コメントより…

「はじめまして今晩は。
ブログをいつも楽しみに見ている「ともパパ」と申します。

ボールをトラップする時にやはり利き足だけで止める練習をするのがいいのでしょうか?それともこの質問自体が表面的なもので本質は違うのでしょうか?

よろしくお願いします。」


サッカー選手として一番重要な技術とは?

「ボールを取られない技術」

です。


もし、どんな相手からも、どんな状況でも、ボールを絶対に取られなければ、世界のトップになれます。



そのために絶対的に必要なのは、「ボールコントロール技術」です。

ボールコントロール技術とは、「ボールを自分のもの」に出来る技術です。

リフティングとか、ドリブルとか、これらは、「ボールを持てる、ボールを自分のものにする」ための技術トレーニングとして捉える必要があります。


「ボールを取られない技術」とは、ボールを持てる技術、ボールを自分のものにする技術がベースとならなければなりません。


サッカーの技術で一番重要なのは、「ファーストタッチ」、即ちトラップです。


この重要度、意味がわかってない人が日本には数多くいます。


ドリブルを教えてほしい、キックを教えてほしい、リフティングを教えてほしいとかよく言われますが、本当の基礎基本がわかってなくては、意味がないのです。



「ボールを自分のものにする」


全ての技術のベースが、そこになければいけないのです。

その中で「トラップ」は一番難しい、一番重要なのです。


その意味がわかってないと、ドリブルだ、フェイントだ、動きだ、戦術だ…技術の本質に全く繋がらないのです。


トラップが重要だからと、トラップ練習を繰り返したからと、トラップが上手くなるわけではありません。


なぜなら、今目の前にあるボールを自分のものとして、自分とボールの一体感、ボールを自由にコントロールする感覚と技術、それらが出来てなければ、試合では、いろんな状況で、ボールを自分のものとするトラップを要求されるのに、まともにトラップ、ボールを自分のものにすることができるわけがないのです。


だから、一つ一つの段階を経たドリブルやリフティングトレーニング、正しい身体の使い方を身につけるトレーニング、トラップ、キックのトレーニングが必要なのです。


ご質問の「利き足でのトラップ」についても、正しい利き足の使い方、正しい身体の使い方の意味を理解していないと、間違ったことを覚えてしまうことになります。


正しい基礎基本を理解した中にこそ、トレーニングの意味があるのです。


だからこそ、実際に生で指導、トレーニングをしないと、言わんとすることが伝わらないですね。


でも、ご質問がありましたら、出来る限り伝わるように努力していきます。