檜垣裕志のサッカーブログ「上手くなるために!!!」

2017年08月18日

地元でサッカー指導

IMG_4114

甥っ子が入っているチームの一部の子供達にサッカー指導をしました。

IMG_4039

IMG_4042

基礎中の基礎すら出来てませんから、はじめの一歩に進めるように基本中の基本を指導しました。


IMG_4055

IMG_4046

基礎がなくてもサッカーは出来るけど、絶対に上手くはなりません。

基礎を身につけないと、ただ大人になるだけです。

正しい基礎を身につけなければ本当に上手くなるのは非常に難しいです。


正しい基礎を大人がしっかり理解しなきゃいけないんですよね。
IMG_4084

IMG_4070


fchuma_blog at 12:33|PermalinkComments(0)clip!サッカー | オフ

甥っ子にサッカー指導

IMG_3935

厳しい指導…(笑)

なかなか会えないですからね。

基本って簡単に身につくものじゃないから。


利き足だけ使って上手くなるのは、はじめの一歩。


間違った利き足の使い方、足の使い方、身体の使い方、ボールコントロールの仕方をやっていては、プロどころか上手くならないですから。



IMG_3963

IMG_3960

いかに意識してないか…

いかに努力が足りないか。


泣いてましたよ(笑)

泣くくらいなら意識しろ、考えろってこと。

IMG_3949

IMG_3947



意識する、気をつける、気づく、考える…

努力するのは当たり前、どんな努力をするかだから。

本当に上手くなる、能力を最大限に伸ばすって簡単じゃないです。


でも、絶対に上手くなれるんです。

正しい努力には、必ずチャンスが来るんです。
IMG_3967


fchuma_blog at 07:46|PermalinkComments(0)clip!サッカー | オフ

2017年08月17日

ボールの持ち方 弟に伝えていたこと




甥っ子のボールの持ち方です。

弟には、とにかく「利き足だけでボールを触らせること」を伝えていました。

日本では意味なく両足でボールを触らせることがほとんど全てですから、「利き足」を強く言わないと絶対に悪い癖が付きます。

だから、あえての「利き足だけでボールを触らせる」です。

実際に、現在小学四年生の甥っ子の過去の映像では「ボールの持ち方」は悪くありません。


直接指導はまだ二回だけですが、基礎技術は全くまだまだなので、撤退して基礎技術を身につける努力をやらなければなりませんが。


弟は、僕のブログ、DVDの中身、さらには僕の指導方法を主観なく、いかに正確に伝えられているかをいつも考えて伝えてくれています。

周りの大人、家族がプロの指導方法を真っ直ぐに伝えられるか…上手くなるために非常に重要なことです。



甥っ子とサッカー

IMG_3885

実家がある石川県羽咋市に来ています。

甥っ子の「たいが」にサッカー指導しました。
IMG_3859


もちろん、容赦なしです(笑)
IMG_3882

IMG_3873


fchuma_blog at 07:01|PermalinkComments(0)clip!サッカー | オフ

2017年08月16日

頑張れないときこそ頑張るのが本当の頑張り

IMG_3823

自主練に来ていたユースの選手。

この写真のチョンチョンウォーキングをやる前に自己記録を更新していました。


すでに帰ろうとしていたのを彼のお父さんと僕に促されて嫌々また練習しました(笑)


それからまたチョンチョンウォーキングにチャレンジしたところ、さらに自己記録を更新しました。

やれば出来るんです。

自分で限界を決めたらダメなんです。


これって、全てのこと、全てのトレーニングに言えます。

全部、頑張らなきゃいけないんです。



好きなこと、楽なことだけやって本当に上手くなどなりません。



頑張れないときこそ頑張るのが本当の頑張りです。

限界を超える、本当に上手くなるってこういうことです。
IMG_3826


本当に上手くなるってこういうこと

IMG_9617

限界を超えた中でやりきるからこそ、本当の成長、本物の実力に繋がります。

人間の持ってる能力は計り知れないです。

人が勝手に限界を決めてるだけで、やれば必ず出来るようになります。

そこまでやりきる努力をするかどうかです。

自分との戦いです。


自分の目標の設定基準を低くしたらダメです。

プロサッカー選手になるっていう夢があるのに、自分の目の前のことから逃げたり、目標設定を低くして、やりたいことだけやる、楽なことだけやる、つらいからやりたくない、勝手に限界を決める…そりゃダメでしょ。

とにかく、自分も周りも勝手に限界を決めないで、コツコツやることです。




やりきるってこういうことです。
IMG_9799

IMG_3819

IMG_3826





こいつはまだやれるな(笑)
IMG_3837


2017年08月15日

プライベートレッスン 選抜Aの選手

IMG_3820

選抜Aのりょうすけ君のプライベートレッスンでした。

小学生の頃からしっかり基礎を積み重ねてきたことで、中学生となってからの成長スピードは本当に素晴らしいです。


この日のプライベートレッスンは、さらなる成長を求めて追い込みました。


成果はしっかり出ました。


チョンチョンウォーキング、自己記録36往復から51往復になりました。

自分を追い込み、今の自分を超えることが本当に上手くなることです。

この努力、成長というプロセスの経験こそがプロフェッショナルな選手、人間に繋がります。
IMG_3819


プライベートレッスン 選抜Bの選手

IMG_3808

普段から指導している選抜Bのかずき君のプライベートレッスンでした。

大阪から引越してきて、夢を目指して頑張っています。

順調に成長しています。


これからもさらなる成長が出来るように、しっかり指導&トレーニングしていきます。


妹のナナちゃん、弟のマサ君も共に素晴らしい成長をしています。

二人もまたすごく楽しみです。
IMG_3812


2017年08月14日

正しい基本を伝える

IMG_3789


サッカーの基本技術…

ボールを止める(トラップ)、蹴る(パス、シュートなど)、運ぶ(ドリブル、ボールキープ)

これって、誰もが当たり前のように口にする言葉だけど、その中身、本質、それを身に付けるための正しいトレーニングは日本にはほとんど浸透していません。

そんなことはわかってると言う人達ばかりだけど、それを本当に身に付けてる人はプロになれるだろうし、身に付けてないのに、そのやり方、指導方法を正しく伝えることは簡単には出来ないでしょう。



全てのボールコントロールトレーニングには意味がなきゃいけないし、全てのトレーニングは正しい方法でやらなければ意味がありません。


ボールタッチ一つとっても、そこに意味がなきゃいけないんです。


無意識でいると、悪い感覚はどんどん身体に入ってきます。


いや、自分は出来てるてと言うなら、だったらプロの世界でやってみてほしい。

両足、両足、やれフェイント、ダブルタッチ、マルセイユルーレット、エラシコ…

そのボールタッチ、見ればわかります。

薄っぺらいことが。

試合で出来た?技が通じた?

それは相手が下手だからね。


基本を身に付けなきゃ、上(プロ)では出来ません。

子供達や育成年代の選手達には正しい基本技術を身に付けてほしい。

技術は全てを助けてくれるから。


本当の基本技術を伝えて、身に付けて、夢に繋げるためにちゃんと実践指導していきます。






2017年08月13日

九州、宮崎県でのサッカー指導

IMG_3801

毛塚コーチと共に、九州、宮崎県にて二日間のサッカー指導でした。


コーチとして学ぶために参加された松田さんのFacebookより…

「2017スペシャルサッカークリニックin miyazaki

プロコーチ2人によるスペシャルサッカークリニック。

参加してくれた子ども達は、基礎中の基礎を感じてくれただろうか?

ボールと向き合うことは自分自身と向き合うこと。

目の前のボールをコントロールするには、自分の身体をコントロール出来なければならないということ。

出来てるつもりのことが、本当は出来ていないと気付くこと

上手くなりたいと思うのなら、できないことから逃げないこと。

満足の先に成長はないこと。

自分自身に勝てなければ、人に勝てるわけなどないということ。

コーチお2人の熱い気持ちを感じてくれたなら、
ボールを触るワンタッチワンタッチを無駄にしない気持ちを、決して忘れてはいけない。

宮崎県内はもちろん、大分、熊本、佐賀、福岡、埼玉から参加してくれたみんな、その保護者の方々、無事お帰りになられたでしょうか?

檜垣コーチ、毛塚コーチ、
2日間、ありがとうございました<(_ _)>」



学ぶのは子供達だけじゃないんです。

むしろ、大人こそ学ぶ必要があります。


松田さんだけじゃなく、森さんもまた必死に同じメニューを頑張りました。



僕達は上手くさせるために魔法を使えるわけではありません。


でも、誰よりも「正しい基本」を知っています。
だから、ブラジルでプロになれたのです。

そして、今尚、進化、成長を求めています。

一生勉強、修行ですから。


楽して上手くなれる?
そんなものはこの世に存在しません。

日本には基本もわかってない、出来てないのに、わかった風や出来てる風の人間がどれだけ多いか。

基本を知らないから、チャラチャラした偽物が多いんです。


プロってなんなんだってことです。

それはプロを経験したからこそ伝えられるのであって、そこには死にものぐるいになって身に付けたものだから伝えられるんです。

両足だ、フェイントだ、ジンガだ…

正しい基本ってわかってないでしょ。


自分の身体を痛めないで、サッカーを語るのが好きなだけの人間の言葉は嘘です。


目の前のボールと正しく向き合わなきゃいけないのは大人の方なんです。

学ばなきゃいけないのは大人です。


大人が子供を導くんだから。


共に頑張り続けるだけです。



主催者の酒井さん、松田コーチ、中島コーチ、佐藤くん、森さん、保護者の皆様、心よりお礼を申し上げます。
IMG_3793

IMG_3795

IMG_3794


Profile
檜垣裕志(ひがきゆうし)
1970年生まれ 石川県出身。
日本人としてブラジルでプロ契約した二人目のサッカー選手。ブラジル1部リーグのポルトゲーザなどで活躍。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校で指導者として活動中!
QRコード
QRコード