2007年07月17日

ホームタウン5

サッカークラブにおいて、ホームタウンという言葉はかなり関わりが深い。
おらが町のクラブとして、地元チームを応援する。
ヨーロッパのサッカー先進国にいけば、4部のクラブでさえ、素晴らしいスタジアムをもち、毎試合観客が1万を越えることも珍しくない。

人口わずか5万人の町でさえそんなクラブがあるのだ。

では、日本はどうだろう?実は最近はとても活気が溢れてきている。

J1は当然として、最近J2を中心に、地方クラブが、町のスターになってきている。都心とは違い娯楽が少ない地方にとって、サッカークラブが重要な役割を果たしている。

またJ2だけでなく、ここ数年で、JFLのR熊本、FC岐阜、栃木SC、G鳥取など。また日本の4部にあたる地域リーグの、B神戸、F岡山なども、おらが町のクラブとして活躍しているのだ。

我らがギャラクシーは、大阪府松原市をホームタウンとしているが、松原市には素晴らしいスタジアムが存在する。
松原市民グランドだ。
過去に国体が行われたこともあり、昔は天然芝がきれいにはられていた。
メインスタンドは広々とした、イスがあり、また上から試合を見下ろすことができるので、サポーターには持ってこいなのだ。

こんなに素晴らしいスタジアムがあるのに、市を代表する社会人チームがないのは寂しい。

ギャラクシーがそれになるよう、夢見てるのは私だけだろうか…


おわり

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔