鈴鹿戦記〜デスマッチ3連戦しょの2〜

はい、戦記ですよ。

まあ台風の影響がどれほどなのか全く読めない状況でしたが、行ってみればごくごくフツーの雨といった感じで。鈴鹿はサーキットが「雨のスズカ」と言われるように割と雨の多い地帯なんで、まあ台風じゃなくてもこれぐらいは降るよなと。
そいや東海2部時代にマインドハウス四日市と鈴鹿スポーツガーデン(現・三交鈴鹿)で試合したときに、えらい豪雨に見舞われたことがありましてね。あのときのほうがよっぽど台風っぽかったですわw

んでは試合。
晃輔が累積出停ということでメンバーの変更がどうなるかと思ったら、意外にも勇介をボランチに置く布陣。富安は右サイドバック。鶴さんは逆と予想してましたし、これまではその布陣で行くことが多かったんですが、勇介のコンディションを考慮してサイドバックよりはボランチに置いたほうが良いという判断でしょうか。
また小木曽が仕事で不在なので、勇翔と陸の2トップ。このへんはメンバーのやり繰りどころですねえ。

試合開始あたりには既に少し水が浮いてきていたので、セカンズは割り切って前へ蹴っていく戦法を取る構えでしたが、意外にこれが悪くない感触で、むしろ相手のほうがピッチコンディションに手こずっている様子。そのためGFCでの鈴鹿戦ほど圧倒される場面は少なかった印象でした。正直、ああいう状況なのでそれこそ体格差にモノを言わせてゴリゴリ来られると嫌だったんですけどね。とはいえ、セットプレーではやはり体格差が出てしまい、CKから冨士に決められます。冨士にはGFCでもやられてるんだよなあ。
体格差は競り合いの面でも出て、競り合いで勇介が負傷してしまって29分で穂高と交代。ただ穂高はボランチのほうが得意みたいで、鶴さんもボランチのスタメンに穂高を置くのは有り得ると思っていたので、この交代は面白いと思いました。
そしてここからセカンズが食らいつき、こちらもCKから勇翔が頭で押し込んで同点!勇翔は3試合連続ゴール!これは本当に嬉しかったですし、ガチで「行ける!」という手応えがありました\(^o^)/
さらに前半終了間際、不運なPKを取られましたがこれを足立が左手一本で弾いてセーブ!久しぶりにPKキラーの面目躍如!流れはセカンズに来てる!行けるぞマジで!

と思ったんですけどね(´・ω・`)

後半はじわじわ力量差が顕になって、クロスからのマークがズレてフリーにさせる場面が増えてしまいました。ただそれでも最後まで闘う意志は無くならず、3-1の直後に快樹がキレイに裏を取って抜け出し、1対1に持ち込んだのは惜しかったですね。あれ、GKの顔に当たってなければなあ…。


しかしアレですな、負けたこと以上に自力残留の可能性がなくなったことがこんなにキツいというのは初めて味わいました。これまでも2014年、2016年と残留争いは経験しているんですけど、いずれも自力で残留を決めているんですよね。自力が消えたのは今年が初めて。
とはいえ、まだ1試合、トヨタ蹴球団との直接対決あります。ここを最後まで闘って、そして勝つことがセカンズにとっての『ベストを尽くす』です。
もちろんわしらも共に闘います!
なお私事ですが、24日は福岡戦は行きません。セカンズ一本勝負で臨みます。


[画像:05cf539c.jpg]

リハビリ中もちょくちょくセカンズの試合に顔を出してくれてたネット。
ようやく鈴鹿の選手として姿を現してくれました。
ネットは84分に途中出場。87分に木田を削ってラフプレーでイエローもらってました(;・∀・)ケズルナケズルナ
それでも試合後、ユニ姿のままスタンドに上がってきて、その場にいたわしら一人一人に握手してくれたのは勝敗に関係なく有難かったですね。


さあいよいよ最終戦!
トヨタ蹴球団戦は9/24(日)11時、GFCでのデスマッチ!
セカンズは勝ち以外では降格が決まってしまいます。
またセカンズが7点差以上で勝利すると、蹴球団の最終戦が引き分けでも残留となります。
うし、7点取ろうぜ7点。最終戦の目標ね。

最後まで共に闘おう!
闘え!セカンズ!!

鈴鹿アンリミテッド戦試合結果

[画像:9c12577f.jpg]

鈴鹿アンリミテッドFC3-1セカンズ

得点者
鈴鹿:冨士(15分)、江頭(66分)、エフライン(78分)
岐阜:石川(34分)

選手交代
29分:田端→米澤
58分:高橋→土田
89分:礒部→宇野

刈谷戦同様、地力の差で敗れたものの大健闘したと言える内容。
前半のうちにもう1点取れれば勝ちも充分あった。

さあ残すところはあと1試合、直接対決。
最後まで闘って、勝って終わろう!

TSL13節 鈴鹿アンリミテッドFC戦メンバー

[画像:ab19325f.jpg]

スタメン
GK足立
DF富安、工藤、木田、山本
MF田端、古市、礒部、河原
FW石川、高橋

サブ
GK田中
DF石橋
MF加藤、土田、米澤、芝尾、宇野

日程訂正

すいません、次節の日程間違えてました。
正しくは9/16(土)15時です。
ええ、今日気づきました。あぶねー。

大変失礼しましたm(_ _)m

GFC戦記〜デスマッチ3連戦しょの1〜

はい戦記ですー。
今日は久しぶりにボールパーソンが付いてくれました。
FCラセルバhttp://www.fc-laselva.comの皆さんありがとうございました!
ご存知の方もいると思いますが、FC岐阜創立メンバーでセカンズにも2012年まで在籍した『俺たちの西っつぁ』こと西元広さんが代表を務めるチームです。引率役として来てた、コーチの松井義隆くんも元セカンズの選手です。松井くんに久しぶりに会えて嬉しかったなあヽ(´ー`)ノ
てかボールパーソン付くなら、教えてくれれば日除けの帽子を買って差し入れしたかったですよ。
ちなみにラセルバHPのリンクバナーにあるSAKURA UNITEDは櫻田真平さん、西濃シティは高木政人さん、ACレジェンダは高木敦さん、SCSプレヅィールは森下弘さんがそれぞれ立ち上げたクラブチームです。何故か一緒にある名古屋経済大サッカー部はもちろん小島宏美さん繋がりw

んで試合。
首位の刈谷が相手とはいえいつも通り勝つ気満々で臨んだ一戦、刈谷にとっても負けられない試合になるので、想像より激戦になると見てました。特に今日は残留争いという点でも勝っておきたいところです。ただやはり力量差があるのは否めないので、そこを如何に上手くカバーして闘うのがセカンズのテーマだったかなと。
そういう意味では立ち上がりから押され気味ではあるものの、よく辛抱してチャンスを狙うサッカーは一定は出来ていたように思います。試合後の感想戦でも刈谷サポさんと話してて、「もっと圧倒できると思ってた」と言ってたのは正直なところでしょうし、こちらも2失点した時点で圧倒されるかもと頭をよぎったのが本音です。
なお2失点目のシュートは後で知りましたが、無回転だったようで。そりゃ足立も後逸するわと納得。

そして後半、隙を突いて突撃した陸が倒されてPKを獲得!これを珍しく勇翔が決めて1点を返しましたが、この1点でだいぶ息を吹き返しましたね。これは大きかった。あのまま一方的にやられて終わるのとは全然違いますし、結果的にその後失点してしまいますがあの時間帯からもう一度踏ん張って勝負に行ったことは、後々絶対モノを言うはずです。
最終的には地力の差で寄り切られたという感じでした。しかしただ負けたわけではなく、最後まで闘って負けたので残念ではありますが不満はありませんね。むしろよりいっそう最後まで共に闘おうという気持ちになりましたよ。だから挨拶に来る選手たちに向かってあのチャントを歌ったんですけども。


さて残留争いについて現状を把握しておきましょう。
6位のトヨタ蹴球団は現在勝ち点9、得失点差−7。
そして7位のセカンズは現在勝ち点7、得失点差−18。のはず。←
共に残り試合は2試合ですが、来週はセカンズのみ試合(9/10、15時鈴鹿アンリミテッド戦。AGF鈴鹿)があります。
そして再来週はセカンズとトヨタ蹴球団の直接対決(9/24、11時GFC)。
セカンズが残り2試合を連勝すれば自力での残留が決定しますが、最低でも直接対決は勝つ必要があります。
そしてトヨタ蹴球団はセカンズとの直接対決に敗れて勝ち点が3以内で下回った場合のみ、10/8の東海学園FC戦(中京大豊田グラウンド、11時)で勝てば残留決定となります。またセカンズが鈴鹿戦に敗れていれば、直接対決に敗れても東海学園戦は引き分け以上で残留決定となります。

どーです、なかなかのデスマッチでしょう( ̄▽ ̄)←
しかーし!!セカンズも、わしらマニヤさんどもも、最後まで共に闘う!
それは間違いないと断言します!

闘え!セカンズ!!


FC刈谷戦試合結果

[画像:8e3a12e8.jpg]

セカンズ1-4FC刈谷

得点者
岐阜:石川(53分、PK)
刈谷:中野2(41分、73分)、藤本(45分)、森崎(75分)

選手交代
63分:礒部→河原
72分:高橋→土田
78分:田端→富安

最後は地力の差が出たものの、健闘したと言える。
苦しいながらもこれだけ闘えたことは、残り2試合に向けて充分手応えを感じる。
最後まで諦めずに闘おう!

TSL12節 vsFC刈谷戦メンバー

[画像:7c135e60.jpg]

さあ今日からデスマッチ3連戦!暑い!

スタメン
GK足立
DF田端、工藤、木田、山本
MF入山、古市、礒部、石川
FW高橋、小木曽

サブ
GK田中
DF石橋
MF土田、米澤、河原、宇野、富安

GFC戦記〜九死に一「勝」〜

久しぶりに行ったらなんか物置が出来てたり、副審が女性だったり、挙げ句の果ては竜巻が発生したりとよく分からんGFCでありましたこんばんは。
試合結果の写真に写ってる方が女性副審であります。キビキビしたジャッジメントでしたな。東海リーグでは副審や第四審判でたまに見かけますが、セカンズの試合では久しぶりでした。
というか本物の竜巻を初めて見ましたよ。けっこうちゃんと渦巻いてるんですなあ。しかもわしらのいるそのすぐ後ろで渦巻いて近づいて来るんだもん、試合中に。規模は小さく、すぐに消滅したので被害は全くなかったのですが、もうちょっとでピッチに行きそうだったのでびっくりしながら太鼓叩いてましたw

さて試合。
いやー、やっと勝ちました!11試合目での初日。
何はともあれまずはホッとしました。と同時に、「よし、ここから行くぜ!」という気持ちがふつふつと湧いてきましたね。
とはいえ勝ったものの、内容的には反省点がありましたね。
立ち上がりがここ数試合では一番良くなかったんですよね。勝たなければいけないプレッシャーがあったのか、いつもより動きがカタい感じだった上、相手が最初から前へ前へとボールを蹴って来たのでDFラインが下がり、ちょっとバタバタする場面がありました。そんな中、10分過ぎにセカンズがPKを与えてしまいます。
ところがこのPKを相手が外します。これがこの試合最大のポイントでした。
試合後に選手とも話しましたが、このPKが決まってたらセカンズが勝てたかどうか正直自信はないですね。鶴さん的にはPKを取られた瞬間、目先真っ暗になりましたよ。前節も先制されて流れを持ってかれて負けただけに、この試合では絶対先制したかったんですよね。でもPKが外れたので、「もうこうなれば先制決めなきゃ!点取らなきゃ!」と応援もテンション上げていきましたね。あそこは勝負どころでした。
するとCKに木田がドンピシャのヘディングで合わせて待望の先制点。あのゴールは本当にデカかったです。木田にとっても復帰後初ゴールでしたし、もしかしてだけど一昨年のあの群馬戦以来かな?
先制後は目論見通りに流れを掴み、バタバタすることもなくなりセカンズのペース。でもできれば追加点を取りたいというところで、またCKから石川がこぼれ球を押し込んで追加点!石川が両手を高々と挙げて喜びを爆発させてました。

後半もセカンズのペースは落ちず、むしろ尻上がりにどんどん良くなっていってると思うほど。得点した石川も乗ってきたか、60分と83分にもゴールを決めてハットトリックを達成!ハットトリック達成を記念して、コールを「石川」から「勇翔」に変更しまうす!
ちなみに、4得点のうち3点目まではいずれも拓巳のアシストがついてます。
75分にはセットプレーから失点してしまいますが、実は後半に撃たれたシュートはこの1本のみ(前半は4本。セカンズは前半7本、後半8本)。完勝とまでは言えないながらも、残り試合に向けて弾みをつけるには大きな勝利だったのではないでしょうか。


残り試合の予定は以下の通りです。

9/10(日)FC刈谷  (12時、GFC)
9/17(日)鈴鹿アンリミテッド  (15時、AGF鈴鹿)
9/24(日)トヨタ蹴球団  (11時、GFC)



相手がどこでもやってやろうぜ!
闘え!闘え!闘え!セカンズ!!

常葉大浜松FC戦試合結果

[画像:85e731c5.jpg]

セカンズ4-1常葉大浜松FC

得点者
岐阜:木田(21分)、石川3(44分、60分、83分)
常葉:児玉(75分)

選手交代
55分:小木曽→土田
72分:礒部→宇野
82分:高橋→米澤

やっと、やっとリーグ戦初勝利\(^o^)/
石川がハットトリックを達成\(^o^)/
これで勢いづくぜ!

TSL11節 vs常葉大浜松FC戦メンバー

[画像:b83d146c.jpg]

久しぶりのホームGFCであります。
残り4試合のうち3試合をここでやれる幸運を活かしたいものですな。

スタメン
GK足立
DF富安、工藤、木田、山本
MF入山、古市、礒部、石川
FW高橋、小木曽

サブ
GK田中
DF石橋
MF土田、米澤、河原、宇野
訪問者数

Profile
あし@
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ