サッカーが上手くなるために

17歳からサッカーを始め、当時、ブラジル1部リーグのポルトゲーザとプロ契約し、日本国籍者として2人目のブラジル1部リーグのプロサッカー選手となる。現在はプロサッカーコーチとして、子どもたち、選手たちの育成など、サッカーが上手くなるための指導を行うプロコーチ、檜垣裕志(ひがきゆうし)がお送りするブログです。

サッカーを知らないからと言いながら大人の勝手な主観が入り、または子どもだけの好き勝手なサッカー観では、サッカーは上手くならないし、必ず限界が来ます。

間違いだらけだからです。

大人は大人で子どもにはこうあってほしい、子どもは子どもでこうなりたい…でも、そのためにはその道を知るプロから「正しく学ぶ」必要があります。

チーム行かなきゃ、トレセンが、セレクションが、推薦が…

保護者間での上手くなるとか、上手くならないとかの話は間違いだらけですから。

そんなコミュニティの中で、あーでもないこーでもないを言って、サッカーを話し合っても上手くはならないのです。



それぞれがアカデミーに通っていても、アカデミー中心の子とそうじゃない子では、あきらかに伸び率が違います。

本人の能力を最大限に伸ばすことに繋がっているのかどうかです。

あれもこれもでは、結局は上手くならないんですよね。

保護者コミュニティ、井戸端会議の情報に流されては上手くなれません。









ドリブル、リフティング、フェイント…形は誰でも出来るようになります。

その形を練習して身に付けるだけだから。

だから、ドリブルという形、フェイントという形、リフティングは誰でも出来るようになります。

問題は、そこからサッカーに対しての感覚、意識、考え方であり、無駄にしている子たちがたくさんいます。



コメントより↓
「偉そうに両足指導してる人の中でボールの持ち方を気にしている人は皆無です!」


ボールの持ち方の見極めは、ほとんどの人はわかりません。



「利き足」でやっているから、ボールの持ち方が良くなることではないですから。

「両足」というやり方がボールの持ち方を悪くさせているから、「利き足」でやっている方が良く見えるだけです。

人間の身体はボールを持てるように、ボールの持ち方が良くなるようには出来ていません。

むしろ、悪くなるように出来ています。

利き足でボールを持っても、自然にボールは逆足側に行くし、利き足でボールを触っていても、正しいボールの置き所が出来ている人はほとんどいません。

両足と利き足、本来ならそういう比較ではないのです。

日本人は、あまりにもボールの持ち方が悪いのです。

その原因の一つとして、無意味な両足指導、両足練習があるからで、あえて利き足と言わなければ、悪くなる一方なのです。

そこを勘違いして、利き足でやっているつもりであれもこれもやっている人は、最大限に伸びることは出来ないですからプロという夢にもつながらないのです。


あまりにも間違っていることが多すぎて、上手くなることが難しい時代になりました。



竜の字さんのブログ↓

両足指導をしている人、両足指導を受けている人、とにかくボールの持ち方がめちゃくちゃ悪い。

「ボールの持ち方」について全くわかってないから、たちが悪い。間違っているのに正しいと思っているから。

その時点で見る目がないし、見極め出来ないんです。

正しい利き足の使い方が出来る。
これが最低限です。

ボールの持ち方、ボールの置き場所、正しいことがわかっていれば、両足、逆足って言ってる人たちの間違いに気づくはずです。

今、草加校がすごい…というのは、ほとんどの子どもたちがチームに行っていない、要するにアカデミー中心なのです。

だから、上手くなる、だから成長レベルがすごく高いです。

埼玉草加まで東京、千葉、神奈川など、かなり遠方から通っている子どもたちもいますが、アカデミーに来れない日は自主練というペースでどんどん上手くなっています。

だって、間違った指導を受けてないから。

チームに行っもアカデミーのやり方やってますというのは全く違います。

そこに関わる大人や間違った指導を受けている子どもたちと関わっていれば感化されますよ。そこは、アカデミーとは180度違う環境ですから。

昨日ブログにアップした今井将翔選手のブラジルプロ契約にしても、彼は小中高一貫してアカデミーでやってきましたから。
ブレずにやれば、結果は出るんです。







竜の字さんのブログ↓

こっちは原因がわかっているんですよね。
プロだから。

でも、それを聞き入れられる人と聞き入れられない人がいるんですよね。

みなさんアマチュアですから、ブログに書かれているようなことばかりをしているわけです。

上手くなれる力があるのに、本当にもったいないなと思います。





このページのトップヘ