サッカーが上手くなるために

17歳からサッカーを始め、当時、ブラジル1部リーグのポルトゲーザとプロ契約し、日本国籍者として2人目のブラジル1部リーグのプロサッカー選手となる。現在はプロサッカーコーチとして、子どもたち、選手たちの育成など、サッカーが上手くなるための指導を行うプロコーチ、檜垣裕志(ひがきゆうし)がお送りするブログです。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
手を使えるかどうかは、結局はボールを持てる技術があるかどうかです。

ボールを持てる技術、ボールを自分のものできる技術…


「正しくボールと向き合っていく」ことしか、答えは見つかりません。


手の使い方を練習したとしても、たまたまそういう状況でうまく手を使えたとしても、それは運良く出来たにすぎません。

ドリブルで抜きたい、フェイントを覚えたい…その練習をいくらやっても、基礎技術がなければ、本質は上手くなりません。

たまたまうまくいったとして、その切り取り部分だけを見ていたら、重要な部分を見失います。

うまくいったとしたら、もちろん練習のおかげだけど、試合での影響は?どのような状況、どんな場面で、相手のレベルなど、ちゃんと分析出来ているのかどうか。

自分より下手な相手には、なんだって通用するから。

サッカーは一人で好き勝手やるスポーツじゃないからね。



ドリブルで抜きたい…その気持ちよくわかりますよ。

だったら、まずはプロから正しく学びましょう。
FullSizeRender

IMG_1104
IMG_1103
IMG_1100

何が重要なのかを理解することで、上手くなる成長度合いが変わります。

何が重要なのかと言えば、基礎技術なんだけど、基礎技術って具体的に何なのかが、正しく理解できているかどうかです。

その向き合い方で、これからのサッカーがすべて変わります。






IMG_0706
今なぜこの練習をしているか。

すべては、サッカーの基礎基本を身につけるためです。


例えば、なぜ利き足なのか。

単純に、世界のトッププレイヤー達の技術を見れば、「利き足が中心」ということは、はっきりとわかります。

そのスタートが「利き足」なのです。

しかし、それがすべてではありません。

利き足を使ってさえいれば、プロサッカー選手のように、正しい利き足の使い方が出来るようにはなりません。

そして、利き足がすべてではありません。
(両足がどうとかでもありません)

サッカー選手として成長する、上手くなるということは、あらゆることを覚えて、身につけていかねばなりません。

基礎技術、基礎知識、判断、能力など、サッカー選手として総合的に成長、上手くなる必要があります。

ボールコントロールにしても、その技術、いつ使うのかもわからないといけません。

基礎知識、セオリー、攻守、ポジション、ポジションニング、すべてを覚えて、身につけなければなりません。

そのためにも、「正しい基礎基本」は絶対に必要なのです。


アカデミーの中身は、常にアップデートしています。

アカデミーは利き足だけとか、リフティング中心などという考え方は最初からありません。

これからも、一人一人のレベル、成長を見極めて、常に進化、成長を目指していくだけです。

FullSizeRender

「利き足」とか「リフティング」とか、周りの勝手なイメージはさておき、やっている側もそんな感覚でやっていることが多くなり、今は、あらゆる面で変えています。

すべては「サッカー選手として上手くなるため」であり、そのための考え方、意識、イメージをしっかりと持てるように。

やり方にもちゃんとこだわり、適当なボールタッチやボール扱いにならないようにしなければなりません。

すべてに意味があるのですから。
IMG_0700
IMG_0701
FullSizeRender







質問
『最近意識について考えているうちに意識ってなんだろう、今意識出来てるのかな?意識の仕方ってどういうのだろうと困惑している状況です。なにかアドバイスをお願いします。』


意識というのは、今意識できているかどうか、意識の仕方を考える前に、上手くなるために、何かの目的を持って集中していれば、その物事に対して、何かしら意識しているものです。

しかし、練習中、集中出来ずに無意識になったりしますから、普段から取り組むことに対し、ちゃんと「目的」を持ってやることが大切です。

「自分はどうなりたいのか」
そこに明確な意識があるかどうかが、まず大事でしょう。

例えば、「プロサッカー選手になりたい」という意識があれば、次は自分がどう変わらなきゃいけないかを考えるでしょう。

技術が足りないのであれば、その技術を身につける、技術力を上げるために取り組む、これも一つの意識です。

そこで、その技術が足りない、上手くなってないのであれば、それを改善するために、何をどのようにしなければならないかをしっかりと考え、取り組むことが重要です。

そして、その取り組みに対して、変わりがなければ、意識がどうこう考える前に、もっと練習しなければなりません。

とことんまで練習しなくてはいけないのです。

意識がどうこうの前に、上手くなってない、自分が納得出来てないのであれば、とことんやって上手くなるしかありません。

自分とボール、そこで向き合ったときに、本当は、すでに答えは出ているのですから。


そこがわからないから、プロが指導するというのもあります。
















IMG_1020
サッカーをやっていて、メッシは知っているけど、メッシの利き足は知らない…そんな子たちが日本にはたくさんいると思います。

この前も初めて指導する子が何人かいて、メッシは知っているかと聞いたら、即答で「知ってる!」と答えるのだけど、メッシの利き足は?と聞くと知らないと答えました。

メッシは知っているけど、メッシの利き足を知らないということは、強豪国の子どもたちにはないでしょう。

日本の大人たちの感覚では、メッシはすごい選手で、両足を使えるという主観から指導していることが非常に多いですよね。

それは、全く基礎基本を知らないということです。

だから、僕が言う「利き足のポイントの技術」についても、「利き足だけ」と誤解されたりするのです。

プロサッカー選手を経験した人間が、そんな安易な指導は、絶対にしません。

「利き足」というのは、トレーニングの一部です。

それが意味することは、17歳からサッカーを始めてブラジルのトップリーグのプロを経験したからこそ、より上手くなるために伝えていることで、サッカー選手としての成長に欠かせない技術ですが、基礎基本はさらにやらねばならないことはたくさんあるのです。

しかし、スタートの土台作りで「間違い」があれば、その後に大きなマイナスの影響を及ぼします。

それは、ただの両足でも、ただの利き足でもありません。

だからこそ、プロから「正しく」学んでほしいのです。
FullSizeRender
92927746-6C5F-4D1D-9CC7-E9BCC7738D3B
5A493FEF-A3EA-468D-B300-0A9D2155B960
7CB846D9-EB63-4FAC-8357-1284F1413B89





FullSizeRender
プライベートレッスンに来られる方々について、いつも思うことは、間違ったやり方をたくさんやっているということです。

それだけ間違った指導や間違ったやり方、細かな部分まで見極められてないことがたくさんあるんですよね。


能力を伸ばせてないんです。本当、もったいないなと。



アカデミーでも、「利き足」や「リフティング」というキーワードで、間違った捉え方をされてることは多々あります。

プロが言わんとすることは、そんな単純なことではないし、わかりやすいように「利き足」からの指導、「リフティング」というトレーニングをやっているだけで、それさえやれば、すべてが解決すること、すべてが上達することではありません。



例えば、リフティングというトレーニングに対しても、どのような考え方でそれをやっているかです。

子どもは、いろんなことを考えながらやることは難しいですから、その感覚を見極めての指導があります。


リフティングができる子=サッカーが上手い子ではありませんから、何のためのリフティングなのかをわかってなければなりません。

こちらは、ワンタッチを見れば、感覚、レベル、素質を見極めることが出来ます。

良い感覚は伸ばし、間違っていたら修正し、あらゆる方法で、良い方向に導くことを目指しているのですから。

※リフティングトレーニングの効果は、プロの考え方、指導、中身があってこそなのです。

※リフティングだけではなく、どんなトレーニングも、それさえやれば良いのではなく、あくまでもプロの指導ありきのトレーニング効果ということです。
「リフティング」もあくまで、例えです。


もっともっと上手くなれるのに…
プライベートレッスンでも、アカデミーでも、いつも思うことです。

そのために、こちらが、大人が、どう導くことが出来るかです。
FullSizeRender

プロから見るとほとんどの人は、悪い癖がついています。

人間の身体は、サッカー用には出来ていませんから、普段の身体の使い方がサッカーに向いているわけなどないのです。

ですから、サッカーのやり方によって、悪い癖は簡単につきます。

利き足論とか、両足論といった単純なことではないですよ。

僕が「利き足のポイント」について言ったり、指導したり、それって、プロからするとほんの一部であり、もし、すべてちゃんと出来ていれば、プロサッカー選手になっています。

だからこそ、正しく、しっかりと、ちゃんと継続してやらねばならないのです。



こちらは、立ち姿を見ただけで、いろんなことがわかります。

それはないと思われたとしても、だったらプロになったらわかりますよと言いたいです(笑)

プロというのは、人が出来ないことが出来て、人が考えられないところまで考えていて、人が見えないところが見えているのですから。


だからこそ、矯正のため、良くするために、極端なことをやらねばならないことがあります。

本当はこっちからすると、決して極端なことではないのですが、極端に感じられるとしたら、それだけマイナス部分が多いからなのです。















SNSの発達によって、ボールコントロールではなく、「ボール扱い」というものがどんどん広まっています。

派手なプレーは誰もが憧れるかもしれないけど、サッカーは試合を通して、その瞬間瞬間で判断して、状況に応じたプレーが出来なければなりません。

単純なバックパスも必要だし、ディフェンスのポジショニングなど、地味に見えることの連続で、そういうことこそ、ものすごく価値があります。

そういった本来なら当たり前であり、正しいサッカーの価値観を伝え、指導し、たったワンタッチでさえ、その重要性、サッカーの楽しさにつながるようにしていけるのがプロです。

ドリブルで抜きたい、フェイント…それらの練習も悪くないでしょう。

しかし、何があってのそれなのか…

プロは正しい基礎基本を知っています。

だからこそ、正しくサッカーを伝え、指導していきたいです。

その方が上手くなれますから。







このページのトップヘ