2007年04月28日

運命に身を任せて1

本日からG・Wに突入し、業者さんも休みのとこが多いみたいで不動産関係の動きは無さそうなので、暫くは昔のお話を書こうかなって思います。

ちなみに、「不動産投資のきっかけ」はブログの最初の頃にもお話しましたが、ブログ開始から半年以上が経過し、最近以前書いた内容を忘れている事も多いので、もし内容が重複してたらごめんなさい(^^ゞ

さて、ひろは「しがないサラリーマン」でして、実家が金持ちとかでもないので、当然、不動産投資を行う為の自己資金は、地道な貯蓄&投資活動によって捻出しました。

まあ一言で言うと、「貯蓄で貯めたお金を株式投資で増やした」という良く有る話で片付くのですが、自分的には「以前から、自分は絶対アパートを取得できるという自己暗示を掛けていたお陰で、与えられたチャンスを生かすことが出来たのでは?」って少し運命的なものを感じていますので、その詳細を・・・。

以前お話しましたが、ひろは20歳の頃に「将来自宅を買う際の頭金になれば・・・」と思い、期間15年・満期300万円の簡易保険に加入しました。

毎月1万5千円の支払いは、加入当初は結構きつかった記憶が有りますが、なんとか挫折する事なく、35歳で満期に・・・。

その前年にワンルームマンションを現金で購入した際、自己資金の不足分を「契約者貸付」を活用してしていた為、実際に受け取ったのは約200万円でした。

・・・って事で、久し振りに入って来た「まとまったお金」でしたが、当時は30代初めから始めた株式投資もマイナス状態で「才能ないんだろうな〜」って感じていましたので、大事な軍資金を株に回すだなんて選択肢も無く、最も有効な活用法を考えた結果、当時購入から約10年が経って痛みが激しくなってきた自宅マンションの内装をリフォームする事にし、業者さんに見積もりを依頼しました。

(続く)

最後に・・・良かったら応援のワンクリックお願いします→人気blogランキングへ



fchiro at 23:44コメント(0)トラックバック(0) 
チャンスを生かす | 自己資金

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージはこちら