JSC CHIBA 川島和彦 5ステップドリブル上達法DVD 口コミ評判

子供の才能を眠らせたままベンチを温め続けさせるつもりですか?試合で活躍できる力を川島和彦監修わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾でみにつけさせてあげませんか?

ブログネタ
JSC CHIBA 川島和彦 5ステップドリブル上達法 口コミ評判 に参加中!
soccerk02

1対1の場面にはめっぽう弱くて、プレーに自信のなさがアリアリと見え始め、味方に苦し紛れのパスを出すのが精いっぱいだったとしても、
効果的なフェイントや考える力をグングン養っていき、天才的なセンスがなくても、相手をサクサクと抜いていくドリブルやパスができるようになる方法がこちら



あなたも、下のような悩みのせいで、子供がサッカーを続けることに複雑な思いを感じたりしていないでしょうか??

ドリブルにまったく自信がない

悔しい気持ちが伝わるが何もしてあげられない

良いボールコントロールができない

どんな練習をしてもドリブルがうまくならない


子供のころは、あなたも思い当たるんじゃないかと思いますが、同じ1年を過ごしているはずなのに、ずっと濃い毎日を過ごしているように、子供にとっては大人に比べて感受性はずっと高い時期ですから、練習を効果的に行うことで、実力をめきめきと伸ばしていくことができます。

ですから少年サッカーの指導者の中には「とにかく伸び伸びとプレーさせる」ことをモットーにしている人もいて、それはそれで確かに正しい考え方ではありますが、スキルが十分に身についていない状態で本当の意味で伸び伸びプレーできるのか?というと、疑問を感じざるを得ません。

指導者から見れば、子供に自由にプレーさせているつもりでも、実は子ども自身はテクニックが十分に身についていないことが原因で、自分のプレーに不満を持ったり、大事な場面で一歩出遅れる悔しい思いを感じることがあるんです。

子供がほんとうに伸び伸びとプレーできるようになるには、やはりある程度のスキルを身に着けることが重要で、そのためには単調なトレーニングをひたすら繰り返すよりも、何のためにどんな練習をするのかをはっきりさせ、目的を持ってトレーニングに取り組むことが必要不可欠となってきます。

こうやって考えていくと、逆に子供に対して厳しく指導し、激しいトレーニングを強要しようとする指導者も出てきたりするのですが、川島和彦さんのわんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾にある通り、トレーニングの激しさと効果は必ずしも比例するわけではありません。

soccerk03

むしろ、トレーニングの内容をできるだけコンパクトにして効果を最大限に高めることが可能で、5ステップドリブル上達法を使えば、少年サッカーで求められる必要なテクニックを最小限の練習量で身に着けることができ、試合では練習の成果をそのまま生かせるようになります。

川島和彦さんとはちなみに、JSC CHIBA代表U-12で監督を務めていたことがあるのであなたの名前を見かけたことがあるかもしれませんが、少年サッカーの大会では「常勝」で知られる強豪チームで、全国のサッカーチームから注目されていますし、実際にJリーガーへと成長する子供も現れています。

これまでに25年以上、1500人以上もの子供たちのサッカースキル向上に貢献してきたわけですが、川島和彦さんがサッカーのトレーニングで重視しているのは、子供の自主性とやる気です。

soccerk09

口でいくらクドクドと練習の必要性を訴えたり、厳しい口調で怒鳴りつけても、子供が自発的に練習に取り組まないうちは、練習の効果は半減してしまいます。
川島和彦さんの5ステップドリブル上達法ではそこで、練習内容を大きく5つに分けて、飽きっぽい子供でも集中力を切らさず取り組めるように工夫されています。

練習を指示する側がたとえサッカー未経験者であっても、DVDを見れば、指導のポイントまでしっかり解説されていますので、子供と一緒に楽しみながらサッカーのレベルアップを目指してくことができます。

→→子供の良いところをのばしてあげる秘訣が満載の5ステップドリブル上達法で、川島和彦さんが解説している「ドリブラーに必要な下半身を作る方法」とは??

soccerk05


看護師 都内 求人
メンズミレット


ブログネタ
サッカー全般2 に参加中!
soccerk06

サッカーはチームプレーですから、ずば抜けてレベルの高い子供が一人いたくらいでは、戦局をひっくり返したり、ボールの支配率を劇的に高めるようなことはできないのは事実ですが、だからと言って、個人のスキルアップをおろそかにしてよいものではなく、むしろ少年サッカーのレベルでは個人スキルの底上げしていくことがチーム力アップに直結していきます。

チームに一人でも、守備の不安定なプレーヤーがいると、相手チームはその子を狙って突破を仕掛けてくるので、数的不利な状況を作られやすくなってしまうものの、逆に言うと、こちらの攻撃で一人でも実力のあるプレーヤーを作ることができると、それだけ相手チームのマークを一人でも多く集められるようになり、必然的に相手の守備に穴が開けてゴールを決めやすくなります。

川島和彦さんのわんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾では、サッカー上達に欠かせないスキルの中でも特にドリブルに特化してプレーを向上することを目指した練習メニューがまとめられていて、
サッカーのプレー経験がほとんどない人でも、DVDを見ればすぐにポイントを取り入れて、子供たちに指導できるようになります。

soccerk01

相手との間合いやドリブルで抜くタイミングを悟る感覚を養う「1VS1」の練習や、さらに、1VS1のペアを2つ作って同時に練習させることで、チャレンジ&カバーの感覚を養ったりと、
より実践的なスキルをのばせるように配慮されていますので、試合では「練習でやったことを再現する」ような意識を持っていればOKです。

子供をわざわざ頭ごなしに怒鳴りつけるようなことをしなくとも、DVDで紹介されいてる通りに練習を進めていけば、必然的にレベルが上がるようになっていますので、
実力の高い子供と低い子供のさもじわじわと埋めていくことができ、チーム全体のレベルもそれにつれて高くなっていきますよ。

サッカーはスポーツですから、体格差や身体能力差で実力に違いが生まれるのは避けがたい事実ではあるものの、効果的な練習をして必要なテクニックを身に着けていけば、インテルで活躍している長友佑都選手のように、そういった先天的な差をいくらでも埋めていくことができます。

あなたも、子供の自主性を重視し、やる気の出る方法で練習を進めていけば、下のようになることができますよ。

soccerk10

チームの中心メンバーになることができる

足が遅い子供でも相手をすいすい抜き去ることができる

試合で勝利する喜びが今まで以上になる

同じ練習でも効果が違ってくる


チャンスの場面で緊張して最低のミスを繰り返す息子に、周囲から「あぁ~~」と憤りの混じったため息を聞くのは今日で終わりにして、
テクニックだけではなく子供の自主性も同時に育てていって、予想外の展開にも慌てることなく冷静に対処できるようにしてあげませんか??


soccerk04

川島和彦さんのわんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾で、無駄の多い練習はさっさと終わりにして、子供の才能をいち早く引き出していくにはこちら




松平勝男
網野智世子

↑このページのトップヘ