2017年05月13日

手付解除期限は過ぎたので!!

訪問有難う御座います、ひろ@大胆な小心者です。本文を読む前に、先ずは応援の一押しお願い致します
  ↓  ↓  ↓
banner (3)


火曜日のブログに書いた「中古アパートの購入契約者がお怒りの件」ですが、何とか「手付解除」には至らず、そのまま決済に移行する事が出来そうで一安心

築年数が古いアパートでは、様々なトラブルが付き物で「夢の不労所得」とはなかなか行かない為、今回の購入者様には今後もストレスが溜まる出来事が起こる可能性は有りますが、

基本スペックは高い物件ですし、単身向けの低家賃物件程ではないので、新しい管理会社さんと共に試行錯誤しながら経験値を積み上げて頂きたいと思います

話は変わり、前回のブログの「メインバンクがお怒り」の件ですが、

取り敢えず、「新設法人の口座はメインバンクにしか作っておらず、売却代金はそのまま放置」をアピールし、今後の戦略をご説明した結果、何とかご理解を頂けました

まあ、「法人の決算期(11月末)迄に次の物件を購入しない場合は、節税目的の保険商品の提案を受ける」という要請は有ったので、頑張って物件探しをしないとヤバそうですが・・・(苦笑)

あと、担当者がこれまでの営業課長から法人担当の若手行員さんに変更となりましたが、なかなか優秀そうな方だったので、マイナスやペナルティとは考えずに、良いお付き合いを継続出来たら嬉しいですね

【余談】
先日やっと建築確認申請が受理され、早ければ来週から着工予定の「事務所兼社宅」ですが・・・

これまでは手持ちのキャッシュで決済予定だったものの、昨日メインバンクから「良かったら融資させて貰えませんか?」との要請を受けて若干心が揺れてます

実は先日、メインバンクに対して、今後の取引きを徐々に減らしたいと考えている他行の融資の借り換えを打診したところ、「銀行の提携に関するしがらみが有る為、〇〇銀行からの借り換えはやり難い」という話が有ったのですが、

「事務所兼社宅」の購入資金をメインバンクから借り入れし、浮いた現金で既存の融資を繰り上げ返済すれば、当初の目的である「抵当権が無い物件の確保」は達成できますからね

週明けにでも改めて相談したいと思います

ブログランキングに参加しています。更新のモチベーションアップに繋がるので、良かったら応援クリックして下さいね→人気ブログランキングへ


fchiro at 06:48コメント(0)トラックバック(0) 
物件売却 | トラブル発生

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージはこちら