檜垣裕志のサッカーブログ「サッカーが上手くなるために!!!」

2016年12月05日

試合をやればサッカーが上手くなるわけではありません

image

よく試合をやればサッカーが上手くなる、試合をやらなきゃ上手くならないと言う人がいますが、この日本ではそれは全く違います。



試合の中でのコーチの指示はどうですか?

普段の指導はどうですか?

本当に本人を上手くさせる、成長させるための指導ですか?


ブラジル人の友人が「試合をやってれば勝手に上手くなる」ってよく言うんだけど、それはブラジルだから通用するんです。

ブラジルは良い試合、良い選手を毎日のようにテレビで見れたり身近に見れたり感じることが出来るんですから。

それを子供達は見て感じたら、自分からサッカーをやろうって自然に思うでしょう。

そんな感覚のブラジルや強豪国と比べて、日本はサッカー中継はほとんどない、サッカーは身近ではないわけですから、指導って本当に重要です。



ブラジルだったらボールを取られたら、ミスしたら絶対にボールは回ってきません。

そんな環境ならボールを持てるようになるために、ボールを取られないために必死にプレーしますよね。
だから技術がある奴がどんどん出て来るんです。



日本ではどうですか?
ボールもろくにコントロール出来ない大人や指導者、たいしたサッカー経験もない若いコーチ…
上手くなるためのプロセスを知らない人間が平気で当たり前のように指導しているのですから、個々の本人の持っている力を最大限に成長させることなど出来ないでしょう。


目の前にあるボールを正しくコントロールする術を知らない子供達が試合をやれば上手くなるなんてあり得ません。

日本という狭い環境しか知らない人達は異論や反論があるでしょう。

その狭い考え方の中では通用することはたくさんありますからね。



日本では大人が選手達や子供達を1/11のとして、小学生なら1/8としてプレーをさせている環境がほとんどですから、一個人を上手くさせる、成長させる指導がない中で試合をいくらやろうが全く意味がありません。

だって、目の前のボールをちゃんとコントロール出来ないんですから。

そこが一番重要なスタートなのに。

でも、ボールコントロールが出来なくてもサッカーという試合は出来ます。

選手として上手くはなりませんが。

だから将来に繋がらない試合ばかりやっているのが日本の現状です。






リフティングだけでサッカーが上手くなるわけではありません

IMG_8589

リフティングはすごく重要なトレーニングです。
ですから、絶対に必要なトレーニングメニューの一つです。

でも、間違った考え方や間違ったやり方では全く意味がありません。



普段指導している選手達にリフティングをちゃんとやるようにと言うのは、それって普段選手一人一人を見て指導している中で、さらに自主練の中で課題としたリフティングをやることが大きく成長することに繋がるからです。

だから、普段指導を受けてない人達がこのブログを見てリフティングだけをやったからとサッカーが上手くなるわけではありません。



ブログなどでリフティングばかりを強調しているように感じるかもしれませんが、それはリフティングは自分と向き合えるとても大切な練習だからです。



普段指導している選手達にとって、一人一人に課題として与えたリフティングをやることは、普段の指導の大きなプラスアルファとなるので成長度合いが大きく変わります。


何のためのリフティングかが重要なのです。





2016年12月04日

チョンチョンリフティングの重要性

(夏のスペシャルキャンプより)
IMG_7025



(今日のチームトレーニングより)
IMG_8653

IMG_8654

IMG_8648

IMG_8651


ボールコントロールは総合的にレベルアップしていく必要があります。

その中でチョンチョンリフティングも非常に重要なトレーニングです。

そして、チョンチョンリフティングは動きながらやることで効果が上がります。

利き足の技術、ボールタッチ、ボールコントロールがレベルアップするにつれて立ち足の強さ、バランス、軸に繋がります。

だからこそ利き足の技術の軸を作るためにもチョンチョンリフティングはすごく大切です。






チームトレーニング、技術と判断

IMG_8653

IMG_8654

サッカーで一番大事なのは「技術と判断」です。

技術とは試合で活かされるのが技術で、その技術はボールコントロールが出来なくては技術には繋がらず、周りを見ることにも繋がらず、良い判断など出来はしません。

だからこそ、ボールコントロールを中心にやるべきことを一つずつ出来るようにして総合的にレベルアップしていくことが最も大切です。

やるべきことをしっかりやっている選手は確実に成長しています。


技術と判断…それを上げるためのトレーニングでした。
IMG_8651


IMG_8663

IMG_8656

IMG_8657

IMG_8661

IMG_8662

IMG_8660

IMG_8658

IMG_8659


チームトレーニング&専門学校

IMG_8655

今日はチームトレーニングの後は、専門学校で体験授業でした。

現在、半身浴中です(笑)

2016年12月03日

プライベートレッスン 大分県から

IMG_8630

今日のプライベートレッスンは大分県からトリニータ大分のジュニアの選手として所属する小学四年生のまさと君でした。

最後まで本当によく頑張りました!

上手くなるとは、自分と向き合い上手くなるとは、あきらめない気持ちとは、たくさんのことを学べたプライベートレッスンでした。

今日のこの気持ちはこれからに大きく繋がるでしょう!

次回までの約束にも決意が見られました。

もっともっと上手くなります!夢に向かって!

遠方からのプライベートレッスン

IMG_8588

昨日は東京スポーツレクリエーション専門学校で授業、プライベートレッスン、明光サッカースクール草加校選抜B、選抜Aの指導、ユースの指導でした。

プライベートレッスンの選手は定期的に遠方から来られています。

プライベートレッスン後は明光サッカースクールも見学されて、前とはあきらかな選手達の成長度合いを感じられていました。

その成長はプライベートレッスンに来た本人にも言えることでやるべきことをやれば必ず上手くなれます!

そのプロセスの重要性をすごく感じることができたプライベートレッスンと明光サッカースクールのトレーニングでした。



2016年12月02日

チームトレーニングスケジュールとセレクションについて

12月のチームトレーニングスケジュール


※Jr.ユース&ユーストレーニング

12月4日日曜日

フットサルクラブ草加

9時〜11時


12月11日日曜日

所沢フットサルパーク

12時〜14時


12月18日日曜日

フットサルクラブ草加

9時〜11時



※セレクションについて

スケジュールの都合で参加出来ない選手もいるので、来年の3月までセレクション期間を延長しました。

セレクションについては、3回のトレーニング参加の後に合否を決定させて頂きます。(1回の参加費は千円です)

セレクション参加希望者は、明光サッカースクール各校担当コーチ又は、ブログのコメント欄にご連絡ください(ブログのコメントには反映されないのでご安心ください)


※12月となり年末年始にかけてスケジュールの変更も予想されます。たいへん申し訳ありませんが、ブログのチェックをお願い致します。





fchuma_blog at 14:41|PermalinkComments(2)clip!サッカー | クラブチーム

2016年12月01日

リフティングができなくても

image

リフティングってけっこうめんどくさいし、たいへんだと思います。

僕だって高校時代はリフティングできませんでしたから。

でも、リフティングというボールトレーニングは絶対に大きな効果があります。

それは僕自身がブラジルで経験しましたから。

だから、リフティングができなくてもリフティングというトレーニングをやり続けることが一番大切です。

リフティングとサッカーは関係ないと言う人がいますが、それは間違ったリフティングトレーニングをやっているからで、僕自身が指導した子供達、選手達は全員サッカーに繋がる技術が上手くなっています。

何事も間違ったやり方には効果はありません。

正しいリフティングトレーニングをやる必要があるということです。

そして、リフティングトレーニングにもいろいろなやり方があり、また、リフティングだけやれば良いということでもありません。

全ての正しいトレーニングをしっかりやり、総合的にトレーニングレベルを上げて出来るようになるから本当に上手くなるのです。


だから、一つ一つコツコツと今やるべきことを継続しやり続けることです。

できなくてもコツコツやり続けていれば必ず良い方向に進みます。

絶対にあきらめないことです。



2016年11月30日

マラドーナ、マラドーナ、マラドーナ


1986年メキシコワールドカップ。

この大会でのマラドーナはアルゼンチンを優勝に導き、5得点5アシストで最優秀選手となりました。

そのマラドーナのプレー集です。

ブラジルに渡って僕自身が「利き足のポイント」を知ってから、当時は自らが編集してまで見まくったマラドーナのプレーです。

このマラドーナから「利き足のポイント」をしっかりと意識して見てほしいです。



Profile
檜垣裕志(ひがきゆうし)
1970年生まれ 石川県出身。
日本人としてブラジルでプロ契約した二人目のサッカー選手。ブラジル1部リーグのポルトゲーザなどで活躍。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校で指導者として活動中!
QRコード
QRコード