県1部リーグ前期第6節 試合結果

会場:スポーツの杜鈴鹿第3グラウンド

・35分ハーフ
vs鈴鹿レジェンド 1-0(1-0、0-0)窪田

現地でのたくさんの応援誠にありがとうございました。
極端に引いた相手、試合の中で変わるピッチコンディションの中で、焦れずに最後までリスクなく戦えたこと(シュート15、被シュート1)、今季初のクリーンシートを達成出来たことは成果です。
更に、これが自分達のペース、テンポだという確信と、それに必要な技術の向上。また、フィニッシュエリアではこちらがメンタル面で圧倒的に優位であるというマインドセットの元での技術向上。
中断期間で引き続きベースアップに取り組みましょう。

報告者:薮中

県1部リーグ 前期第5節 試合結果

会場:四日市中央緑地Aピッチ

・35分ハーフ
vsTSV四日市 2-2(1-1、1-1)大田、窪田

雨の中現地での観戦誠にありがとうございました。
圧倒的な力の差がない限り試合には必ず流れが存在します。スコア、状況によって自分達がどうすべきかは均衡した真剣勝負の公式戦は大きな学びの機会になります。
また、試合に出場するしないに関わらず
①日常のトレーニング基準を高めペースアップ②インプット、アウトプットの繰り返しによる自分の課題克服
③自分の武器を磨く
は自分を成長させるために必要不可欠な要素です。なりたい自分を明確に、現状に向き合い、日々を大切に。

■次節
3/21(木・祝)9:30〜vs鈴鹿レジェンド
スポーツの杜第三グラウンド

報告者:薮中

3/16(土) 伊賀リーグ前期第5節、TRG

会場:阿山中学校、柘植中学校
伊賀リーグ
対 阿山中(30分ハーフ)
3(2-2 1-0)2
得点者:佐小②粂野①

TRG
対 ラドソン滋賀(30分×4本)
0-0
0-3
0-2
0-2

試合で起こりうる状況を切り取って行っているのが、日常の練習です。
練習の中で、原理・原則・基礎・基本・規則等の習得に取り組んでいると思います。
しかし、その日常の練習で『試合を想定』して取り組んでいないと『試合で使える戦術・技術』になりません。それは『練習の為の練習』になってしまいます。

上記の『差』が『結果の差』になるのだと思います。

本日の課題に対して、明日また練習をします。
ほんの少しの『意識の差』で、成長する度合いが変化する筈です。

報告者:荒木
クラブプロフィール

[Junior Youth Team]
 ★FC.Avenidasol U15
[Juniour Team]
 ★FC.Avenidasol U12
[Junior School]
 伊賀校・名張校・鈴亀校

記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード