2016年04月30日

あ〜シーバス嗅ぎたい...トザワです。

そう言えば、

「宮城ソルトルアーサイトキャプチャー」って無くなったんですかね?

気付いたら無くなってましたね。

どうしたんだろ?

katanaくん何かあったんだろか??




では今回は前回に引き続きタックルについてのお話し。

「ルアーと装備」についてになります。

磯マル専用ルアーというものは有りません(笑)

まあ、磯ヒラ用のモノを流用する訳ですが、

勿論河川や港湾部などで使用するルアーがメインになります。

ルアーの種類もトップ、ミノー、シンペン、バイブレーションなど

シーバスルアー全般を駆使していきます。

その中でもシーズンや、ポイント、波、風、ベイトなど

様々な状況で使い分けをしていきます。



私は磯マルで使用するルアーのほぼ全てにおいて

フック交換を行っています。

その際サイズを1番から2番上げるようにしています。

当然泳ぎが変わってしまいますが、

ギリギリのセッティングで使用します。


フックのサイズを上げる理由...

それはタックルの「トータルバランス」を考えての結果なのです。

前回のブログでご紹介した

ロッド、リール、ライン、ドラグなどのバランスを考えた場合、

ノーマルのフックだと掛かり所が悪かった場合などでは

フックが伸びたり、折れてしまったり、

フックオフに繋がる確率が高くなるためです。


当然フックが大きくなることには長所と短所があります。

長所としてはサイズが上がることで

●軸が太くなるため純粋に強度がアップ

●ゲイプが深くなるので刺さりが深くなる

●比重が上がるためレンジが下がる

などが考えられます。

逆に短所として

●泳ぎが変わる

●軸が太くなるので刺さりにくくなる

●飛距離が若干落ちる

●お金が掛かる(笑)

などです。

これら短所を補うために

●泳ぎを崩さないギリギリのサイズアップ

●ドラグを締めてパワーのあるロッドでフックキングをする

●ロッドのレングスを生かして飛距離を稼ぐ

●頑張って働く(爆)

これらで補っています。


では、私がメインで使っているルアーをご紹介します。
P4021829


















言わずと知れた「ダイワSLS セットアッパーZ125S-DR」。

いや〜ホント釣れます、コレ。

飛距離も最強で欠かせないルアーとなっています。

通常BOXに4本は入ってます(笑)

フックは3番〜4番にチェンジしています。



お次はこちら
P4091859



















「ダイワSLS Zバーティス140S」です。

120も同等に使いますが、

こちらも飛距離が出せ、潮が高い時や

フローティングに反応の無い時などには

爆発力のあるルアーです。

フックはこちらも3番〜4番に上げています。


そしてお次は
P4161898



























「ダイワモアザンリアルスティール26」です。

いわゆる「メタルバイブ」ですが、

これがまたよく釣れるんです!

飛距離は当然ですが、

ミノーでは探り切れないスリットの深部や、

潮が巻いてミノーが浮いてくるような

サラシの中などで大活躍してくれる一品です。

根掛かりでのロストが嫌でボトムを避けている

アングラーさんが多いと思いますが、

海藻が多いこの時期は

案外回収出来ますので是非お試しください。

フックは4番〜5番に変更しています。


そして最後にこちら
P4091867




















「ダイワモアザン モアザン ファントム銀粉28g」です。

「磯でジグ?」って思う方も多いと思いますが

これが全然有りなんですよ。

大潮干潮などでポイントが遠くなったシャローエリアの攻略や、

沖の潮目の狙い撃ちには活躍してくれます。

また、ディープからの駆け上がりを

ワンピッチでジャークするなど、

色んなシチュエーションで使えます。




その他にもフローティングやトップなども

一通りBOXに詰め込んでおります。

シーバスはレンジが命。

如何に射程距離内にルアーを送り込めるかが

釣果を大きく左右することになります。

いい時なら投げれば誰でも簡単に釣れる磯マルですが、

記憶に残る1本と出会うために

最善のタックルで臨んで頂ければと思います。

装備は長くなるのでまた次の機会に。

皆さん良い連休を。







(06:00)

2016年04月29日

トザワです。

せっかくのGWですが、

前半は天候に恵まれませんねぇ。

風も強く、波も高いようなので皆さん無理はされませんように。



さて「その3」でございます。

前回も少し触れましたが、

今年から磯マルを考えている方から

タックルについての質問をよく受けますので

本日はタックルについて書こうかと思います。



<ロッド>

現在私が使用しているのが

対ヒラスズキ用に開発された

「アブガルシアSXSS-1102MH」というモデルです。



前回の「その2」でもロッドについて少し触れましたが、

磯マルでロッドに必要とされるもの、

●パワー

●レングス

この二つは欠かせません。


まずは「パワー」ですが、

やはり「磯」というシチュエーションで釣る上で

「しもり根」などの障害物が多く、

シーバスもそういった所に付いて居る事が多いため、

ロックフィッシュと同じように

掛けたら直ぐ障害物から魚を引き離す

「パワー」が必要となるわけです。

また、干潟や、大河川のように流れが緩いポイントと違い、

サラシやスリットなど潮が複雑に早いポイントでのヒットとなると

例え70クラスのシーバスとは言えかなりのトルクを感じます。

その力に負けない上でも「パワー」が必要となる分けです。

そして前回にも書いたようにランディング時に魚を誘導する上でも

重要な要素となるのです。


次にレングス(ロッドの長さ)ですが、

●キャスタビリティー

●取り回し

が主な要素となります。

「キャスタビリティー」とはルアーの飛距離です。

ポイントの水深、潮の干満、潮目、風などにより、

遠投しないと釣れない状況下に出くわす事が良くあります。

ロックで私が作ったNRS922MHスピニングロッドと同様に、

手前でバイトが無くなった後に遠投で探るようなことも出来ますし、

「パワー」と重複する部分がありますが、

ランディングの際に魚を誘導(取り回し)するのにかなりのアドバンテージとなります。


<リール>

基本スピニングリールを使います。

勿論ベイトリール(タックル)でも問題ありませんが

スピニングに比べロッドの選択肢が少ないのが欠点かも知れません。


私は昨年までダイワ13セルテート2510PE-Hを使っていましたが、

今年から16セルテート3012Hを使用しています。

理由としては

●ドラグが7キロ

●最大巻き取り95

●PE1.5号が200メートル巻ける

●スプール径が大きい

これらが主な理由になります。

私が磯マル用のリールに求めるものは

「剛性」。

磯というシチュエーションでタフな使用にも耐えうる

剛性が一番と考えています。


私は磯マルにおいて、

ドラグはかなりキツ目な設定をしています。

80センチそこそこのサイズではほとんど出ません。

但し、魚が根ズレしそうな状況になった場合や、

ランディング時に引き波にもって行かれそうな時などは

ドラグ調整や、ベールを返しフリーに出す事で対処しています。

パワーのあるロッドの特性を最大限に生かすドラグセッティングを心掛けています。

巻き取りの長さは、デイゲームメインの磯マルにおいて、

基本ファーストリトリーブな「早い釣り」を展開するためには

必要不可欠であり、

ヒットしてからのファイトにも重要なファクターとなるのです。

シーズン初期は水温が低いこともあり

ファイトもおとなしめな磯マルですが、

丁度今頃からはなかなかのファイトが楽しめます。

そのため、ハイシーズンは1.5号200メートルをメインに使用し、

釣行回数をこなしたら前後巻き替えて使用しています。

現在「バークレイスーパーファイヤーライン1.5号200メートル」を使用し、

ショックリーダーはフロロカーボンの25〜30ポンドをひとひろ半位を軸に、

ポイントで最大ふたひろをFGノットで結んでいます。

前回書いたように、基本磯で私はランディングネットを使用しません。

今回ご紹介したタックルバランスは

あくまでも私の今のスタイルでのタックルバランスです。

このスタイルにたどり着くまでは

9.6フィートのロッドから始まり散々痛い目を見てきました(笑)

ラインも1号、リーダーも16ポンドでもやりましたが、

捕れる魚も居れば、捕れない魚もおりました。

これから揃えたいとお考えの方は、

今回私がご紹介したタックルバランスを一つの例として

参考にして頂ければと思います。

磯マルにはこれら以外にも

ルアー、安全装備も欠かす事が出来ません。

次回はその辺をご紹介したいと思います。
P4031852


























(04:12)

2016年04月22日

磯マルねた、大反響ですね(汗)

そりゃ〜そうですよね、楽しいもの(笑)

最近ではポイントで磯マルアングラーも

チラホラ見かけるようになりました。




さてこの日は3月のとある日、

前回釣れた所ではないポイントを調査。

気分的には水温を計りに行った感じでしたが、

サクッっとヒット。

しかも80アップ2連荘。
P3251813P3251814

































同じ魚じゃないですからね(笑)

「ここも始まってるんだ〜」

いや〜予想外でした。

ヒットルアーは「SLS Z バーティス 140S」と

「SLS Z セットアッパー 125S-DR」。

少し移動して...
P3251817

















こちらも80アップ。

そしてこちらも「SLS Z セットアッパー 125S-DR」。

裏切りません(笑)


ここで、磯マルやってみたい!って方へのアドバイス。

ロッドは9フィート後半のMHクラス以上が理想です。

ぶっちゃけ8フィートでも掛ける事は出来ますが、

主導権は100%魚でしょう(笑)

キャッチには相当の運が必要かと思います。

「ヒラじゃないから...」なんて言ってたら

痛い目見ますよ(笑)

勿論掛けるポイントにもよりますが、

これからの水温上昇と共に、

サラシが出来るような潮通しのいいエリアに魚が入っていきます。

そう言ったシチュエーションではMH以上のパワーじゃないと

魚が寄って来ません。

レングスも長い方が足元での誘導などに有利な点が多いと思います。

私はランディングネットは使いません。

何故なら...

●藪コギで邪魔になる

●ランディングに時間が掛かる

●ランディングに夢中になると
大きな波に気づかず危険

●ネットで魚のヒレが割れてしまう

これらが主な理由です。

そのためにも強いロッドが必要となるのです。

リールも基本80クラスではドラグは出ない設定にしています。

磯でドラグを出すのは自殺行為です。

今の時期は根回りに海藻が生い茂っているので

多少の根ズレでも助かる可能性がありますが、

ヘタにドラグを出して根に潜られたら...。

そのためにも主導権は出来るだけアングラーに

預けるためにも強いタックルをおすすめします。



さて、明日からルアーフェスタin仙台ですね。

今回は都合で参加出来ませんが

皆さん楽しんでくださいね!


では本日はここまで。

トザワ





(12:00)

2016年04月21日

すっかりご無沙汰しております。

何かとバタバタしてしまい、

更新が止まっておりまして申し訳ございません。

また不定期ではありますが更新していきますので

宜しくお願い致します。


Facebookでは既に公開されていましたが、

今年も宮城の磯マルが始まっています。

来月5月に釣り東北社より発売される

「ソルトステージ」で原稿を書いている関係で

ここでの公表が出来ない内容もありますが

昨年の1本目から約1ヵ月も早い開幕となりました。

「暖冬」と言われた今年の冬。

昨年から沿岸部にはカタクチやマイワシが居残り、

年が明けてからもその状況は続きました。

水温も例年より高く、今年初回の釣行から釣れたのです。
P3091802















あれ??

小さい。。

初期はデカイのに。。

釣れたのは嬉しいのに、期待外れの65クラス。

さてさて今シーズンはどうなることやら。。

ヒットルアーは相変わらずトザワ的磯マルナンバーワンルアーの

「SLS Z125S-DR セットアッパー」☆
P3091808
















今シーズンはランカー仕様に3#フックを装着!

掛けた魚は逃しません!!(キッパリ)

今年も大活躍してくれることでしょう!

今年は私もウエットデビューを考えています。

先日仲間のブルさんも言ってましたが、

ウエットが安全だとは私は思っていません。

万が一の状況になった時にリスクが下がるだけの装備です。

一番大切なのは状況を正確に判断できる能力だと思っています。

勿論この「能力」には経験値も必要ですが、

興味を持っているアングラーの皆さん、

経験値の低いアングラーの皆さんは

波高、潮位、風、足場などに最善の注意をはらい

複数人での釣行を心掛けて貰いたいと思います。

また、三陸沿岸の磯は、浅瀬でも潮が早いので

南房スタイルのような泳いで渡るような渡礁は危険です。

私はウエットとは言え、長靴代わり程度に考えています。

今年はスズキの出荷規制解除元年ということもあり

磯マル人口も増えると予想されます。

くれぐれも事故の無いよう

ヘルメット、ライジャケ、グローブ、スパイクは必ず着用しましょう。


トザワ






(22:03)

2015年11月20日

ご無沙汰しておりますトザワです。

本日はお知らせ。

これまで震災における

東京電力第一原子力発電所爆発事故の影響で

宮城県内のスズキに対して

出荷制限指示が出されており、

漁業による採取、出荷、

遊漁船での釣りの案内、

釣る事を(海域において)目的とした行為において

規制がかかっておりましたが、

本日2015年11月20日をもって

制限指示の全面解除となりました。
334391-1




















334391-2




















これまで、制限指示が出されていたにも関わらず、

国や、県からその周知が徹底されていなかったため、

各個人で解釈が異なり、

様々な所で誤解が生じてきましたが、

これをもちまして全てクリアになりました。


今年の宮城県内のシーバスはシーズンオフとなりますが、

来年からまた、皆さんで楽しい釣りをしていきましょう!

因みに、最近の検体調査では亘理周辺の魚から微量の

数値(基準値以下)が出ておりますが、

他の海域では「非検出」となっておりました。

詳しい内容は「放射能情報サイトみやぎ」のHPをご覧ください。

最後に、皆さんのお仲間にも是非この事をお伝えください。

宜しくお願い致します。

トザワ

(20:11)

2015年10月19日

アニキです。
土曜日に行われた釣り河北さんのロックフィッシュ大会に選手としてではなくフィッシュアロー、YGKブースの出展で参加して来ました。
当日は朝4時に受け付け開始。
自分は駐車場係り。
受け付け開始してすぐ位にはほぼ全員が集合!
皆さんヤル気満々。
^ ^
image

参加者数、100人位?
すいません忘れました……
(笑)
でも凄い人数でした。
主催の河北さんからのレギュレーション説明も終わり
暗いうちにスタートフィッシィング!
各々のポイントへと向かいました。
選手達がいなくなると河北さんスタッフと自分だけ。
海は目の前……
時間はたっぷり……
釣りしない訳ないですよね!
(笑)
ちょっと暇なんで釣りして来ます〜と伝えると河北さんから折角だから取材しましょうとお話しを頂き、その辺で軽く釣りして道具の説明とあと釣った絵とってって軽く言ってましたが、選手達がプラで叩いたあとだしそんなに簡単に釣れませんから……
(笑)
でもいい機会を頂いたのでカメラマンと目の前の漁港へ!
漁港には選手もいたので選手を避けての釣り。
漁港を覗くとベイトわんさか!
その下には鯖がわんさか!
Flash J+バサロをキャスト、Flash Jとバサロのダブルフラッシング!
釣れない訳がありません。
詳しくは河北さんのアップでご覧下さいね。
^ ^
そして本命のロックは……
ちょっとだけよん❤️
(笑)
image

こちらも詳しくは河北さんで!
ブースの準備もあるので取材を切り上げ会場に戻り準備していると選手達がチラホラと戻り始めウェイイン!
image

image

中には50cm近いアイナメも持ち込まれた選手も!
そして表彰式の集計の間に皆さんはブース見学。
フィッシュアロー、YGKブースも沢山の人が来られ大盛況でした特にフィッシュアローはFlash Jシリーズの今回リリースされたグラブ、YGKの新製品のリーダーには興味深々のようでしたよ!
^ ^
あのお方までブース放ったらかしにして熱心に見てくれてました!
(笑)
他にも沢山のメーカーさんのブースが並んでおり、正直自分もゆっくり見たかったです!
他メーカーさんも新製品やイチ押し製品が目白押しでした!
見たかった〜
(笑)
image

そして表彰式!
釣る方はやっぱり釣ってくるんですよね〜
また中村さんお立ちだし……
(笑)
お立ちの方々おめでとうございます!
まぁ今回俺が出てない分皆さん1つづつ順位上がった事でしょうね!
(爆笑)
image

無事に事故も無く大会も終了でした!
主催の釣り河北様、地元の場所を提供して頂いた関係者様、各スポンサー様、並びに関係各位、本当にありがとうございました!
そしてそして今回、ブース出展に辺り物から色々と準備頂いたフィッシュアロー、YGKにも本当に感謝
しております。
お忙しい中色々準備して頂き協賛まで本当にありがとうございました。
ブース大盛況でした!
で、で、ウチの会長、トザワさんと俺がそのまま帰る訳も無く、ハンターズのコルベア君を連れてそのままヤリイカ狩りに!
しかしヤリは絶滅したらしくムハン……
T_T
ナイトロックをやって俺が2人に暖かいコーヒーをご馳走して終了!
(笑)
次の日は来月のPOCのプラと言う事で山田湾に移動!
ゆっくりめの朝にエビちゃん達と合流をして山田湾をランガン。
まぁ結果から言うとまだ少し時期的には早いのかなと……
σ^_^;
自分はFlash Jとバサロの組み合わせでスイミング主体のテンポ良い釣りで探りました!
するとアイナメ君やらクロソイ君がダブルフラッシングにたまらずバイト!
この組み合わせはマジヤバイね!
釣れる。
そして言わずもがな、Flash J grab4.5ね!
これも一口サイズの食べ頃サイズにテールのマテリアルも良く、動きもいい!
勿論、フラッシングもね!
こちらも良く釣れました!
^ ^
image

image

image

image

そしてそして、長くなりましたが今回これを試したかったんです、フック!
FINAからリリースされている、ハイパートルネード、スクリューロックフック!
image

バス用なんで少し軸が細めなんですが刺さりは抜群でした、それにワームキーパーが付いているので小さいアイナメのバイトでワームをずらされる事も無くストレス無く釣りができました。
強度は今回漁港主体でタックルもライト系だったし魚もそこまでデカイのは釣れなかったので伸びる事は無かったんですが磯でベイトタックルで使用したら伸びちゃうんじゃないかな……
これは次回磯で試してまたの機会にお話しさせて頂きますね!
^ ^
しかしいろんな意味で長〜〜い週末でした……
昨日なんて家に着くなり風呂入ってビール飲んで速攻寝ましたから……
来月いっぱいまでギッシリのスケジュールですが頑張っていきたいと思います!
ではまた!

タックルデータ

ロッド ヤマガブランクス カリスタナノ 90M
リール ダイワ セルテート
ライン YGK G-soul X8 UPGRADE 0.8
リーダー YGK スリム&ストロング 19lb
リグ マグバイト バサロ 7g、21g
フック FINA ハイパートルネード、スクリュ
ーロックフック 1/0、2/0
ワーム フィッシュアロー Flash J SW 3”
Flash J grab SW
4.5”





Ryuichiでした。





(11:24)

2015年10月13日

ご無沙汰しております、アニキです。
^ ^
そろそろロックシーズンですね、陸っぱりでの釣果もFBなんかでチラホラと聞こえ始めて来ましたね。
という事で私の今シーズンでのイチ押しアイテムやコレで釣ってやる的なのを紹介したいと思います。
まずはルアーから!
フィッシュアローからつい最近リリースされました、Flash J grab 4.5” です。

image

コレはもう店頭にも並んでます。
サイズ、テールの動き、そしてFlash Jシリーズの武器、アルミホイル内蔵で間違いないワームです!
巻いて良し、落として良し、そしてサイズがまた一口食べ頃サイズですので、是非お試しを!

そしてこちらもフィッシュアローからバス用のシャッドとハドル!
image

何故にバス用と思うかもしれませんが、アルミホイルの色がオーロラ!
コレ去年も試しましたが一言、良いです!
(笑)

そして次はマグバイトさんからリリースされているバサロ!

image

コレは南の方でハタ系では抜群に威力を発揮していますね!
こっちでもまだ水温も完全に下がりきっていないので果敢にベイトを追い回している様なヤル気あるヤツには絶対に効くと思います!
しかも、オフセットフックなのでスイミングだけじゃなくリフト&フォールなんかでも使えちゃいますね!

そしてリーダー!
こちらはYGKから最近リリースされています。
スリム&ストロング。
image

このラインの特徴として名前の通り、従来のラインより細いけど強いラインになってます。
そして何より、フロロなのにゴワゴワ感が少ないのでトラブルが少ない、非常に使い易いラインですよ!

そしてフック!

こちらはFINAさんからリリースのあのイヨケンさんプロデュースのハイパートルネード、スクリューロックフック!
image

こちらはバス用ですがワームキーパーが付いているのとワイドゲイプなんでバルキーなワームにも対応ですね!
こちらは今回から使用なので使用感はまた後日、お知らせしたいと思います!

そしてそして最後になりましたがこれ!
こちらもバス用で最近リリースされました。
フィッシュアローのスーパーフィンズギル!
image

もとのフィンズギルは実は使った事が有りません……
(笑)
バスやらないんで。
コレでロックって思った方いると思いますが何て言うか、まぁ簡単に言うと一目惚れです!
(爆笑)
でもアイナメやソイは海タナゴも食ってる訳だから絶対釣れるでしょ!って思ったのとコレでロック釣ったらカッコイイし楽しいだろうなぁって思っただけです!
^ ^
このスーパーフィンズギル、はっきり言って凄いです!
何がって店頭で実際手に取って見て下さい!
ソフトルアーにリアルプリントが施されてまして超リアル!
目玉もヤバイ!
しかも自分が大好きなハドルテイル!
そりゃバスも釣れますよ。
(笑)
と今シーズンはこの辺りを軸にロックシーズンを楽しみたいと思います!
ではでは、皆様も良いロックシーズンを!
^ ^




Ryuichi

(14:15)

2015年08月03日

毎日暑いっすね〜
この猛暑、いつまで続くんすかね…
(^_^;)
アニキです!
今日は去年辺りからやり始めた磯マルのタックルについて少し書きたいと思います。
しかしながらやり始めたのが去年辺りからなのであくまで自分の浅い経験からの話です。。。
まずはロッド。
去年は自分はヤマガブランクスからリリースされているバリスティックEVOの9フィート6インチを使っていました。このロッドはヤマガのシーバスロッドのラインナップの中でもパワーがあるロッドで、私も河口域のナイトゲームで使っていましたが80クラスもなんなく寄せれるバットパワーを持ち合わせるロッドです。
しかしながら磯マルとなるとちょっと話しは別で、勿論、使えない訳ではありませんが、磯となると取れない魚が出てきた訳です。
それはまずレングス。
磯となると自分の立ち位置が様々で足場が高かったり、手間に根が張り出していたりと魚を掛けてもランディング時にバラしたりやルアーを操作する上でティップを下げて足下までしっかり泳がせたくても、長さが足りなく足下まで泳がせられなかったりと、もっと長さが有れば獲れている魚も獲れていませんでした…
また、パワーも河口域辺りでやっていた時は充分と感じていたパワーも磯となると波が常に寄せたり引いたりの中で釣りをするので魚が掛かり寄せても魚が引き波に乗り波の力と魚の力で凄まじい力になるのです。
そうなると従来、河口域や漁港辺りでやるシーバスロッドではパワーが足りません。
そこで今年から使い始めたのがヤマガブランクスからリリースされている、バリスティック 11 HIRA。
ネーミングにもある通り、ヒラスズキ用に作られたロッドです。
最初に持った感想はちょっとオーバースペックなんじゃね?って思いました…
(笑)
だってレングスが11フィートでバットの太さが今まで使っていたロッドの倍近くあるので……
σ^_^;

image


しかし磯で使ってみたところこれが非常に使い易く、レングス、パワー、魚とのやり取りどれをとっても全く問題無し!
と言うよりも磯マルはこれくらいのロッドじゃないとダメだなと気付いた訳です!
11フィートにこのバットの太さで重くて振り切れないんじゃない???って心配する方もおられるかもしれませんが全然大丈夫!
^ ^
ヤマガ、フィールドテスターのエビちゃんだってこのロッド振ってガンガン磯マル釣ってましたよ!
自分も今年から使ってみてこれくらいのレングスとパワーがないと逆に不安になるようになりました!
(笑)
バリスティックHIRAにはもう1本、107というのがあります。
こちらも使いました、このロッドもいいと思います、11よりも少し短く、少しパワーも抑えめですが磯マルにはこちらもいいと思いますよ!
どちらか迷う方は実際に触って決めてみて下さい!
えっ!店頭に並んでいない……

まぁヒラスズキ用のロッドですからヒラスズキがいない宮城では中々ね……
と言う事で今週末、キャスティング泉店でヤマガブランクスの展示会があるのご存知でしょうか?
土曜、日曜と展示会があります。
その展示会、自分も少しお手伝いに伺いますので、その時自分が使っているもので申し訳ありませんが触りたい方の為にお持ちいたしますので興味のある方は是非ともお越し頂いて実際に触ってみて下さい!
^ ^
image


image


次にリールですが自分はダイワのセルテート3012Hを使っています。
去年までは2500番を使っていましたが、2500では少し不安でしたので今年からは3000番のハイギアにしました。
セルテート3012Hはリール自体も軽く、ドラグ、巻き取り量、どれをとってもベストです!
^ ^

そしてライン。
ラインはYGKのG-soul X8 UPGRADE 1.2号を使用。
このラインでのトラブルは殆どなく、強度共にまるで問題ありません!
磯で使っていてもケバケバになりにくい気がします。
非常に使い易いラインですね!
そして何より値段もお手頃なんでガンガン使えますしね!
^ ^
image


そしてリーダー。
これが話したかった!
(笑)
今回、ヨツアミから新しくリリースされた、FC Absorber Slim & Storong、24lb 5号。
このラインは簡単に言うとネーミングの通り従来のラインよりも細くて強い、もっと簡単に言うと今まで使っていたのが5号のラインだとしたら同じ5号でも細くて強いと言う事です!
凄くないすか!
^ ^
勿論、結束した時の強度も非常に強いラインですよ。
昨日の釣行でもルアーが何度か根掛かりし、根にガッチリフッキングしてしまったので仕方ないからルアーは諦めロッドとラインを一直線にしてラインを切って根掛かりを外そうと力いっぱい引っ張りました…
すると、ラインが切れるどころか、ルアーのフックが伸びて、根掛かりが外れてきました。
フックだってルアーに最初から付いてくるフックを交換して強度があるのに交換してますから決して弱いフックじゃないんですよ!
しかも、1日でこれが3度ありました。
これにははっきり言って驚きましたね!
と言う事でルアーのロストはゼロ、リーダーを組み直したのも勿論、ゼロ!
本当にお世辞ぬきで強いラインですね!
しかも今までと同じ号数を使っているのに細いので非常に扱い易く利点が多いんです!

既に店頭に並んでいますので皆さんも是非お試し下さい!
勿論、磯マルだけじゃなくロックやジギングにもいいですよね!
^ ^

image


今回、本当に簡単でザックリですが自分的な磯マルのタックルを紹介致しました。
自分が思ったのはシーバスはシーバスでも、磯となると少し強めのタックルのセッティングが必要だと感じました!






Ryuichiでした。















(19:41)

2015年06月25日

遅くなりましたが、先週の日曜日に開催されたPOC第1戦 網地島 フラットフィッシュについて。
例年POCの第1戦は宮城でのフラットフィッシュから始まるのですが、毎年6月に行われるのですが牡鹿のフラットはシーズンインするかしないかと微妙な時期、よって魚は居る所にはいるが居ない所はまるっきりといった感じ…
簡単ではないんです…
σ^_^;
プラクティスは試合3日前と前日の2回。
そして試合当日戸澤さんは前の大会で入賞したエリアに。
自分も一緒に入る事に。
開会式も終わり、いよいよスタート。
戸澤さんと二人でポイントへ。
すると、同じポイントにあろう事か、エコギアプロスタッフの佐藤雄一プロ、鹿野プロ、佐々木俊プロ、そしてシーフリの超強豪、ラウリー事、中村さんが同じエリアに……
T_T
それに唯一、雄一プロからAOYをもぎ取った去年と一昨年AOY獲得のウチの会長の戸澤さん…
そして俺の6人で同エリア…
流石に分が悪い。。。
よりによってなんでこのメンバーに俺なんだよとマジで思いました…
(笑)
でもこのメンバーに勝たなきゃ、1戦目でのお立ちは無い。
気持ちを強く持ち、最初に投入したのは朝、行きの船で俊君から貰った5”のスプーンテール!
この面子なんで単に自分のワームを魚に最初に見せる為にアピール力の強いスプーンテール5”!
5/8ozのジグヘッドにセットしキャスト。
着底後、スイミング……
ブレイクに差し掛かった所で明確なバイトが!
しかしミスバイト……(汗)
ワームにはヒラメらしき歯型が。。。
直ぐにロッドをライトなロッドに持ち替える。
リグは同じジグヘッドにワームはグラミノのMのナチュラルゴールドでフォローを入れる。
バイトがあったブレイクの少し先にキャストしゆっくりとスイミング。
そして先程バイトがあったブレイクに差し掛かった所で「ゴンッ」と明確で強いバイト!
合わせると地を這うようなヒラメ特有のファイト!
しかも引きからしてマズマズな重量感。
ヤマガブランクス バリスティック EVO 96が大きく弧を描く。
ラインはYGK G-soul X8 UPGRADE 14lb 0.6号 リーダーに同じくYGK Nasuly N WAKER DREAD Line フロロの12lb 3号と決して太くはないセッティング。
しかしロッドのパワーとラインの強度を信じファイト!
手前に寄せたが手前には少し頭を出した根が……
(汗)
ラインがその根に擦れている……
半ば強引に魚を浮かせると55cm位はありそうなヒラメ!
切れるな、切れるなと心の中で思いながらネットを出す……
無事ランディング!
キロは楽勝あるヒラメに思わず「よっしゃぁぁぁ」と雄叫びをあげガッツポーズをしてしまいました!
^ ^
開始3分の出来事。。
この後直ぐに同じブレイクでコチの35cmを追加する

出来過ぎ……
σ^_^;
しかしここからが苦しかった……
先程までとは裏腹にバイトも無い、周りを見ても釣れていない。
しかしながら流石、お立ち常連の方々、右隣に入った栄健は1本また1本と数を重ねる。
そして左隣の会長、戸澤さんも気付けば2本目。
そして超激戦区で最初にリミットメイクしたのは戸澤さん…
やはり俺とは腕が違い過ぎる。。
そして間も無く栄健からも「ヨシッャー、リミットメイク」の雄叫びが……
超タフコンでもパターンをアジャストした選手はリミット、しかし俺には魚からの反応が無い…
暑さとプレッシャーでダメになりそうな自分をコントロールしあと1つ、あと1つと自分に言い聞かせ集中力を持続するが無情にもタイムアップ……
しかも朝釣ったヒラメがデッド……
T_T
自分の未熟さを感じた瞬間……

帰着時間、5分前位に会場に着き2本でウェイン。
1860gからデッド300gをマイナスで1560g!
何とか目標としていたウェイトはクリア。
しかしデッドやリミット出来なかった自分に腹が立った。
image


運命の5位からの発表。
5位にウチの会長、戸澤さん!
しっかりコチ3本をリミットしての入賞!
はっきり言って強過ぎます。

そして4位の方もコチ3本を揃え入賞。
流石です。

そして3位に同エリアの右隣にいた鹿野栄健!
あの渋い状況から戸澤さんと同じく3本の魚をひねり出しコチ2本、ヒラメ1枚を入れて堂々の3位!

そして2位に何とか自分。
朝一のヒラメが効きました!
しかし2本だけ……
リミット出来ず…

そして栄えある優勝は去年のクラシック覇者!
川村弟!
63cmのスーパーキッカーのマゴチを入れ、マゴチ2本にヒラメ1枚での優勝!
強い、強過ぎる!
流石の一言です!
^ ^

参加人数70人弱、ウェイン数18人、24%
蓋を開ければ激タフの試合でした……
image


ウチのクラブからは勇馬も参戦しましたが忙しくプラも出来ず残念ながらNF…
決して甘く無い戦いでした……
勇馬、次戦頑張れよ!
俺は何とかラッキーヒラメに助けられましたが、決して納得のいく試合ではありませんでした。
お立ちに入った5人でリミット出来なかったのは自分だけです…
まだまだ未熟だと感じました…
しかしながら、結果は2位。
反省は反省、結果は結果と前向きに今後のトーナメントに生かしていきたいと思います。

最後になりましたが、いつもご協力頂いている、フィッシュアロー様、魚矢様、ヤマガブランクス様、そして文句一つ言わず休みは全部釣りに行かせてくれている家族、またいつも応援してくれているクラブメンバーや周りの方々にこの場を借りまして御礼申し上げます!
ありがとうございます。
何とか今年も1戦目でクラシックの権利を獲得する事が出来ました。
これからもより一層精進して参りますのでご協力、応援よろしくお願いしたします!
次戦9月に行われる山形、庄内戦も全力で行きたいと思いますのでよろしくお願い致します!
^ ^
今回、大会運営のエコギア様、スタッフの方々、大変お疲れ様でした。





Ryuichi



























(11:42)

2015年06月04日

超お久しぶりです!
アニキです。
Facebookがあると楽でブログはサボってしまってダメっすね……
これからちょこちょこと書きますね!
さぁFacebookでも初夏ロックの記事を目にする様になったので、行くしかないっすよね〜
^ ^
狙うはベッコウ!
初夏ロックと言えばベッコウだよね〜

この日は朝イチは干潮。
大潮なんでガッツリ引いてました…
今時期のベッコウが着きそうなちょい水深のある直接波が当たらない様なワンドを狙う。
まずはフィッシュアローのフラッシュJシャッドの4inで探るも……
ムハン……
(笑)
ならばと5inのプロトに変え2投目。。
「トゥン」と入る系バイト!
ガッツリ合わせを入れると地を這う様なベッコウ特有のファイト!
気持ちいい〜
(≧∇≦)
しかし手前にはロッドのレングスでは超えられない様な根が……
>_<
ロッドのパワーとラインの強さを信じゴリ巻き。
ベッコウが根を超えた……
無事ランディング!
44cmのベッコウちゃんでした。
^ ^
image


その後、2バイトあったものの1回はミスバイト、もう1回は根に潜られラインブレイクとロックの洗礼を受け約2時間程度のロックは終了としました。
いや〜やっぱロックは楽しい!
そしてベッコウはカッコイイ!
(≧∇≦)
5inのアピール力とフラッシュJのフラッシングで出した一尾です。

さて今回使用したラインなんですがメインのPEが、
YGK ガリス ウルトラキャストマン
FULL DRAG WX8GP-D  55lb #3
image


300m巻きで10m毎にグリーンのマーキング、50m毎にレッドのマーキングが施されていますので自分の巻きたい量が簡単に巻けますよ!
また使用感はとても滑らかで飛距離は勿論、感度、強度共に抜群です!

そしてリーダーは、YGK Nasuly N WAKER DREAD Lineの25lb
image


こちらも感度、強度共に抜群ですね!
だってキロオーバーのベッコウが根の上超えても切れませんでしたから!
(笑)
皆さんも是非使ってみて下さい!

さぁ〜次は50up取りに行くよ〜
ではまた!

使用タックル

ロッド ヤマガブランクス

リール ダイワ タトゥーラ

ライン YGK ガリス ウルトラキャストマン
FULL DRAG WX8GP-D 
55lb #3

リーダー YGK Nasuly N WAKER DREAD Line
25lb

ワーム フィッシュアロー フラッシュJシャッド
5in プロト


Ryuichiでした!










(11:06)