December 31, 2007

INDEX

【FDの恥さらし英語】からお知らせ


現在、この【FDの恥さらし英語】は更新を停止しています。


理由は、英語に関するネタを某所で運営しているブログに吸収させてしまったためです。


宜しくお願い致します。

Site Policyについて・・・
・基本的にLinkは自由です。
・TrackBackも基本的には自由です。但し、関連のないもの・Adult・Spamはご容赦ください。
・Commentも自由です。
Commentに関しては英語を中心としたBlogですが、記事で取り上げた内容・題材に関してのものは大歓迎です!「この映画の俳優、○○に出てるよ。」「この曲、思い出がいっぱい!」などなど・・・宜しくお願い致します。
fd3sawada at 23:59|この記事のURL

March 15, 2006

ディスコで歌い、昔を思い出しました・・・。

先日、外国人の友達と外国人が集まるディスコに行ってきました。


正直言いまして、ディスコなんて今まで殆ど行ったことがありません・・・が・・・



た、楽しい・・・!


そこは、生バンドによる演奏と普通に音楽をかけて踊るという形式・・・そして・・・生バンドには曲のリクエストの他、飛び入り演奏や歌も歌えるという方式に・・・。


「あなた、歌ってみなさいよ。」


・・・と促され・・・歌いました・・・ちゃんと英語の歌・・・。


昔・・・ライブハウスでちゃんとお金をもらって演奏をしていました・・・が、僕はギターです。vocalではありません。でも、久しぶりのstage・・・う〜ん・・・やっぱり気持ちいい!


ちょっとしたバラードを歌ったので、目の前では他のお客さん達がチークを・・・よかった・・・「ヘタくそ!」とブーイングされなくて・・・(アセ


歌を歌い終わった後、演奏していたお兄さん達が僕達の席に来て、僕に握手を・・・「君、日本人なのに英語上手だね!」と・・・たとえそれがお世辞でも、嬉しいもんです・・・(笑)


そのお兄ちゃんと携帯電話の番号を交換して、「今度一緒に飲もう!」となりました・・・まだ、連絡とってませんが^^;


「君、今度はこの曲覚えてきてよ!君が来た時に演奏するから歌って!」


といった約束をし、その日は帰りました。


いやぁ〜・・・楽しかった!


むくむくと・・・昔とったきねづかが自分の中で甦ってきた感覚を覚えた一日でした・・・。






To the top of this blog

March 07, 2006

し、しまったぁ〜・・・(涙)

仕事中、インターネットで調べものをしようとYahoo!のToppageを開くとTopicsの部分に目が行きました・・・。



駆け込みTOEIC受験 5月からテスト形式変更



の文字が・・・!



し、しまったぁ〜!!!!TOEICの申込み・・・し、してない・・・(涙)



「650点取れなかったら、今度の飲みの席はFDのオゴリね♪」


という賭けを師匠としていました・・・そして、「あと、取れなかったら・・・ケリね♪」とも・・・。



650点どころか・・・これじゃ0点じゃないですかぁ〜〜〜(涙)



しかも、制度が変更になる最後の試験・・・うぅ・・・。



忙しさにかまけて・・・かまけて・・・かまけて・・・いやいやいやいや・・・それは言い訳・・・うぅ・・・(涙)



「あなた・・・英語に対する情熱が、試験落ちたから薄れたんじゃないの?」



と言われかねない・・・(涙)決してそんなことは無いッス・・・ちゃんと毎日、勉強しとります・・・(涙)




これで、師匠へのオゴリは計2回分になりました・・・




師匠・・・今度、いつ行く?オゴるの・・・楽しみにしとります^^;




そして・・・次回挑戦するときのために・・・忘れずにこのBlogにlinkしときます・・・




To the top of this blog

March 06, 2006

読み終えたぁ〜〜!^^v

Harry Potter and the Order of the Phoenix・・・やっと読み終えましたぁ〜・・・!


いやいや・・・終盤は一気に行きました・・・!



詳細をここで述べてしまうと「ねたばれ」状態になってしまいますので、省きますが・・・いやいや、今回はHarryは大変でした!おそらく僕だったらグレてますね(笑)「こんなくだらねぇ〜学校、やめてやるっ!」という感じでしょうか・・・(笑)


3作目あたりから、「とても子供が読む内容じゃなくなりつつあるな・・・」と思わせるドロドロ感・・・そして、若干映画「Starwars」のような「ダークサイドに囚われ始める」要素を感じてしまうのは僕だけ・・・でしょうか?



そして、4作目と同様心配なのが、「この分厚い量・・・映画化したらどれだけのものとなるか?」です(笑)きっと・・・また結構cutされるんでしょうねぇ〜(笑)




僕は、洋書を読む際、一回目を読む際は辞書を一切使わずに読みきります。当然知らない単語や慣用句など一杯です。その中で心に残った単語だけ、後で思い出して調べるくらい・・・。そして二回目は辞書をひきながら・・・ですから二回目は非常に時間がかかります(笑)


もう、6作目はpaperbackに近日なりますよね・・・?う〜む・・・待ち遠しい!



また睡眠不足の日が続く・・・かな?



ただ・・・あの辞書のような分厚さだけは・・・勘弁してください(笑)鞄に入れにくいっす・・・(涙)








To the top of this blog

March 05, 2006

ボランティア登録・・・果たして・・・。

昨年受験した「ボランティア通訳検定B級」の合格証とボランティア登録の申請書がきました。


さてさて・・・この登録・・・官庁や地方自治体、各種団体等に登録され、必要に応じて案内をしてくれるとのこと・・・果たして、どの程度の効果が期待できるのでしょうか・・・?



登録費用は1,500円となっています。「登録しても意味なかった!」というには被害が少ない額ですので、登録してみようと思っています。




僕の母が、こういった活動が好きで(といっても英語は話せません)、愛・地球博などでも活動していました。




そんな活動要請が僕にもくるのでしょうか・・・?



あまり過剰な期待はせず・・・でも、そこから広がる世界に期待しつつ・・・待ってみたいと思います。



To the top of this blog

February 27, 2006

無機質な作業に、おもしろさを見出す・・・。

うわぁ〜!久しぶりの更新だ・・・!


決して、試験が不合格だったから英語の学習への意欲がなくなっていた訳ではありません・・・ちゃんと勉強してましたよぉ〜^^v


ただ・・・忙しかった!・・・仕事もプライベートも・・・!



「毎日、絶対にblog用のネタを探そう!」と思っていたのですが、先週は本当に・・・挫折してしまいました・・・(涙)く、悔しい・・・!



先日の準一級の試験で不合格になってから、ちょっとだけ「無機質な勉強」の要素を入れました・・・単語の暗記・・・うぅ・・・つらい・・・(笑)


・・・と思っていたら・・・!


「あれ?これ・・・単語の暗記で出てきたな・・・」と思われる単語が映画や洋書に出現をしてくるじゃありませんかっ!


こうなると、おもしろくなってしまうのが・・・僕のゲンキンなところです(笑)


別に暗記作業で覚えなくていいや・・・「あれ?これ、暗記作業で出てきたな・・・」という場面で、「気付ける」ようにしよう!


こんな感じで・・・気楽にやるようになってしまいました・・・。




あらためて・・・やはり「楽しくやる」大事さが・・・わかりました(笑)そういえば、金メダルを取った荒川静香選手も「楽しくなかったら、スケートをやめていた」と言ってたなぁ・・・とはいっても「楽しくするために、つらい練習も耐えてきた」のでしょうがね・・・(笑)



To the top of this blog

February 19, 2006

悔しい英検準一級の結果・・・!

準一級の結果がでました・・・残念!


いやぁ〜、先日英検準一級の第一次試験結果が出ました・・・不合格してました(涙)


ある程度予想できていたとはいえ・・・負け戦は悔しいものです・・・(涙)判定は「不合格A」・・・「あとちょっとで合格」でした・・・う〜む・・・(涙)


今回・・・最大に足を引っ張ったのが・・・「語彙・熟語・文法」の部分・・・ここがもう少しできていたら・・・(涙)



・・・といっても、終わった事柄に対して言ってても仕方ありません。問題は、この結果を次にどうつなげるか?です・・・。


とはいうものの・・・どうしたものか・・・現在、僕が行っている英語の学習法では、「語彙・熟語・文法」に対してなかなか直接的な効果を期待することはできません・・・。


う〜む・・・かといって、あまり「勉強勉強」の要素を強くするのも・・・。


が、このまま「負け戦」で終わったままにする訳にはいきません・・・。




よし!今まで若干怠け気味にしていた「単語の暗記」を少しばかり気合を入れてやってみますか・・・。




以前、高校受験や大学受験の勉強の際、僕はいつも最初の15〜20分間を「漢字の書き取り」に当てていました。何にも考えずに・・・極端な話、「暗記しよう!」と意識せずに・・・ただ、「その後の勉強への集中力を高めるため」だけにやっていました。いわば「準備運動」といった感じでしょうか・・・。


それを、この英語の学習でも取り入れてみようと思います。



さてさて・・・ちゃんと継続できる・・・かな?(笑)





・・・あ・・・!合格できなかったから、師匠にご馳走しなくちゃ・・・あと・・・ケリを入れられる・・・かな(爆)



To the top of this blog

February 16, 2006

「by no means」映画「アイランド」より・・・

素晴らしい機転で生き残った「Tom」・・・自宅でくつろいでいると電話が・・・「製品」の製造を受注した会社の広報担当からでした・・・。彼の発言から・・・。



Your defect in your policy was by no means an isolated incident and it is totally correctable, I assure you.
(製品に関する欠陥はあくまで問題のないものであり、完全に修復可能であることを保障いたします。)




「by no means」で「決して〜でない」といった表現でしょうか・・・?


この後、Tomは彼らの仲間を救出すべく、また古巣に戻るのでした・・・。


「ライト・セーバー」を持つ姿を連想してしまうEwan McGregor・・・(笑)何もよく知らない少年のような表情と、浮世を堪能する大人の表情・・・今回の映画では、二つの表情を見ることができます。


そして、Scarlett Johansson!・・・どこかの雑誌で、共演者の悪口をよく言うという内面的な点に関する批判が書かれていましたが・・・外見だけで言うのなら・・・素敵です(笑)あぁ・・・感想が「おやぢ」のようになっています(笑)



"Today's sentence"
She...is...by no means...nice... She sets me up!









To the top of this blog

February 14, 2006

「catch a glimpse of」書籍「Harry Potter and the Order of the Phoenix」より・・・

Nevilleの両親はかつて、Vordemortの策略で拷問に・・・そして、そのままこのSt Mungo'sに・・・という事情をしったRon達・・・その描写として・・・


Ron stopped craning his neck to catch a glimpse of Neville's parents and looked mortified.
(Nevilleの両親をのぞき見ようとしていたRonはそれをやめ、自分の行為を恥じる表情を見せた。意訳です。」)




「catch a glimpse of」で「ちらりと見る」といった感じで活用できそうですよねぇ〜。


最近、こうしてblogで英語表現を紹介する際にかっこ書きで訳を自分でつけているのですが、自分の「日本語の表現力の乏しさ」に悲しくなります・・・直訳すると非常に「無機質な感じ」になるので、原文から少しでも自分で感じた情景を、自分なりに表現しようとしているのですが・・・翻訳する人って、本当に大変ですねぇ〜。




"Today's sentence"
She caught a glimpse of me and smirked.








To the top of this blog

February 13, 2006

「in turn」書籍「Harry Potter and the Order of the Phoenix」より・・・

St Mungo's Hospitalに父親をお見舞いに行くRon達・・・そこには、以前、Defence Against the Dark ArtsのteacherだったLockhartが・・・そして、なんとNevilleの姿も・・・Nevilleの両親はかつて、Vordemortの策略で拷問に・・・そして、そのままこのSt Mungo'sに・・・Nevilleは友人達には内緒に・・・当然、姿を見られたNevilleはバツが悪い・・・そばにいたNevilleの祖母がそこでRon達に・・・


"You two are clearly Weasleys,"
Mrs Longbottome continued, proffering her hand regally to Ron and Ginny in turn.
(「あなた達二人はウィーズリー一家の子達ね」ロングボトム婦人は続けて、かわるがわる気品よく手を差し出しながらロンとジニーに言った。)




「in turn」で「交代で」「今度は、同様に」といった感じで活用できそうですよねぇ〜。


友達に両親のコトを話せないNevilleの気持ち・・・わからなくもないです・・・そして、そんなことを全く意に介さないRon・・・あなたは、まさしく「tactless」です(爆)





"Today's sentence"
I talked to them in turn.






To the top of this blog

February 12, 2006

「How do I know?」映画「バイオハザード」より・・・

食堂Bで隊長やAlice達を待つMattとRain・・・そこはとても「食堂」とは呼べない殺風景な光景・・・明らかになんらかの研究が行われている様子・・・そして、それを見ながら二人は会話します・・・。



Matt: "What the hell did they keep these things?"
Rain: "How do I know?"
(Matt:「彼らはこれらをどうしてたのかな?」
Rain:「私がわかるわけないでしょう?」)




僕が自然に言えないなぁ〜と思っているのが、この「How do I know?」というような「How do I〜?」「How did I〜?」といったような使い方です(涙)いつもどうやったら上手く使えるかなぁ〜と思ってしまいます(涙)



先日、「バイオハザード2」を中古で購入・・・引き続き、この映画も購入してしまいました(笑)・・・が、英語字幕がない・・・(涙)僕の英語力では、まだまだ細かな部分がわかりません・・・(涙)


この映画のMilla Jovovich・・・かっこいいですねぇ〜。そして、Rain役のMichelle Rodriguezの眼力・・・こわいっす・・・(爆)




"Today's sentence"
A: Hey! Take a look at that girl! She's cool. Let's talk to her!
B: How can I do?
A: Come on!







To the top of this blog

February 11, 2006

「come to think of it」書籍「Harry Potter and the Order of the Phoenix」より・・・

HermioneがSiriusのelfであるKreacherへのpresentを、彼がびっくりするように置いてきました。するとSirius・・・



Come to think of it, has anyone actually seen Kreacher lately?
(そういえば、誰か最近Kreacherを見てない?)




「come to think of it」で「そういえば」「考えてみると・・・」といった感じで活用できそうですよねぇ〜。


全38章あるこの作品の第26章まで来ました・・・(笑)もはや僕の鞄の中で「辞書」のごとく存在しているこの分厚い本・・・あと少しです(笑)






"Today's sentence"
Come to think of it, I should notice more early that she doesn't like me.







To the top of this blog

February 10, 2006

「sick and tired of」映画「摩天楼はバラ色に」より・・・

郵便係と重役の「二足のわらじ」を履く主人公のBrantley・・・着替えはelevatorの中・・・。今日も、秘書のJeanに指示をした後、大急ぎで郵便係の仕事着に着替えます。そんな時、elevatorを「故障中」の状態に・・・(笑)毎日、何度も発生する「故障中」に、秘書のJeanがこんなことを・・・



I'm sick and tired of these elevators always getting stuck.
(いつもいつもこう止まってくれちゃ、ウンザリだわ!)



「sick and tired of」で「ウンザリ」といった感じになりますね。


この映画・・・実は結構SoundTrackもよさそうです。う〜む・・・食指が動く・・・(爆)80年代の洋画って、全体的に音楽もいいんですよねぇ〜。





"Today's sentences"
A: We're through!
B: Why? What makes you say that?
A: I'm sick and tired of you!







To the Top of this Blog


February 09, 2006

「even if」映画「サウンド・オブ・ミュージック」より・・・

Captain Georg von Trapp邸から戻ったMariaは、ふさぎこんでいます。そして、「さよなら」の一言も言わず立ち去ったことにより、子供達は彼女を心配・・・教会にまで訪ねてきます。しかし面会は拒否されます・・・。Mariaのふさぎこむ理由がわからないSister達・・・Reverened Motherがしびれを切らし、Sister Margarettaにこう言います。



I think you'd better bring her to me, even if she's not yet ready.
(彼女を私のところに連れてきなさい、理由が話せる状態になってもなくても。)




「even if」で「たとえ、〜でも」みたいな感じで使えますかね?



久しぶりに観たこの映画・・・歌を歌う場面で英語からその情景が思い浮かべるようになりました・・・やっぱり、そうなってくると本当に楽しいです。


しかし・・・さすがに1965年の映画・・・表現が古い・・・(笑)単語を調べるたびに「古語」という言葉が・・・(笑)でも、良い映画は、いつ観ても「良い映画」です。




"Today's sentence"
I want to say hello to you everyday, even if it's only a short message.







To the top of this blog

February 08, 2006

「my thing」書籍「Harry Potter and the Order of the Phoenix」より・・・

Christmas休暇にskiに行くと言っていたHermione・・・ところが突然、Harryの目の前に現れます。そこでのやりとり・・・。



Harry: "I thought you were skiing with your mum and dad?"
Hermione: "Well, to tell the truth, skiing's not really my thing."
(Harry 「あれ?家族でスキーに行ったと思ってたけど?」
Hermione 「う〜ん・・・なんかね、スキーは私には合わないわ。」)




「thing」の意味・・・「事」という感じでしか認識してませんでしたが・・・「自分に合うもの・趣味・好きなこと」といった感じで使うこともできるんですねぇ〜。



本作品・・・今までと違って、かなり「ドロドロ感」が・・・(笑)Snapeから特訓を受けたり、HarryとHermioneとの仲をChoに誤解・嫉妬されたり・・・(笑)もはや「子供の読み物」ではなくなってきた感じがします(笑)





"Today's sentence"
I went skiing last Sunday. I think that is my thing!









To the top of this blog

February 07, 2006

「by any chance」映画「The American President」より・・・

会議でまくしたてるSydney・・・後ろに大統領がいるにも気付かず・・・そして、大統領が出てきた途端・・・彼女は言葉を失います(笑)そんな彼女に大統領が言った言葉・・・。


You wouldn't be Sydney Ellen Wade by any chance, would you?
(ひょっとして、あなたがシドニーさん?)




「by any chance」で「ひょっとして」などといった使い方ができますねぇ〜。


この映画・・・大統領にまつわる話・・・選挙・政策などの話題が豊富なので出てくる単語もあまり知らないものが多いです(涙)こういう映画を観ると、自分の語彙力のなさを痛感してしまいます(涙)


この映画のMichael Douglasは、本当に渋い・・・(笑)そして細やかな会話の妙がわかるようになってきて、とても嬉しく感じながら観てしまいました(笑)





"Today's sentence"
Am I fallin' in love with her by any chance?








To the top of this blog

February 06, 2006

「as well」映画「バイオハザード2 アポカリプス」より・・・

Dr.Ashfordから娘のAngieの救出の依頼を受けたAlice達・・・Angieがいるであろう学校に潜入・・・各階をそれぞれ捜索することに・・・理科室を探索している途中、突然ゾンビに襲われます。それを助けたのが元Umbrella者の部隊の人間・・・彼もまたDr.Ashfordの依頼を受け、娘を捜索に来ていたのでした・・・。その時、彼が言った言葉・・・



So did you get the call as well?
(君も博士から電話を受けたのかい?)




「as well」で「同様に」などといった使い方ができますよねぇ〜。


実は僕、horror映画が大好きで、その中でもゾンビものが大好きなんです(笑)今までは映画を観るだけだったのですが、今回はじめて自分のDVDコレクションに入ることになりました(笑)


この「バイオハザード2」は、前作に比べてゲームに近いのでしょうか?僕はゲームは「1」しかやったことないので・・・。今回、ゲームのキャラを再現したValentine・・・すごく好きですねぇ(笑)意思の強い眼力が、すごくいいなと思ってしまいました。


確か、この映画は次回作があるような・・・どんな展開になるのでしょうねぇ〜。





"Today's sentence"
I love her, and she does as well.







To the top of this blog

February 05, 2006

「just around the corner」映画「バニラ・スカイ」より・・・

Dr.McCabeとの面談を終えた時、Davidはふと看守の見ているTVを・・・そこに見え覚えのある「LE」という会社の紹介が・・・「自分はこの会社と関係がある!」とDavidは感じ、Dr.McCabeを呼び戻します・・・。裁判所の許可を得てLE社に赴く彼ら・・・責任者と話をする中、「Lucid Dream」というprogramを見つけます・・・これは、「自分の人生を夢で作り変える」というもの・・・このprogramの広告映像の中の一節として・・・



In any instance of discontent, you'll be visited by technical support. It's all just around the corner. The day after tomorrow, another chapter begins seamlessly.
(ご不満・問題がある場合はテクニカルサポートがかけつけます。もう、新たな人生はすぐそこです。明後日後には、新たなあなたの人生の第二章が、間段なく始まります。)




「just around the corner」で「すぐそこ」とか「もうすぐ」などで使われますよね?


この「バニラ・スカイ」・・・2001年の作品で、当時も映画館で観たのですが、正直おもしろくないという感想でした・・・。僕はTom Cruiseが好きで、彼の映画を全部揃えたいと思っていて、今回も購入しました。あらためて観直すと、結構おもしろかった(笑)当時は感じなかった感覚が今は感じる・・・といった感じです。ちょっと話の継ぎ目がとってつけた感じがしないでもないですが・・・(爆)


なんと、主人公Davidの味方である弁護士役に「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」で出ているPeter Pettigrew役の人が出てました(笑)あとは、「コンスタンティン」のGabriel役のTilda Swintonも・・・(笑)こういう発見も映画を観る楽しみです。



"Today's sentences"
A: When will you see her?
B: Oh, next Sunday.
A: Really? It's just around the corner!








To the top of this blog

February 04, 2006

「easy for you to say」書籍「Harry Potter and the Order of the Phoenix」より・・・

Ronのお父さんのMr.Weaslyが何者かによって襲われ、怪我をしてしまい病院へ・・・Ron達はすぐにでも父のもとへ行きたがります・・・が、Siriusがそれを止めます・・・現在、Hogwartsでは様々な弊害があるからです・・・それに対し、Fredがこう反論します。



Easy for you to say!
(気楽にそんなこと言うよね!)




いやいやいや・・・「あんたは当事者じゃないからこの辛さはわかんないでしょう?!」という時に、そのまま使えそうですよね!


この後、実は病院にMr.Weaslyをお見舞いに行った時、Harryにとって驚愕の事実が発覚する訳ですが・・・いや、ここで述べるのは止めておきましょう(笑)



"Today's sentence"
A: You shouldn't eat so much ! Be on diet like me!
B: Easy for you to say.








To the top of this blog

February 03, 2006

「prevent A from B」映画「スペースバンパイア」より・・・

Alienの女性が行方不明となり、それを捜索する中、とある病院にいるであろうことが判明・・・なんと、その病院の院長であるDr. Armstrongに憑依しているおそれが・・・彼に注射を施し、中にいるAlienに語りかけようとする時、同行していたSir Percyが言った言葉・・・



Sir Percy "How do you know she's still inside Armstrong? What's to prevent her from moving to someone else?"
Carlsen "She's trapped. I can feel that."
(Sir Percy 「彼女がArmstrongの中にまだいると、どうしてわかるんだ?何かが彼女を他の人間に憑依させないようにしているのか?」
Carlsen 「彼女は今捕まってます。感じでわかるんです。」)




「prevent A from B」で「AがBしないようにする」って感じでしょうか?


中古DVD屋さんで、物色していたら見つけたこの映画・・・1985年の作品・・・もう二十年も経過しているんですねぇ(笑)この映画・・・当時10歳くらいだった僕は、裸のお姉さんが男性に近づき、精気を吸い取る場面・・・どきどきして観ていました(笑)「こんなエッチな映画、あるんだ!」と思ってました(爆)


久しぶりに観直した今・・・昔ほどのどきどきが・・・10歳の自分と比べて、「スレて」しまったようです・・・(爆)



"Today's sentence"
My loneliness prevented me from working.







To the top of this blog

RSS
My Yahoo!に追加
Counter
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ
Searching for Blogs
Search Engine
Recent Comments
Profile
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
TSUTAYA online