甥っ子のボールの持ち方です。

弟には、とにかく「利き足だけでボールを触らせること」を伝えていました。

日本では意味なく両足でボールを触らせることがほとんど全てですから、「利き足」を強く言わないと絶対に悪い癖が付きます。

だから、あえての「利き足だけでボールを触らせる」です。

実際に、現在小学四年生の甥っ子の過去の映像では「ボールの持ち方」は悪くありません。


直接指導はまだ二回だけですが、基礎技術は全くまだまだなので、撤退して基礎技術を身につける努力をやらなければなりませんが。


弟は、僕のブログ、DVDの中身、さらには僕の指導方法を主観なく、いかに正確に伝えられているかをいつも考えて伝えてくれています。

周りの大人、家族がプロの指導方法を真っ直ぐに伝えられるか…上手くなるために非常に重要なことです。