試合結果

4/20(土) TRG(U-13)

TRG
対エスフォルソ
25分×8本
2-0 渡邉①西村①
0-2
1-0 藤川①
8-0 門口②若森②松尾風②藤岡①
2-3 福西①兼原①
1-0 村井①
2-0 藤川①中森①
6-0 村井③松尾兼原③

初めてのTRGでした。
サッカー面では、これから様々な事を学んで行くと思います。
成長していくには【人としてのベース】が固まっていないと、なかなか上手く前に進めないかも知れません。
ベースと言っても様々な事がありますが、
特に『人の話を聞く』という事を意識して欲しいです。
それは練習中や試合中でも同じです。
今は何が起きそうなのか?
今は何をする時間なのか?
今は何が必要か?
次は何をするのか? 等

今一度、生活合宿で取り組んだ事の何が重要だったのかを振り返ってみてください。

報告者:荒木

4/13(日) U-15 TRG

TRG
対FCV可児
30分×5本
0-0
0-0
2-0 清水①長谷川①
0-0
2-0奥保①安達①

【成果】
・相手コートでボールを保持できている時の突破
・1stのアプローチと強度
・ゴール前の守備

【課題】
・人に付けるパスの精度と質(特にビルドアップ時)
・キック(センタリング、ミドルシュート、サイドチェンジ)
・ヘディング
・玉際
・ボールの隠し方
・運ぶドリブル

試合でチャレンジして、失敗した原因は何だったのか?
次に成功刺せる為には、次の練習で(まで)何にトライするのか?
『ミス』を『単なるミス』にするのではなく、【成長へのヒント】に変えて行きましょう。


報告者:荒木

3/23(土) TRG(U-13)

会場:いがまちスポーツセンター
対戦相手:H&A
30分×4本
1-1 粂野①
0-0
0-1
4-0 田仲②桑原①兼原①

日常の取り組みが全く足りていない事が露呈されていました。
技術・メンタル・強度等、日々のTRで求められている事を実践出来ていないという事です。

勝敗にこだわる姿勢
全てに取り組む積極性

新年度が始まるこの時期に、もう一度目標を明確に設定して、自分のやるべき事に集中し直しましょう。

報告者:荒木

3/16(土) 伊賀リーグ前期第5節、TRG

会場:阿山中学校、柘植中学校
伊賀リーグ
対 阿山中(30分ハーフ)
3(2-2 1-0)2
得点者:佐小②粂野①

TRG
対 ラドソン滋賀(30分×4本)
0-0
0-3
0-2
0-2

試合で起こりうる状況を切り取って行っているのが、日常の練習です。
練習の中で、原理・原則・基礎・基本・規則等の習得に取り組んでいると思います。
しかし、その日常の練習で『試合を想定』して取り組んでいないと『試合で使える戦術・技術』になりません。それは『練習の為の練習』になってしまいます。

上記の『差』が『結果の差』になるのだと思います。

本日の課題に対して、明日また練習をします。
ほんの少しの『意識の差』で、成長する度合いが変化する筈です。

報告者:荒木

3/9(土)-3/10(日) 伊賀リーグ第2.3.4節

会場:上野南中、メイハンフィールド
対戦相手:上野南中、緑ヶ丘中、IFC VIENTO

対 上野南中
6(1-0 5-0)0 粂野②奥保①山本晴①佐小①山本柚①

対 緑ヶ丘中
4(2-0 2-1)1 佐小②山本晴①清水①

対 IFC VIENTO
4(2-1 2-0)1 勝島①奥保①佐小①堀井①


『本気』『元気』『勇気』
小学校のクラススローガンみたいですが、このグループに一番必要な要素だと感じています。

直接伝えましたが、県リーグメンバーと技術的・戦術的な【差】等はほとんどありません。
【差】があるとするなら、『日常の積み重ね』ではないかと思います。

チーム練習もそうですが、活動日以外の取り組み方を再考してみてはどうでしょうか?

厳しい局面や場面で、自分を信じてチャレンジ出来るように、『今出来る事』に集中して下さい。


報告者:荒木
クラブプロフィール

[Junior Youth Team]
 ★FC.Avenidasol U15
[Juniour Team]
 ★FC.Avenidasol U12
[Junior School]
 伊賀校・名張校・鈴亀校

記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード