檜垣裕志のサッカーブログ「上手くなるために!!!」

2017年08月14日

正しい基本を伝える

IMG_3789


サッカーの基本技術…

ボールを止める(トラップ)、蹴る(パス、シュートなど)、運ぶ(ドリブル、ボールキープ)

これって、誰もが当たり前のように口にする言葉だけど、その中身、本質、それを身に付けるための正しいトレーニングは日本にはほとんど浸透していません。

そんなことはわかってると言う人達ばかりだけど、それを本当に身に付けてる人はプロになれるだろうし、身に付けてないのに、そのやり方、指導方法を正しく伝えることは簡単には出来ないでしょう。



全てのボールコントロールトレーニングには意味がなきゃいけないし、全てのトレーニングは正しい方法でやらなければ意味がありません。


ボールタッチ一つとっても、そこに意味がなきゃいけないんです。


無意識でいると、悪い感覚はどんどん身体に入ってきます。


いや、自分は出来てるてと言うなら、だったらプロの世界でやってみてほしい。

両足、両足、やれフェイント、ダブルタッチ、マルセイユルーレット、エラシコ…

そのボールタッチ、見ればわかります。

薄っぺらいことが。

試合で出来た?技が通じた?

それは相手が下手だからね。


基本を身に付けなきゃ、上(プロ)では出来ません。

子供達や育成年代の選手達には正しい基本技術を身に付けてほしい。

技術は全てを助けてくれるから。


本当の基本技術を伝えて、身に付けて、夢に繋げるためにちゃんと実践指導していきます。






この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
檜垣裕志(ひがきゆうし)
1970年生まれ 石川県出身。
日本人としてブラジルでプロ契約した二人目のサッカー選手。ブラジル1部リーグのポルトゲーザなどで活躍。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校で指導者として活動中!
QRコード
QRコード