会場:東長島スポーツ公園G
1日目 予選ブロック(4チーム)
対 IFC VIENTO
1(1-1 0-0)1 山本晴①
対 JUNTOS(和歌山)
9(4-1 5-0)1 大田③佐小②増山①豊田①奥保①オウン①
対 伊勢YAMATO
2(1-1 1-0)1 中野①大田①

上記の結果、1位トーナメント進出。

2日目 決勝トーナメント
準決勝
対 エスフォルソ
0(0-1 0-2)3 
3位決定戦
1(0-3 1-3)6 伊藤①

年明けの合宿から取り組みだした『加速・減速・方向転換』を意識し、その中でも相手最終ラインをいかに突破するか?
をテーマにして挑みました。
ボールを持っていない選手が主導的に動き出し、複数名での組み合わせからの突破や、実際に得点も多く生まれていました。

しかし、少しプレッシャーが強くなると、突破の前の保持が出来ずに『安定した状態』からの突破が出来なくなってしまいました。
相手を崩すにはその前の『安定したボール保持』が必須になります。※保持者が安定していないとOFFの選手が動き出せない。

新しく取り組んでいる事にプラスして、『止める・蹴る・運ぶ』を徹底していきましょう。

メンタル的には、手に立ち向かっていくには『まず自分を100%信じる事!!』そして『自分を信じられる日常を過ごす事!!』が
非常に重要になってきます。
自分の夢・目標に向かって『いかに時間を使っていくのか?』を、一人一人が考えていかなくてなりません。

まもなくリーグ戦が開幕します。
競争しながらも経験し、成長していく。

”未来の自分”と”今の自分”にしっかり向き合って成長し続ける存在であり続けよう。

最後になりますが、遠方にも関わらず現地での沢山の応援、ありがとうございました。
引き続き応援宜しくお願い致します。

エスフォルソ


報告者:荒木