2011年07月26日

ワンルームマンションを内見した理由とは

応援クリック宜しくお願いします→ 人気ブログランキングへ

本日は、仕事帰りに愛車のロードレーサーで少しだけ遠回りし、シェアハウス近くの一棟物件を内見してきました

因みに、見学した物件の間取りは、私が現在メインで探している「ファミリータイプ」ではなく、バリバリの「単身者向けのワンルーム」

このブログをずっと読んで頂いてる方には、「何故今更」という印象かもしれませんが

実は冷やかし


では無く、当然理由有り


その理由とは、春以降10名以上断り続けている入居希望者の存在でした

現在、「女性専用シェアハウス」は満室ですが、「好立地」で「家具・家電付き」の物件のニーズは根強いみたいで、結構頻繁に「他に物件持ってないんですか?」と聞かれる為、近くの物件が確保出来たらと考えた次第です

まあ、「区分所有物件」を購入し、「家具・家電」を入れて募集しても良いのですが、「2人入居に関するクレーム」の不安が悩ましいですからね(苦笑)

結局、本日の物件は「再生欲」は滅茶苦茶満たしてくれそうでしたが、利回り的に美味しくなさそうなので、見送り決定

ただ、今後も「シェアハウス周辺」、「博多駅徒歩圏」の物件チェックは続けたいと思います


【おまけの話】
先日聴講した、はじめ様のセミナーの内容で、物凄く共感できる部分が有りました

それは、「安易に家賃値下げに走ると、属性が悪い入居者が入ってきて、既存の優良な入居者さんの退去に繋がる」というお話・・・

非常に深くてデリケートな話なので、ブログでこれ以上書くのは控えますが、自分の物件で入居者さんとお会いした時に、笑顔で挨拶できるのは、理想だと思います

良かったら、こちらも応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓


fchiro at 21:59コメント(0)トラックバック(0) 
中古ワンルームマンション | 投資戦略

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ひろ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージはこちら