October 2005

October 31, 2005

「count on」STEVIE B「Because I love you」より・・・

こないだのメールの続きで、こんな言葉が入ってきました・・・


Whatever happens, you can count on me.
(なんでも言って、相談に乗るから・・・(意訳です))


このメールを見て「count on」を思い出しました。そして、STEVIE Bの「Because I love you」を思い出しました。


Just let me reassure you that you can count on me and that I'll always be around.
(僕によりかかってくれていいんだよ。僕はいつもそばにいるから・・・(これも意訳しました^^;)
(サビ部分を引用)



一番最初にこの「count on」を覚えたのは、「Toy Story」でした(笑)Woodyがその地位をBuzzに奪われそうな時、おみくじを引いて、出た結果が「Don't count on it.」だった気が・・・(未確認です・・・)。

辞書を引くと、「あてにする」とか「重視する」みたいな意味が・・・英英辞典をひくと・・・

to rely on sb/sth with confidence

とありました・・・。confidenceまでついちゃってました(笑)


むむむ!これはまたどこかの場面で使ってみたいものですねぇ〜^^



"Today's sentence"
I'm counting on myself.
(己に頼る・・・でいいのかな?)


(試聴できます)

October 27, 2005

恋する相手にメロメロになるから、crush?

最近、とある外国人女性とメールをしていたら、文中にこんな表現が入ってきました。



It's a crush !



「なんじゃらほい?なんかぶつかったのか?」と思いつつ、「あっ!これ、どこかの本で見た事あるな・・・」と思いつつ、辞書をひいてみると・・・。



夢中なのよ!



こんな感じ・・・かな?前後のメールのやりとりが、恋愛ネタに関する話でしたので、多分あっていると思いますが・・・。


日本で頻繁に使われているcrushだと、「押しつぶす」とか「ぺちゃんこになる」とかの意味が多いですよね?こんな使い方もあるんですねぇ〜(笑)あなたにメロメロ=つぶれる=crushなんでしょうかねぇ?


あなたにメロメロ=つぶれる=(人生が)つぶれる・・・などということに、ならないように・・・(笑)


"Today's sentence"
I have a crush on her.
(彼女にメロメロです。)


October 25, 2005

はじめて買った英会話の本・・・。

数日間、更新ができない状態となってしまっていました・・・(涙)色々ありました・・・(笑)


さてさて、今日は久しぶりに映画などからの表現の紹介ではなく、僕が使っている英語の教材を紹介したいなと思っています。

一番最初に、「よしっ!英語を学びなおそう!」と決め、でも何から始めよう・・・と思いながら、本屋さんに向かいました・・・。


何年も行かなかった「英会話・語学コーナー」・・・久々に足を踏み入れると・・・

「ネイティブが教える!」
「簡単に学べる!」
「英語は学ぶな!」
「一日○分でスラスラ!」

などという、購買意欲をかきたてる言葉がいっぱい・・・(笑)どれもこれも、その本さえやればペラペラになるようなうたい文句(笑)


「あまり手広くしたくない。そして、あまり高尚なものには、最初は手を出したくない。」


という基本コンセプトのもと、つらつらと立ち読みしていると・・・ふと、この本が目に止まりました。


魔法の口ぐせ英語


様々な局面においての英語の表現を扱っているこの本・・・「魔法の〜」の効果が真実かどうかはわかりませんが、手にとってみてみました。

この本は、会話の流れが、「日本語で会話が終了→それを英語で会話」若しくは「英語で会話が終了→それを日本語で説明」といったタイプのものではなく、「ひとセリフごとに、日本語→英語」という形をとっているものでした。

よし!これにしよう!

決定は、あっさりと下されました(笑)


その日以来、自分の部屋と仕事中の車の中で聞きまくりました。当時、映画の副音声など、全然聞き取れなかった僕は、「英語だらけ」の会話CDは、正直嫌だなと思っていました・・・なぜなら、何を言っているかわからないからです。とりあえず、発音が正しかろうがなかろうが、意味・雰囲気を楽しみたいという気持ちが先行していたので、この本はストレスなく読み・聞くことができました。

恋愛・仕事・家庭などといった状況に分かれた上での会話の展開・・・「あ、この表現って、こんな風に使うんだ」「あ、この表現、使ってみたい!」というものを選択しやすいのが、特徴かなと思います。


ちなみに、この【FDの恥さらし英語】の各ジャンルで紹介している表現の多くは、この「魔法の〜」に出てきたもので映画・書籍・音楽で使われているものを紹介しています。


最近は、この本のCDは目覚ましにしか活用していませんが、時々「自分の英語力は上達しているのか?」と知りたくなった時に、聞いたりしています。当時に聞き取れなかった言い回しが、聞き取れていたりしたら、独りニヤニヤしてしまってます(笑)



ちなみに、この本です・・・

October 21, 2005

「Having said that」映画「I, Robot」より・・・

Dr.Lanningの死を捜査するSpoonerは、現場から逃げるrobotのSonnyを追跡、逮捕(?)に成功しました。上司より許可をもらい尋問するSpooner・・・そこへ、Dr.Lanningが所属していた会社の社長であるLawrenceが・・・。「robotは、殺人罪に問われない」と主張するLawrence・・・そこで言った言葉として・・・。


Having said that, it's a machine.
(何度も言うが、あれは機械なんだよ。)



robotのことで辛い思い出があるSpoonerは釈然としません・・・。刑事としての本能がそう思わせているのでしょうか・・・そのため、それから彼は大きな事件に巻き込まれて行きます・・・。


「Having said that」は「それでもやはり」とか「言うとおり」とか、そんな使い方ですかね・・・?


最近、自分の中の「かっこいい俳優ranking」赤丸急上昇のWill Smithです(笑)最近出た恋愛ものの映画(題名ド忘れ・・・)も、観てみたい・・・。Dr.Calvin役のBridget Moynahan・・・どこかで観たことあるなと思ったら、「The Recruit」に出てました。



"Today's sentence"
Having said that, I'm in love with you.





October 20, 2005

「Innocent until proven guilty」書籍「Harry Potter and the chamber of secrets」より・・・

Deathday Partyを抜け出し、ハロウィーンパーティーに戻ろうとするハリー達、そこにまたハリーしか聞こえない声が・・・その声を辿ってみると、そこにはフィルチの猫のノリスが石化されていました。疑いの目がハリー達にかかります。罰を与えようと提案するスネイプに対し、ダンブルドア校長は・・・




Innocent until proven guilty
(疑わしきは、罰せずじゃ)




ここのくだり、スネイプは罰としてハリーにクィディッチの試合の出場停止を提案します。しかしそれはグリフィンドール・チームにとって大きな戦力ダウンに・・・グリフィンドールの先生であるマクゴナガルはスネイプに「ノリスは魔法のホウキで叩かれて石化した訳じゃないんですから、クィディッチとは関係ないでしょう?」的な言い方でくってかかります。マクゴナガルは熱狂的なクイディッチ・ファンで、ずっとグリフィンドールがスリザリンに負けてたことが悔しくて悔しくて仕方なかったんですよねw




今回、特に目立った文法があって選択した訳ではないです。ちょっとかっこいいなと思い紹介させて頂きました。こういう何気ない言葉がスッと出るようになると、自分自身に成長を感じられるのですがねぇ・・・まだまだです(涙)






今日の自作文
I think we shouldn't blame him until he's proven guilty.
(彼が罪を犯したことがはっきりするまで非難するべきじゃないと思うなぁ〜)





October 19, 2005

「with all due respect」映画「The American President」より・・・

Sydneyに一目ぼれしてしまった大統領、彼の側近であり、旧友であるAJとのbilliardsの場での会話で大統領はAJにSydneyを今度のpartyに誘うことを相談します。側近であるAJは当然反対・・・「これは大統領の仕事じゃない。個人的な話だ。」という大統領に対しAJは・・・



with all due respect
(お言葉ですが、それはわかりますが)




この表現、「24」や「The Matrix Reloaded」など最近観た映画で非常によく耳にするので記事にしてみました。上司や上の立場の人に対してよく言っているので、そういった状況で使えそうですねぇ〜。


この「The American President」、かなり前・・・まだ僕が20かそこらの時の映画です。「Black Rain」の時のMichael Douglasの言い回し・発音と違って感じるのは、やはり大統領という威厳ある立場と、規格外の刑事という役柄の違いからでしょうか・・・(笑)この映画で側近のAJ役をしているMartin Sheenは、今、Whitehouseというdramaで大統領役やってますよね?

全くの余談ですが、髪の長い女性が自分の好みですが、この映画の短い髪のAnnette Beningは素敵だと思いました。









To the top of this blog

October 18, 2005

「The more I think about it,the more I think it's meant to be.」映画「The Matrix Reloaded」より・・・

充電のためにZionに戻ったthe Nebuchadnezzar・・・戦士達にしばしの休息が訪れます・・・司令官に招集されたMorpheusを除いた三人も船から降り自らの休息場所へ・・・そこへNeoに心酔しているKidが・・・彼は以前、Neoに救われた(と自分で思っています)経緯があり、それ以来Neoに傾倒・・・。翌年船に乗ることができる年齢に達するKidはthe Bebuchadnezzarに乗ることを志望しています。その理由を熱く語る彼・・・そんな彼が言った言葉・・・。



The more I think about it,the more I think it's meant to be.You know,It's fate.
(思えば思うほど、そうなるとしか思えない。運命なんだよ。)




Neoに助けられた彼は、Neoを信じ、彼の傍にいることが自分の定められた運命、と思ってしまっているんですよね。もっとも、Neo自身はそうとは思っていないのですが・・・。



「the more..., the more...」で「〜すればするほど、〜だ。」という使い方でしたよねぇ。


The Matrix三部作、皆さんはどれが一番好きですかねぇ〜?紹介しておいて、おかしいですが、このReloadedが一番「中だるみ」かなと・・・(笑)僕がこの三部作の中で好きなCastはCaptain Mihuneです(笑)しぶい・・・。ちなみに、KidがNeoに救われたというお話は「The Animatrix」という作品にて紹介されています・・・Neoが救った・・・という感じではなかった気がします・・・(笑)


英語を学び始めた頃、Matrix seriesの劇中、俳優がぼそぼそ話しているsceneなどは聞き取れなくて悲しかったです・・・最近、久しぶりに観たら「あれ?以前よりもわかるなー」と・・・。同じ映画は何ヶ月か間を置いて観てみると自分の成長具合がわかるかもしれません。



"Today's sentence"
The more I know her, the more I'm in love.
(彼女を知れば知るほど、恋に落ちていくよ。)



October 17, 2005

「You follow me?」映画「Mission:Impossible」より・・・

Pragueにおける作戦で、仲間を失ったEthan Huntは隠れ家に戻る途中、本部の上司Kittridgeに連絡、彼がPragueにいることを知ります。一時間後に彼と待ち合わせたEthan、そしてKittridgeは打ちひしがれる彼に逃げる算段を指示します。上の空のEthanに対してKittridgeが言った言葉、そしてそれに対するEthanの返事として・・・。


You follow me?
(わかるか?)
I follow you.
(あぁ)



この後、Ethanの類まれなる観察力で、今回の作戦にはまた別のteamが動いたこと、そしてその目的は裏切り者・内通者をいぶりだすこと、そしてただ独り生き残った自分が、内通者として疑われていることを知ります。果たしてEthanは、疑惑を晴らすことができるのでしょうか・・・?

"follow"は「ついていく」といった意味の他に「理解する」といった意味もあります。簡単な表現ですが、取り上げてみました。


「Mission:Impossible3」の公開が待たれていますね?どんな内容になるのでしょうか・・・?あ、余談ですが、この「Mission:Impossible」が公開された時、Tom Cruiseが大好きな僕は、この映画のEthanの髪型にしたことがありました・・・しかし、とてもTom Cruiseには程遠く、どちらかというと、演歌歌手みたいになってしまいました・・・(涙)

久しぶりにこの映画を観たのですが、Emmanuelle Beartって綺麗ですねぇ〜昔観た時はそれほど感じなかったのですが・・・年をとったのでしょうか(笑)



"Today's sentence"
I don't follow you. Tell me more clearly.
(わからないよ。もうちょっとはっきりと言って。)





October 16, 2005

「It's nothing but an ancient story.」映画「Underworld」より・・・

VampireとLycanの闘争が続く中、Lycanがとある男性、Michaelを追跡しているのを知った主人公Selene、Lycanよりも先にMichaelを確保したのですが、逃げられてしまいました。そして独断・勝手に行動するSeleneに対して怒るVampireの参謀Kraven・・・彼に独断行動を非難され、Seleneは独り射撃訓練場で射撃を・・・そこへVimpire側で武器を開発しているKahnが・・・新型の銃を試し撃ちしながら、SaleneはKahnに対して、Kravenへの不信感をあらわにします・・・。


It's nothing but an ancient story.Kraven's story.
(大昔の話にすぎないでしょう?Kravenの話だし。)



実は、以前VampireとLycanの闘いにおいて、KravenがLycanの首領のLucianを殺し、闘いに一区切りがついた・・・とされていました。だからこそ、KravenはLycanは衰退していると主張していたのです。しかしそこには、色々な陰謀があるのです・・・。


「nothing but 名詞」で「〜だけ、〜にすぎない」という表現になるのでしょうかね。「do nothing but do」で「〜してばかり、ただ〜なだけ」という表現も・・・。


この「Underworld」現在、2作目が製作されているというお話・・・僕個人の感想としては同じKate Beckinsaleが出演している「Van Helsing」よりもおもしろいと思います。「Pearl Harber」の方が有名かな・・・?



"Today's sentence"
I wanted nothing but her love.
(彼女の愛だけが欲しかったんだよ。)





October 15, 2005

「Maybe I'm just too old to be a student.」映画「Cocktail」より・・・

映画「Cocktail」より、Tom Cruise演じるBryanが、大学の授業で、頭のカタい先生との口論でダメな成績を言い渡され、Dougに対してグチった言葉・・・




Maybe I'm just too old to be a student.
(学生としてはちょっと年取りすぎてるのか・・・)





「too...to〜」構文ですねっwこれは・・・

I'm just so old that I can't be a student

に言い換えられますよね・・・(なんかtestみたいで嫌だなぁ・・・)

この構文も、高校時代は、なーんの変哲もないphraseでしたが、Tom Cruiseが言うと、すっと入ってくるんですよねぇ〜。


この映画に出ているElisabeth Shue、Harvard Universityを出ている才媛なんです。ちなみにSoundTrackもよい!話としては青春映画ですが、Cocktailを作る様子などは一見です。



"Today's sentence"
I'm too shy to whisper words of love into her ears.
(恥ずかしくて愛の言葉をささやけな〜い・・・)



RSS
My Yahoo!に追加
Counter
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ
Searching for Blogs
Search Engine
Recent Comments
Profile

fd3sawada

Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
TSUTAYA online