スカパー放送予定

まさかセカンズ応援してて、こんなタイトルのエントリ書く日が来るとは( ̄▽ ̄;)

そんなわけでいきますよー

初回放送
8/28(日)17:55〜 スカチャン1 CS801

再放送
8/29(月)20:00〜 スカチャン1 CS801
8/30(火)19:00〜 スカチャン1 CS801
8/31(水)08:00〜 スカチャン0 CS800
9/01(木)23:00〜 スカチャン2 CS802
9/03(土)09:30〜 スカチャン3 CS805


なお、解説は安永聡太郎さん(SC相模原監督)だそうです。

メドウ戦記〜ヤマハに行こう、みんなで行こう〜

久しぶりの連戦でさすがに疲れた鶴さんですこんばんは。
いつ以来だっけ、2日続けて声出ししたの?
全然思い出せねえ( ̄▽ ̄;)

来年からは本戦が4月に始まるので、真夏の恒例となってました天皇杯県予選決勝は今年がラスト。もしかしたら、来年の県予選は今年の年末に開催するんかなあ。てかもしトップが降格なんぞしたら、春先の県予選決勝でトップvsセカンズなんつー顔合わせにもなりかねないわけで。ま、そうなったらそうなったで殺るだけですけどね(ΦωΦ)フフフ…

しかしそれにしても2日とも暑かったですわ。
スタンドにいても陽射しが痛く感じるほど。
日曜日はバックスタンドにダンマクを張るためにピッチ脇を通らせてもらったんですが、地面から立ち上る蒸し暑さに(お、おうw)と。あんな状況で90分走ってたら、鶴さんなら間違いなく痩せる。そして死ぬ。実際、選手でも2、3kgは体重が落ちるらしいです。そらそうだろうなあ。

そんな中の連戦でしたが、選手は本当によく闘ってくれました。
2日ともスタメンだったり、1日だけだったり、あるいは2日とも途中出場などそれぞれの役割を全員が果たそうとしていたのは見てて強く感じました。ひとりひとりがチームとしての意識を持ち、その中で自分の役割を考えて試合に臨むのはサッカーの基本とも言えますが、この2日間ではそれがしっかり形になっていたと思います。磐田戦に向けてこの状態をできるだけ向上させていってほしいですねえ。

image


この2連戦で目に付いたのは今年加入した高卒ルーキー高橋陸
初戦でセカンズ加入後初スタメンにして初のフル出場。前線で非常によく動き、2点目のアシストも。加入当初はやはり高卒したばかりということもあり、身体の線の細さが目立ってましたが、あの猛暑で90分プレー出来たことで少しはセカンズのサッカーに慣れてきたかなといった印象。でもまあ明日は疲れもあるだろうし、サブに回るかなと思ってたら翌日もスタメン。そしてフル出場。これは正直驚きました。後で聞いたら本人もびっくりしたそうでwさすがに最後のほうはだいぶヘロヘロになってましたが、2戦目も1アシストを記録(4点目)。しっかり役割は果たしてくれました。
陸をこういう場で続けて起用したのは、おそらく育てる狙いがあったのでしょう。その狙いによく応えたと思います。本人にも言いましたが、2〜3年はセカンズで腰を据えてサッカーに取り組んでもらいたいです。きっと伸びますよ。

あと個人的に嬉しかったのはなんといってもレオナルド。
まる一年のブランクから復活!

しかもドッカンゴール決めてちょっと鶴さん泣きそうになりましたよ( ;∀;)
てかブランク前より良くなってないか?前はどちらかと言えばテクニック主体で、パワーはそれほどでもなかった印象だったんですが、なんかパワーアップしてて見ていてとても頼もしく感じました。そして例の奥さんが応援に来たら3割増しで張り切る「嫁ブースト」も相変わらず健在ww
磐田戦の核弾頭になることを激しく期待したいですな(ΦωΦ)


さあ日曜日、18時からヤマハスタジアムでキックオフの磐田戦。
今回はアウェイ側2階席は閉鎖されるとのことなので、わしらマニヤさんどもは1階席に陣取ります。ここは非常に狭く、席数も少ないですがまあ何とかなるかなと。なんといってもゴール真裏なので臨場感は文句ナシ。鶴さん的にもヤマハスタジアムで声出しできるのがとても楽しみです( ̄▽ ̄)
またスカパーでも生中継があります!全国津々浦々のマニヤさんの皆様も、スカパー初登場のセカンズをぜひご高覧あれ\(^o^)/

行くぞヤマハ!

闘え!セカンズ!!

本日の試合結果

image


image


セカンズ6-1NK可児

得点者
岐阜:山本(23分)、木下(34分)、古市(45分)、渡邉3(61分、89分、90+1分)
可児:鈴木(78分)

選手交代
HT:レオナルド→渡邉
62分:萩原→土田
67分:古市→角

※65分:木下 警告2枚により退場処分

岐阜県代表連覇\(^o^)/
一也ハットトリック大爆発\(^o^)/

さあ本戦、相手はジュビロ磐田!
行くぜヤマハスタジアム!(`・ω・´)ノ

本日のメンバー

image


今日もクソ暑いメドウです。

スタメン
GK的崎
DF工藤、佐藤、木田、山本
MF木下、牧野、萩原、古市
FWレオナルド、高橋

サブ
GK長谷
DF伊藤、岡田
MF角、土田、井上
FW渡邉

本日の試合結果(追記あり)

image


セカンズ2-0FC Kawasaki

得点者
岐阜:レオナルド(65分)、土田(90+4分)

選手交代
64分:古市→渡邉
75分:レオナルド→土田
81分:山本→岡田

※35分:板津(Kawasaki)得点機会阻止で一発退場処分
※試合終了後:安西(Kawasaki)イエロー2枚により退場処分


レオナルド復帰初戦で豪快な一発\(^o^)/
明日の決勝戦進出!

明日の相手はNK可児となりました。
14時03分、場所は同じくメドウです。入場無料。

本日のメンバー

image


既に暑いです…

スタメン
GK長谷
DF伊藤、木田、佐藤、山本
MF木下、牧野、古市、井上
FW高橋、レオナルド

サブ
GK的崎
DF岡田
MF角、土田、萩原
FW河原、渡邉

ミニ国体戦記〜それでも闘うしかなく〜

今日までお盆休みだった鶴さんですこんばんは。
休み5日間のうち3日(松本戦、ミニ国体、徳島戦)はサッカーでした。久々にガッツリ観に行った感じがします。久々にといえばミニ国体の会場だった豊田市陸は、太鼓叩いて声出ししたのが10年前だったことを思い出しましたな。あの時は確かマルヤス戦で、現在は東京武蔵野シティFC監督の吉田康弘さんが岐阜で初スタメンだった記憶があります。片桐淳至の暴れん坊将軍チャントを初披露したのもその時で、試合前に歌って本人からOKをもらったなあ。あれは片桐からのリクエストだったんですよw
あの日もクソ暑かったですわ( ̄▽ ̄;)
当時も陽射しを避けて屋根の下で太鼓叩いてましたが、この日も同じく屋根の下へ。だって死ねる暑さだったもん。というか豊田近辺の試合はどこでやっても暑いイメージがあるんですよね。中京大グラウンド、豊スタサブ、柳川瀬…

んで試合ですが。
なんかねー、三重というチームに負けたというより中田監督に負けたというのを強く感じましたね。
失点はいずれもカウンターからだったんですが、カウンターを狙われるポジションがすごくピンポイントだったんですよね。そしてシュートを撃ってくるタイミングも、こちらがディフェンスに入るひとつ前で撃つ。それで決められたんですよね。さらに後半開始早々、三重のセンターバックの選手が警告2枚で退場処分となったんですが、ここで中田監督は全然動かなかったんですよ。こちらから見て、あの退場処分は正直不用意なプレーでしたし、しかもセンターバックを1枚欠くことになるのでスクランブルでバタバタすると思ってたんですけど、そういうそぶりは見せなかったんですね。
ISE-SHIMAとの3試合で完全にセカンズ対策を立てられてしまったのかなあ…。

セカンズからの目線で言うと、やはり前述の退場処分のところがポイントだったかなと。あそこで相手のほころびを突いた攻撃が出来なかったのが悔やまれますね。またそれに関連して、「自分たちはこうやって勝つ」というのが少し強く出過ぎていたようにも感じました。もちろんそれは大事なんですけども、あまりそれに固執してしまうと攻撃が硬直化してしまいますし、相手にも対策されやすいんですよね。そのあたりは監督も選手も若いチーム故になかなか難しいところでもあるんですけども。
もう少し、相手の状況を見た柔軟性があればと思いました。

岩手に行けなかったことはもちろんですが、個人的には初戦である10月2日に試合が出来なくなったのがとても残念。この日は岐阜にとって口論義の奇跡、東京国体優勝と特別な日ですからね。少なくともこの日までは闘いたかった…。゚(゚´Д`゚)゚。

ただ、過ぎたことをいつまでも悔やんでも仕方ありません。今週末は天皇杯岐阜県予選決勝トーナメントです。しっかり切り替えて闘おう!
日程と組み合わせは以下の通りです。

8/20(土)
10時 セカンズvsFC Kawasaki
12時半 岐阜経済大vsNK可児

8/21(日)
14時 決勝戦

会場は全てメドウ


なお決勝戦は例年通りNHK東海ローカルで生中継があります。今年はEテレのサブチャンネルとか。
初戦のKawasakiは去年の決勝戦で激戦を演じましたし、今回も激戦は必至でしょう。しかも本戦で磐田と対戦できるとあって、元磐田の豪くんはめちゃめちゃヤル気だとか。
しかーし!わしらセカンズもヤマハで試合するチャンスを逃すわけにはいきません!!
全力で闘って勝つ!!

闘え!セカンズ!!




おまげ

image


静岡の一員として参加してた元セカンズで現アスルクラロ沼津の馬場ちゃんこと馬場将大選手と2年ぶりに会えました( ´ ▽ ` )ノ
国体ではひとつの都道府県で国体に参加した後で他所の都道府県に移籍した場合、2年間は参加出来ない規定になっていますが、馬場ちゃんは今年から晴れて参加出来るようになりました。
もうすっかり沼津の不動の左サイドバックですな( ̄▽ ̄)
鶴さんの顔を覚えてくれてて嬉しかったです。
また会おうな(・∀・)ノシ

本日のメンバー&試合結果

image


三重県2-0岐阜県
(35分ハーフ)

得点者
三重:山田(32分)、森崎(63分)

スタメン(カッコ内は背番号)
GK:的崎(1)
DF:伊藤(12)、木田(4)、木下(5)、山本(2)
MF:角(8)、牧野(10)、萩原(6)、井上(11)
FW:古市(7)、藤沢(9)

サブ
DF:佐藤(3)
MF:土田(14)、河原(15)
FW:渡邉(13)

選手交代
48分:萩原→渡邉
55分:角→河原
58分:山本→佐藤
66分:古市→土田

37分:金守(三重) 警告2枚により退場処分

数的有利を活かせずカウンターを食らったのが痛かった。
あー、岩手行きたかったな…(´;ω;`)

伊勢FV戦記(訂正あり)〜狂化月間突入のお知らせ〜

てなわけで、伊勢と清水の遠征連戦を敢行してまいりましたよ。
どっちも正味3時間ちょっとぐらいで着きましたが、伊勢のほうが妙に遠征した感覚がありましたな。まあ午前中仕事でしたし。
8耐の影響はほとんどなかったかな。

試合前はそこそこ涼しい風が吹いてたんですが、始まる頃には風が治まって陽射しの強さが気になる暑さに。やはり南勢地方は海が近いせいか、陽射しがなんか違うんですよね。
そんな状況のもと試合は始まりましたが、両チームとも慎重な立ち上がりからお互い様子を伺う展開が続きました。攻撃に出てもあまり深追いはしてなかったですし、仮にスコアが動いたら動いたでどちらもしんどくなるのは想像が付くので、前半をスコアレスで折り返すのはお互いプラン通りだったのかも知れません。
セカンズ的にはディフェンスの方法が少し進化していたように見えるシーンがいくつかあって、相手の組み立てを途中で崩してボールを奪う展開が何度かありました。ただもっと徹底してやっても良かったかなとは思いましたが、相手の中田監督はお盆の東海ミニ国体で三重県選抜の監督も務めるので、こちらとしてはあまり手の内を見せ過ぎるわけにもいかないんですよね。向こうは混成チームでしょうからミニ国体ではまた違う闘い方になるでしょうけど、こちらはセカンズ単体(予定は未定w)なのでミニ国体でもそのままの可能性があります。単純にこの試合のことだけ考えるというのは、選手はともかくベンチとしてはそうもいかなかったのではないかなと。その辺りの匙加減はもしかしたらあったかも知れません。

後半に入りお互いじわりじわりとペースを上げつつも相手を見合ってて、勝負に踏み出すタイミングを測りますがなかなか掴めない展開。セカンズも角が脚を攣って交代しただけで、カードを切ってゲームを動かすかどうか悩ましいなあと思ってたところで先制点を許してしまいました(´•ω•`)決められたブルーノ選手は前半シュート0で、正直それほど目立つ動きはしてなかったのでマークが甘くなっていたかも。

流れからしても相手はこの1点で勝ちに行くと容易に想像できるので、こちらとしてはまず何としても追い付きたかった。追い付きさえすれば残り時間次第で逆転勝ちまであると思ってました。ただ攻撃の態勢でもシュートまで行けなかったのがこの試合の敗因であり、ここ最近続いているのセカンズの課題でもあるなと。中盤ではそこそこボールも回るんですけど、その後のシュートまでがね。もちろん、闇雲に意味のないシュートを撃ってもしょうがないので、「とにかくシュート撃て!」などというつもりはありませんが。
でもこういった課題に一人ひとりが、そしてみんながしっかり取り組んでいくことはとても大切。はぐらかすことなく、がっちり取り組んでほしいです。


image


image


すげー、なんかムダにカッコイイぞ
しかしこうやって応援してもらえるのは、元いたチームのサポとしても本当に有難いことです。


さて8月はリーグ戦はお休みとなり、国体&天皇杯狂化月間になります。
(以下訂正)
国体の予選となる東海ミニ国体は8/13に開催。
今年の東海地域出場枠は2ですので一発勝負。相手は前述の通り三重県選抜です。

また天皇杯の岐阜予選は8/20、21の開催。
優勝して岐阜県代表になれば、8/28(日)18時より、ヤマハスタジアムでジュビロ磐田と対戦します。なおこの試合はスカパーで生中継されます。
予選の詳しい日程はまたお伝えします。

闘え!セカンズ!!

本日の試合結果

image


FC ISE-SHIMA1-0セカンズ

得点者
伊勢:ブルーノ(66分)

選手交代
54分:角→佐藤
72分:土田→高橋
85分:古市→河原

がっぷり四つに組み合う拮抗した試合。
ただセカンズのほうが攻め手の工夫が足りなかったかな。その差が結果に現れた格好。
訪問者数

Profile
あし@
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ