December 03, 2005

年末調整の変更点・・・今年から老人に厳しい税制?!1

早いものでもう12月、師走になりましたね。

そろそろ年末調整のシーズンです。
早いところでは既に関係資料を提出してしまった・・・という方もおられるかもしれませんが、今月は意外と知られていない裏ワザを少しご紹介していきましょう。

まずは今年の年末調整の変更点から。

いよいよ政府も税収が足りなくなってきて、ここ数年で少しずつ、一見地味に、実は大幅に税制が改正されて行きます。

今年は3点ほど変更になっているうちから、まずは最大の変更点である老年者控除の廃止をご紹介します。

老年者控除とは、年末調整してもらうご本人が老年者という条件に当てはまる場合、所得から50万円を控除してもらえるというものでした。

老年者とは、満65歳以上で、なおかつ給与やら年金やら不動産所得やらの全ての所得を合わせて 年間1,000万円以下所得者ご本人のことです。
年金+若干の給料等々で暮らしておられる多くの高齢者の皆さんが該当しますね。

この条件で所得から50万円控除してもらえなくなるということは、単純計算で定率減税20%を加えると税金が5万円×120%=6万円も増えてしまうということになるわけです。

こちらも詳細をあまり公表していないけれど、実質は大増税!

なお、これは所得者ご本人に対する控除だけが廃止されたものです。
扶養家族の中に老人(満70歳以上)がおられる場合の控除は残っていますので、間違えないようにしてくださいネ。

昨年は収入の少ない配偶者、今年は高齢者と何だか弱いものいじめの増税ばかりが先行していますが、来年・さ来年はいよいよ定率減税が10%ずつカットされてなくなっていきます。

これまで年末調整でたんまりお小遣いを稼いでいた世のお父様方、だんだん厳しくなりますのでお覚悟くださいませ。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最近のコメント
過去の記事
記事分類