自己主張トレーニング 最終回

2月からスタートした自己主張トレーニングも、
5月23日に最終回をむかえました。
受講生のみなさんが書いてくれたコミュニケーションカードを
アップします。
(ブログ、ホームページの公開に○をつけてくれたものです)

☆全8回、充実した時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。もっと、もっと自分を高めたいという思いが強くなり、生きる課題ができた事、うれしく思います。加藤先生、中川先生、☆ありがとうございました☆感謝!

 

☆自己主張トレーニングに参加できて良かったです。ロールプレイで進めていくやり方でした。はじめは、ロールプレイは苦手やなあーと逃げたかったのですが、実際にやってみて良かったです。

 

☆年が20才はなれていると、いつも年下に頼られてた、、、 しんどいです。大人もいっしょなんだなあと、思いました。可能な限り、関係が固定しない状態でいるためには、普段、どうすればいいのかなと思いました。

怒っていてもいいんだと思えるようになって、交渉事などのストレスが減りました。

虐待の通報で緊急時なのに、「落ち着いて」と言われたので、「落ち着けません」と言いました。こういうと前なら、頭が痛くなったりしたけど、脱力感ですみました。

 

☆非主張的な人は相手と自分の区別がつかない人。この定義は、またまた新しい発見でした。本当にその通りで、それは甘えの一種のような気がします。自分にも思い当たるところが多々あります。

おかげ様でこのシリーズのわずかな期間で、自分の言い方、態度に変化が起きはじめて、大変うれしく思っています。この上昇気流に乗って、これからも自己トレーニングをしていきます。本当にありがとうございました。又、是非よろしくお願い致します。

 

☆毎回、とても充実した内容に、本当に勉強になりました。あとにため込まない為にも、なるべく早く、適切な主張が出来るように、とにかく練習していこうと思います。なかなか、他では出せない自分の本音の思いを、この場で、皆さんに聞いて頂き、先生の的を射た助言を聞かせて頂き、とてもスッキリしました。お世話になりまして有難うございました。

 

8回講座、とても学びになりました。本を読むだけでは得られない様々な方法や、考え方を知る事が出来たので、生活の中で、どんどん使っていきたいと思います。本当に有難うございました。

 


 

みなさん、ありがとうございました。加藤・中川