GFC戦記〜倒れても起き上がって「もう一丁!」〜

戦記の前に、ひとつお知らせがございます。

今季新加入したDF森 京次選手が、海外挑戦のためこの試合を最後にセカンズを退団することになりました。

短い間でしたが、セカンズで闘ってくれたことに感謝しています。本当にありがとうございました!
新天地での活躍を期待しています。


では本題。
前節で得た手応えを今節でも出せるか、がセカンズのポイントになるだろうと予想された一戦。相手の東海学園FCは開幕戦でFC刈谷にカウンター主体の戦法であわやのところまで行ったと聞いていたので、その堅い守りをどう攻略するか。
立ち上がりはそれほど悪くはなかったように見えましたが、カウンターからシュートを弾いたのを詰められて先制を許してしまいます。さらにまたもカウンターから今度はGKとの1対1になり早くも2点のビハインド…。
東海学園はカウンターの『型』が出来ていて、「この型になれば絶対撃つ」というのがチームの中にあったのではないでしょうか。それにセカンズが対応しきれないまま失点を重ねた感じ。流れとしては開幕のChukyo univ戦と似た印象でした。
個人的には、攻撃時の組み立てにおけるパスワークが単調で、相手に読まれてる印象が強く、それがカウンターの恰好の餌食になったのではないかと思いました。なので手を打つとすれば、パスワークに変化を付けることのできる選手を投入して、攻撃のテコ入れを図りたいところかなと。となると穂高あたりが予想されますが、ただこれまでリーグ戦では未出場なだけに少々ギャンブルになりそう。でも2点ビハインドですから行くしかないとも。

果たして後半のアタマから穂高登場。
今季は攻撃の軸になれる選手と期待していたので、いきなり厳しい状況ながらもそのプレーに注目していました。やはり穂高のボール捌きは攻撃に良いアクセントを与え、前目でマイボールをキープできる起点にもなったことで、徐々にセカンズに流れが向いて来たところで穂高がPKゲット!これを拓巳が決めて1点差。開幕戦では1点返せばまだ目はあるという中で3点目を決められてしまっただけに、ここで1点返せたのは嬉しかったですね。
その後はセカンズが押せ押せの展開でしたが、あとちょっとのところまでは行けてもなかなか同点にはならない中で、またしてもカウンターから3点目を決められてしまいます。正直、このまま終わるかという雰囲気になりそうでした。しかしここからゴール前の混戦を小木曽が押し込んでまた1点差!これはハッキリ言って驚きでしたし、その後も明らかに「もう一丁行くぞ!」とばかりに攻めて行ってたんですよね。結果、この日4度目のカウンターを食らって4失点目ということにはなりましたが、点を取りに行っての失点なのでこれはもう已む無しかなと。むしろあの展開でも下を向かずに行ってくれたことが嬉しかったですね。

今季はまだ勝ちがありませんが、内容は確実に上向いてきています。勝利は手の届くところにあります!あとは細かい修正を地道に重ね、ひとつひとつのプレーをしっかり繋いで、チーム全体で闘うことが大切になるでしょう。

次節は今季初のアウェイ。
5/28(日)12時より、常葉大浜松FCと有玉グラウンドで対戦します。
もう一丁!

闘え!セカンズ!!



おまげ

image


去年までセカンズで、今年は鈴鹿アンリミテッドFCの藤沢ネットくんが偵察顔を見せてくれました*\(^o^)/*
今は膝の怪我で絶賛リハビリ中ですが、思ったより元気そうでこちらとしてはひと安心。
てか元セカンズの選手たちは今怪我人だらけなんだよなー( ´•ω•` )
ネットに修造に中濱に萩原に柳澤に崎原…
みんな早く治してな。

リーグ第3節試合結果

image


セカンズ2-4東海学園FC

得点者
セカンズ:古市(64分PK)、小木曽(86分)
東海学園:上田2(16分、28分)、金田(82分)、喜築(90+1分)

選手交代
HT:土田→米澤
72分:河原→高橋

相手のカウンターにしてやられるも、これまでとは違う粘り強さを見せた。
本当に惜しいシーンもあり、内容は改善の跡が見られた。
次こそは!

TSL3節 vs東海学園FC メンバー

image


この中に一人、スパイが紛れ込んでるw←

スタメン
GK足立
DF石橋、工藤、小木曽、加藤
MF入山、古市、山本、土田、河原
FW石川

サブ
GK田中
DF森
MF米澤、礒部、芝尾、富安
FW高橋

GFC戦記〜悔しさと手応え〜

image


どーん。
制服姿のぢょしこうせい降臨に沸くマニヤさん一同ですこんばんは( ̄▽ ̄)←
しかも今年版のセカンズユニ装着。役満ですなあ。
ちなみに今年版のセカンズユニは、golさんのオンラインストアで現在半額セール中であります(ただしXLサイズのみ)。まあもともと一昨年のデザインですしね。
例によって岐阜のエンブレムは付きませんが、ご購入してセカンズの試合に着用された方にはもれなく鶴さんがセカンズワッペンを差し上げます。

でもねえ、こうやって来ていただけるのは本当に有難いですよ。この方はお父さんと一緒に来てますけど、お父さんもセカンズを応援してくれているのがまた有難い。一昨年の群馬戦@敷島サカラグでも、一家5人とかで来て下さった方もいましたしね。
こちらが何かしてあげられることはあまりありませんが、これからもこういう方々が気軽に行ける雰囲気は大切にしていきたいですね。


さてでは試合。
結局雨は試合前に上がり、ピッチも特に影響はない状態でした。風も気になる程ではなく、コンディション的にはまずまず。
スタメンはこれまで後半に敷いた布陣を頭からセットしたというところ。
初スタメンの石橋はこれまで途中出場で右のSBに入り、SBとしてメドが立ったところでのスタメン。右だった加藤を左に回し、左の賢也を本職のワイドに置く形。これまでの試合ではこの布陣のほうが良い攻撃が出来ていたので、それを狙ったものと思われます。

しかし意外にも、この布陣では守備が光っていた印象。セカンズらしさというか、『良い守備からの鋭い攻撃』がこの日は出来ていたように感じました。特に素晴らしかったのは初スタメンの石橋。相手のエース格の選手とのマッチアップに一歩も引かないどころか、粘り強さと積極的な寄せで相手を終始フリーにさせなかったです。あそこを抑えられたのは本当に大きかった。
他の選手もこれまでとは見違えるほど動きが良く、択磨のゴリゴリ行く突破や賢也のサイド攻撃は見応え十分。「もう一押しでイケる!」
との期待は高まる一方でした。

だからこそ、勝ちたかった。
でも勝てなかった。


試合が終わった瞬間は複雑な心境でした。
勝てなかった悔しさと、去年3戦して全敗だった相手にこれだけやれたという手応えが半々、でしょうか。正直ここ数試合は物足りない内容が続いていたので、こういう試合をモノにするとチームにとって非常に良い起爆剤になったと思うんですよね。それができなかったのが悔しい。
しかしこの試合は確実に次に繋がると断言出来る内容だったのもまた事実で、ここからひとつひとつのプレイを大切にして積み重ねていけば、チームが乗っていけると強く感じました。

次の試合は5/21(日)12時より、ここGFCで東海学園FCとの対戦です。
次は決めようぜ!
闘え!セカンズ!!



おまげ

image


コーチ兼任の木田と、元チームメイトの森優也。
優也はなぜかCBだったなw
あの群馬戦でゴール決めた2人が、敵味方に分かれてもこうして肩組んで写真におさまるのって、なんか嬉しいなあ*\(^o^)/*

リーグ第2節試合結果

image


セカンズ0-0FC ISE-SHIMA

得点者
なし

選手交代
なし

勝てなかった悔しさが残る一戦。
しかし選手交代がなかったことからも、内容はこれまでになく充実していた。
必ず次に繋がると確信。

TSL2節 vsFC ISE-SHIMA戦メンバー

image


雨はほぼ上がったGFCであります。
ピッチコンディションも水が浮いたりはしてませんね。

スタメン
GK足立
DF石橋、工藤、小木曽、加藤
MF入山、古市、山本、土田、河原
FW石川

サブ
GK田中
DF森
MF米澤、礒部、富安、芝尾
FW高橋

GFC開幕戦戦記〜まだまだ、これから〜

戦記の前にちょいとお知らせなどを。

7/1、2の全社東海予選の会場ですが、東海リーグパンフレットによると、岐阜県2位は静岡会場ではなく、愛知会場(名古屋市港サッカー場)に回るようです。訂正いたします。
まあさわやかにありつける楽しみはお預けになりましたが(←)、遠征としてはかなり近くなって個人的には有難いですわ。ちなみに7/1は仕事のため参戦できませんので、行かれる方は応援よろしくお願いしますm(_ _)m

で、その東海リーグパンフレットについて。
この度開設されました東海リーグ公式HPには、各チームに問い合わせるようにと書かれています。
セカンズでは、ワタクシ鶴さんがチームに代わってパンフレット販売をさせていただく予定となっています。
セカンズ自体がとてもパンフレット販売に回せるほど人員がいませんし、試合当日は試合に集中してもらいたいので、こういう雑事は鶴さんが引き受けます。
とりあえず現時点では15部ほどを用意していただくよう、チームにはお願いしてあります。入荷次第、こちらやTwitterでお知らせします。
なお価格は1000円ですが、頂いた代金はもちろん全額セカンズにお渡ししますので、ご安心を。


さて開幕戦。
県予選決勝から中3日、そして相手が前戦より運動量に勝る学生チームということもあり、厳しい展開になるのはある程度予想していました。ただその中でどれだけ闘い、上向くきっかけを見い出せるかがポイントになると思ってました。
相手はやはり立ち上がりからプレッシャーをかけてきて、それを上手くいなしていきたいところだったのですが、ゴール前混戦になったところを蹴り込まれ失点。その後もボールを繋いでいこうとするもなかなか前に持って行けず、今度はCKから打点の高いヘディングシュートを決められて0-2。前半は全体的に重心が後ろ寄りになってしまい、攻撃の形が作れなかった感じでした。ただ前戦みたいなバタバタした様子は減り、失点後も浮き足立つようなところはなかったですね。

後半は少しづつ攻撃の組み立てが出来てきて、流れを引き寄せたいところでカウンターを受けて0-3…。1点返せていればまだ勝負目はあっただけに、この失点は痛かったです。

現時点でセカンズがやれることはまだ足りないと思います。しかしその中でも選手たちが諦めずに考え、チャレンジしようとする姿勢は確かにありましたし、少しづつ形になってきていました。まだまだこれからですよ。


次節は5/13㈯12時より、GFCでFC ISE-SHIMAを迎え撃ちます。

闘え!セカンズ!!

リーグ第1節試合結果(公式記録反映済)

image


セカンズ0-3Chukyo univ.FC

得点
CFC:平山(8分)、山内(27分)、辻(59分)

選手交代
56分:芝尾→河原
69分:土田→石橋
85分:入山→富安


相手の勢いに飲まれてしまっての完敗。
しかし前戦のようなちぐはぐさは少し改善されていた印象。
まだまだこれから。

リーグ開幕戦 vsChukyo univ.FCメンバー

image


明けましておめでとうございます!
さあいよいよリーグ戦開幕ですよー\(^o^)/

スタメン
GK田中
DF加藤、工藤、森、山本
MF入山、古市、土田、高橋、芝尾
FW石川

サブ
GK足立
DF田端、石橋
MF米澤、富安
FW河原

勝つど٩( 'ω' )و

全社県予選戦記〜セカンズの明日はこっちだ!〜

GWはカブに乗り倒してる鶴さんですこんばんは。
やっぱカブはよろしおすなあ( ̄▽ ̄)
敗戦の傷をも癒してくれます←

さて全社県予選、結局2位で静岡会場回りとなりました。
決勝戦はぶっちゃけ普通にやれれば勝てるだろうと思ってましたが、その『普通』がまだセカンズの中で確立出来てなかったのが一番の敗因でしょうか。とにかく全てがちぐはぐで、噛み合わないまま時間が過ぎて行きましたね。修正しようとしてもがいていた跡は見られたのですが、その修正も微妙にピントがズレてしまって、合わせるのに汲々としていたのが素人目にも明らかでしたしね。
こういう内容の試合をやってしまったのは確かに良くないんですけども、ある意味このタイミングで経験したのは逆に良かったかなとも思います。仮にこの内容で勝ってしまうと、修正点がボヤけた状態でリーグ戦に入ることになりかねませんし、リーグ戦はリーグ戦でまた違う流れがありますから、修正の仕方も変わってくるんですよね。今回は全社県予選ですし、しっかり仕切り直してリーグ戦に臨んでもらいたいものです。
もちろん、前にも書いたように修正点を誰かに押し付けたりせず、チーム全体で取り組んでいくことが肝です。セカンズは個の能力でゴリ押しするのではなく、出る出ないに関わらず全員で闘っていくのがやはり身上ですから、そこは大切にしたいなと。


さあいよいよ日曜日からはリーグ戦が始まります。
去年は5位でしたが、ヴィアティンの昇格により繰り上がって開幕戦をホームで闘います。
5/7(日)12時より、GFC天然芝にてChukyo univ.FCを迎え撃ちます!
今年は開幕からホームが続きますので、ここはガッツリ闘ってモノにして流れに乗りたいですね。

さあ、行こうぜ!勝利目指して闘おう!

闘え!セカンズ!!

訪問者数

Profile
あし@
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ