サッカーコーチ 元ブラジル1部リーグプロサッカー選手 プロサッカーコーチ 桧垣裕志のサッカーブログ

サッカー指導のご依頼、お問い合わせは、こちらへお願い致します。 higakiyushi@gmail.com 17歳からサッカーを始めブラジル1部リーグのポルトゲーザとプロ契約し、プロサッカー選手としてプレーを経て、現在はプロコーチとして選手や指導者の育成など、広くサッカーの普及に務める檜垣裕志がお送りするサッカーブログです。

サッカーの指導のご依頼、お問い合わせはこちらへお願い致します。 higakiyushi@gmail.com

今回の夏のスペシャルキャンプでは、小学五年生を三人抜擢しました。



スペシャルキャンプは、檜垣、毛塚両コーチの推薦者のみの強化合宿。

ユースの選手を中心に、選抜Aの選手が中心(選抜Aの選手全員が参加できるわけではない)



その中で推薦した小学五年生の三人は、プロのコーチがこれは非常に重要だと言う課題をしっかりクリアしてきたから推薦しました。



育成の指導って、将来に向けてどれだけの可能性を広げることが出来るか。

今、誰かと比較して上手い下手じゃない。

プロ選手を経験したプロのコーチからの、これは最低限クリアしろと言うトレーニングに対しては、絶対にやるべき。

そのトレーニング内容は、目に見える部分だけじゃないことがたくさんあるから言っている。

自分の好きなことだけやる、好きな環境にいるだけじゃ、将来の夢に繋がることなどない。


育成年代の選手に対して、プロは何を見ているか…

「可能性」を見ている。

そして、その「可能性を広げる」ために、やるべきことやった選手には、さらに可能性を広げるための次のステップを用意するのは当然です。

実際に、彼ら三人の可能性は大きく広がっています。

一人一人のための指導を考えた時、学年や年齢は関係ない。

基礎基本は世界共通であり、年齢もまた関係なく絶対に必要なこと。

だからこそ、そのための効果的トレーニングはしっかりやるべき。



ちなみに、その小学五年生三人がクリアした課題トレーニングは、

.謄縫好棔璽覲読千回ずつパーフェクト
(インステップで千回を終えて、そのまま落とさずに、腿千回、アウトサイド千回、インサイド千回、胸トラップ千回、ヘディング千回と全て落とさずやる)

▲汽奪ーボールで、チョンチョンウォーキング4キロ以上。
(チョンチョンリフティングを続けながら歩き続けて、落とさずに約4キロをクリア)

テニスボールで、チョンチョンウォーキング4キロ以上。
(チョンチョンリフティングを続けながら歩き続けて、落とさずに約4キロをクリア)

※あくまでも、課題の一部です。


57680BF7-6031-46C6-93F0-48B488FF6984

セネガル対ポーランド。


やっぱ、マネ(10番)上手いなぁ。

ちゃんと利き足にボールを置いて、利き足でボールを持つ。

質や精度がかなり高い。

あのレベルで、わかりやすいことを簡単にやっている。
D7A30405-716D-4DCD-8B17-6A0B51047F63

マネをマネしよう(笑)

8E46FBF2-5B28-410A-BC7E-6AB87AC4CC26

仕事を終えて家に着いてから、見たのは後半から。

選手が11対10の微妙な試合展開の後半を無音にして見てました(笑)

前半、何があったのか録画から見たら、キックオフの瞬間から、コロンビアペースの雰囲気は漂ってたけど、一瞬の隙と、まさかのハンド。

ハンドはしょうがないけど、あれがレッドなんだ…


日本にとっては、最大のラッキー。




いつも思うんだけど、日本サッカーって運があるというか、ドラマティックな展開になるような試合がよくある気がする。



西野さん、運があるなぁ…1996年のオリンピックのブラジル戦もそうだし。



日本サッカーが盛り上がるのは良いことだけど、子供達に関わる大人達が勘違いしないことを祈るばかり。




それにしても、レフリー…ちゃんとしてくれ。

ブラジルのジェズスのプレーもPKだろ。
36679163-27D0-4084-9CB9-7C71DF5DA340


これからのワールドカップの試合も、サッカーというドラマを見るんじゃなく、「サッカーが上手くなるために」見ていくつもり。

0F37FAB8-6FD5-4CB4-8798-5CFB73CF700E


上手くなるために見るのか、応援するために見るのか…


冷静に、客観的に見て、見極めることが出来なければ、サッカー選手としても、指導者としても成長はない。

5B28D17F-CA2F-4AD1-B690-9259E5F267A4

ブラジル対スイス、1対1の引き分け。

戦評は、プロの監督がやればいいので、個が上手くなるためのことをそれぞれが正しく感じ学べれば、自分自身が上手くなることに繋がる。

ブラジルもスイスも正しく利き足を使えてることは間違いなく、「利き足のポイント」は絶対。

要は、「正しい利き足の使い方」こそが非常に重要で、それを感じ学ぶ必要がある。


特に、ブラジル代表の選手達の技術力は抜群で、その土台となる「利き足の技術、利き足の使い方」は、本当に素晴らしい。

62E18A88-376A-43CE-BF18-A210002A2B3A

D700639E-9156-43EE-B7F0-9000FC14EB17


それは、一人一人の基礎力によるもので、正しい基礎基本を身に付けるための正しい努力しか、そこに行き着くことは出来ない。



正しい基礎基本は、世界共通であり、いかに世界から正しく学ぶかである。
2BE93528-F44D-4E5F-83B6-13385A061572

19FE96A7-BB90-4AE4-B454-5B11DD021C6A

6B7C9220-8CA7-4534-B522-13CC1982AEFA

その日は台風の中、無事に奄美大島空港に着き、保監督、登コーチが迎えに来てくれました。

03186AE1-D51E-45A7-B08F-FBE485EB27F4

練習後に、インスタ風のショット(笑)



BB52296B-820B-4329-B839-10DC130C19C3

登コーチのお子さんと。


B74C8BF3-FE89-488E-99EA-CE2C08443C92

保監督の盗撮を発見(笑)



76FF0206-9247-4EA3-91CB-EA375E90886A

左から、毛塚コーチ、保監督、武野コーチ、登コーチ。


10A1AAC9-EA88-47DD-B42A-B9095E46DB92

富士山…



8B53629D-EF62-46A6-B14E-59FFF136964D

世界を意識し、世界を目指してサッカーをする。

だからこそ、世界を感じられる。



ABC2A358-98E0-4AAF-84B8-6EEAB8393DD0

奄美大島にて、毛塚コーチと共にサッカー指導でした。


基本技術の重要性をしっかりと感じてもらいました。
60EAA0B6-81EE-410A-BA64-0A96272D2902

AD8B2A11-3C0C-4038-91A4-4D7FAAF2F9E7



二日間、感じたこと、学んだことを「自分のサッカー」のプラスにしてほしいです。

FA2A8578-1B64-4395-BEF6-6865221A9EC3

174B0234-1291-4D9C-9D93-23DA39C044AB

D80EA47F-F418-4348-BA15-4E57E01F2876

ボールが自分のものになってないと、そりゃボールを取られる確率は高くなる。

だから、ボールを自分のものにできるように、目の前のボールと正しく向き合ってトレーニングしなきゃいけない。

「自分とボール」それしかない状況で、ボールコントロールが正しくできてなければ、他にどんなトレーニングをしても意味はない。

先ずは、目の前のボールをどれだけ自分のものにできているかが一番大事。

それができてないのに、試合で良いプレーなどない。


とにかく「自分とボール」、このレベルをあげない限り、試合の中で一個しかないボールを自分のものになどできない。

E5CCD2F1-D6AA-42C3-B8E1-A83D9E00A5DE

元日本代表、木村和司さん主催の「大人のサッカー教室」を通じての「大人のプライベートレッスン」でした。

今回は、「キックが上手くなりたい」ということで、ご連絡頂きました。

以前からDVDも見られて練習されていましたが、しっかりキックを身に付けたいとのことで、プライベートレッスンが行われました。


サッカーを始めたのが50歳手前、現在56歳の、みそのさん。


「上手くなるには、年齢は関係ありません」

でも、間違ったやり方では上手くならない。

本人のあらゆる動作を見て、指導です。
ECA7ACC5-746B-4E9D-A028-9DD5CC73A4AC




もちろん上手くなりましたよ。



ラストは、連続で成功するまで「帰れま10」ということで、連続10本チャレンジでした(笑)
D4A03D7B-0F4D-4981-A302-44227054E690

59642922-C894-4C9C-BD9A-FFE9F7DB45DA

D0B8B92E-EE00-4EB6-90A8-8E384A5E73FF

見違えるほど、良くなりました。

もちろん、10本連続成功して終了〜

これからも「上手くなる楽しさ」をたくさん感じられるサッカーを続けてほしいです。
55D0B028-16D6-41AB-A3FB-5C6E6B430014

1B2A1B37-EB8B-4EE9-A1D1-93BE17314AD7

2018ロシアワールドカップ開幕…

「自分が上手くなるためにどう見るか」

戦術がどうとか、動きとか…小手先テクニックとか…

本当どうでもいい。

先ず基本でしょ。基礎技術。

これがわからずに、または出来ずに、上手くなるなんて無理だし、じゃあ、基礎基本がないのに、戦術?動き?小手先テクニック?

そんなことを論じたところで、またやってみたところで、プロレベルじゃ通用しない。

プロレベルを目指してるわけじゃないからとか、あのレベルは無理とか、それ言ったらもう上手くなれないから。

基礎基本は、世界共通。

プロから正しく感じ、学ぶから「本当に上手くなれる」


例えば「利き足」、このキーワードは、ずーーーーーっと言ってるけど、正しくは浸透してない。

利き足にボールを置いてる、利き足でボールを持っている、利き足中心…見りゃ誰だってわかる…はず…

いや、全然わかってない人が多すぎ。


先ず、そんなところを見てないのが大半。

見たとしても、あーなるほどねぐらいの人ばかり。


自分が指導してる子供達や選手達も同じ。

あんなに「利き足」のトレーニングをしてるのに、選手個々を見てボールの持ち方、置き場所、ボール感覚、技術をちゃんと見れてる子供達、選手達は少ない。

とにかく、一つ「利き足中心」で見るだけでも、何かは感じられる(そういう見方をしていた人も改めて見る)

純粋に、素直に「利き足中心」に見れば、感じられる何かはあるはず。


「両足、逆足」という主観を捨てて、個々の「利き足」を見る。


そうすると日本の選手達との違いもわかる。

だって左サイドバックで右利きの選手が二人もいるなんて日本だけだから。

この時点で、世界とのギャップがある。



ボールの持ち方、ボールの置き場所…素晴らしい選手は必ず利き足中心で利き足の使い方が抜群に上手い。

そういう選手が、結果、逆足を使ったとか、「じゃあ、オレも」なんて思っちゃいけない。

そのレベルの選手の利き足の技術、ボールの持ち方、ボールの置き場所、利き足の使い方、身体の使い方、軸足、体幹、ステップ等々…

勘違いせずに「正しい利き足の使い方」を感じ、学んでほしい。


CE84581A-3D2B-4D72-8A72-943CC4D7CC9A

昨日のロシア代表のMFチェリシェフ、レアルで育った素晴らしい技術の持ち主だからこそ、途中出場でもうまく流れを引き寄せての活躍。

左利きで左足の使い方が素晴らしいからこその2得点。


このワールドカップを「自分が上手くなるために」どう見るのか…

素晴らしい選手達からあらゆるものを感じたい。

↑このページのトップヘ