刈谷戦記〜まだ一歩、もう一歩、あと一歩〜

久しぶりに90分雨の中声出したら風邪気味になった鶴さんがお送りします戦記でありませり。
試合前は小雨っぽかったんですけど、始まったらまー本降りになりましてねえ。でもこの時期ですから寒くはならなくて、むしろ火が着いて妙にハイテンションになってしまう悲しいマニヤ体質o(^▽^)o←
てかウェーブスタジアム刈谷はデンソー時代から何度も見に行ってる会場ですが、あんなに水田まり選手が現れるピッチコンディションになったのは記憶にないんですよね。感想戦で刈谷サポに聞いたところでは、ウェーブスタジアムは例年これぐらいの時期から芝の養生期間に入るので、今はピッチコンディションはそれほど良いとは言えないとのこと。

んで試合。
メンバーを大幅に替えてきましたが、やはり注目はボランチの角。今年はアスレチックトレーナーとしてベンチには入るものの、選手としては今季未出場。主務や運営委員を兼務する田端と共に、裏方でチームを支える役回りに徹してたんですよね。少し前からそろそろ選手として準備していくとは聞いてましたが、思ったより早くピッチに戻ってきましたな。実績十分とはいえ、実戦感覚も含めどこまで行けるかがカギになるなと思ってました。

前半は悪くない立ち上がりに見えたんですが、サイドからの展開に後手を踏んでしまって失点。ただ前節のヴィアティン戦もそうでしたけど、失点してもそのまま一方的にやられることはもうなくなったですね。それどころか逆にやり返そうという意志がプレイの端々に現れてきていて、30分あたりからはセカンズに流れが向いてきます。流れが良くなったのは中盤の運動量が増えて、いい形でボールが奪えたのが要因のひとつとして挙げられるでしょう。この日はゴール裏から応援してましたが、全体的なバランスも取れるようになってきているのが分かりましたもんね。やはり角がいると違うなとつくづく。
ただ前節はここで点が取れずに失点してしまっていたので、今回は取りたい!と思っていたら古市キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
ゴール右上に狙いすました一発!
古市は怪我から復帰以降は調子が良く、満を持してのスタメンだったのでこれは嬉しかったし、しかも待望の同点弾だったのでよしこれはイケる!となりますよね(`・ω・´)ノ
その後もセカンズのペースは続き、疲れの見えてきた角と高橋を伊藤、ネットに代えて勝負に出ます。ここは行くべき流れなので当然の交代かと。ただ、ここからもう一歩押して攻め込みたかった。ここを押し切れたら勝てたと思う。個人的にはネットをフィニッシャーにすればと思いましたね。ネットは相手を背負ったプレイよりも、前向いたほうが良さが出せると思うんですけどねえ…。
3枚目の交代は相当悩んだだろうと思います。土田投入でかき回すとか、前線に健さん投入で『大作戦』敢行とかも有り得たでしょうし。ただ、工藤投入がミスチョイスとは思いません。考えを重ねての選択というのは分かりますので。
最後は底力の差でしょうか。あの時間帯でパスを左右に振ってしっかり揺さぶって来られたら、やはりちょっと厳しいですね。

しかし試合後、挨拶に来た選手たちの顔はどこか吹っ切れたような感じで、前節のしょんぼりした面々とは全く違う印象でした。ゴール裏にいたわしら一人一人としっかり握手した木田とか、バスに乗る帰り際に「久しぶりで疲れたけど楽しかった」と話した角の表情は、まだまだ全然イケると語っていたように見受けられましたね。


ところで。
鶴さんは試合後に出来る限り公式記録のコピーをもらうようにしています。試合結果のソースを確認するのはもちろんですが、公式記録を見返すことで改めて見えてくる事柄等もよくあるので。
んで、今年から東海リーグの記録用紙は仕様が変わり、監督の署名欄が入るようになりました(東海リーグ公式ブログにアップされてるので参照のこと)。当然セカンズはファビ監督の署名が入るはずですが、この日は何故か主務の田端の署名。刈谷はこちらから請求する前に向こうから配ってくれるので非常に有難いんですが、鶴さんがもらうときに運営さんから「おたくの監督、先に勝手に帰ってったよ」とお小言を言われてしまいました(´•ω•`)
うーん、なんか事情があったのかは知りませんが、署名ぐらいしていこうよファビ監督…。せっかくいい試合したんだから、こういうことで要らんケチ付けられるのもなんだかなぁ…。
また、鶴さんはその場にいなかったのですが、試合後に選手バスをスタジアムに横付けしたら運営さんに怒られたとか。こういうので何が心配かって、クレームが全部主務の田端に行っちゃうことなんですよね。田端はホームでは主務を優先させなきゃいけないので試合には出られないですし、選手としてアウェイで出場しても、試合前後は主務の仕事もやらなきゃいけない。そういう状況でチームやわしらサポーターがやらかしてしまったら、田端に余計な負担をかけてしまうことになるんですよ。それは避けたい。
せめて試合会場にいる間は、チームとしての行動を念頭に置いてもらいたいなと。サポーターも含めてね。共に闘うってそういうことでしょ。

さて次節はホーム。
6/26(日)12時から、GFC天然芝でchukyo univ.FCとの対戦です。
なお、18時から長良川でロアッソ熊本戦もありますので、ハシゴされる方はどぞ(っ´∀`)っ
鶴さんはハシゴしますよ。

連敗をぶっ飛ばせ!
闘え!セカンズ!!

本日の試合結果

image


FC刈谷2-1セカンズ

得点者
刈谷:黒田2(11分、88分)
岐阜:古市(49分)

選手交代
65分:角→伊藤
67分:高橋→藤沢
86分:田端→工藤

力尽きての敗戦も、内容は今季一番。
光明はハッキリ見えた。手応え十分。

本日のメンバー

image


雨がシトシト降ってますウェーブスタジアム刈谷です。

スタメン
GK長谷
DF萩原、木田、木下、田端
MF角、牧野、藤田、井上、高橋
FW古市

サブ
GK西尾
DF工藤、佐藤、岡田
MF藤沢、土田、伊藤

かなりメンバー替えてきましたな。

東員町戦記〜投げるにはまだ早い〜

結局、東員町陸上競技場へは車で行った鶴さんですこんばんは。
やっぱ太鼓やダンマクを持って行く身としては、雨降りで荷物抱えててくてく歩くのはちょっとね。東員駅からは思ったより距離はなかったんですけども。あ、晴れてたら乗るつもりでした。帰りに阿下喜まで行って温泉つかろうかとか妄想してましたよw

で試合。
どこぞのトップチームみたいないきなりの失点から始まる羽目になりましたが、そのままズルズルと相手のペースにはならず、仕切り直しできていたのは良かったと思います。試合後に聞いたところでは前半は0-0でというプランだったようなのですが、目論見通りに行かなくてもそれなりに対処はできていたのでは。

ただハーフタイム明けに修造を投入するのは問題ないのですが、岡田を下げる意図がちょっと疑問に思いました。確かに岡田は1失点目につながるミスをしたんですけど、その後はミスを挽回するかのように奮闘してたと思います。良い意味で切り替えてプレーしてたように見えてたんですよ。怪我やコンディションの問題があったならともかく、後半でももう少し引っ張ってあげても良かったかなと。岡田には監督やコーチ、チームメイトのフォローがあることを願います。

後半は一進一退から、ややセカンズが優勢な時間帯が訪れて攻勢に出ます。いい攻撃の形も少しづつ見えてきて、ここが勝負どころというのはチームはもちろんスタンドのわしらも感じてました。しかしセカンズのCKをクリアされたのがそのままカウンターとなり、失点…。
相手の監督さんが試合後のコメントで「2点目を取ったところで勝ったと思った」とおっしゃってましたが、確かに勝負の行方はこれで決まった感じでした。ただし、行方を決めたのは2点目そのものではなく、失点してセカンズが落ち込んでしまったことでした。正直、あそこまで落ち込む必要はなかったのではないかなと。まだ時間も20分以上ありましたし、ここからでも1点返せば引き分けも有り得ますし。ここはこの日の反省点でしょう。
反省点ということでいうと、その後の2失点は明らかに余計。勝ちの目が薄くなってしまっても、やるべき事として守備を怠らないのは忘れてはならないはず。この日は2失点で留めたかった。個人的にはそこは悔しいです。

このまま0-4で終わってしまうのかな…と頭を過ぎっていた終了間際に、ネットが仕掛けにいったところで相手が倒しPKを獲得。倒されたネット自身が決めて遅まきながらも1点を返したのは、この日が次につながる意義を持つ非常に大事なゴールでした。ちなみにネットを倒したのが2012年までセカンズにいた佐光くん(70分に途中出場)だったのも何かの偶然なのか、な?

image


去年、GFCで挨拶程度はしたんですがほぼほぼ久しぶりに話したなあ。4年前のメンバーで現在も選手なのはセカンズで角と勇介、Kawasakiの豪くんに安西くんに海野くん、長良クラブの安田くん、あとMIOのヤナギと梓司、そして佐光くんぐらいかな?
かつてセカンズにいた選手と、こうして会えるのもサッカーの醍醐味ですよ。勝ち負けに関係なく、こういうのは嬉しいです。

さてまだまだ試合は続きます。連敗が何だ!←
次節は6/19(日)16時から、ウェーブスタジアム刈谷でFC刈谷と対戦します!
…ってこないだGFCでやったやん。
今度は勝つ!(`・ω・´)ノ

闘え!セカンズ!!


本日の試合結果

image


ヴィアティン三重4-1セカンズ

得点者
三重:加倉(2分)、藤牧2(65分、87分)、グァク・レスン(83分)
岐阜:藤沢(90+2分PK)

選手交代
HT:岡田→牧野
73分:山本→古市
76分:工藤→藤田

2点目を取られる直前まではいい勝負だった。
確実に良くなってきているのは間違いない。
それだけに立ち上がりの失点がもったいなかった。
まだまだ、何度でもトライし続けるだけ。

本日のメンバー

image


雨がパラパラ降ってる東員町陸上競技場です。

スタメン
GK長谷
DF工藤、佐藤、木田、岡田
MF木下、伊藤、萩原、井上、山本
FW藤沢

サブ
GK的崎
DF星野
MF古市、牧野、藤田、土田
FW高橋

GFC戦記〜もっと考え、もっと闘う〜

image


試合前に挨拶しにベンチを覗いたら、なんと去年までセカンズでプレーしてたレオナルド・ブラム・バル・グランデくんがいて心底びっくりした鶴さんですこんばんは。
去年のちょうど今ごろだったかな、膝の大怪我で戦列を離れその後のシーズンを棒に振って、日本語が堪能ではないということもあってブラジルに帰国して手術を受けたんですよね。その時点で再来日は望み薄と思ってましたし、セカンズへの復帰もまずないかなと思ってました。それがひょっこり現われたもんで、思わずハグして喜んでしまいましたw
いやーホントこれは嬉しかった!お帰りレオ!\(^o^)/
再登録についてはまだ分かりませんが、本人曰くあと一ヶ月ぐらいで目処が立つとのこと。てか日本語そこそこ話せるようになってたww
昨日はトップの練習にも参加してたようで。まあセカンズに加入した2014年から、トップの練習には何度も参加してましたしね。
復活する日を待ってるぜ!( ´ ▽ ` )ノ

さてでは試合。
スタメンを聞いたら「今日は3バックだよ」とのことでまずびっくりし、じゃあ2トップかと思ったらネットの1トップは変わらずと聞いてさらにびっくり。さ、3-6-1?
去年、3-5-2はやったことがありましたが…。
おそらく意図としては、中盤の人数を厚くして森優也を封じるつもりだったのかなと。優也は今年、FK直接だけで5得点してますし、去年までセカンズにいた勝手知ったる選手に活躍されたくはないというのもあったのでしょう。それだけ優也を重視していたのかも。
ところがこの3-6-1、開始直後こそいい攻撃の形を作れてましたが、その後は間延びしまくりになってしまって相手への寄せが立ち遅れるシーンが目立つようになってしまいます。そうなると後手に回らざるを得なくなり、25分に失点(´•ω•`)
さすがにこれはマズイと思ったのか、この直後にいつもの4-5-1に組み替える突貫工事を敢行。これがベンチからの指示なのか、あるいはあらかじめ想定していたのかは分かりませんが、やはりバタバタしてしまいますし反撃する態勢にはなかなかなれませんわな。ただ態勢を立て直すことは出来ました。
後半はセカンズがいい攻撃の形を作って攻めるシーンが増えました。シュート数も前半はセカンズ1−ISE5だったのに対し、後半はセカンズ7−ISE1と真逆に。でもゴールは決まらず。やはりリードしてる相手にガッチリ引いて守られると、こじ開けるのは難しくなってしまいますね。相手はもう1-0で逃げ切る気満々でしたし。
ただこの3試合を見てて、負けはしてるけど攻撃においては工夫や改善の跡が見られます。先々週の鈴鹿戦なんかに比べればだいぶ良くなってきていますね。個人的な印象としては、いい攻撃の形を作る『前』の、組み立ての段階でのバリエーションがもっと増えれば攻撃がスムーズに運べるように感じますけどね。あとは刈谷戦でも書いたように、しっかり攻め切る強さを出していきたい。

3連敗という結果だけ見れば、失速してると思われるかも知れません。しかし選手たちはもがきながらもしっかり闘ってますし、今日の3バックを採用したこともファビ監督なりに考えた上でのフォーメーション変更だというのは理解してます。決して奇策に走ったとは思ってません。今日に関して言うなら、優也を中心と見てマークしに行ったら相手が優也を中心にしなかったことではぐらかされたかなと。そういえばISE-SHIMAの中田一三監督は、セカンズが2010年に東海2部でリーグ戦初黒星を喫した(アウェイISE-YAMATO戦)ときの監督さんなんですよね。あの時も試合の流れに応じた采配が的確で、それで敗れたのを覚えてます。

これでホーム4連戦は1勝3敗となりました。できればせめて2勝はしておきたかったですけどね(苦笑)
でもまだまだこれからもっともっと闘って、そして勝ちを目指すのみ!こんなもんじゃへこたれないぜよ(`・ω・´)ノ

次節は久々のアウェイ戦。
ヴィアティン三重と、東員町陸上競技場で6/12(日)13時よりです。
鶴さん的にはホームより近いアウェイになりますが、いっそ時間もカネもかかる北勢線で乗り込もうかと思ったりwww
いや北勢線はいろんな意味で凄い路線ですからね(・∀・)電車なのに40km/hしか出さないとか、座席に座って足伸ばしたら対面の座席に届くとかw
参考映像はこちらをどぞ(っ´∀`)っ

闘え!セカンズ!!

本日の試合結果

image


セカンズ0-1FC ISE-SHIMA

得点者
志摩:森崎(25分)

選手交代
71分:山本→岡田
79分:古市→渡邉
85分:井上→河原

フォーメーション変更が裏目に。策に溺れての敗戦。
ただ内容は良くなってきてる。まだまだこれから。

本日のメンバー(サブメンバー訂正あり)

image


雨はほぼ上がった笠松です。

スタメン
GK長谷
DF木田、佐藤、木下
MF伊藤、牧野、萩原、井上、山本、古市
FW藤沢

サブ
GK西尾
DF工藤、星野、岡田
MF土田、河原
FW渡邉

GFC戦記〜隙の突き方〜

夜勤2週からの日勤で絶賛時差ボケ中の勝率5割ですこんばんは∩(´-ω-`)∩ネーヾ( ゚∀゚)ゝムイ
立ったまま寝落ちできますはい←

さて刈谷戦。
2節かな、ド近所でやってたヴィアティンと刈谷の試合を見に行ってて(ファビ監督も行ってスカウティングしてたらしい)、今年の刈谷は前半勝負のスタイルなのかなと何となく思ってました。じっくり構えるのではなく、早い仕掛けで来そうな印象で。鈴鹿戦で立ち上がりにやられて持ってかれた反省は次の刈谷戦で出るだろうと見込めることを考えると、前半をタイもしくはリードで折り返せばと考えてました。
その前半、25分すぎに主審が給水タイムを取るまでは五分の展開だったように感じました。セカンズから見ればまずまずかなと。ところが、給水タイム明けから一気に相手のペースになります。セカンズが緩んだのか、刈谷が仕掛けたのか、或いはその両方かは分かりませんけどね(苦笑)
ここでバランスが崩れたところを突かれて30分に失点。その後も相手の攻勢は続いて39分に失点。思惑通りとはいかず、2点ビハインドで折り返しとなりました。

後半もしばらくは刈谷のペースが続き、このまま一方的にボコられるかもと思ったりしましたが、この日はシュートを撃たれてても粘り強くディフェンスはしていて、枠内に飛んでも西尾がしっかり対応できたシーンが何度かありました。これは鈴鹿戦の反省が活きていたなと思います。
やがて刈谷も動きが落ちてきて、セカンズにも反撃のチャンスが見えてきます。ここで前半の刈谷よろしく一気に攻め込みたいところだったんですが、この日のセカンズは相手の隙を突き「切れなかった」印象でした。特に誰がとかではなくね。試合の勝敗を決めたとすればそこでしょう。セカンズも刈谷もチームのタイプ的には似たような点があり、技術的な面でもセカンズが引けを取っているようには見えなかったので、そういうところが勝負の分かれ目になったのかなと。

試合終盤、前線で身体を張ってるネットが味方を鼓舞してましたけど、ネットなんかもかなり辛抱して身体を張ってると思うんですよね。この日も厳しいマークにあってなかなかボールを収められなかったですし。でも、やってることは決して間違ってはいません。もちろん修整点はありますが、それは外から見てて強く感じましたね。今は辛抱すべきところは辛抱して、ひとつひとつしっかりやっていくことが大切だと思います。

さてホーム4連戦の最後はFC ISE-SHIMA戦。
優也とあだっちーがGFCに帰ってきます。
だからこそ負けられない。
だからこそ勝つ!
6/5(日)12時キックオフ!

闘え!セカンズ!!
訪問者数

Profile
あし@
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ