2007年03月16日

壮大な実験

家族単位で不動産投資を行う場合、青色申告では二種類の節税法が有りますが、ひろの場合は、一般的な「世帯主が家賃を受け取り、家族を事業専従者として届け出て、給料を支払う方法」ではなく、「別名義で購入し、二人とも10室以上を保有して、青色申告の65万円控除をそれぞれ受ける方法」を選択しています。

といっても、実際は「節税」の為に名義を分けた訳ではなく、別の事情によるのですが・・・。

ちなみに、現在のひろの方法って、一般的な専従者給与を支払う方法よりも有利かはわかりませんが、「自己資金は僅かで、他に収入も無い専業主婦が、不動産投資でどれだけの資産を築けるか?」という実験としては面白いと思いませんか?

実際、奥さんに対しては、連帯債務者として信用は貸していますが、後は完全な独立採算で頑張っていますからね。

ただ、この実験の答えって、早くても5年先とか10年先にしか出ないんでしょうが(苦笑)

宜しければ、それまで頑張って更新しますので、お付き合いお願い致します・・・ノ(^-^;)ノ

ブログランキングに参加しています。
良かったら、リンク先をクリックして、順位UPにご協力下さい。→人気blogランキングへ


fchiro at 22:26コメント(0)トラックバック(0) 
青色申告 | 節税

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージはこちら