サッカーコーチ 元ブラジル1部リーグプロサッカー選手 プロサッカーコーチ 桧垣裕志のサッカーブログ

サッカー指導のご依頼、お問い合わせは、こちらへお願い致します。 higakiyushi@gmail.com 17歳からサッカーを始めブラジル1部リーグのポルトゲーザとプロ契約し、プロサッカー選手としてプレーを経て、現在はプロコーチとして選手や指導者の育成など、広くサッカーの普及に務める檜垣裕志がお送りするサッカーブログです。

サッカーの指導のご依頼、お問い合わせはこちらへお願い致します。 higakiyushi@gmail.com

7B304F2B-9D7F-4F35-9DCC-CE80E83CA4BF

朝うどん。

元巨人の條辺投手のお店です。

久しぶりに来たけど、抜群の美味さ!!!

こちらです↓↓↓
https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/saitama/A1103/A110302/11004258/top_amp/
881305CA-4C03-4691-A4A8-F4BBFEDFE789

5BD95838-228E-4453-9993-5789BA96285E

昨日は、ブラジルサッカーアカデミー、ジュニア、Jr.ユース、ユース(練習試合別、居残り組)セレクション&トレーニングでした。



練習すれば上手くなるわけじゃない。

そこには「正しい努力、正しいトレーニング」が必要。

やるべきことをやるから上手くなる。

やるべきことを怠り、好きなこと、楽なことばかりやって上手くなるわけがない。

やるべきことをしっかりやれば必ず上手くなれるのだから。

やるべきことがわかっているのに、そこから逃げるわけにはいかない。
DAE14F29-38F7-4ECB-915C-B6232FDC3F77

587E23FA-BE9B-4099-B966-B1A8BCBDBC0D

972D0D61-9830-4ECE-8B40-E3F9B64B9BE9

もうすぐワールドカップだけど、一番興味があるのはブラジル代表(笑)

ブラジルで10年もプレーしてたらそうなるのは仕方ないよね。

それに、世界のトップレベルのサッカーは見ていて本当すごいなって思える。

自分が上手くなりたいなら、世界のトップからインスピレーションを受けないと本当には上手くなれないから。

日本がどうとか、ただのサポーターならいいけど、上手くなりたい、または、上手くさせることに携わる人間は世界のトップからちゃんと学ばなきゃね。



中島、代表外れるってよ。

桐島、部活やめるってよ
3748BA09-3B75-4BC6-B82B-ADFA382DDE92

全然関係ないか、
っていうか、これ読んだことないし(笑)

中島選手、日本代表外れたんだ…
今、日本で一番ゴールの匂いがしそうな選手なのに。

D184C3DE-954A-48B9-A9E4-92E9BCD25E1F

楽しいか、楽しくないか…

上手くなれるか、上手くなれないか…

プロなら、ただ楽しませることは簡単。

でも、本物の基礎基本は、それを身につけたプロじゃなきゃ伝えられないこと。
本当に上手くさせられるのは、プロじゃなきゃできないこと。だから、プロなんです。
337570DF-F382-4D3D-B292-53F2CE0CF7B6

基礎基本練習は、楽しくないこともあるけど、確実に上手くなれる。

上手くなれれば、サッカーは、より楽しいし面白い。
A4FF7C69-E3E6-490C-8178-66E757E2B8F1

893B0BCF-7105-4D3E-8EBE-F4E62AA79F35


神戸の選手達、本当に上手くなってます。
本当に頑張っています。
7BB1E3D0-7C97-448A-82C4-5628030C61D6

813C8AEB-8094-4F8E-B311-87CD37B1E3A8

神戸から明光サッカーアカデミーに移籍した選手二人が、チョンチョンウォーキング100往復(約4km)達成したこともまた良い刺激になっています。

これからもっともっと上手くなれます。
もっともっと上手くさせます。

専門学校で授業をしていた頃、コーチを目指す生徒の中で、スクールよりもチームを指導したいと言う者がいた。

チームとスクールの違い?

そんなものないから。

チームとスクールは違うと言う感覚がそもそも間違ってる。

育成年代では、チームとかスクールとか関係なく個を伸ばすのは当然であり、当たり前。

プロチームでもないのに、チームとしての動きとかポジションだとか、いろいろ約束事を決めてやるとか、それは、その程度のレベルだから通用するのであって、自分達よりレベルが高い選手には、そんなものは通用しない。

指導者自身が基礎基本を身につけていない、知らないから、自分の妄想サッカーを選手達にやらせようととする。だから、選手をコマのように考えるようになる。

だから、チームを指導したいってなる。

勝手な状況の枠を設定し、それがボールのもらい方とか受け方とか、攻め方、守り方…?

個の技術で負けてたら、全部意味ないから。

それって、基礎技術、基本技術がなかったら全てに繋がらないってこと。

「基礎基本」は世界共通だし、子供も大人も変わりなく絶対に必要。


僕だったら、自分が上手くなりたいし、自分が上手くなる方法をちゃんと教えてほしいね。

51082328-41FD-43E8-98FE-D1996927C237

デュエル…ハリルホジッチ監督が使ってた言葉だそうで、球際の強さなんかを指すそうですが、要は球際の強さをどう理解するかですよね。

いろんな要素があっても、やはり「正しい技術」がある者が勝ちます。


昨日は、学校の試験勉強などもあり、通常練習後に残った選手は三人。

一対一をビッシリやりました。
5591E361-CBB8-4E91-B561-03EEC724FEE5

08DE5734-BB7B-4E52-BBCF-269BB2CFA129

53704F67-7040-45F6-88B0-DBB7D82FDA1A

7C2AE5F6-8D90-479C-A3EA-D400F0B5FF6D

54B1EF9A-A5C0-4F58-930F-660CF301AA0E

6ADDF304-67A8-413A-9CA0-5843CEFE6F47

87138EAE-4B7C-4785-B7A1-7D52FBF22F07

F506C3B8-41CB-4035-904B-707B73F1C6BB

D2F16B7D-D062-4019-AB73-DE6AC31B639D

E3F885CC-456D-4E7C-A35D-2A8B0B46AEBF

FDEC69B2-ED5D-4146-98BB-FCB9DAF4E873

CBE2350A-144C-4F75-9A52-66FE8FC91C87

8A1E3FB7-3EBA-4ACB-AB33-74EB9AC0EDC4

EC5D7CBB-25DC-4CFB-BC36-D2FE32EBCE1F

03E89056-4B49-415D-A14C-E1CA6443A037

ドリブルしたり、リフティングしたり、フェイント練習してみたり…何のためにそれがあるのか。

試合になれば、自分以外、味方10人、敵11人の中でボールはたった一個しかない。

その中で、一回でボールを自分のものにできなかったら、そのドリブル練習もリフティングも、ましてやフェイント練習なんて、全く意味がない。

じゃあ、一回でボールを自分のものにできるように、トラップ練習だけを繰り返せば良いかというと全く違う。

ドリブル練習もリフティング練習も、目の前のボールを自分のものになるように練習するのであって、その中でボールタッチ、ボール感覚ができているかだから。

目の前にあるボールと正しく向き合えてない、ボールが自分のものになってない選手が、試合で、一回でボールを自分のものになどできない。

どんなにドリブル練習したり、フェイント練習したりしても、試合の中で、ファーストタッチでボールを自分のものにできなければ、そのドリブルもフェイントもできやしない。

だから、普段からどんな目的意識でそのドリブル、リフティング、ボールタッチ、ボールコントロールの練習をやっているか。

プロは、その意味、中身を経験し、そして基礎基本をわかっているから口酸っぱく言うんです。

33F7C1C0-6663-4687-9300-7E12AF3BABB8

2C2D2889-B1BA-4643-B26A-D9605957FFD5

C0D05CBD-2046-421A-A5DC-1976510EB129

利き足の前にボールを置くということが、自然に当たり前のように、出来なきゃいけない。


自然に、当たり前のように。
5E849C74-76B3-42E1-8EC6-70562BAB700F

EEC86878-64B8-4197-A834-9A1293CCD855

8AED03D4-FBB4-4D71-91D8-A15CB65DC3C5

自然に当たり前のようにできる、これが一番大事。

自然に当たり前のように、ね。
6B5282EA-10BA-411C-96A9-90D7809D7368

以前、大手スポンサー主催のサッカー教室に、元日本代表、代表クラスの方々とサッカーコーチとして出させて頂いたときの話です。

300人くらいの子供達が参加し、その中には、普段僕が指導しているサッカースクールの子供達もいました。

午前は、サッカーテクニックの指導やデモンストレーション、午後はミニゲームを行いました。

僕自身はリフティングパフォーマンス、午後からのゲームと充実したサッカーができました。

このイベント終了後、地元のサッカー少年団体を取り仕切る方から、また別の機会に是非、僕自身のサッカー教室で指導してほしいと言われ、連絡先を交換しました。

ですが、その話はなくなり、人づてに聞いたことによると、僕がその地元でサッカースクールのコーチをしていることが問題だったようです。

その人は、普段から子供達にサッカースクールへ通うことに反対をしているそうで、その地区にあるチームからも、スクールに通うことをよく思わないコーチ達もいるそうです。

僕が不思議だと思うことは、なぜプロから学ぶことがダメなのか?

むしろ、プロから学ばなきゃダメでしょ。

プロサッカー選手になるには、サッカーが上手くなかったらプロになれないんだから。

そして、上手くなるためのノウハウは、圧倒的にその人達よりあります。

だから、僕を呼ぼうとしたわけだし。

僕が子供ならプロからサッカーを教えてもらいたい。
プロから何かを感じたい、学びたいから。

プロは誰でもなれるわけじゃないし、間違った努力をしていたらプロにはなれない。

間違ったサッカーを指導され、それをやっていたら本当に上手くなることはないんだから。

サッカースクールには、チームに内緒で来る子供達もいるし、プライベートレッスンに来られる方の中には、お父さん自身がチームの指導もしていて、自分の子供を成長させてほしいと来られる方もいます。

そのお父さんからは、「本当はうちのチームに来て指導してほしいけど、プロからの指導をよく思わないコーチもいるので」と言われました。

本当、どうかしてる(笑)


先日は、水戸の三校の中学サッカー部の先生方に呼んで頂き、サッカーの指導をしました。

また、高校サッカーの指導にあたる先生が、何年も前から毎回サッカースクールに生徒を連れて見に来られたりもしています。

このようにプロから学びたいという気持ちの方々とは、素晴らしい接点があります。

それが繋がって、日本全国から学びに来られ、関西や九州にもサッカーアカデミーができました。

子供達一人一人を本当に上手くさせたいという気持ちでいたら、プロから学ぼうという気持ちは普通に出るでしょう。

でも「自分の主観」ありきでサッカーを見て、指導しているような人は、子供達や選手達がメインじゃなく、自分の領域だけでやりたいだけじゃないかな。


僕の中では、プロになったか、プロになれないかは、本当に大きいです。

僕は、小さい頃からコーチなど考えたこともなかったし、何をするにもプロを目指していました。

だから、コーチと名のつく人達もまたプロと考えていました。

プロにもなれないのに、プロのコーチはおかしいと思っていましたから。

だから、僕の中ではプロになれなきゃ、コーチはないと。

僕の言ってること、やってることが100%正しいわけじゃないことはわかっています。

だから、サッカーに関わる限り、一生上手くなりたいから、今もいろいろなプロから感じ、学んでいます。

自分自身の努力、成長なしに、人への指導などないと思っているから。

プロから学ぼうとする気のない人がいる日本の閉鎖的育成サッカーには、違和感が多々あります。

友人が、ある後輩に向かって言った言葉。

後輩がある人呼び出されて、理不尽な理由で叱責されたことがあり、それを聞いた友人が後輩に向かって

「クソったれと思って頑張れ」

と言ったそうです。


その言葉を聞いた本人にはどれだけ響いたかわからないけど、この言葉、僕は好きです(笑)


ブラジル時代もそうだったし、この言葉には、自分を支えてきた何かがあるんじゃないかと思ってます。


↑このページのトップヘ