プロサッカーコーチ ブラジル1部リーグ元プロサッカー選手 檜垣裕志の「上手くなるために」

サッカー指導のご依頼、お問い合わせは、こちらへお願い致します。 higakiyushi@gmail.com 17歳からサッカーを始めブラジル1部リーグのポルトゲーザとプロ契約し、プロサッカー選手としてプレーを経て、現在はプロコーチとして選手や指導者の育成など、広くサッカーの普及に務める檜垣裕志がお送りするサッカーブログです。

サッカーの指導のご依頼、お問い合わせはこちらへお願い致します。 higakiyushi@gmail.com

8CB80C79-21FE-42EA-A65A-FDB864137689

5836153D-E1A3-4F12-A503-D6AFFC6742F9

佐賀県サッカーフェスティバルにて、佐賀校のミズキ選手が、小中高大、女子選手全てのカテゴリーの中で優勝しました。しかも堂々の3連覇です。

そして、ハユマ選手は小学生の中でチャンピオンになりました。

また、女子部門では、二枚目の写真に、ミズキ選手と、元なでしこジャパンの宮間選手と海堀選手と共に写っている、佐賀校のリコ選手も2位に入り、アカデミーでワンツーフィニッシュでした。



こういうことを書くと、リフティングばかりと揶揄する人はいるかもしれませんが(笑)、前のブログにも書いたように、意味のあるトレーニングとして、リフティングトレーニングをしているだけで、ちゃんとサッカーが上手くなることに繋がっています。

さらに、このリフティング大会では、両足リフティングも種目に入っていて、普段はこのようなことは全くやってないのに、ちゃんと出来るんです。

それは、正しい利き足の使い方をしっかりトレーニングしているからです。


リフティングトレーニングという一つのメニューの効果を、サッカー選手としての能力向上のために、これからもしっかり繋げていきます。

「利き足のインステップリフティングの効果」

なぜ利き足のインステップリフティングか…

ボールの持ち方、ボールの置き場所、ドリブル、ボールキープ、トラップ、キックなどに繋がる基礎中の基礎だからです。

だからこそ、利き足のインステップリフティングからスタートし、一つ一つトレーニングレベルを上げていくことは、後々に、必ず大きな効果となります。
(マラドーナ、メッシや強豪国の子供達、ボール感覚に優れた選手達は、必ずここからスタートしています)



ドリブルでは、利き足の指の前にボールを置くことから練習します。

利き足のインステップリフティングは、そのボールの置き場所にも繋がり、ドリブルの動作、身体の使い方にも繋がっています。

ですから、利き足のインステップリフティングは、必ず千回以上を目指して、それが達成できたら、インステップリフティング千回が、簡単にできるレベルまでしっかりやりましょう。


「リフティングをやってみよう」
利き足のインステップリフティング…

スタートは、利き足のリフティングからチャレンジです。

先ず、自分の利き足のインステップ部分を人差し指で触り、ボールを触る部分をしっかり意識しましょう。

ボールを触る部分の一点を絞ること、しっかり意識することで、そこでボールを触って、良い感覚であれば続ける、違う感覚であれば、次の良い感覚への反応が早くなります。

なんとなくボールを触るという感覚であれば、良い悪いがわからないまま、ただトレーニングをしがちになります。



小さなお子さんだったり、サッカー未経験者の場合は、手から始めてください。

(足からボールを上げて、リフティングしようとすると、それ自体が難しく、リフティングをするという次の動作にうまく移行できずに、集中がそれたりしてしまうので)

始めは、手でボールを持って、「インステップにしっかりとボールを当てる」、ここからがスタートです。

小さなお子さんの場合、これだけでもかなり難しいトレーニングにですから、始めは、インステップでリフティングしたら、1回触って、手でキャッチする、これがスムーズにできるようになったら、2回、3回と数を増やしてください。

そうすることで、浮き球のボール感覚、ボールと身体の一体感と身体の使い方がどんどん良くなります。

子供の場合、自分の身体を上手くコントロールすることが難しいので、リフティングトレーニングは、運動神経を上げていくことに非常に効果的です。


バウンドさせたボールのリフティングトレーニングもありますが、これは、簡単にやりやすいので、慣れが生じます。(これをやるより、ドリブルトレーニングの方が試合に繋がる効果があります)

浮き球をダイレクトに触って、地面に落とさないことが、ボール感覚、反応、身体の使い方に、より良い効果となります。

地道にコツコツとやっていれば、幼稚園児で利き足のインステップリフティングが千回以上できる子が現れたりします。
(※比較なく、マイペースでコツコツやって、継続してください。これが一番です)

「リフティングというトレーニング」

リフティングとサッカーは関係ないと言う人がいますが、それは、リフティングのためのリフティングをしている人達が非常に多いからです。

リフティングというトレーニングを通じて、

.棔璽覺恭

⊃搬里了箸なの感覚

ボールと身体の一体感


「正しいリフティングトレーニング」をやることで、この三つを確実に身につけることが出来ます。



リフティングはある一定のトレーニングレベルまでいかないと、かなり難しく、つまらないトレーニングと感じると思います。

また、このリフティングトレーニングについては、どんどんレベルアップしたトレーニング方法はたくさんあります。
(本当は、リフティングだけじゃなく、全てのトレーニングについて、トレーニングレベルを上げる方法はたくさんある)

ある一定のリフティングのトレーニングレベルまでいくと、雑になりがちだったり、やれることしかやらなくなるので、しっかりと「正しい方法でレベルアップしたトレーニング」を続ける、チャレンジしていくことが重要です。


では、次回から、最初のリフティングからお伝えしていきます。

2DE215E0-432F-4C9E-8C40-65D184FA92F7

秋田県から二年ぶりのプライベートレッスン、中学一年生になった、そうた君。

二年前に伝えたことをしっかりやっていました。

成長をしっかり感じました。

そして、この日はさらに成長出来ました。
212C2A3C-D250-464B-9DD9-8DBDEC86CEF5

51D6B522-17EF-48EA-9306-FA79AE2D65EA

充実したプライベートレッスンになりました。

その良い感覚を最大限に伸ばせるように、東北でも、さらなるレベルアップを目指して頑張ってほしいです。

CC063C3F-F725-4EFD-A82D-3C26B453E857

ジュニアの選手達には、サッカーの楽しさ、上手くなる楽しさを。

ジュニアユースの選手達には、さらなるレベルアップのために、自立した努力のできる選手に。

ユースの選手達には、夢の為に、自分に妥協なく向き合える選手に。

平日のトレーニングから週末のサッカーまで、自分自身の成長のために、何を感じ、何を考え、何を想像し、どのように向き合い、上手くなるためにとことん追求する…

夢の為に、上手くなり続けてほしいから。
2ABBB50C-E443-42B6-8B3E-900A8F8DC1FC



ブラジルでも雨が降って、練習ができない時があります。

ブラジルで、雨などでコンディションが悪い中では、プロで芝生の良いグランド環境があれば、軽くトレーニングということはあるけど、育成年代だとトレーニングはありませんでした。

室内練習場を持っているクラブだと、ミニゲームやフットサルくらいで終わりです。

雨でも試合はやるから、その状況を想定して練習をやるというのは、その考え方自体が違っていて、練習やトレーニングは、上手くなるため、レベルアップのためであり、状態が悪い中でやっても、良い効果はなく、ほとんどが自己満足に近いものです。

個々がレベルアップすれば、雨でも、風でも、グランドコンディションが悪くても対応は可能であり、個々が良い状態でレベルアップするために考えてやることが最も重要です。

雨だから練習ができない、だから、家の中でも練習することより、こういう時こそ、良い試合を見ることを強くお勧めします。

考える力、想像する力は、良いものを見て、感じる力が原動力になります。

世界のサッカーをどんどん見て、良い選手達からあらゆることを見て感じてほしいです。

ありがちな、とりあえず練習すれば良いわけではありません(自己満足で終わり、感じること、考えることがなくなる)


良いものをしっかり見て、感じる力、考える力を身につけることは、すごく大事です。

それがあってこそ、練習、トレーニングがより充実します。

試合で活かせるドリブルの仕方

試合で自分のドリブルを活かしたい、相手を抜けるようなドリブルをしたい、試合でボールを持てるドリブルがしたい、ボールを取られないドリブルがしたい…

これらを試合で、上手くできるためには、このような意識でドリブルしてください。


〕き足の前にボールを置く

利き足の前にボールを置くという意識は一番重要です。



⇒き足側に相手を抜こうとする

利き足側(アウト)にボールを運び、相手を抜く意識でプレーすることは、ボールの持ち方を良くしてくれます。

例えボールを取られたり、ミスしたりし、上手くいかなくても、繰り返していれば、ボールの置き場所やボールの持ち方が良くなり、相手とのタイミングを見計らう感覚も身についてきます。



A蠎蠅貌匹泙譴董⇒き足側に抜けない場合、ボールキープして、パスを選択する

利き足側にボールを運ぶ意識があれば、例え相手に読まれても、アウトターンの練習が活かされて、ボールキープできるし、利き足側にボールがあれば、ボールを取られるリスクが減ります。

また、利き足にボールがあれば、パスの選択も難しくはありません。


「利き足にボールを置いて、利き足側にボールを運ぶ、利き足側に相手抜く、相手にそれを読まれたらパス」

これを意識するだけで、今までの試合でのプレーより必ず良くなるはずです。

足裏を使ったドリブル

足裏という感覚ではなく、指でボールをつかむ、または、指裏でボールを触る感覚で、ボールタッチしましょう。

横向きになり、指裏でボールを転がして進みます。

右利きなら、右足指裏で、ボールをなでるように、左に転がして進みます。

ここでもターンは必ずアウトでターンします。

アウトでターンして、一回で利き足側にボールを置きます。


全てのドリブルで、指の感覚を大切にしましょう。


この指の感覚を大切にすることが、後々の自分のサッカーの技術感覚に大きな影響を与えてくれます。

アウト(小指)、イン(小指)のドリブル

アウト、インで交互にボールタッチし、ドリブルをしましょう。

この場合も、ボールタッチした後のボールの置き場所がブレないように意識することが大切です。

細かくボールタッチすることを意識するのではなく、ワンタッチワンタッチを丁寧に、ボールタッチの置き場所がブレてないかの確認を意識しましょう。

置き場所の確認の意識を持つことで、より繊細なボールタッチに繋がります。


ボールタッチというのは、ボールを自分のものとして、次のボールの置き場所のためにあるので、この考え方、意識の仕方は非常に重要です。


アウト、インでドリブルし、ターンはまた必ずアウトでターンしてください。

アウトでターンをすることを意識することで、その前のボールタッチ、ボールの置き場所も自然に気をつけることに繋がります。

↑このページのトップヘ