September 2005

September 30, 2005

「underneathとunder」「clothesとcloth」SHAKIRA「Underneath Your Clothes」より・・・

Underneath your clothes
There's an endless story
There's the man I chose
There's my territory
And all the things I deserve for being such a good girl honey
(あなたの服の下、終わりなき物語が存在している。私の選んだ人がいる。私の領域がある。そしてこんなにいい子でいた私へのご褒美があるの)
サビ部分を引用


underneathとunderは、underneathの方がより「覆われる・隠れる」感覚が強い表現です。

そして、思いっきり大間違いしていたのが、この"clothes"の発音・・・「klouz」なんですねぇ〜(アセ。"clothと違う・・・。


このShakira、まだ若いんですよねぇ〜。なのにとてもSexyで、歌も情熱的な感じが・・・この曲の冒頭のBassによるMelodyは、必聴だと思います。



"Today's sentence"
I guess you are hiding something underneath your kindness.
(親切さの裏に何か隠してると思うなぁ。)


(試聴できます)



September 29, 2005

「Anything I can do ?」書籍「Harry Potter and the chamber of secrets」より・・・

Quidditchの練習後、Harryは「Nearly headless Nick」と会います。Headless Huntに参加したいNickは首の皮一枚残っているため参加できずに・・・そしてNickが元気のないHarryに尋ねました・・・



Anything I can do ?
(なにかできることあるかい?)




Slytherin・Quidditch・Teamは、この年、Malfoyをseekerに迎え、全員が「Nimbus2001」という新型Broomstickにかえてきました。Slytherinとの試合に対して、苦悩するHarryに投げかけられた言葉でした。


昔、学校で肯定文だと、「something」疑問・否定文だと「anything」って言われた記憶が・・・いざ、会話してみると、案外忘れてるなと・・・最近になって、やっと何も考えずに言葉にできるようになった気がします・・・。


最近、自分の中で意識して使って、または使いたいこの"something""anything"の表現としては、

something(/anything) wrong with ○○
something(/anything) to ○○

の表現です・・・。よく映画などで、「There's something wrong with this car.(この車、おかしいぞ。)」とか「I have something to talk.(ちょっと話したいことがあるんだ)」といった言い回し、ありませんか?そういった表現が自然に出ないかなと思っています。



"Today's sentences"
A: She looks depressed.
(彼女、かなり落ち込んでるねぇ)
B: Oh... Let's cheer her up ! Anything I can do ?
(あらら・・・なぐさめようよっ! なにができるかなぁ〜?)
A: Well...I think you should give your smile to her...
(う〜ん・・・君がほほえみをあげればいいと思うよ)
B: What a affected way !!
(あま〜いぃぃぃ!)




September 28, 2005

外国人が集う店に行ってきました・・・。

昨日は、久々に師匠と一緒に、とあるお店に飲みに行ってきました。


そこは、外国人が集う店・・・店員さんも外国人、お客さんも外国人(勿論、日本人もいます)というお店です。

以前から一緒に行こうと約束していて、やっと実現しました。


少しはやい時間に入店・・・「ちゃんと英語で注文できるかな?」とやや緊張しながら入店、でも9時過ぎまでは店員さんは日本人だけということで普通に日本語で注文してしまいました(爆)


久々の師匠との会話・・・お互いの近況報告をはじめ、僕の色恋ネタやら仕事ネタで会話ははずみました。勿論、英語に関する話も・・・。


僕が今、行っている英語の独り遊びの話をすると、師匠は「かなりマニアックだ!(爆)」といった反応・・・「マニアック」という言葉、自分にとっては嬉しい言葉なのですが、英語の成長にとってはいいのか???


「次は、英語関連の試験、何受けるの?」という師匠の問いに、僕は「うん、またマニアックな試験を受けるよ。ボランティア通訳検定・・・しかもB級受ける(笑)」と答えました。「もういい加減TOEIC受けなさい」という師匠の誘いに、「いやいや、700点くらい取れるようになってから受けるよ。来年は、最初に英検準一級受けるから(笑)」と・・・すると師匠「3月にTOEIC受けなさい!そして700点取れなかったら、このお店で奢りなさい!」と・・・。

「いやいや、600点にしてください。」
「だめ、700点!」
「う〜ん・・・じゃあ650・・・いや、やっぱり600!」
「じゃあ、650ね!」

ということで、3月にTOEICを受けることにしました。そして目標点数は650点!ちゃんと取れるのかなぁ〜・・・ちゃんと準備をしなくてはっ!


色々な英語に関する話をしている中で、痛感したのが、僕は、まだ発音の強さが弱い!ことです。「t」とか「d」とかの発音が師匠に比べて弱い・・・もっともっと、改善しないと・・・!


そうこうしているうちに、お店が混雑・・・外国人だらけに・・・Tom Cruiseの「Cocktail」のような雰囲気・・・うーむ、いい感じだ!いつ外国人が注文に来るかなと、期待半分・緊張半分で待っていたのですが・・・成就しませんでした(笑)


久々の師匠との会話で、「よし!また頑張るぞ!」という気になった一日でした。

September 27, 2005

「so much for」Avril Lavigne「My happy ending」より・・・

All this time you were pretending
So much for my happy ending
So much for my happy ending
(ずっとあなたは偽ってきたのね、私のハッピーエンドなんて、そんな程度よ)
サビ部分を引用



so much for は「これまでだ」とか「そんなもんよ」みたいな意味で使われます。



So much for Today ! 今日はこれまで!などでも使われます・・・。



"Today's sentence"
So much for my love to you.
(君への想いは、もうこれまでだよ。)

(試聴できます)

September 26, 2005

「by heart」書籍「Harry Potter and the prisoner of Azkaban」より・・・

作中、またもやHogsmeadeへ行くことができないHarryに、Fred & Georgeがとあるものをくれます。それは"The Marauder's Map"というもので、Hogwartsの建物・敷地内で歩いている人達が一目でわかる代物・・・これがあればHarryは誰に見つかることなくHogwartsを抜け出せます。Fred & Georgeは、自分達が使うよりもHarryが使った方がよいと判断し、渡すことにしたのです。そして、その後に言った言葉が・・・


We know it by heart.
(まぁ僕らはそれを記憶してるからね。)



後々、このThe Marauder's Mapが、色々な箇所で活用されることになるのでした・・・。

「by heart」というのは「そらで」とか「そらんじて(記憶して)」という意味のようです。単純に機械的に暗記するのは「learn(know) by rote」と使うようです。


現在、「炎のゴブレット」を読んでいるのですが、まずはあの辞書並の分厚さに閉口・・・映画を観ないで読むはじめての洋書なので、大丈夫かなと思っていましたが、案外いける感じです。




"Today's sentences"
A:Hey! You don't need this textbook ?
(ねぇ、もうこの参考書いらない?)
B:Yeah, I know it by heart. I'm already an expert !
(あぁ、もうそらでいけるよ。もう上級者だからね!)・・・あぁ、ひねりがない(涙)



「lie in you」Mariah Carey「Hero」より・・・

「Hero」Mariah Careyより・・・


So when you feel like hope is gone
(希望を失ったと感じたときは)
Look inside you and be strong
(自己を見つめて、強くなりなさい)
And you'll finally see the truth that a hero lies in you
(そうすれば、きっとあなたはヒーローは自分の中にいることがわかるわ)
サビ部分を引用



昔、「and」と「or」を習った記憶が・・・andが「そうすれば」で、orが「さもないと、そうでなければ」でしたよねー・・・。



そして、「lies in you」・・・consistと同じような使い方でしょうか・・・この「a hero lies in you」・・・そのまま、色んな単語を入れて活用できそうですよねぇ〜。




"Today's sentences"
The feeling I want to see you in person lies in me.
(あなたに直に会いたいという気持ち、僕の中にあるよ。)

(試聴できます。)

September 25, 2005

「What on earth is a Squib?」書籍「Harry Potter and the chamber of secrets」より・・・

Dumbledore校長のはからいにより、懲罰を免れたHarry達・・・寮に戻る間の話で、Filchが発した「Squib」に話題が言及します。魔法使いの世界のことを、Ronほど知らないHarryが発した言葉で・・・


What on earth is a Squib?
(スクイブって、一体なんなんだい??)



Ronの説明によると、Squibは・・・

A Squib is someone who born into a wizarding family but hasn't got any magic powers.
(スクイブってのはさ、魔法使いの家系に生まれたけど魔法の力を持っていない人のことを言うんだよ)

というようです。なるほどなるほど・・・。この「someone who...」ってのも英英辞典のように、日常での説明の時に使えそうですよねぇ〜。


「on earth」ってのは、「一体なんなんだい?」のように、強調で使われる表現のようです。よく軍隊ものだと「the hell」などをよく耳にします・・・さすがにDisney映画では聞いたコトがないですが・・・(爆)こういった表現は、実際に住んだ経験のある方などに、どのように使用されているか、聞いてみたいものです。



"Today's sentences"
I made her angry. What on earth should I do ?
(彼女を怒らせてしまった。一体僕はどうすればいい??)


September 24, 2005

成長している・・・?反面、成長してない部分・・・(涙)

「自分の知らない歌、若しくは聴いたことあるけど歌ったことない歌」をカラオケで歌ったこと、ありますか?

日本語の歌なら、本当の曲のmelodyと違っても、音を外さないように歌うことは、そんなに難しいことじゃないですよね?これが洋楽だとどうでしょうか・・・?

最近、新しい洋楽を覚えたり、知らない曲をいきなり歌ったりすることが、以前よりも楽になった気がする・・・それだけ言葉に対する抵抗がなくなってきたのでしょうか・・・?


・・・そんなことでしか、成長の尺度が測れないなんて・・・というツッコミは、どうぞご勘弁ください(笑)・・・


あと、最近感じたことが一点・・・それは「結構、歌詞に出てくる表現、使ってしまっているなぁ」ということ・・・。

自分のごくごく限られた私生活の話ですので、どういう状況でそういった表現を使っているかは割愛しますが、気が付くと「あれ?これ、○○の歌詞じゃん」みたいな・・・。


聞くことや、カラオケの画面に出てくる文字や本に記載されている文章を読むことについて、もう日本語でイメージすることは、なくなりつつあります・・・が、まだ話すとき・・・それはまだ日本語で考えてしまいます・・・(涙)


日本語で考えずに英語で考える・・・それについて、どうやって対処しようか・・・自分なりの解決法が見出せるかなと、考えています・・・。

「stay in touch」ドラマ「Tru Calling 第10話」より・・・

「助けて!」の一言でまた一日前に戻されたTru・・・なんと被害者は恋人Ronnyを奪ったCandaceでした・・・。彼女を救うために奔走するTru・・・swimming poolに呼び出され、溺れそうな彼女を助けたTru・・・なんとか今回も事件解決?と思いきや、死亡時刻とあまりにかけ離れた救出時刻・・・Truはとまどいます。Davisに電話します・・・どうやら、前述の騒動はまた別に容疑者がいると判断した二人・・・再びTruは捜査を・・・Davisとの電話の終わりがけに彼女が言ったlines・・・



Stay in touch,OK?
(また連絡して!いい?)



「keep in touch」「stay in touch」で「連絡、接触、交流などを続ける」みたいな意味ですね。


確か、英検2級の単語集で見かけた記憶が・・・DVDを流し聴きしていて、突然耳に入ってきて、思わず「あれ?これ聞いたことあるな・・・」と・・・。ただ、暗記をしていなかったので、頭の中で、かなり「おぼろげ」状態・・・こうして興味のある映画などに出てきてくれないとわからない状態です(笑)


"Today's sentences"
The days you aren't next to me make me lonely. I wanna see you in person but I can't. So I'm going to send E-mail to you, please keep in touch.
(君が僕のそばにいないから僕は寂しいよ。じかに君と会いたけどできない。E-mail送るから、連絡してね。)




September 23, 2005

「water under the bridge」ドラマ「Tru Calling 第10話」より・・・

高校時代にTruが思いをよせていたRonnyと、同窓会で再会します。しかし、彼らの間には苦い思い出が・・・Truのかつての親友であったCandaceに、高校卒業直前にRonnyをとられてしまっていたのです・・・。しかし、その後、RonnyはCandaceに捨てられました。久しぶりの再会でTruは彼に、その話題を・・・するとRonnyは、こう答えました・・・。


Water under the bridge.
(もう、過ぎてしまったことさ。)



「water under the bridge=water over the dam」で「過ぎてしまったこと 今更どうにもならないこと」という意味となるようです。

最初、DVDを観ていて、「なんで、こんな時に"water under the bridge"なんだ?」と思い、辞書をひいてみました。こんな慣用句なんですねぇ〜。

TV drama series(24など)は、rental videoの料金がかかってしまうので(あぁ、小市民だ・・・)あまり観ないようにしているのですが、Tru Callingはついつい借りて観てしまいます。

最初、Tru役のEliza Dushku、綺麗な感じだったのが、回を追うごとに崩れていっている気が・・・(笑)服装だとかは気に入っているのですが・・・。


"Today's sentences"
A:Hey! How's your girlfriend? Is everything OK?
(よぉ!彼女とはどうだい?うまくいってる?)
B:Sadly...not... We were through.
(うーん、残念ながらダメだね。終わったよ。)
A:Oh...I'm sorry...
(あらら・・・そりゃ残念だ・・・)
B:Never mind. Water under the bridge.
(気にしないでいいさ。もう過ぎたことだよ。)


RSS
My Yahoo!に追加
Counter
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ
Searching for Blogs
Search Engine
Recent Comments
Profile

fd3sawada

Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
TSUTAYA online