2008年09月29日

転売のお誘い

応援クリック宜しくお願いします。→人気blogランキングへ

昨日、ある仲介業者さんから戸建物件の紹介を頂いたので、本日夕方、現地を見に行って来ました

因みに、今回連絡をくれた業者さんは、2週間前に「未公開物件」を紹介してくれたのと同じ方
↓ ↓ ↓
未公開物件の理由(前半)

未公開物件の理由(後半)

シナリオとしては、「この物件を住宅ローンで購入し、リフォームして、転売で儲けませんか?」って感じです

一応、その業者さんの想定通りに行けば、「2ヶ月弱で80万円程度儲かる可能性が高い」との事ですが、ざっと計算すると、一番儲かるのは「仲介業者さん(仲介手数料×4)」で、その次が「国&県(登録免許税、不動産取得税)」、残りの僅かな金額を銀行とプレーヤーで分け合うって感じです

確かに、サラリーマンの給料を考えたら、2ヶ月の純利益80万円というのは大きい数字ですが、リスクを考えたら躊躇しますよね

当然、リスクの中には、「希望価格で売れずに損切りする事」以外に、「銀行の信用」なんてのも入っていますが・・・

正直言うと、今年は4月に売却した「旧自宅マンション」の譲渡損失が有る為、相殺出来る譲渡益は滅茶苦茶欲しいのです。

だからこそ、本日も見に行ったのですが、WIN−WINの関係を築いて情報を貰いたい気持ちは大いに有るものの、「余りに低い利益率」に投資家として拒絶反応を起こしていますので、現金買い出来る物件以外は踏み切る事は出来そうにないみたいですね(苦笑)


投票宜しくお願いします
↓ ↓ ↓


fchiro at 23:19コメント(0)トラックバック(0) 
投資哲学 | 物件売却

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ひろ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージはこちら