リフティングばかりをクローズアップする理由…

単純にわかりやすいからです。

ボールをコントロールし、地面に落とさない…
タッチミスがあるからボールを落とすわけですから、ボールコントロールトレーニングとして非常にわかりやすいからです。


僕がサッカーを始めたのは17歳からで、リフティングなんて全く出来なかったです。

あの頃はリフティングが出来る選手は神のような存在でした(笑)

ブラジルに行くまでまともにリフティングは出来なかったです。

でも、サッカーは出来ましたよ。リフティング出来なくても下手なサッカーは(笑)



リフティングが出来るからサッカーが上手くなるのではなく、サッカーが上手くなるためのリフティングトレーニングをやるから大きなプラスになるんです。

もちろん、リフティングばかりでもダメで、リフティングトレーニングをやらないこともダメです。


自分が関わる子供達にリフティングトレーニングを課題として与えるのは、普段からの指導とレッスンがあるからです。

個人的に出来る自主練プラス、普段の指導とレッスンがより大きな成長となります。


僕が課題として与えるリフティングトレーニングは、サッカー選手としてのボールコントロールレベルをアップさせるためや、ボールの持ち方、ボールの置き場所、ステップ、バランス、軸、体幹など、ボールコントロール強化だけでなく、フィジカル強化にも繋がっています。

自分自身リフティングが上手くなろうと練習したことはありませんし、指導でリフティングを上手くさせようなんて思ったこともありません。

僕自身、プロサッカー選手になるため、ボールコントロールのレベルアップのためのリフティングトレーニングしかやったことがありませんから。

だから、サッカー選手として上手くなるためのリフティングトレーニングとして指導しています。