9013366

P9013403

P9013379

P9013404

P9013362

P9013405

P9013374

P9013406

P9013372

P9013407

P9013376

P9013408


《上位3名とパターン解説》
第3位 高久氏
P9013390

P9013410

P9013415

桧原湖ではレギュラー戦初の優勝を果たした副代表の高久氏。
今回も精力的にプラを重ね、3位に入りました。
釣った場所は大倉エリアのフラットと岬絡みのストレッチ。
朝一大倉までロングドライブすると、水深3.5mほどに何やら良さげなベイトとバスの群れを発見。
ライトキャロ(HMKLアライブコビー)を投入すると、回収しはじめたタイミングでバイト!このバイトがヒントとなり、すぐさまルアーをHPシャッドテール2.5にチェンジ。ボトムから巻き上げる通称巻きキャロでバイトを量産しました。
その他ヘビキャロ(ドライブビーバー3)で秋元湖ではキッカーとなる800gオーバーをキャッチするなど、他とは少し違うアプローチでウェイトを固めてきました。

第2位 菅原氏
P9013382

P9013411

P9013421

昨年後半からお立ち台常連となりつつある菅原氏。
小野川湖同様、得意のスモール戦で今期2回目のお立ち台に。
実は菅原氏、6年前の初参戦が秋元湖。現副代表の高久氏とともに、初年度の初場所でデコった苦い思い出を持っております(笑)
しかし着実に力を付けてきた今回、4kmのロングドライブの末たどり着いた大倉川河口のブレイクで、多くのボーターに囲まれつつ圧巻のバイトラッシュを演出して2位に。
ルアーは高久氏同様、HPシャッドテール2.5のライトキャロ。
ボトムで素早く動かしてステイ。という技ありのアクションで、気まぐれな秋元湖スモールを悩殺しておりました。

優勝 蔀氏
P9013387

P9013413

P9013426

P9013293

しつこいようですが、ご存知霞のプリンス(自称)
蔀氏にとって秋元湖とは。。。
初めてポンツーンに乗った湖。
歴代最低ウェイト(ペナルティにより95g)を更新した湖。
マスター争いに敗れうちひしがれた湖。
そんな様々なドラマを演出してきた思い出の地。
今回プラでは珍しく?迷走。ノンキーばかりでヤバいかも。。。と言っていましたが、前夜の飲み会での何気ない会話から開眼。そういえば。。。と攻めかたを思い出し、2年前マスター争いに敗れた思い出のスポットへ行くことを決意。
あの日逃したバスと思い出を見事に回収し持ち帰ってきました。
そのウェイトは圧巻の3本2800g!
1305gのビッグフィッシュのみならず、他を圧倒する大型スモールで揃えました。
釣り方は特殊なことではなく、ベビーサーディンのダウンショットリグ。
大倉川河口周辺のピンスポットで、気まぐれなスモールに下手に出ることが重要とのことでした(笑)
※細かい解説は大会に参加するとガッツリ聞けますよ!

《成績表》
優勝  蔀 賛也 3本 2800gBF1305g
第2位  菅原翔也 3本 1905g
第3位  高久雄多 3本 1655g
第4位  滝本 進 3本 1345g
第5位  菅谷武志 3本 1185g
第6位  小池章良 3本 1155g
第7位  宮崎幸治 3本 1085g
第8位  伊藤洋治 3本 970g
第9位  小熊一弥 3本 930g
第10位 荒木洋忠 2本 805g
第11位 富永裕一 3本 730g
第12位 剱持 亮 3本 640g
第13位 板橋広樹 3本 625g
第14位 竹部 亮 2本 585g
第15位 細貝浩一 2本 445g
第16位 岡本隆義 1本 255g
第17位 長門秀樹 1本 230g
第18位 斉藤征泰 1本 225g
第19位 中島和喜 1本 50g(P-200g)
以下4名ノーフィッシュ

今回は有望エリアである大倉川河口までロングドライブを敢行した選手が上位を占めました。
通常手漕ぎの船で行こうとは思わない距離(片道約4km)ですが、F.B.I.では多くの選手がそれを実行。
まさに「人力で成しうる国内最高峰のトーナメント団体」にふさわしい内容だったのではないでしょうか?

《集合写真と上位3名》
P9013427

P9013430


《年間ランキング》
received_526498171513878


なお、今回はバックスキャンプ場に様々なご配慮を頂き、無事大会を開催することが出来ました!
最後にはなりましたが、深く感謝致します。
その他、協賛品を頂いたBeeboat様、いつもありがとうございます!

次回は秋の霞ヶ浦 小野川/古渡
皆様奮ってご参加下さい!

【F.B.I事務局 】

2019年 フローターマスターズ 第5戦【秋元湖/バックスキャンプ場】のご案内

うだるような暑さとなっている夏休み。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
F.B.I.もこの猛暑となる8月はトーナメントをお休みし、後半戦は9月からスタートとなります。

今年は第4戦の北浦戦が荒天中止となり(10/27州の野原で代替戦開催)、今回の第5戦が実質4戦目となります。

第5戦の舞台となる秋元湖は、裏磐梯3湖の中でももっとも野趣溢れるフィールド。
人があまり入らないこともあり、猿や熊などを頻繁に目撃します。
KIMG0191

F.B.I.では10年ほど前から定番のフィールドとなっており、メンバーの中でもこの湖のファンが多く存在します。


現在のランキングはまさに混戦。
この第5戦が、今年の運命を握ると言っても過言ではないでしょう。
皆様奮ってご参加下さい!
thumbs_1e56d3de


なお、F.B.I.では随時新規参加者を募集中です!お気軽にお問い合わせ下さい。
(※初出場の方は参加費無料)


~2019 フローターマスターズ 第5戦【秋元湖/バックスキャンプ場】開催概要~


開催日 :2019年9月1日(日)
開催場所:福島県 秋元湖(バックスキャンプ場)  ※地図参照
参加費 :¥4,000 ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
受 付 :AM4:30
スタート:ノンオール艇:AM5:30、オール艇:AM6:30
ウェイイン:13:30
※ノンオールの方は、ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。

~広域地図~
Screenshot_20190812-201802


~詳細地図~
FB_IMG_1565651446348


※※必読※※
会場利用について
●プラクティス時
桧原湖バックスにて受付(5時30分から)
1日1000円(駐車、持ち込み)
FB_IMG_1565651410573


●大会前日から
受付はF.B.I.でまとめて行っておりますので不要です。5時には入場できるようにしております。
前日プラの利用料金1000円は、大会当日受付にてお支払下さい。
当日分はF.B.I.で負担致します。
※金曜日からの方は金曜日分を個別に受付してお支払願います。
FB_IMG_1565651452920

駐車スペースは上記を参照し、なるべく詰めて停めるようにして下さい。

◎釣り禁止エリア
・ダムサイト、ブイの内側【進入禁止】
・発電設備周辺 ブイの内側

※その他FBIルール参照

◎注意事項
・参加される方はFBIのレギュレーションをご確認ください。
・魚を生きたまま湖から持ち出すことは法律により禁止されています。計量時を含む魚の取り扱いは、釣った選手自身が行うようにしてください。
・ブヨ対策をおススメします。
・近年、クマ・猿が出没します。食べ物を放置しないようご注意ください。


フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、
興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは、

floatermasters.entry@gmail.com

まで宜しくお願い致します。
エントリーの〆切は、8月29日(木)の正午とします。

エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。


氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):




【F.B.I.事務局】

F.B.I. フローターマスターズ 第4戦【北浦】中止の報告

本日開催予定であった
F.B.I. フローターマスターズ第4戦
【北浦/最上流部】 ですが、荒天の為中止とさせていただきました。

P7063079

P7063083


トーナメントのルールでは、前日18時時点で、大会当日の風速が7m/sを超える場合中止とすることになっております。

ここ数日間天気予報をこまめに確認して行きましたが、若干の荒天は予想されたものの、予報がコロコロ変わっており、風速4m/sが最も優勢であった為、通常通り開催の予定で前日を迎えました。

迎えた前日

P7063075


各々悪天候の中前日プラを行い、ギル、キャットなど外道の釣果を重ねていきます(笑)

P7063078

KIMG0148

P7063102


夜の時点での予報はギリギリ保たれており、yahooの予報では風速6m/s
開催予定で就寝しました。

P7063082

P7063085

この時点ではこのぐらいの天気が当日も続くと思っていた。。。

迎えた当日

received_383741519014004

まさかの大荒れ。

最もネガティブな天気予報でも朝の風速は5m/sでしたが、当日は明らかにそれを上回る荒れ方。
yahooの予報も中止判断ラインの7m/sを表示していることから、急遽集まったメンバーで協議

P7073128


ノンオール(通常のフローター)も今回12艇ほどエントリーしており、スタート地点から動けない(動いたら危険)ことが予想されたことから、幹部判断で中止を決定致しました。

昨年に引き続き2度目の中止。
新規参加や、桧原湖から復帰した古参メンバーの参戦でエントリーは25名を数えており、何とか実施したかったですが。。。
安全第一を考えた苦渋の決断でした。

プラでバス自体はまぁまぁ釣れており、特に両副代表は3本3500gの争いになるとの感想を持っていました。

KIMG0143

sp-078156400s1561902900

プラで両副代表が釣っていたキロフィッシュ

この中止が今年のランキングにどう影響してくるのか?今後の試合展開から目が離せません。


なお、今年は中止の代替戦として、10月27日に州の野原戦が確定。
後半は試合が多く忙しくなりますが、皆様とまたお会いできるのを楽しみにしております。


【F.B.I.事務局】

2019年 フローターマスターズ第4戦【北浦/最上流】のご案内

先日の桧原湖戦の余韻に浸る間もなく、次のトーナメントがすぐそこに差し迫っております。
早くも折り返しの第4戦。舞台は茨城県、霞水系のひとつ【北浦】

FB_IMG_1560854077173


北浦の開催は約4年振り。今回は初となる、巴川河口付近、北浦最上流エリアをスタート地点とし競技が行われます。

南北に細長い北浦は、風の影響を受けやすく、オンオフの激しいフィールド。良いときは釣れるけど。。。と難しい印象を持っている選手も少なくないはず。
逆に言えば、ここでハメれば一発逆転もある。そんなフィールドです。

なお、F.B.I.では随時新規参加者を募集中です!お気軽にお問い合わせ下さい。
(※初出場の方は参加費無料)


~2019 フローターマスターズ 第4戦【北浦/最上流】開催概要~


開催日 :2019年7月7日(日)
開催場所:茨城県 北浦(最上流西岸)  ※地図参照
参加費 :¥4,000 ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
受 付 :AM4:30
スタート:ノンオール艇:AM5:30、オール艇:AM6:30
ウェイイン:13:30
※ノンオールの方は、ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。


~広域地図~
FB_IMG_1560825801859


~詳細地図~
FB_IMG_1560825849830


◎釣り禁止エリア
・野鳥看板の内側【進入禁止】
・エリ、刺し網等生きている漁具周辺
・各ドック内側
・アサザ保護の水面
・保護水面【釣り禁止】
※その他FBIルール参照
FB_IMG_1560825863748


◎注意事項
・参加される方はFBIのレギュレーションをご確認ください。
・魚を生きたまま湖から持ち出すことは法律により禁止されています。計量時を含む魚の取り扱いは、釣った選手自身が行うようにしてください。


フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、
興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは、

floatermasters.entry@gmail.com

まで宜しくお願い致します。
エントリーの〆切は、7月4日(木)の正午とします。

エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。


氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):




【F.B.I.事務局】

2019年 F.B.I フローターマスターズ 第3戦【桧原湖】大会結果

2019年6月16日(日)、福島県は桧原湖にて2019 F.B.I. FLOATERMASTERSトーナメントの第3戦が行われました。

DSCF7051

桧原湖は、言わずと知れたスモールマウスの聖地。
多くのトーナメントも開催される、まさに名門レイクです。
今回は、創成期よりお世話になっている、西岸の【ママキャンプ場】をスタート地点としました。

P6162822

近年のトーナメント結果を見て行くと、スモールでウェイトを固めて堅実に伸ばして行くか、ラージで一発ウェイトアップを狙うか。。。どちらを取るかが大きなプラン選択となっております。
スモールの大型化により、ラージ一本では勝てない。そんな状況が上記の戦略選択をさらに複雑化させ、まさにトーナメント!といった雰囲気。

湖の状況はというと、軒並み好調との情報で、プラに入った選手は釣りまくっている。。。とのこと。
しかし当日の天気予報は最悪の予報。
金曜日には夏日となりよく釣れているとのことでしたが、前日は雨と強風で大きく気温も低下。土曜日から日曜日にかけ雨も降り続き、この天候の変化が気まぐれなスモールさんたちにどう影響するのか?多くのメンバーに不安が見て取れました。

P6162874

そして迎えた当日。

朝はまだ穏やか。
しかし天気予報は嵐。。。昼には爆風が吹き荒れ、気温も15℃と初夏とは思えない予報。
※今回は運営陣で都度協議を行い、風速、風向を加味し実施できると判断しました。(yahoo予報で最大6m/s、風裏が競技エリアの為実施を決断)

P6162818

今大会のエントリーは31名

P6162832

ミーティングの様子
トーナメントディレクターの伊藤氏から、禁止エリアや注意事項が説明されていく。

DSCF7048

ノンオール艇スタート

DSCF7053

1時間後オール艇のスタート。

試合の様子

P6162857

デカイの釣るよ!と中島氏(上)
と最年長の剱持パパ氏(下)
P6162863


received_343313666339104

久しぶりの参戦。座頭市 飯塚氏(上)
こちらも久しぶりの参戦。ネコ先生吉川氏(下)
received_1291131891044812


received_477258529749982

参戦3年目の宮澤氏(上)と
黒いマーカーブイになってから絶不調の細貝氏(下)
received_2159826267446686


P6162864

UFOを呼ぶ今井氏(上)と
呼ばれて来た?UFO?(下)
received_370387070280658


迎えた帰着。
31名中ウェイインは30名となりました。
《30位~11位》
P6162920

P6163023

P6162969

P6162925

FB_IMG_1560775228870

P6162923

P6162928

P6162982

P6162930

P6162936

P6162929

P6162820

P6162937

P6162984

P6162987

P6163013

P6162961

P6162839

P6162952

P6162933

《10位~4位》
P6162962

P6163007

P6152805

P6163005

P6162959

P6163003

P6162967

P6163002

P6162932

P6163000

P6162945

P6162996

P6162977

P6162993


《Big Fish賞》
中島氏●1440g
P6162939

朝一スタート地点目の前のシャローブッシュ際でボイル発見!レインズスワンプのノーシンカーでキャッチしました。
まだポンツーン組がスタートする前のキャッチに、ニヤニヤが止まらなかったそうです(笑)

《上位3名とパターン解説》
第3位 関根氏
P6162973

P6163024

P6163032

福島最強の男と名高い滝本氏の紹介で昨年鳴り物入りした関根氏。
昨年は早稲沢から月島までのロングドライブを敢行しBigFishを獲得。ただ者ではない。。。と多くの選手が感じておりました。
そして迎えた今年。
今年最初の試合となったにも関わらず、飄々と参加しいきなり3位に。。。
釣ったのはぶどう島近くのフラット。2.5mほどのウィードがまばらなストレッチで、1.8gレッグワームのライトキャロでナイススモールを揃えてきました。
今シーズンルーキーオブザイヤー獲得も期待されます!

第2位 蔀氏
P6162841

P6163027

P6162991

ご存知霞のプリンス(自称)。
副代表でもある蔀氏。相変わらずの強さで、今回桧原湖では初のお立ち台に。
良かったですね。

と淡白な表現で終わらせようと思ったのですが、拗ねそうなので一応詳細を。。。
元々は霞のようなマッディレイクのスピード感ある展開が好きな彼。今回は朝の数時間はラージ狙いと決め、得意のシャローへ。
しかし残念ながら無。スモールに切り替え移動を敢行。
関根氏同様、ぶどう島近くのフラットで、センコー3のライトキャロによりナイスウェイトをまとめてきました。
蔀氏ならではの勝負感と閃きが随所に感じられた展開と言えるでしょう。
これで桧原湖への苦手意識も払拭されたとしたら。。。
来年は危険です。来年はね。。。ふふ

優勝 高久氏
P6162988

P6162909

P6163030

P6163037

2017年、2018年とクラシックを連覇している高久氏。しかし実はレギュラー戦での優勝がなく、副代表としてはあまりふがいない。。。と悩みも抱えておりました。
蔀氏と同じく、関東のマッディレイクで育ち、生粋のバンクビーター。
今回もプラ中にフロッグでラージに口を使わせ、ラージスポットをいくつか見つけており、前半と後半の数時間、バンクに張り付く姿が各スポットで散見されました。
残念ながらラージの捕獲には至らなかったものの、プラで見付けたストレッチでコンディションのよいアフター回復系の個体をまとめ釣り。
ハイウェイトの接戦をみごとに抜け出しました。
ヒットルアーはブルフラット2のスプリットショットリグ。いまや忘れ去られたリグですが、氏いわく、ライトキャロとは明確に差があるとかないとか。。。

《成績表》
優勝  高久雄多 3本 2390g
第2位  蔀 賛也 3本 2315g
第3位  関根琢也 3本 2225g
第4位  栗本雅博 3本 2190g
第5位  中島和喜 3本 2175gBF1440g
第6位  板橋広樹 3本 2160g
第7位  岡本隆義 3本 2085g
第8位  宮崎幸治 3本 2070g
第9位  小池章良 3本 2050g
第10位 伊藤洋治 3本 2030g
第11位 谷口素之 3本 1945g
第12位 新井新也 3本 1935g
第13位 影山 学 3本 1930g
第14位 有本 勝 3本 1835g
第15位 細貝浩一 3本 1785g
第16位 菅原翔也 3本 1675g
第17位 菅谷武志 3本 1655g
第18位 佐藤修二 3本 1610g
第19位 長門秀樹 3本 1550g
第20位 竹部 亮 3本 1515g
第21位 剱持 亮 3本 1510g
第22位 小熊一弥 3本 1505g
第23位 荒木洋忠 3本 1450g
第24位 今井一行 3本 1375g
第25位 吉川博文 2本 1285g
第26位 斉藤征泰 3本 1250g
第27位 宮澤 純 2本 1250g
第28位 飯塚賢一 3本 1245g
第29位 天沼央希 3本 785g
第30位 滝本 進 1本 565g
以下1名ノーフィッシュ

《上位3人と集合写真》
P6163043

P6163044

P6163039


《年間ランキング》
received_410285046239573


次回は夏の霞水系 北浦(上流エリア)
皆様奮ってご参加下さい!

【F.B.I事務局 】

2019年 F.B.I.フローターマスターズ第3戦【桧原湖】のご案内

2019年もはや5カ月が経過、今年のフローターマスターズも折り返し地点の3戦目を迎えます。
そんな第3戦の舞台は、福島県は裏磐梯にある、スモールマウスの聖地 【桧原湖】
F.B.I.では20年前から毎年トーナメントが開催され、様々なドラマが生まれてきました。

thumbs_2016-04_hibarako_011


近年の試合では、スモールの大型化に伴い、大型のスモールを狙うのか?それともラージに賭けるのか?が大きく勝敗を左右しております。

今回は、創世記よりお世話になっている「ママキャンプ場」がスタート地点。
温かいママさんの人柄が、いつでも我々を癒してくれます♪

なお、F.B.I.では随時新規参加者を募集中です!1試合のみのスポット参戦も歓迎しますので、気持ちのいい桧原湖で、是非フロータートーナメントを味わってみてはいかがでしょうか?
(※初出場の方は参加費無料)

thumbs_2016-04_hibarako_017


※※※今回から、エリアに制限をかけることになりました。(桧原漁協からの申し出に従い)
下記に記しますので、必ず確認の上、試合に臨むようお願い致します。
違反が確認された場合、失格とすることもございます。よろしくお願い致します。※※※



~2019 フローターマスターズ 第3戦【桧原湖】開催概要~


開催日 :2019年6月16日(日)
開催場所:福島県 桧原湖(ママキャンプ場)  ※地図参照
参加費 :¥4,000 ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
受 付 :AM4:30
スタート:ノンオール艇:AM5:30、オール艇:AM6:30
ウェイイン:13:30
※ノンオールの方は、ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。


~広域地図~
hibara



~詳細地図~
Screenshot_20190524-151901


~試合エリア~
received_293963311480223


◎キャンプ場の利用(料金等)について
駐車代1日 500円
試合当日の会場費500円はF.B.I.負担です。
なお、試合日までにママキャンプ場がオープンしていない可能性もございます。その場合、勝手に使用しないようにお願い致します。
プラクティスは、近くの公営駐車場を利用するようにお願い致します。

◎釣り禁止エリア
・ダムサイト、ブイの内側【進入禁止】
・取水塔、発電設備周辺50m
※その他FBIルール参照

◎注意事項
・ボートが非常に多い為、航行には十分注意して下さい。
・ブヨ対策をおススメします。
・気温が急変することがあります。寒さ対策を十分に行うようにして下さい。
・参加される方はFBIのレギュレーションをご確認ください。
・魚を生きたまま湖から持ち出すことは法律により禁止されています。計量時を含む魚の取り扱いは、釣った選手自身が行うようにしてください。


フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、
興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは、

floatermasters.entry@gmail.com

まで宜しくお願い致します。
エントリーの〆切は、6月13日(木)の正午とします。

エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。


氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):




【F.B.I.事務局】

2019年 F.B.I.フローターマスターズ第2戦【小野川湖】大会結果

2019年5月19日(日)、福島県は小野川湖にて2019 F.B.I. FLOATERMASTERSトーナメントの第2戦が行われました。

春の小野川湖戦は3年連続での開催。
毎年【湖畔の家キャンプ場】にお世話になり、快適にトーナメントが行えております!
DSC_1132

DSCF6997


ここ3年の結果を見ていくと、極端に気温が急上昇(30℃まで)するか、極端に急低下(山に雪が降るほど)するという難しい試合が多く、リミットメイクするのが困難な状況でした。
しかし今年は天候に恵まれ、気温や水温も安定。釣果のほうも比較的よく釣れている。といった前評判。
一方で、小バスが活発になっており、ウェイトが伸びないというジレンマを抱えるメンバーも多く、どのエリアに入るか?どのタイミングでキッカーを入れるか?が勝敗を大きく左右しました。

前日は焚き火など、思い思いにキャンプ場を楽しむ。
よく釣れていることもあり、終始和やかなムード。
P5182577


そして迎えた当日。
期待と緊張が入り交じる。
P5192582


今大会のエントリーは26名


P5192597

ミーティングの様子
トーナメントディレクターの伊藤氏から、禁止エリアや注意事項が説明されていく。

天気予報は薄ぐもりか晴。昼には風が吹き始め、気温は22℃と過ごしやすい予報。


ノンオール艇スタート
P5192599


1時間後オール艇のスタート
P5192636


試合中の様子

P5192609

さっそく釣りを始める細貝氏は何と今年の初浮き(上)
世界の仏頂面 菅谷氏。途中からふてくされちゃったそう(笑)(下)
DSCF7008


received_346985566007256

久しぶり参加の福島のドン。富永氏(上)
と今年から参加の谷口氏(下)
P5192604


P5192668

Beeのポンツーンに乗る天沼氏(上)
と家族で来てくれた宮澤氏(下)
P5192638


P5192673

Beeのノンオールに乗る小熊さん(上)
と本物の小熊さん(下)
FB_IMG_1558277702930


迎えた帰着。
26名中ウェイインは20名
予想通り釣れた今回。果たしてウェイトはいかに。。。

《賞品授与》
P5192729

DSC_1144

今回、茨城県は霞ヶ浦の湖畔、土浦エリアにある老舗ショップ、ランカーズ様で賞品を調達。色々都合を聞いて下さいました!ありがとうございます!
霞ヶ浦にお越しの際はお気軽にお立ち寄り下さい!とのことです(笑)

残った賞品を巡ってじゃんけん大会に突入
P5192763

P5192767

P5192764


その他、ビッグフィッシュ賞としてBee Boat様より電動ポンプの協賛品を頂きました!
《20位~11位》
P5192758

P5192679

P5192687

P5192678

P5192681

P5192754

P5192690

P5192680

P5192691

P5192722

みんな!笑顔笑顔!(笑)
《10位~4位》
P5192696

P5192739

P5192719

P5192740

P5192700

P5192743

P5192699

P5192745

P5192693

P5192746

P5192709

P5192747

P5192704

P5192749

リミットメイクの余裕か?おちゃらけた連中もチラホラ。。。
《上位3名とパターン解説》
第3位 斉藤氏
P5192717

P5192769

P5192777

近年はエリアトラウトにハマり、エリアトーナメントにも参戦する斉藤氏。
類いまれなる財力(笑)から、「金で魚を釣る男」の異名を取る。
前夜はアヒージョを振る舞い、副代表2名を懐柔しようとするも失敗。しかしスモールの懐柔には成功したようで、初のお立ち台となりました!
釣れたパターンは様々あったもののキッカーが取れたのは定番となる岬の先端。
HPシャッドテールのイモ逆刺し、2.7gライトキャロでキャッチしました。

第2位 今井氏
P5192711

P5192773

P5192782

フローター2台を連結させ積載量を上げるという魔改造、通称アダムスキーの生みの親である宇宙人の今井氏。
桧原湖の有名ガイドに鍛えられ(UFOに拉致し洗脳か?)得意のスモール戦で真価を発揮しました。
ポンツーンを持っているものの、今回はスタート地点に全てをかけることを決め、ノンオールでエントリー。スタート直後にすぐにキャッチし地上にいるポンツーン勢をヤキモキさせました。
ヒットルアーはアバカスシャッドのイモキャロ(1.3g)。丁寧にレンジを刻み、グッドフィッシュ3本を揃えて来ました。

優勝 菅原氏
P5192713

P5192776

P5192788

received_361668574704468

昨年から徐々に成績をあげつつある菅原氏。
金曜日から現地入りし、パターンを煮詰めていました。
当日は朝から他のメンバーにコーヒーを振る舞い徳を積むことに専念。
その徳が見事に自分に帰ってきて初の優勝をもたらしました!
小バスは狙えば釣れることから、あえて少しボリュームのあるヤマセンコー3インチをチョイス。バイトは減るものの、何とか中型を釣り、残り時間をサイトに費やす作戦を決行。見付けたグッドフィッシュに3時間をかけ、見事に今大会中のビッグフィッシュ1220gをウェイインしました!
桧原湖もコーヒーを振る舞う姿が期待されます!

《成績表》
優勝  菅原翔也 3本 2125g BF1220g
第2位  今井一行 3本 2085g
第3位  斉藤征泰 3本 2015g
第4位  滝本 進 3本 1945g
第5位  荒木洋忠 3本 1900g
第6位  板橋広樹 3本 1865g
第7位  木幡潤一 3本 1850g
第8位  小池彰良 3本 1500g
第9位  高久雄多 3本 1350g
第10位 竹部 亮 3本 1150g
第11位 蔀 賛也 3本 1140g
第12位 宮崎幸治 2本 1140g
第13位 剱持秀雄 1本 1075g
第14位 長門秀樹 2本 950g
第15位 伊藤洋治 2本 920g
第16位 松本優輝 1本 870g
第17位 小熊一弥 1本 860g
第18位 鈴木康晴 2本 720g
第19位 剱持 亮 1本 595g
第20位 岡本隆義 1本 305g
以下6名ノーフィッシュ

P5192789

P5192791


《ランキング表》
received_344527396088754


次回は初夏の裏磐梯 桧原湖。
西岸にあるママキャンプ場を舞台に開催されます。一年でもっとも釣れる時期となりますので、皆様奮ってご参加下さい!

【F.B.I事務局 】

2019 フローターマスターズ第2戦【小野川湖】のご案内

2019フローターマスターズ第2戦の舞台は、近年の恒例となった早春の小野川湖。今回は新元号「令和」初の試合となります。

siaityu02


小野川湖は、裏磐梯3姉妹(桧原湖、小野川湖、秋元湖)のなかで最も規模が小さく、ウィードがほぼ生えないという、裏磐梯では独特のフィールド。
しかし、シャローフラットの多さや、近年のスモールマウスの大型化、ラージとの共存のバランス等から、非常にやりがいのある、楽しいフィールドとなっております。
matt_weiin


ここ数年では、試合直前に大きく気候が変動し、思うようにプラの成果が出せない選手が続出。リベンジの希望も多く、3年連続での開催となりました。

今回もお世話になる「湖畔の家キャンプ場」様は、大人気のキャンプ場でありながら、我々F.B.I.の為に試合当日はいつも場所をしっかり確保して下さり、毎年快適に試合が出来ております。
※下記にあるキャンプ場利用についてをよくお読みいただき、迷惑とならないようにお願い致します。
syuugou02



この会場は前日から入るメンバーも多く、前夜祭を楽しむにはもってこい!
参加を迷っている方も、この機会に是非ご参加下さい!
(※初出場の方は参加費無料)


~2019 フローターマスターズ 第2戦【小野川湖】開催概要~


開催日 :2019年5月19日(日)
開催場所:福島県 小野川湖(湖畔の家キャンプ場)  ※地図参照
参加費 :¥4,000 ※「初回参加」、「女性」及び「18歳未満」は無料
受 付 :AM4:30
スタート:ノンオール艇:AM5:30、オール艇:AM6:30
ウェイイン:13:30
※ノンオールの方は、ミーティング後にすぐスタートできる準備をしておいてください。

~広域地図~
Screenshot_20190429-171518



~詳細地図~
Screenshot_20190429-171604


◎キャンプ場の利用(料金等)について
釣りのみ(駐車代1日)
5時~17時 500円
泊まり(車中泊)
13時~ 600円
泊まる日のアーリーチェックイン(13時以前の入場のこと)
上記+500円
例)5時入場釣り+車中泊して翌日釣りの場合
アーリーチェックイン500円+駐車500円+車中泊600円+翌日駐車500円
で2100円となります。
試合当日の会場費500円はF.B.I.負担です。
前日・前々日入りの方は、上記を参考にキャンプ場への入場時間をご検討下さい。

◎釣り禁止エリア
通常のFBIルールに加え、下記のエリアが禁止となります。
・流れ出しの堰堤周り
・庄助キャンプ場の桟橋付近

◎注意事項
・カヤックが多いため、航行には十分ご注意ください。
・ブヨ対策をおススメします。
・気温が急変することがあります。寒さ対策を十分に行うようにして下さい。
・参加される方はFBIのレギュレーションをご確認ください。
・魚を生きたまま湖から持ち出すことは法律により禁止されています。
・計量時を含む魚の取り扱いは、釣った選手自身が行うようにしてください。


 フローターのタイプ(O型、U型、H型)は問いませんので、
興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。


エントリーは5/16(木)の正午までとなります。
エントリー受付及び詳細に関するお問い合わせは、

floatermasters.entry@gmail.com

まで宜しくお願い致します。


エントリーの際には以下の内容をご連絡下さい。
携帯のメールアドレスは、直前の大会中止などの緊急連絡を一斉連絡するのに便利です。
ご理解いただき、ご連絡よろしくお願いします。



氏名:
住所:
携帯の電話番号:
携帯のメールアドレス:
緊急連絡先(自宅等の電話):




【F.B.I.事務局】
記事検索
プロフィール

fbi_tournament

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ